久我ヴァイオリン工房 「ヴァイオリン製作日記」 Caffe o Tè?

ようこそ 神秘的な音を紡ぐクレモナクガ・ヴィオリーノへ 
ヴァイオリンの最高峰とされる名器は、今なお17世紀、18世紀、北イタリアの名工達によって作られたヴァイオリンです。
Benvenuto a  Cremona Kuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ヴァイオリン製作 日記   "Caffe o Tè? "


d0040395_03420629.jpg
その製作法は、18世紀末に途絶え、名工達の音作りは伝承されず、神秘の謎に包まれています。
ストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェズがとても好きです。
両者の音色やその姿に魅了されています。

色々な方達との不思議な出会いや、偶然から、
意図しないのに、度々ストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズなど手に取って見る機会を得てきました。

クレモナ名器特有の音の響きを敏感に感じながら、気が付くとストラディヴァリ、グァルネリなど33丁余を見てきました。
国内外の演奏家の方々を初め、応援してくださった皆様に、心より大変感謝致しております。
私は名器に触れ、時に音を出し、その厚さを計り、それらの音作りの技術を探り、音響特性を調べながらヴァイオリンを製作しています。


このブログは・・・・好きな事 あれこれ・・
そんな Caffe o Te? スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.     






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by cremonakuga | 2019-10-03 16:35 | Trackback | Comments(15)

ヴァイオリンの街 イタリア・Cremonaを描く・・ヴァイオリン工房

こちらは、ほぼ完成です。F10号
d0040395_16242331.jpg

# by cremonakuga | 2019-10-03 16:34 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房が絵画アトリエに変身!

今日はイタリア・トスカーナ風景を描いてみました。F4号
葡萄畑が まだそうは見えない・・・
下絵無し、そのまま絵具をキャンバスへ・・・やはり位置関係が狂ってきて、
下絵を当たりをつけてから・・と後悔する。
よけいに時間がかかります。
これから、少しづつ手前の葡萄の葉っぱを らしく描かねば、杭も杭に描かねば・・・・まだ1時間くらいなので、ぜんぜん完成では有りません。

d0040395_16234908.jpg




# by cremonakuga | 2019-10-03 16:29 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンを長持ちさせるために

ヴァイオリンの弦を張りっぱなしが普通ですが、長期間使わない時は、総ての弦を、緩めておくと楽器も休まります。
どれくらいか?は、その期間にもよるかもしれませんが、もう1年2年~永久に・・では、魂柱が倒れない程度、ゆるめるのが良いかも知れません。
永久だったら、魂柱倒して、駒も外して・・・となるでしょうが、
1か月だったら、E線のみか梅雨や夏、また保管状況が悪い場合は、総ての弦を半音くらいの方が良さそうです。エアコンをつけてベストコンディションにしたいです。
毎日使う場合は、せめてE線を半音くらい下げておくと、楽器も楽です。
数日使わない時も、E線のみ半音くらいで良いのではないだろうか? 総ての弦を外すくらい緩めると、今度は、厳密には元の状態の音がでるまで、数日かかります。特にストラディヴァリなどオールドは、バスバー側の圧力と魂柱側の圧力が表板の中心接ぎあたりで中和するような状態なので、一回弦を外し、また張ると、総ての部分が、元の状態のテンションがフリーに馴染むまで時間がかかります。
少し緩めるくらいでは、弦を調弦すると音は元に戻ります。以前、ストラディヴァリの駒を作り替えた時、3日間くらいかかたと聞きました。
デリケートな楽器は、それだけ 変化しますので、本番など考えながら、休ませる時は、休ませるなど 楽器に優しくしてあげる事が大切と考えます。ヴァイオリンのE線で、圧力は確か8Kgくらいあります。ヴィオラA線も同じくらいあります。ただしヴァイオリンのG線が5k強にに対しヴィオラCは6kgくらいあり、低弦に加重比率が多くなっているようです。
ヴァイオリンのEとAで15kgくらいで、DGで10kgくらい、合計25Kgくらいだったと???私が思うにはEを半音下げるだけで 随分違うと思います。高音側に負担が大きい。
・・・ただ、弦を張り続ける状態での音も有り、その良い音は、調弦程度と違って、緩めると、なかなか直ぐに元の音は得られない気がします。
小まめに、Eをほんの少しだけ練習終わったら緩める習慣をつけると良いのではないでしょうか?
E線、10Kgの鉄アレーと思ったら、時々休ませてあげないと可哀そうと思いませんか?ですよね!
※注意・・長期間の時、弦を緩めると、駒が傾くので、そこが微妙です。真っ直ぐ直しておけば、楽器表面にヘコミの心配もなく、今度は弦を戻す時、駒が前のめりに行きすぎるので、少しずつ直さないと、駒が倒れる可能性もあり、丁寧にしないといけません。

