<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日のランチは、スパゲッティのボンゴレ!

今日のランチは、娘とスパゲッティのボンゴレを!
久しぶりに、ヴェネッツィア・アル・マスカロン風のスパゲッティボンゴレが食べたくなり、作りました。

今日は、ペペをペペロンチーノを入れてみました。
アサリを砂抜きし、
お鍋のお湯に塩10%を入れ、パスタを茹でる・・・
d0040395_22404510.jpg
アサリ水洗いし
イタリアンパセリ
にんにく1欠け微塵切
生姜にんにく1欠けの半分くらい 微塵切
ペペロンチーノ1本(種除去)
白ワイン1/3グラス(出来れば辛口)
オリーブオイル
黒胡椒

パスタを茹でながら、
フライパンに、オイル、にんにく、生姜、イタリアンパセリの半量、ペペロンチーノを入れ炒め、
いい香りがしたら、焦がさないようにアサリを サッと入れ
白ワインを入れ、蓋をし、カラカラゆすります。
2分もしないで殻が開き始めたら、、様子を見て
火を止め、アサリのみ別の容器に移します。
ここでペペロンチーノを取り除きます。
パスタが茹で上がったら(30秒くらい早く上げる)
アサリ汁にパスタを投入し、茹で汁を加え混ぜます。
塩加減見ながら・・・
そこへアサリを写し、残りパセリも入れ、コショウを入れ・・さっと混ぜ、
・・・茹で汁入れ過ぎないように注意!
完成!

おいしい!

もう少しワイン入れても良かった!
パスタ茹でるお湯、塩もう少し少なくても良かったかも!
まあまあ美味しかったです!






by cremonakuga | 2017-12-25 23:01 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンと絵画の展覧会が京橋千疋屋ギャラリーにて、先週 無事に盛況の中終了できました(12/5追加)


先週 画家の弟とコラボし開催した展覧会が 無事 盛況の中 終了しました。
100人超のお客様がご来場くださいました。



「 ヴァイオリン製作家・久我一夫&画家・久我通夫の兄弟展
      その奥に何が聞こえ何が見えるのか?展   」
  
d0040395_22595517.jpg
   


◎2017年10月31日~11月5日
◎京橋千疋屋ギャラリーにて

お忙しい中、多くの演奏家の方々や、絵画愛好家の方々、もいらっしゃいました。
古い友人、知人などとも再開が出来、良かったと思いました。
友人に二人の娘達に手伝ってもらいました。感謝感謝です。

 その展覧会の様子を写真でご案内いたします。
(お客様がいらっしゃらない時の写真です。)

ヴァイオリンと絵画を一緒に展覧する企画は、あまり聞いた事がありませんが、かねてより考えていた企画を
実行しました。1年と4か月を要し計画しました。

ヴァイオリンは、通常展示会という表現で販売するために開催され、テーブルに楽器スタンド、楽器を並べるスタイルを良く見ます。
私は、ヴァイオリンは、道具としての楽器ではなく販売目的ではなく 絵画同様アート作品として、そういう扱いで展示いたしました。今までの仕事を紹介するという展覧会でした。ヴァイオリンは、実際は道具かも知れませんが、見た目、音色 総てで アートだと考え、アート作品として製作しています。

今回は、ヴァイオリンも絵画も 販売を目的にしたものではなく、
ヴァイオリンは今までの仕事を見て、聴いて いただく催しでした。
弟の絵は、新作に意欲を燃やす中で、古い過去の軌跡に焦点をあててみました。
個人所蔵など お借りしたりし、集めました。
そして、大切に、ゆったりと美術館のように飾りました。


弟のプロフィール
久我通夫
1954年東京生まれ
1978年スイス美術賞展出品
1978年東京芸術大学絵画科油絵専攻卒
1980年新制作展初出品
1982年国展初出品以後94年まで出品
1985年現代の裸婦展大賞受賞
1986年~87年仮象展・現代の裸婦展(銀座日動画廊)出品
1987年国展・安田火災美術財団奨励賞受賞
1988年安田火災美術財団奨励賞展出品(旧・安田火災東郷青児美術館)




