久我ヴァイオリン工房 「ヴァイオリン製作日記」 Caffe o Tè?

ヴァイオリン製作 日記   "Caffe o Tè? "

Benvenuto a  Cremona Kuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 


d0040395_03420629.jpg



ヴァイオリンの最高峰とされる名器は、今なお17世紀、18世紀、北イタリアの名工達によって作られたヴァイオリンです。
しかし、その製作法は、18世紀末に途絶え、名工達の音作りは伝承されず、神秘の謎に包まれています。
私は、クレモナ名器ストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェズがとても好きです。
両者の音色やその姿に魅了されています。

ヴァイオリンを作り始めて、今迄、色々な人との不思議な出会いや、偶然から、
意図せずに、度々ストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズなど手に取って見る機会を得てきました。

クレモナ名器特有の音の響きを敏感に感じながら、気が付くとストラディヴァリ、グァルネリなど33丁余を見てきました。
国内外の演奏家の方々を初め、応援してくださった皆様に、心より大変感謝致しております。
私は名器に触れ、時に音を出し、その厚さを計り、それらの音作りの技術を探り、音響特性を調べながらヴァイオリンを製作しています。
(2017年の久我兄弟展 案内より)

このブログは・・・・好きな事 あれこれ・・
そんな Caffe o Te? スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。

・・・・・・ 誤字、脱字など注意していますが、多々有る様です。何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.     

※ 2019年2月22日・・はやぶさ2 竜宮に無事着陸 おめでとう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by cremonakuga | 2019-03-21 00:46 | Trackback | Comments(15)

バンクシー??? 九十九里浜へ寄り道する

実家の九十九里甘へ向かう途中、近いので片貝漁港近くの 今話題の
バンクシー???を見てきました。
随分前から有ったらしいのですが、そのまま綺麗な状態で残っているのは不思議です。
 さて 真贋は????
私は、だれか絵の達者な粋な若者が描いたのだろうと思っていますが・・・本物であっても不思議ではないでしょう・・・
さてどうでしょうか???
d0040395_00294336.jpg
d0040395_00323708.jpg
d0040395_00365958.jpg
d0040395_00334984.jpg



# by cremonakuga | 2019-03-21 00:45 | Trackback | Comments(0)

♪ストラディヴァリウス讃歌♪

ストラディヴァリウ讃歌
d0040395_18240258.jpg
(2018年製Cremonakuga Violino)

ヴァイオリンに関わる人間や、そうでない人でもストラディヴァリという名前は、たいてい知っているでしょう。

TVで格付けなど・・・名器も話題になっています。
ヴァイオリン製作者にとっては、神様と言えましょう・・・・

セットで数万円の初心者用のヴァイオリンでも ストラディヴァリウスモデルが有ります。
ヴァイオリン製作者の間では、製作者個人のオリジナルモデルで、『何の誰々作』と自信を持って
表現する事も素晴らしいと思います。

人によっては、ストラディヴァリを目標にせず、普通のヴァイオリンを作る!
・・・・そういうヴァイオリンも有ります。
普通のヴァイオリンと言うのは簡単ですが、何が普通か?
個人個人目標が違うので、その普通が難しい!



なぜストラディヴァリが素晴らしいか?
それは・・・どうして そんなに? 音が良く鳴る事を 誰から習ったか?
どうして楽器が良く鳴るように・・・どうしてなのか?
アマティもしない事を???

ストラディヴァリを研究していると、いつの間にか、迷路に迷い込み・・・何が何だか分からなくなってしまいます。
こんがらがった糸のような迷路へ・・・
頭がウニになりそうになる事がありますが・・
偶然その糸がほどけ スッキリします。

いろいろなトライをしていると、凄く良い音だったヴァイオリンを更に良くしようと・・・小細工を・・・すると、音量がだんだん少なくなっていき、音質も悪くなっていき・・・
精神的にダウンし、暗くなっていきますが、
それでも アレコレ あきらめずトライしていると
有る時、音が復活し、更に良い音になる事が有ります。
そうで無いことも多々ありますが・・・

そういう時、こんがらかった糸が解け、謎が解ける。

そんな時ストラディヴァリの素晴らしさを実感します。
ほんの直径1mm厚さ0.1mmくらいの範囲の変化で、
低音が、ダークになったり、強く鳴ったり、またE線が、柔らかく素敵な音色になったり、鳴りが良くなったりします。
また、バスサイドをいじくると低音が変化する事にも驚きますが、それよりトレブルサイドの高音が良くなり、本当に驚かされます。
不思議な事を沢山体験しています。

ストラディヴァリって 何て素晴らしいのでしょう!




