ヴァイオリンと九十九里浜防砂林の関係

ヴァイオリンのニス作りは、いつも九十九里浜の実家へ行きます。
震災で、津波の影響で防砂林の松が枯れてしまったらしく、松の苗が植えられています。
いまは、何もなく、視界が開けています。
ニスを作る実家は、海、砂浜、防砂林、道を挟んで有ります。2階の窓から海が見えます。
今回はニス作りではありませんが・・・・・・

ここは松林でした。整理され何もないです。
多分塩分の砂では松は育たないので、土などから改善などしてからでないと植えられないのでないのだろう??と想像!
d0040395_0433981.jpg

d0040395_0441075.jpg

d0040395_0443233.jpg
d0040395_0445556.jpg

d0040395_0451518.jpg

2年経って、やっと可愛い松が、植えられ沢山育っています。
d0040395_0453911.jpg

d0040395_0455757.jpg

by cremonakuga | 2013-03-17 00:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cremonak.exblog.jp/tb/18253000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリンかついで東京へ~ 久我ヴァイオリン工房恒例・季節... >>