ギャラリー入口からの景観
d0040395_16463688.jpg




ギャラリーからドア方向へ・・・・7
d0040395_14453812.jpg
西洋人形 1978年作  F3号
d0040395_16034181.jpg
右 西洋人形 1981年 油彩 F20号
左 人物A 1984年 油彩F10号
d0040395_15220178.jpg



中央  無題 1986年 油彩 F8号
d0040395_15231876.jpg

左・・・階段のある風景 1988年 油彩F25号
d0040395_15244249.jpg

左・・・カトレアの女Ⅱ 1992年 油彩F3号
金箔を施してあります。金箔と金箔の間に美しい赤が垣間見られ、ドレスの赤と額縁の緑色と
マッチし ある種 宗教画のような雰囲気があります。
d0040395_15273041.jpg
Cremonakuga作のモノクローム手焼き写真です。
d0040395_15255541.jpg
ヌードデッサンとヴァイオリン 4×5インチカメラ リンホフで撮影印画紙密着
d0040395_15452621.jpg
デッサン
d0040395_15461350.jpg
「葡萄とワインとヴァイオリン」
ニコンFで撮影、ISO400のトライXをISO200に減感し、セピア調色を施した写真。額の
ホワイトも壁の色に合うように塗り替えました。
d0040395_15464560.jpg
正面の展示風景
d0040395_15473936.jpg
上下などに金をあしらった展示、黄金色のバーは左右に可動式です(あまり意味はありませんでした!)
Cremonakuga力作の展示器具です。
ストラディヴァリ1715モデル=Cremonakuga 2015年作品と内型
d0040395_15481876.jpg
ミラー越しの裏板の真っ赤なニスと虎目が美しい!2015年製ストラディヴァリ1715年モデル
d0040395_15485923.jpg
2017年製アマティ1666モデル・・・とても好評でした。
9月に出来たばかりには見えなかったようです。音も人気がありました。
d0040395_15504099.jpg
中央グァルネリ1744年 カリプロモデル 大きな音で美しく良く鳴りました、音色も、気品があり滑らかでした。
d0040395_15590724.jpg
なにげなく床を飾るワインマグナムボトル Ruggeriの箱! 金色のスクロールトリオ・オブジェ
d0040395_15594892.jpg
2016年製グァルネリ デル ジェズ 1744 Cariplo 
d0040395_15512894.jpg
2016年に2000年作の内部外部を1735年のグアルネリの厚さに改修した楽器 今17年経過し、良い音しています。
d0040395_15521267.jpg
ストラディヴァリが使った内型のコピー Prima Grande & Grandeこれらの内型を使い何丁もの楽器を作ってきました。
d0040395_15524817.jpg
ストラディヴァリ ヴィオラ トスカン1690年の内型と裏板交換した裏板、
本体は、演奏家所有活躍中。ストラディヴァリが1690年に作ったコントラルトヴィオラの型、トスカーナ侯爵?に作ったカルテットのヴィオラ
d0040395_15565953.jpg
エチケッタ(ラベル)の展示 二重のマットで新鮮な表現をしました!
(ダヴィンチとミケランジェロ展の額装のパクリです!)
d0040395_15572972.jpg
今までお世話になった、演奏家達と名器、ご一緒の写真、ストラディヴァリ、グァルネリのスナップ、Cremona風景などなど・・・・・
d0040395_15580345.jpg
Cremonaの学校の課題で作ったテスタの教材をゴールドオブジェに!
d0040395_15594892.jpg
西洋人形1978年作油彩 F3号
d0040395_16034181.jpg
このAngeloは!Cremonakuga工房の2階に飾ってある3体のエンジェルにも展覧会に ご参加いただきました。
d0040395_16041543.jpg
無題 1986年作 油彩F8号
d0040395_16023743.jpg


d0040395_16031121.jpg


入口入って直ぐ右側に1点だけのフランス人形をF3号


会場のエンジェルの下に
右ストラディヴァリ1715モデル 中央アマティ1666モデルです。
d0040395_15590724.jpg
d0040395_16041543.jpg
華やいだ雰囲気で、お花たちは、会場の湿度調節も になったくれたようです
会場は温度20度~21度 湿度50%・・・サントリーホールのようで楽器にも最適でした。

