久我ヴァイオリン工房 「ヴァイオリン製作日記」 Caffe o Tè?

ヴァイオリン製作 日記   "Caffe o Tè? "

Benvenuto a  Cremona Kuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 
d0040395_00275257.jpg





ヴァイオリンの最高峰とされる名器は、今なお17世紀、18世紀、北イタリアの名工達によって作られたヴァイオリンです。
しかし、その製作法は、18世紀末に途絶え、名工達の音作りは伝承されず、神秘の謎に包まれています。
私は、クレモナ名器ストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェズがとても好きです。
両者の音色やその姿に魅了されています。

ヴァイオリンを作り始めて、今迄、色々な人との不思議な出会いや、偶然から、
意図せずに、度々ストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズなど手に取って見る機会を得てきました。

クレモナ名器特有の音の響きを敏感に感じながら、気が付くとストラディヴァリ、グァルネリなど33丁余を見てきました。
国内外の演奏家の方々を初め、応援してくださった皆様に、心より大変感謝致しております。
私は名器に触れ、時に音を出し、その厚さを計り、それらの音作りの技術を探り、音響特性を調べながらヴァイオリンを製作しています。
(2017年の久我兄弟展 案内より)

このブログは・・・・好きな事 あれこれ・・
そんな Caffe o Te? スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。

・・・・・・ 誤字、脱字など注意していますが、多々有る様です。何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.     



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by cremonakuga | 2018-06-20 18:42 | Trackback | Comments(15)

ストラディヴァリの下地処理も最終的なステージに・・・

表面の気孔がまだ埋まりませんが、それは透明ニスの濃さが薄いためで、実際は 何段階かの濃度の濃さを使います。


d0040395_18041491.jpg
d0040395_18044899.jpg
d0040395_18040164.jpg





# by cremonakuga | 2018-06-20 18:41 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)

イタリア Venezia発祥のカクテル Belliniを作ってみました。

Bellini(ベリーニ)は、白桃とプロセッコのカクテルです。
d0040395_18034511.jpg
Belliniは、イタリア・サンマルコのハリーズ バー(1931年5月31日開店)発祥だそうです。
1948年ジョバンニ・ベリーニの回顧展があり、その絵のイメージに
ジョバンニ・チプリアーニ(Cipriani)が

鮮やかなピンクにヒント?感動?
で作られたらしい。
ハリーズバーは、ヘミングウエイを初め、オーソンウエルズ、そしてエリザベス女王も訪れたそうです。
一般的なレシピは
白桃
プロセッコ(辛口発泡酒)
グレナンシロップ
だそうですが、

本家のは どうも
白桃
プロセッコ(辛口発泡酒)
砂糖少々
らしい。

しかし、季節物なので、本家バーのは、どうなんだろう??

ボトリングされた物は、どこでも買えるBelliniは
どうか分かりませんが(最近飲んでいないため)
※添加物のため瓶のは飲みたくない!

今回は、
まだ白桃が出回っていないため、
白桃のピューレ(缶詰代用)
プロセッコもどき
で試してみました。

結論、やはり生の新鮮な白桃
でないと再現は出来ません!
でも 雰囲気は堪能できました。
ハリーズバー発祥は、かの料理のカルパッチョもそうだそうです。
ヴィットーレ・カルパッチョの回顧展から・・・
ヴェネチア行ったら、ミハーで、是非味わいたいものです。

◎カッフェラテは、この近くのカンマルコ広場のフローリアン!
1720開店 世界で一番古いカッフェだそうです。
ストラディヴァリの時代です。



観光ガイドになってしまいました。



# by cremonakuga | 2018-06-20 18:26 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

バール <Cremonakuga>の  ウメシュ1年経過も本日再挑戦!

昨年2017年6月2日???に漬けた梅酒も1年が経ちました。
厳密には、青梅にプラムなど何種類も加えた結果
梅よりほかのプラムが多くなり、プラム類が主張し
すごく フルーティな味わいに仕上がりました!

