<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスイヴは、九十九里浜で

寒い! che freddo!
d0040395_00514368.jpg
d0040395_00511924.jpg
d0040395_00484347.jpg
昔懐かしいケーキ・・・・
d0040395_00475727.jpg
d0040395_00562312.jpg
d0040395_00560726.jpg
d0040395_00554794.jpg
d0040395_00553652.jpg
d0040395_00552394.jpg
d0040395_00551270.jpg
d0040395_00545828.jpg
d0040395_00543545.jpg
d0040395_00524371.jpg
d0040395_00521299.jpg
d0040395_00562312.jpg

by cremonakuga | 2018-12-24 10:00 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン作りのちょっとした手仕事・・・

以前作った柘植のテールピース・・・弦の穴など大分手直ししましたが、白の部品を先日牛骨に変えましたが、今度は在庫の象牙端材(正規品)を半分のカットし、加工し交換しました。
音は・・・極端に変化無し!



d0040395_02173870.jpg
この刷毛は、頂き物ですが、そこいらのホームセンターで売っているような簡素な木材の柄でしたので、手に馴染む様、ちょっと高級感も出すため彩色してみました。
老舗刷毛専門店の刷毛です。
元の柄は、安っぽく手の感触も雑な感じがしましたので、今度は刷毛を持った感触も良い感じです。
ニスを塗る時の手の感触は大事です。毛は、腰があり、柔らかく、良さそうです。
しかし いったい何の毛なのでしょう???
テンの毛より少し濃い色ですが、感触は良く似ています。
良く有る彩色です。
3.5cm、4cm、4,5cm
d0040395_02181152.jpg




by cremonakuga | 2018-12-24 00:01 | Trackback | Comments(0)

2018年製 Stradivari model (D'anni 70)

Modello:Antonio Stradivari
Forma-P
Lunghezza ・・・356mm(355mm)
superiore・・・166mm
centrale ・・・107mm
inferiore・・・205mm
altezza di fascie(superiore) ・・・30mm
altezza di (inferiore)・・・31.5mm
effe e effe(distanzza) ・・・ 39mm
Lunghezza della corda・・・328.5mm

vernice (fatto in atelier Cremonakuga) ・・・trementina veneta e olio di lino e noce , rosso cocciniglia
come Stradivarius
Tavola・・・abete maschio 2005
fondo・・・ acero 2006
d0040395_00285018.jpg
d0040395_00293475.jpg

d0040395_01204290.jpg

d0040395_18312241.jpg
d0040395_00345192.jpg
d0040395_01213185.jpg

d0040395_00315064.jpg
d0040395_00330894.jpg
d0040395_01181014.jpg
d0040395_01221145.jpg



完成時の音色の感想は・・・とにかく柔らかい音色です。圧力を少なく弾くと、滑らかです。
強くアタックするとG線は、まだ反応は もう少し待たないとという感じえす。
E線は甘い音色で一本芯があります。
3種類の弦で試してみました。

E線・・ピラストロゴールド
A・・ドミナント
D&G・・オリーヴリジット
この組み合わせは、良い感じです。


エヴァピラッチ・ゴールド
倍音が美しく、これも有りと感じます。


E・・・ピラストゴールド
A,D,G・・・ドミナント
張りたてで、馴染むまでまだ分かりませんが・・・
Eは、安定していて芯があります。
全体に自然な感じです。


特に プロ演奏家の方を初め高度な演奏にお使いいただけると考えています。
現代の新楽器の厚さのグラデュエーソンから来る特有の音質とは異なり、オールドクレモナ ストラディヴァリの厚さの
グラデュエーションで作られて、内部の複雑な特徴も再現しているため、独特の音質を持っています。木材が12年くらいなので、その分元気さがありますが、
弾き込むことで、クラッシクでは特に音楽的に深い演奏が可能ではないかと考えます。




by cremonakuga | 2018-12-16 18:57 | ◎ヴァイオリン作品の一例 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga 次回作の準備! Forma(型)用の胡桃材

次回作は、ヴィオラにしようか?ヴァイオリンにしようか?迷っています。
d0040395_22162342.jpg
胡桃材・・・左の物がヴィオラ用、右の2枚がヴァイオリン用、既に十分乾燥されていますが、最初厚さ4cmくらいあり、
今現在25mm、実際に使うのは15mm前後、かなり薄く削らないといけない・・・
この材は、端の虫食い痕箇所(既に虫はいない)を今カットし処分!

Forma右は過去に製作したStradivari1690Toscan Violaのもの、右は、Stradivari -formaG

violaは、再度ストラディヴァリを作ってみたいのですが、多分Andrea Guarneriになるかも知れません。




by cremonakuga | 2018-12-11 22:38 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Te soia nera

Rosso o Nero?
Cremonakuga 黒豆茶!
Soia nera

ポリフェノールが体に良い事は知られています。
赤ワインの赤だけでなく・・・黒も!

黒豆の色素のポリフェノールも良いようです。
それは、血管を流れる血液をサラサラにする効果です。
いろいろ紙パックなど市販されていますが、自分で作るのが一番です。
簡単で安心です。
d0040395_16581691.jpg

<レシピ>

北海道産黒豆・・・20~25g
水・・・・700mlくらい

黒豆を軽く水洗いし 一晩 やかんの水に漬け、柔らかくします。
(朝、既に少し色が出ています)

約20~25分沸かします。
最初中火、最後は強火で・・・
こぼれない様に、焦がさない様に・・・
※なるべく色が出る様に!この色が大切なんです。
この点、丹波の黒豆が素晴らしく色がポリフェノールが出ます。・・・が高価です!
黒豆は表面にアクが出ますが、アクは取らず、このアクも大事なんです!
・・・との事です。

少なくなった分量に、水を足し全量700ccくらいにし、再び沸かし、冷えたら容器に移し冷蔵庫へ・・・
少し砂糖を入れても美味しい!
私は、何も入れずそのままいただいています。
残った豆は、何かに調理し食べてしまいます。
お茶は
油ものの食事時には最適、適時飲めますが、睡眠前に温めてグラス一杯飲むと、ここち良く睡眠出来ます。
効能は飲んで30分くらいすると効果が表れる様です。

d0040395_16590401.jpg
d0040395_16572197.jpg






by cremonakuga | 2018-12-06 17:23 | ◆ 健康に!食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)