人により 響き過ぎるとの声もありましたが、良いコンサートホールも驚く程敏感に響きます。
会場の音は 割れなかったので、私は良い音と感じました。
無理に理由をつければ、間近で録音された 音質の良いCDを、良いオーディオで、大きな音量で聞く時の
臨場感にも感じました・・
展覧会は、生の臨場感なんで、贅沢でした。

O様ご夫妻&Y様から贈られた美しいお花
白色系で明るい会場にピンクの胡蝶蘭が映えました。
d0040395_19182134.jpg


S様から お祝いの美しいお花を!


d0040395_16072709.jpg
久保陽子様から お祝いの美しいお花が届きました。
d0040395_19153554.jpg
残念ながら 丁度同じ週に 所要で旅に出られいらっしゃれませんでした!残念ですねえ!とおっしゃられていました。
d0040395_16080660.jpg




沼田園子さん ストラディヴァリ1715(by Cremonakuga2015)を弾く。感謝です!

!sn総てドミナントだった弦を、D,Gをオリーヴに交換し試していただきました。DG やはりオリーヴの方が良い音色でした。
d0040395_17443425.jpg
ファイン・デュオ ピアノニスト蓼沼明美さんといらっしゃいました。感謝です!
d0040395_17431268.jpg



永井由里さん グアルネリ1744 Cariplo (by CremonaKuga)を弾く
d0040395_17414850.jpg
アマティ1666(by CremonaKuga)を弾く永井由里さん
d0040395_17412306.jpg
永井由里さん ストラディヴァリ1715(by CremonaKuga)を弾く
d0040395_17404020.jpg
グァルネリ1735(By Cremonakuga)を弾く永井由里さん
は初日と最終日の二日間いらっしゃいました!感謝!感謝!です。
d0040395_17421937.jpg




新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターの西江辰郎さんも お忙しい中いらして下さいました。感謝です!
Cremonakuga Amati1666を手に!
(Amati1666・Cremonakuga2017表面)
d0040395_14441538.jpg
優しくAmati1666=Cremonakuga2017裏面も向けてくださいました。
d0040395_14444065.jpg
いろいろなお話しも楽しくお伺いできました。駒の先のカーブ=アールについても
演奏者サイドからのお話し、 曲によりデリケートな事のお話しも お伺いしました。
感謝です!
d0040395_17453700.jpg
上質なコンサート会場になってしまいました。
d0040395_17451892.jpg
会場が 良く響き、二人で一緒には弾けない感じのため、試奏メインには向かない会場ですが、
 でも とても気に入った会場で、また 新しい企画で 開催したいです。

d0040395_16463688.jpg
d0040395_22595517.jpg
来年も、また面白い企画を考えようと思います。

ヴァイオリンは単なる楽器という道具ではないと 私は思っています。
アート作品と思っています。音楽を奏でられるアート作品の発表展覧会です。

楽器展のショールームでもなく販売展示会でもありません。




ホームページTOPへ
http://cremonakuga.music.coocan.jp/


by cremonakuga | 2017-12-20 02:56 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンを良く鳴らすために必要な事・・・もし私がヴァイオリンだったら!(6/2日、再追記)

独断 独自の思い!

多かれ少なかれ最初に弦をキャッチし、そこからあまり圧力はかけず、そのまま引き抜く感覚・・後は圧を抜いて方が、良く鳴るんです。
それが基本形の様に思います。
つまり 羊羹を切るように じ~っと弾き切るように弾くのは 名器などには向かない! 
指板近くをグィーっと弾くのは 鳴りません。
そこで そのヴァイオリンに合った良い弓が必要になります。(厚力かけなくても しっかり弦をキャッチしてくれる弓が)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良く鳴る・・とか 良く鳴らない などの検索が多いようですので、
特にE線が・・・G線が・・・などなど・・・

あくまで私が日頃、感じている事ですが・・・・
今迄に作ったヴァイオリンに伺った時の ヴァイオリンさんの回答です!?

