ヴァイオリンを木賊で磨く・・・時間の流れが急に遅く感じます。

白木ヴァイオリンのニス塗前、下地ニスを塗る前にもう一度表面を整えます。
最近は、サンドペーパーも使います。最初から最後まで木賊という訳ではありませんが、
普通のサンドペーパーは砂が どうしても木地に入り込むため、掃除機で吸引したり
気を使わねばなりません。(砂が取れないようなサンドペーパーもドイツ製など有ります。)
途中から仕上げに至っては、木賊はかなり良いです!
庭は木賊とミントおまけにドクダミで占拠され ひどい事になっています。

以前、展示会で 木賊などいろいろ展示したおり、名の知れた同業者(著名な)から
そんな木賊 現代の今、本当に使っているの?
・・・・と笑われました・・
いや宣伝と話題性としてですよ!・・・と同調しましたが、
実際は、サンドペーパーが無かった時代と同じように使っています。
職人なら、いかに速く効率的に、製品を作り、売れていくら??を優先するのでしょうが、どうやって作ったか?も大切ではないか?と思います。
木賊は使ってみれば その良さが分かります。なにより 健康的で、自然の恵みを感じます。有り難いです。ヴァイオリンに優しいです。
木賊もヴァイオリンの表面にキズは付きますが、軽く回すように擦り、
d0040395_19010652.jpg
d0040395_19005094.jpg
木賊の間に木の粉が詰まったら、トントンと上から叩き
大きな木賊は粗い目で 小さなのは細かな目になります。
音楽聞きながら Caffeしながら・・・そんな時間が好きです!
d0040395_19012440.jpg
ふ~っと!
d0040395_19014295.jpg
ふ~と息で 粉を飛ばします!
なんとも 良い時間が流れます。
1年くらい乾燥されている木賊、まだ使えます。
庭は青青と木賊で一杯です!
d0040395_19160099.jpg
木賊を使うと、時間の流れが遅くなってコーヒーも美味しく感じます。同じようにバンドソーも便利で使いますが、手押しノコも使います。人力というのも人間らしく可能な限り昔と同じようにしたいと思います。
身体が動く限りですが!





by cremonakuga | 2017-08-05 19:26 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cremonak.exblog.jp/tb/25196731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Nicolò Amati 1... AmatiのTesta=ヘッド... >>