カテゴリ:☆ヴァイオリン製作日記( 509 )

ストラディヴァリウスを作る 

横顔気に入っています。
d0040395_22045228.jpg


d0040395_22062544.jpg
アーチなだらかですが、かすかに上がっています。
d0040395_22064034.jpg
d0040395_22112012.jpg
d0040395_22110030.jpg
d0040395_22065824.jpg



by cremonakuga | 2018-10-14 22:05 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスを作る インカストロ無事終了! 

incastro

仮の指板で角度を念入りに確認し、ネックを本体に無事に仕込みました。仕込んだ後の弦の角度、駒への向きも想定通りすみました。
駒先端での弦の角度は158度。もう1度近く下がった159度ほうが良いのですが、駒で27mm。表板の横板への接地面が真っ平ではなく、コーナーとネックで2mmくらいの差があり、ネックを仕込む際、アーチの高さなど緻密に考慮すると、毎回違う条件なので難しい仕事です。・・・・1mmの差ではあまり気にせずできます、裏板の厚さや、経年、種類で、反りや曲がり捻じれなど何時も同じではなく、その都度表板の接着面のライン差を見極めながら・・・やれやれ・・・・


d0040395_14120281.jpg



d0040395_14172910.jpg
d0040395_14182181.jpg
d0040395_14204730.jpg
d0040395_14370433.jpg
d0040395_14213142.jpg
d0040395_14221372.jpg
d0040395_14245334.jpg
やはりクラウン入れました!
d0040395_14255612.jpg
コーナーは、既に数百年エイジングしています♪
d0040395_14265579.jpg
仮の指板を付け、魂柱を立て、弦を張り、音を出してみました。今までに感じた事が無い音がします。特にE線のハイポジションが綺麗です。
超古い魂柱を入れたため、その音もし、本来の箱の音が良くわかりません!耳元でも離しても大きな音がしますが、細かな倍音は魂柱に由来している部分が大きいので、別な魂柱を試さないと分からない!
まあ、悪くない事は確認できました。

因みに弦は、有りあわせのエヴァゴールドでしたが、あまり強くない弦が合いそうです。
ニスを塗った後でないと、本来の音は聞けませんが・・・・



by cremonakuga | 2018-10-14 15:29 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスの表面を磨く木賊! ストラディヴァリウスモデルを作る・・・

拡大してみました。成長過程で細かい棘が そのまま拡大していく様で
若い程番手が細かい。音も ザラザラ から サラサラと聞こえ 粉も細かい気がします。
d0040395_17375566.jpg
d0040395_17365583.jpg

by cremonakuga | 2018-10-08 17:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

modello testa Stradivari / Cremonakuga violino

ペッグボックスの中も彫りました。外観は 角を既に柔らかく落としてあります。



d0040395_21200644.jpg

d0040395_21155720.jpg
d0040395_21154859.jpg
d0040395_21153832.jpg













by cremonakuga | 2018-10-04 17:30 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Modello Stradivari TESTA Cremonakuga violino

d0040395_16341519.jpg

d0040395_16342675.jpg
d0040395_17134267.jpg
d0040395_17145736.jpg
d0040395_17144759.jpg
d0040395_17143772.jpg
d0040395_17142533.jpg
d0040395_17141509.jpg
d0040395_17140528.jpg
d0040395_17135783.jpg


d0040395_17135022.jpg

d0040395_16343796.jpg


by cremonakuga | 2018-10-04 17:19 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Testa 2018 Cremonakuga

2018 modello Antonio Stradivari TESTA / Brusca

BRUSCA=木賊は とても便利で 流石です!
 サンドペーパーを否定しません。私も普通にサンドペーパーは使います。サンドペーパーは、少なからず砂が木目に入り込む心配があります。番手を順番に使い最後は使用後掃除機で吸引したりした方が良いようです。
そして、マスクしないと、砂を含む木粉を吸いこむ事になり気をつけないといけません。
ワックス分を含むペーパーもあり滑りやすい事が不具合になる可能性もあります。以前使用した海外製のサンドペーパーは砂が取れないのでオイルニスのペーパーかけにとても重宝しましたが・・・・・・
この木賊は、スクレーパーの後使用したり、またサンドペーパーで90%済ませてから最後に仕上げで使うなど 同じ植物同士なので優しい。砂も出ない。弦楽器制作者には 庭に沢山生えている自然の恵み

せっかちには無理かも!
d0040395_16341519.jpg





d0040395_17054696.jpg

指先で20~30回くらい回すように軽く擦り・・・こんな感じ
d0040395_17053625.jpg
d0040395_17060993.jpg
d0040395_17055848.jpg


d0040395_16342675.jpg
d0040395_16343796.jpg

by cremonakuga | 2018-10-04 16:39 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリのTestaは・・・

Stradivariと言うよりはCremonakugaという感じかも知れません!?
昨日一日の仕事は・・・スクロールは、こんな感じ



d0040395_13432983.jpg
ハの字のラインが外に膨らんんでいますが(レンズが近いせいもありますが、もう少し)、内向きに 要修正。
一番狭いところは これでも12.5mmあります。
目と目の間隔は今、40.9mmです。
一般的には42mmですが・・・・
ナットの幅は24mm
d0040395_13450597.jpg
アバウトですが、あまり深く彫らないように注意しながら進行!
d0040395_13445410.jpg
渦巻のラインの寸法は正確になっています。鋭角に彫らないように注意・・・
d0040395_13512476.jpg
d0040395_13443367.jpg
d0040395_13442338.jpg
d0040395_13441343.jpg
d0040395_13440377.jpg
d0040395_13435268.jpg
d0040395_13434164.jpg


by cremonakuga | 2018-09-29 13:59 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウス Cremonakuga流


d0040395_16440910.jpg

d0040395_16382358.jpg





d0040395_16361100.jpg

by cremonakuga | 2018-09-27 16:41 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

箱になりました。

実際には結構膨らみがありますが、横から見る以外は あまりそう感じません。


d0040395_19134505.jpg
膨らみの立ち上がり方に気を使いました。実際には指板の下の隠れる部分です。立ち上がった後、もう少し滑らかでも良かったかも知れませんが、ニス塗ってみないと分かりません。 
実際のストラディヴァリは そこは存在感が別格です。
d0040395_19140433.jpg
d0040395_19142316.jpg
d0040395_19144200.jpg
d0040395_19010022.jpg
d0040395_19023199.jpg
あまり凹凸を感じませんが15.5mm強のアーチの高さがあります。
d0040395_19034525.jpg
横板のロアーバウツは、エンドピンの部分はエンピツの線が有りますが、一枚で繋がっています。
d0040395_19025364.jpg
裏も15.5mmは有りますが 高さを感じません。
d0040395_19032931.jpg
d0040395_19031227.jpg

by cremonakuga | 2018-09-26 19:17 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

こんな道具を作る!

こんな道具は如何?
電動工具がある世の中に
手動片手ドリルを作ってみました!
直径1mm~2mmくらいあります。

d0040395_15425789.jpg

by cremonakuga | 2018-09-23 15:47 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)