ヴァイオリンが良く鳴る、鳴らないは、
基本的に、鳴る楽器、鳴りにくい楽器、
また、現代の楽器 オールド楽器 などなど
いろいろな条件が違いますが、

一つ言える事は、ヴァイオリンのバロック時代は、プレーンガットの弦だった事から、
弦の振幅が狭いため、ボーイングは、軽く、弦を鳴らしてあげるように弾かないと
思うように鳴りません。力は入れないように・・・
これが 現代でも基本だと考えています。私は!

現代は、大きなホールが出来、弦も金属弦、ナイロン弦と より大きな音量へと進化し、本体の新しいヴァイオリンも
結構しっかり出来ていて、強い弦で楽器を鳴らす様な傾向になっています。
そういう楽器は、どうしても 圧力をかけ、しっかり弾いて鳴らしたりします。
しかし、普通 誰しもが、そんなに大きなホールで ソロで弾く機会は、あまり無いのではと思いますが・・・

良いオールドヴァイオリンを弾く時、弦の張力で、また弓の圧力で鳴らそうとしますと、かえって良く鳴りません、
楽器は、いつか傷むでしょう!・・と心配します。

不思議な事に、オールドヴァイオリンを、ガット弦で弾き、良く鳴らせると、新作の頑丈なヴァオリンも
意外と良く鳴るものです。

ほんの少しの力加減で、大きく異なります。

この事は、押さえる力では、なく、あくまで弾くという事だと感じています。

つまり、強い音は駒近くを弾く、弱い音は指板近くを弾く、より大きな音を出したい時は、
限度内の圧力で、

弓の横方向への移動で、弦を振動させ、時にビブラートも加え音量を増加させるように・・・
基本は、駒と指板の中間あたりを 正確な音程で弾く。

私は、演奏家ではないので、自分の理想のように弾けませんが、
私に、楽器が たえず そうしてほしいと言っているように感じます。

現代の、弦で鳴らすような楽器に慣れてしまうと、良いオールド楽器では 鳴すのに苦労します。

そのため、弓のスタートから、弦を マックスで鳴らせる事も、大切のように思います。
切れが良く、それが出来ると、圧力で押さえる必要がなくなります。

手首の、一瞬の動きで、弦をしっかり捉え、そのまま横へスライドする・・は難しのでしょうが、
そうすると、下方向への圧力は少なくなり、楽器にも優しく、弦も良く振動します。

そう日頃から感じている事を、たまたま見たユーチューブで 
ズーカーマンさんが、レッスンで、男の子(椅子の上に立って弾いている)、他のでは・・女性が何度も同じフレーズを弾く・・それらしい事を レッスンしていますが、まさにそれです。

そういう弾き方をすると、楽器は、ガーンと大きく響きます。
弓の返しの時の手首などの、反応がスムーズで瞬時に早く出来たほうが、その瞬間で弦をとらえられるので、その後 無理に圧力をかけなくても音が出せます。
子供の頃、それが旨く出来て、感動した時に記憶が今もありますが、今はなかなか出来ませんが・・・

私は、今は、そういうレッスンは受けた事は有りませんが、自分の楽器を鳴らし、試す時、
そう弾かないと、良く鳴らないので、正しいのだろうと思っています。


いろいろなヴァイオリンの先生方に、試奏していただく時、どう弾いていただきたいか、リクエストします。
弱い圧力で・・・とか、Eのハイポジションは、特に繊細に・・とか、
これは、しっかり弾いても大丈夫です・・・とか、
楽器の特性を ご説明します。

しかし 共通する事は、押さえ付けず、弾く事です。

逆に考えると・・・

必要以上に押さえ付けないで、弾くには どうしたら良いか???