多分、未来永劫E線緩めない方が多いのだろうなあ!?と思っています。作るサイドからは、心配するところです。ヴァイオリンは道具であって工芸品、美術品でもあるからです。大切に使いたいものです。

25Kgで圧力を掛けられ続けると、変形してきます。デリケートな良い楽器ほど変形してきます。
メンテを怠り魂柱が緩く、短くなった状態で、それを続けられると、取り返しがつかないことになります。

私の場・・・
楽器のニスに汗や油分が付いた時、柔らかい布に水を付け、極軽く拭い、乾いた柔らかい布で軽く拭きます。(ニスが剥げ木部がむき出しの場合は、水分が染み込みますからNGです)
製作過程で多量の油分がニスに付いた時、薄めた中性洗剤を柔らかい布に付け、拭い、次に水の布で2~3回拭い、乾いた柔らかい布で拭います。汗が付いたままにして置くと、ニスに深刻なダメージがきます。それは音にも影響し、顔に近い部分へのニスのダメージは高音に影響を及ぼします。左手の当たるサイドのニスはやはり高音に影響します。ニスが取れると、高音が弱くなります(良くなる場合、高音が柔らかくなったり、鳴りが良くなったりします)(悪くなる場合、高音が弱くなり締まらなくなります)楽器により異なります。

※例・・・私のストラディヴァリモデルのヴァイオリンですが、ヴァイオリン①では弦を調弦したまま緩めず張ったまま1年間、先生が時々レッスンや練習に使われたヴァイオリンは、まったくどこも変化なく、ニスも状態良く、綺麗な状態でしたが、別な楽器②は、約20年たったヴァイオリンも美しい状態でした。
別なヴァイオリン③では、別な先生が朝から晩まで練習、本番で弾き込んだ結果、1年で、表板が、少しですが表板が落ちてきて変化が見られました。また、
ヴェイオリン④では、アマチュアの方が、半年超弾いたヴァイオリンも表板に変化が見られました。
ヴァイオリン⑤別なアマチュアの方10年弾いてもニス意外、表板に変化なく楽器は良い状態。
この事は、ヴァイオリンは その弾き方と楽器の扱いで大きく違いが出るということです。弾くという動作は、単に弦を振動させるのと、
圧力を掛けて振動させるのでは、その圧力の差で、楽器に大きな影響を与えます。つまりコピーであってもストラディヴァリと同じ様な厚さ、少し厚く作られたヴァイオリンは、圧力をあまりかけずに、弓でキャッチし、滑らかにしっかり弾けば、強い音も、迫力ある音も出せ、楽器に負担が少なく、かえって良く鳴ります。必要以上に圧力を掛けて弾くと、かえって鳴らず、さらに力を入れる事になります・・また弓で、なんなく鳴らせる弓、押し付けが必要な弓では、あやはり力が入り、ジワリジワリと楽器に変化を与えます。弾き方により それだけ違うという事です。楽器に合った弾き方が出来れば、まだ知らない可能性が発見でき、音も美しく良く鳴ります。一般的に良い楽器は、良い弓を必要とし、ヴァイオリンは大事ですが弓はもっと大事とも言えます。弓選びが大変という事になります。あらゆる面に気を使わないと100%良い演奏はできないのです。古い弦で音が悪くなっても、あまり気にならなかったり、毛替えしなくても気にならなかったら、後で後悔しない様に、ヴァイオリンがどういう状況におかれているか?を考えるべきです。
2.0mm~3mmの板に圧力25kgにさらに弓で圧力を掛け弾き続けている事を知っていてください。時々休ませましょう。半音でも!



