ストラディヴァリウスのボンヴァトゥーラ!

・・・削るのは、
なかなか難しいのですが、 実に楽しい時間です♪

表板 マスキアトゥーラの部分が硬く なかなか滑らかになりません。そこが出っ張り易く、ラジエラ(スクレーパ)を砥ぎ直します。
マスキアトゥーラの材は、ラジエラが切れないと、そこがポコっと穴が開きます。
もう鑿はほとんど使いません。豆鉋とラジアラで仕上げます。
d0040395_00471504.jpg




表板 正面から 車で言うフロンロビュー! まるまっちい前部。
d0040395_00230732.jpg
斜め横から眺めます。アーチ高ジャスト16mm
d0040395_00233854.jpg

ロアーバウツはこんな感じです。
d0040395_00241112.jpg
裏板の眺め!アーチ高は15.5mm
d0040395_00463540.jpg
d0040395_00253922.jpg


d0040395_00265103.jpg
この感じ とても気に入っています。

d0040395_00281531.jpg

ふっくらアンパン?おまんじゅう?
d0040395_00261397.jpg
d0040395_00321339.jpg

次にパーフリングを入れます??。今回は箱にする前に入れようと思います??。


by cremonakuga | 2018-08-31 00:44 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cremonak.exblog.jp/tb/27081886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 型から外し 工房の窓で ストラディヴァリウスの背中? >>