指板近くを強く押さえると、駒への負担が増します。
d0040395_00373992.jpg



同じ音量を出そうとすると、当然、駒近くの方が圧力は要りません。しかし、技術が増します(私はデリケートさなど増すと思います)
d0040395_00350603.jpg

同じ圧力では、駒近くは音量が増します。・・・・音質が異なるので難しいとは思います。
d0040395_00343030.jpg
大きなストロークで弾くと、圧力は少なくて済みます。短いストロークで同じ強く音量を出そうとすると駒から下への圧力が増します。
d0040395_00381112.jpg
指板の近くを強く弾くより駒近くをデリケートに弾く方が楽器に負担は少ないです。


どういう音楽を創るか?で一概には言えませんが、楽器サイドから考えると、上記の範囲をなるべく逸脱しないように
楽器と お付き合いするのが好ましいのではと 私は感じます。

なお、楽器に正確なポジションで、反復、良い弾き方をすると、30分も弾くと、楽器の反応、音質が変わります。
ポジションが不正確で、弾き込むと 楽器を弾いても 反応が、ボケた感じになります。

同じ音程でも、弦の弾く場所の振動で、楽器の同じ部位が振動しているように感じません。それは多く弾く場所で、楽器に癖=慣れが定着するように感じます。
正しい位置で楽器におぼえさせる事が大事だと感じます。


正確な音程で 特に弾き込む事で、出ずらい音程も、出る様になります。
特に新作でも、厚い・薄いの差が大きい楽器は、良く鳴り、ニュアンスもある半面、ポジションで音量にムラがあります。出ずらい音程は弾き込みが必須です。
あまり厚さに変化が少ない楽器では、平均的に音が出ますが、音色の変化、表現力のパフォーマンスも付いてこない場合もあります。


是非、オリーヴ ガット弦で、軽く、滑らかに、繊細かつ大胆に弾き、大きな美しい音が出る様に 訓練し、弾く事をお勧めします。
そうすると。ナイロン弦でも大きな収穫が得られるはずです。


しかし、しかし、ヴァイオリン自体のセッティングがきつく、駒近くが、弾きにくく、鳴りにくいヴァイオリンもあります。
弾き込んでも、弾きにくい場合は、駒近くも、ちゃんと弾けるような状態にしておくべきと思います。
それは、魂柱の強さ(長さ)位置、(駒からの距離など)で可能です。
そして、時々、駒の真近を開放弦で、弓をゆっくり、しかり 大きく鳴らす事。1本づつ、と、2本の重音をしっかり鳴らす事で、楽器がほぐれます。
鳴りにくい楽器も鳴り易くする方法です。

姿勢からヴァイオリンがあまり下がらないように構える事も、弓がずれない手段。ボーイングでも弦の90度でスライドしない場合も
指板のほうにズレル要因になります。(演奏スタイルなど音楽的表現から意図している場合が別ですが)
弦のスイートポイント1点を意図して守れれば、指板近く、駒近くを自由に往復して 意図した表現が出来、良い音も出せ、楽器にも
優しい事になりますから、耳で音を聞きながら、良い音が出る場所と、圧力加減、運弓の速さ、長さを考えながら弾かれると、結果
良い方向へいくと思います。また 人に聞いていただき、どれが良い音に聞こえるか?を考えながら演奏すると、自分の感じる良い音と、
それを聞く人の良い音が、同じか?そうでないか?それも しっかり分かっている事が大事ではないかと感じています。

もし弾き方が原因でヴァイオリンが鳴らなかったら・・・
今まで5センチの厚さの羊羹を、徐々に切り15センチ引いて切って完全に切っていたら・・・・

2センチの厚さの羊羹を、最初に、ほぼ2センチの厚さまで切り20センチ引いて完全に切る様な感覚で・・・
なんて例えは、当たらずとも遠くないかも・・・


※これらの事は、初心者に限らず、某有名音大の生徒さんでも、いらっしゃいます。先生に、もっと駒の近くも弾くと良い!っと言われていました。 


以上は、あくまで 私の感じていることです。
ヴァイオリンも きっと、そう思っているでしょう!






by cremonakuga | 2017-12-20 01:27 | ヴァイオリンの弾き方 | Trackback | Comments(0)