・・・・・が・・
イマイチ焦点が定まらない甘ったるい果実酒。
そのままでは、甘すぎ!
炭酸で割って やっと美味しい・・

キリっとはしていません。
d0040395_17303683.jpg
今年は、南高梅を使い、シンプルに
梅のみで、少量挑戦 リベンジします。
洗い、乾燥、
蔕を取り
瓶を消毒、
・・・・
本日6月19日ビンに漬け込み完了!
南高梅750g
氷砂糖400gくらい
ホワイトリカー1.3リットル
さてさて 分量は大丈夫でしょうか???
かなり適当ですが・・・

# by cremonakuga | 2018-06-19 17:39 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ネグローニ(カクテル・フィレンツェ発祥)

何事も、探究しましょう・・・

味を追求することも、ヴァイオリンの音を追及する事も、そのデリケートな感性を発揮する事で
同じと思います。(・・都合良く考えます。前向きに・・・)
d0040395_22154722.jpg
炭酸バージョン
ジン:スイートベルモット:カンパリ=1:1:1
オレンジ片
炭酸適量

# by cremonakuga | 2018-06-17 22:21 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

Bar Cremonakuga Violino  『ローマの休』

今日は、『ローマの休日』というカクテルの炭酸割りで〆ます!
さっぱりした飲み物。

ドライジン・・・1
スイートベルモット・・・ 1
レモンジュース・・・1
炭酸水
ちょっと薄めすぎました!
・・・しかし、仕事終わりのひと時にはいい感じです。1杯のみいただきます。
d0040395_17044171.jpg

# by cremonakuga | 2018-06-15 17:08 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

梅雨時・・・ストラディヴァリの色?・・仕事の後は、サッパリと・・ネグローニ炭酸割りでイタリアン!

d0040395_17221821.jpg

カクテル・ネグローニを炭酸水で割った飲み物を作ってみました。
カクテル ネグローニはアルコール度数高めなので、
炭酸水で サワー風にしてみました。

素人の遊びです!

元の有名な
<ネグローニ>は
A.
ドライジン(40%)・・・1
スィートベルモット((15%)・・・1
カンパリ(25%)・・・1
(アルコール度数Total 26.6%)
・・・・・・・・・・・・甘ったるいですが、これが好きです!

B.(ジンベースでこれが一般的のようです!)
ドライジン・・・2
スイートベルモット・・・1
カンパリ・・・・1
(アルコール度数Total 30%)
・・・・・・・・・・・・・・・・私には、ドライ過ぎます。

◎今回の<ネグローニ風サワー>は・・・Aレシピを薄めに!アルコール度数7%
美味しいですよこれ!まさにイタリアン♪
ドライジン・・・15cc
スイールベルモット・・・15cc
カンパリ・・・15cc
炭酸水・・・130cc~
氷いっぱい
(推定アルコール度数7%)
(カンパリレシピではオレンジ片も)
おつまみは、ホール・オリーブのネロ&ヴェルデで!

アルコールやカンパリが強すぎるかなと思いましたが、炭酸水で割ったので甘さも丁度良く
飲みやすい、まさにイタリアン!
ミラノのバールで呑んだのに似ている!
AとBの配分は、私なりの感想は、普通のコーヒーと砂糖たっぷりのエスプレッソの違いの様



最近、時々ジントニックを・・これも清涼感が素晴らしい。
ジントニック
ドライジン・・・45cc
生のライムを絞って・・・1/8個くらいを
トニックウォーターで割ります。

若かりし頃=ジンフィズなるものをたまにいただき、(弱いので真っ赤な顔に)
ちびりちびり言った記憶が、しかし 69才になって、初めてのジントニックは飲みやすい!

ジンは スピリッツにジネプロで味付け(漬ける??)らしい。
もともとは、薬用酒で、イタリア発祥らしいのですが、イタリアから?~イギリスへ!
ジネプロは、ボロネーゼなどパスタソースにも使います。
工房にも実が沢山あります。いい香りです。


# by cremonakuga | 2018-06-14 17:31 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリ ニスの下地の色相。


本当にストラディヴァリのニスは美しい。
その美しニスは下地も美しい

この下地も 本当に美しいですよ!
そうは感じませんか?

