ヴァイオリン工房長のウイスキー飲み比べは???

ヴァイオリン工房長のひとりごと・・・
しつこくもウイスキーはその後・・・

S-Yamazaki12年とN-Taketsuru17年を いろいろ比べてみました。
Yamazaki12年も好きですが、Taketsuru17年は、また別な味で好きになりました。
スコッチファンには17年は、涙が出るほど トリコにしてしまいそう・・・と思います。
ロックで飲み、失礼かもですが・・水割りにして飲むなど試しましたが・・・

何時も思うのですが、日本酒にしても大吟醸は、マイルドで上品な味、コニャックも喉に刺激が無い・・
ウイスキーも同じ感覚のようです。喉越し、後味、香り・・・・
深い世界です!
ビールのAスーパードライも海外で人気のようですが、これはマイルドではないから、分からなくなる???
個人的には、日本のビールも美味しいのですがドイツやイギリス、も好きです。イタリアのも好き。
最近特に地ビールが熱い!

焼酎も有名な銘柄は、なかなか手に入らないと言う。
10年前になりますが、友人でお酒のバイヤーが送別会に森伊蔵の一升瓶を差し入れしてくれた。
どうも、森伊蔵でもなかなか入手できないしろものらしかった。
私には、その差が良くわからなかった、分かる前にしっかり酔ってしまった。

黒糖焼酎で本場でしか飲めない40度のものをおこぼれ頂戴したとき
おいしいと感じた時、やはり酔いが回ってしまった。

ヴァイオリン工房長は、直ぐに酔いが回ります。

そんなに深く考える必要は無いのでしょう!
お酒を注がないで・・・
ヴァイオリン作りに力を注ぎましょう!
by cremonakuga | 2015-03-31 23:52 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cremonak.exblog.jp/tb/21674274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ストラディヴァリウス(mode... Cremonakuga vio... >>