# by cremonakuga | 2019-09-30 20:49 | Trackback | Comments(0)

今夜はカルテット・プラチナムへ

カルテット・プラチナム
第10回定期演奏会に行ってきました。
今日も素晴らしい音楽を鑑賞できました。お客様も沢山いらっしゃり盛況でした。
早いもので第1回から5年が過ぎ、10回を迎えました。1回からかかさず鑑賞させていただきましたが、
勝手に応援団。
回を重ねるたびに、密度が濃くなっていき、出来上がる音楽が素晴らしくなっていく様を体感させていただきました。
評論家の様に偉そうに言ってしまいましたが、難しい事は分かりませんが、素直に、4人が、初回から 4人の合作が試行錯誤を重ね進化していく様が10回聴くと分かります。
これからも素晴らしい音楽を聴かせていただきたいです。
JTアートホールアフィニスにて
d0040395_00432951.jpg
Vn:沼田園子さん
Vn:野口千代光さん
Va:大野かおるさん
Vc:菊地知也さん

プログラムは
モーツアルト:弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K。421(K.417b)

ショスタコーヴィッチ:弦楽四重奏曲第7番嬰へ短調作品108(1960)

                ≪intermissin≫

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番へ長調作品59-1「ラズモフスキー第1番」
お客様も沢山いらっしゃり盛況でした。

今日は、会場の湿度・温度がどれくらいか?調査しました。
室温25度・湿度48%
足元で計ったため、室温はもう少し上かもしれませんが、かなり寒く感じました。
体感温度23°くらい
楽器の環境は、とても良かった様です。楽器がとてもクリアーに良く鳴っていました。
それも出来上がる音楽には良かったのでしょう!まだ半袖OKの中で、ジャケット持参で良かった!
入口付近
d0040395_00455281.jpg

入口前通路壁面
d0040395_00435926.jpg


虎の門交差点から霞が関・・・工事中・・・半年前も工事中だった!
d0040395_00442703.jpg

# by cremonakuga | 2019-09-29 22:45 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンのタイプ ストラド型、グアルネリ型、アマティ型 その他の形

私たちは、ヴァイオリンを表現するとき、ストラド型などと表現します。
誰々作のストラド型という様に。

ヴァイオリンを選ぶ時、どんな音が欲しいか? ストラディヴァリの様な高音が綺麗なストラディヴァリ型のヴァイオリンとか・・・
では、外形がストラディヴァリの型を模して作った場合、ストラディヴァリタイプの音がするのでしょうか?
もしかしたら、形がそうで、色彩も、古めかしく外見を模してあるから そう錯覚していないでしょうか?
形が同じで、アーチなども同じに、F字孔も同じにすると、内部空間が近くなります。f字孔が同じのため
外へ出る音の出口がが同じ事で、ある種似てきます。胴の幅が狭かったり、広かったりでも似る部分があります。
外見のニスでも、視覚的に、脳への信号が、心地よく良い音がしそうな伝達をするかも知れません。
しかし、これだけでは、音の個性が似てくるとまでは言えません。
表、裏。横板の厚さのグラデーションが、ストラドらしい、グアルネリらしい、アマティらしい配分になっていないと
個性は似てきません。
それらを同じようにしても、個性のバラツキが出てきます。
つまり、見た目グアルネリだからとグアルネリの音が、似た音がするのか?
もし、似ていると感じたら、本質を見抜いていないかもしれません。
なぜなら、ストラドの外見を借りて、グアルネリ1735年の厚さ配分で作る事もできます。
多分1730年代のストラドの音がすると感じる人がいるのではと思います。
重要なポイントが似ているからです。
一般的なヴァイオリンは、同じ厚さのグラデーションで、グアルネリは少し厚めに、ストラドは薄めに
作られていたりします。
音をコピーするわけではないので、まったく それで良いと思います。

私の場合は、実際のストラディヴァリウスの厚さを計り、、重要な厚さの個性を、同じ様に加工します。
グァルネリは、同じ様にグアルネリの厚さ配分で加工します。

では、Cremonakuga オリジナルヴァイオリンというどれも真似しないデザインのヴァイオリンを
作れるか?良く製作者の名前のオリジナルの形のヴァイオリンがあります。

ストラディヴァリの良いところと、グアルネリの良いところを合体し、都合良く、素晴らしい楽器が作れないか?
実は、両者、まったく同じ事をしている部分とまったく違う事をしている部分があったりし、
厳密には、作り得ないと考えます。実際に薄く作った部分が実は厚く、じつはやはり薄く・・と七変化しない限り、不可能です。
高音をストラディヴァリの様に、低音をグアルネリの様に・・・は、もし私だったら・・・・
グアルネリの厚さ配分を基準にストラディヴァリの型を借り、高音をストラディヴァリの様に成るように作るという事でしょう。
高音に関係する表板の部分を薄めに作るという事でしょう。裏板を少し薄めにします。横板も薄めにします。
グアルネリの低音は、単に良く鳴る様にではなく、ダークな音色も必要です。細かなテクニックはストラド方式を使うということです。
これは きっと難しいでしょう。
どんな音かは、きっと中途半端な音になるでしょう。
こんな事を考えていると、また眠れなくなってしまいます。
ある楽器の音質を再現しようとすると、材料から似ている物で、経年を加味しで、総てをコピーすれば、かなり似ます。
そんな時代が来るでしょう・・