作業用60W白熱電球
d0040395_17094808.jpg

(LED照明下)
d0040395_17472307.jpg
窓辺自然光
d0040395_15181413.jpg

(窓辺自然光・板の角度を変えて)
d0040395_15175103.jpg

(白熱電球)
d0040395_15400825.jpg
(窓辺自然光)
d0040395_17091939.jpg
d0040395_17101891.jpg


(白熱電球)
d0040395_15402739.jpg
d0040395_15395203.jpg
(窓辺自然光)
d0040395_15214318.jpg

(60W白熱電球)
d0040395_15393476.jpg
(自然光)
d0040395_15211072.jpg

(白熱電球下)
d0040395_15391818.jpg
(窓辺自然光)
d0040395_15212796.jpg

(白熱電球)
d0040395_15390215.jpg
(窓辺自然光)
d0040395_15200775.jpg
d0040395_15204889.jpg
d0040395_15190051.jpg
d0040395_15193492.jpg
(自然光)
d0040395_15183093.jpg
(LED照明下)
d0040395_17445724.jpg
d0040395_17460070.jpg
d0040395_17460070.jpg
(白熱電球)
d0040395_17094808.jpg

(自然光)
d0040395_15184539.jpg
表板の方が着色は難しいのですが、手抜きの模擬カーブ表板で試すも使えそうです。表面処理も雑で完璧ではなくてもある程度予想通り。
実際は、表板には、2倍で希釈しながら様子を見ながら・・・木口は少し目止めもしながら・・・
d0040395_20505387.jpg
d0040395_20503584.jpg
d0040395_20501988.jpg




ストラディヴァリの赤いニスが剥げ、この下地が現れ、更に表面のニスがかすれて取れ、木地が現れ、
虎杢の深い部分のみ赤く濃く感じられる様に・・・



# by cremonakuga | 2018-06-02 14:59 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリの下地処理 

現代の研究で明らかになっている色素を使い再現を試みました。


d0040395_18225047.jpg

d0040395_18364530.jpg

試した楓板の模様が細かいので、1720年代後半のストラディヴァリ何丁かの写真に乗せて比較しました。
ただ板は赤いニスは塗られていない完全な下地です。
d0040395_17451977.jpg
この上に赤いクリアーなニスがのるとイメージしてみてください。
d0040395_17454116.jpg
d0040395_17460070.jpg
d0040395_17461941.jpg
d0040395_17463702.jpg
d0040395_17465853.jpg
ここに赤いニスがのると、更に虎杢が浮くでしょう!
d0040395_17472307.jpg
本物の様な輝きの下地に ワクワクしています。
やった!~という感じです。
d0040395_17480666.jpg



d0040395_22334032.jpg
d0040395_22341639.jpg
d0040395_22344293.jpg

早くニスを塗りたい衝動に・・・
その前に本体作らねば!




# by cremonakuga | 2018-05-21 17:50 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)

2日連続の東京散歩

今日は、日本バイオリン製作研究会の展示会に行ってきました。自由学園明日館へ
耐震が終わって久しぶりの講堂は やはり とても良い感じでした。

こういうヴァイオリンなど音楽に関係した会場は、とても大事な事を実感しました。
こういう空間にいるだけで 心が 優しくなる。

昨日は、橋本シャーンさんという画家の作品の展覧会が銀座で開催されています。
オープニングパーティーにお伺いしました。
色彩、モチーフ、線の流れ、どれも 予想の外に広がる 美しく、楽しく 清潔な空気感
なんと表現したら良いか?うまく言えませんが・・・・
帰り道は、外国人人の波の間を・・・・
ライオンに寄り・・
d0040395_23581472.jpg
d0040395_23590829.jpg
そのお隣の・・・
d0040395_23593044.jpg
d0040395_23571061.jpg



# by cremonakuga | 2018-05-21 00:13 | Trackback | Comments(0)