2017年 08月 23日 ( 1 )

Cremon Kuga のAmati1666は着色に・・・

この状態は 下地(sottofondo)から色彩を
私なりにイメージしますと・・・
1段階 下地ニス(sottofondo)
2階(グレー系ベージュ)にし
3段階(ニスが取れた部分の青+緑+グレー)にし
4段階(赤+青+ピンク)の暗い赤茶色に
5段階(赤+青)の濃い赤部分)
まで、全体~部分までの課程を擦り込むような手法で彩色を経ています。
想定外に色が乾いた部分もあり、修正しながら・・・
6段階では 更に赤系の濃い部分をレタッチする予定です。
後は ニスの色の褐色のみか、グリーンか黒を混ぜた薄いニスでお汁塗りし落ち着いたアンティークな佇まいにし、
より平面になるように滑らかに磨き光沢を出し透明度を出そうと考えています。
写真は その途中課程で ちょっと遊んでみました。
d0040395_18284606.jpg
d0040395_18292544.jpg
d0040395_19182477.jpg





by cremonakuga | 2017-08-23 18:41 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)