# by cremonakuga | 2019-09-28 23:57 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房絵画アトリエ変身中・・・Cremonaを描く No5

ヴァイオリン工房・・・絵画アトリエ変身中!
少しずつ 変化 前進 後退 なんとなく なんとなくItaly CremonaのトラッツゥオをPoo川沿いのサイクリング道路から望み
その風景の記憶を思い出しながら楽しく描く。
d0040395_17341778.jpg

# by cremonakuga | 2019-09-25 17:38 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房が絵画アトリエに変身中・・・Cremonaを描く No4

ヴァイオリン工房が絵画アトリエに変身中!

朝の光で見る・・・・遠景のアパートの窓を描くなど細部を残す手前の草を描かねばならない
さて どれくらいのリアル度で描くか?でこの絵が決まってくるようです。何十年ぶりに描く油絵は
日曜画家には なかなか難しい!が楽しい息抜きになっています。
d0040395_11342030.jpg



# by cremonakuga | 2019-09-24 11:41 | Trackback | Comments(0)

駒は どう作るか???

ヴァイオリン工房で、駒を作り替えていただく事があると思います。
自分の楽器であっても、遠隔地のユーザーさんは、駒の高さを好みにするため、
ほかの工房などで 作り替えをする事があります。
そいう駒を拝見するとき、自分の好みと駒の作り方が違う事が度々あります。
大方、私より厚めに出来ています。
最近も、イタリアの100年くらい前の楽器の駒を作り替えしましたが、
最近どこかで作り替えした駒で、それをまた作り替えました。
なぜ こんなに厚いのか?
反りにくい
弦はスムーズに動きやすい
など使用者の扱いが楽く
なのだろう?
ただ、弦がのる駒の先端の厚さが1.7mmあると
善し悪しは別にして音が大分違ってきます。
その楽器で演奏会や、
コンクールを受けるとかでなければ、
その方が良いかも知れません。
駒の先の厚さを私の様に1.34mmくらいにすると、
松脂が沢山つくと、弦が動かなくなりやすく、
注意しないと
駒が前のめりになりやすい。
そうすると、せっかく
音を重視しても
駒の前が強く表板に着き、後ろ側が浮き隙間ができ、
結果的に魂柱を離した状態になり、
音がボケ、弱く 柔らかくなる。
無理に駒を後ろに引き直すのを繰り返すと

そして弦が駒に食い込む。
そういうリスクはある。
意外と、反ったまま弾かれているケースは多い。
私は職業上 神経質に、駒が正確に立っていないと
気持ちが悪い。
確かに厚めに作った方が のちのち
駒が反ったとか言われない。
まさか そんな理由ではないだろう???

良い方に考えると、低音を重視、
低音が好きな人が駒を作ったのではないだろうか?
と推測する。
その音を聴くと、低音がより太い音がするが、
低音の微妙なニュアンスが 伝わらない。
同じ駒でEの厚さが1.3mm
Gが1.7mmという方法を試した事があるが、
今はしていない。
ヴァイオリンらしい音色がポイントだと思う。
E線をどんな音にするか?全体のイメージが
駒の形は音の設計図と言っても良いのだろう!








# by cremonakuga | 2019-09-24 01:39 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房が絵画アトリエに変身中!Cremonaを描く No3

ヴァイオリン工房が絵画アトリエに変身中!
何か?寝ぼけた雰囲気????
実際に寝ぼけているのだろうか???
油彩は少々腕に自信が有りそうで まったく無い!
④が最新で製作過程はこの順 ①⇒②⇒③⇒④

d0040395_04332302.jpg
d0040395_04325001.jpg

d0040395_19061226.jpg

d0040395_19064949.jpg
④を眺めていると一番近い手前を遠近法で、草など描くべきと思いますが、色をリアルに近づけると
色彩が暗く当たり前になってしまい、面白くない!
さあ どうしよう?
濃いめのグリーンに赤茶などをグレーっぽく差していき、生の色ではなくしてみよう・・・
建物もあまり説明的にするとやはりつまらなくなる。窓を感じさせるだけで良いので
トライしてみよう・・・


# by cremonakuga | 2019-09-23 19:14 | Trackback | Comments(0)