# by cremonakuga | 2019-02-22 19:01 | Trackback | Comments(0)

La viola Andrea Guarneri 413mm~415mm

ヴィオラ413mm予定のフォルマを始めました。
415mmより  ほんの少しだけ小さなヴィオラの型を製作開始しました。
結果曲線の大きさで415mmに近くなるかも知れません。
415mm以下という感じです。
1676年の Conte Vitaleを元に 1690年のViolaを目標にしています。

1676年と どう違うのか?・・・
1676年は
サイズが・・・belly418
・・・・back 419
に対し

1690は、
415mm(413mm~)


アーチが1690の方が少し高くなる予定です。


アルミ板1mmの板は、しっかりしていて良い感じですが、これ1丁しか作らないのに・・・・・とも思いながら・・・・・。
d0040395_23162628.jpg


下がStradivari1690年の型・・上は今回のAndrea Guarneriの物です。比較してみました。Andrea Gの方がミドル=Cの幅が少し広くもちろん流れるカーブも違います。アッパーの肩のラインの流れは結構似ている気がします。

しかし、表と裏が大分異なる様で、輪郭が難しい!
d0040395_23171899.jpg

これから、クルミ材の内型の作成に移ります。


Conte Vitaleの分かる範囲の厚さ配分から、どう詳細を導き出し音を創るのか???
AmatiからStradivari,Guarneri del Gesuまで音創りにされている特徴を考えながら・・・
それらを考えながら厚さ配分の図面を描き出そうと考えています。





# by cremonakuga | 2019-02-15 23:34 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

2019年新春Cremonakuga恒例今夜は季節のパスタ 菜の花&ボンゴレ

今年は、上手に砂抜きが完璧に!
菜の花も、食感を残し美味しく仕上がった。白ワインは頂きもののイタリアン
たっぷりのアサリ・・
今年は菜の花は控えめにしました。
d0040395_01364823.jpg
d0040395_01363130.jpg

# by cremonakuga | 2019-02-05 09:00 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン 私のお気に入りの弦組み合わせ

今新作ヴァイオリンの弦の為にオリーヴ弦を用意しましたが、いまだに音創りの為に、ケアーしています。
そこで、一般的な駒や魂柱ではなく、またニスでもなく、別な方法で楽器自体を思う音に向け馴染ませています。音色創り E線をより鳴らしたいとか、E線の音色とか・・G線を弓でアタックした時強く反応するように・・・とか 
楽器本体を体質改善しています。これが 私にとって極めて難しい作業で、1歩進んで2歩さがり・・・3歩進める
結果1歩進む・・・そんな感じの 修業のような作業です。この作業が非常に長くかかります。駒は既に数個試し完成、魂柱も数本試しセット済!

どんな音楽を奏でてほしいか?そこへむけて・・・・


<バージョン1>

E線 オリーヴゴールド・・・キラキラ品良く輝く音色(オールマイティ)
   ピラストロゴールド・・・落ち着いたナチュラルな音色
   ウエストミンスター0.275・・・パワーに主張し迫力ある音色 (Soloに良いかも?)

A線 シノクサA・・・D Gと馴染自然な音色
  ドミナントA・・・シノクサと同じ様に自然に馴染む

 ※ Aは楽器によりEとDGを自然に繋げる弦。

D線 オリーヴノーマル 16 3/4
G線 オリーヴリジット 15 1/2 or 15 3/4

<バージョン2>
E ブラカット0.26、ピラストロゴールドor オリーヴゴールドほか・・・・
A,D ドミンナント
G オリーヴリジット 15 1/2

<バージョン3>・・・全体におとなし目の楽器向き・・・ Soloに良いかも???
E線・・・ウエストミンシター0.275
A、D・・・インフェルド赤
G・・ドミナントノーマル

<パワーバージョンA>・・・Solo、デュオに良いかも???
E線 ウエストミンスター 0.275
A,D,G エヴァピラッチ

<パワーバージョンB>・・・Solo、デュオに良いかも???
E線 ペーターインフェルドプラチナ or  ウエストミンスター0.275
ADG ペーターインフェルド





# by cremonakuga | 2019-01-21 00:02 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga フェルメール展へ

寒空の上野へ・・・フェルメール展を鑑賞しました。最近は、予約して行くので、並ばなくてすみ
ゆったり鑑賞できました! と言いたいのですが、やはりフェルメールの前は、二重三重四重と大人気・・・
それでも、しっかり一番前でじっくり見られました。美しい絵でした。
早めに上野へ着き ランチは上野精養軒でゆったり過ごし、上野の森美術館へ・・・
前回は十年以上前に大阪へ日帰りしました。
誰しもが好きな人気画家ですが、私も若い時から大好きな画家です。
d0040395_20502560.jpg


d0040395_20504830.jpg

# by cremonakuga | 2019-01-17 20:59 | Trackback | Comments(0)

クリスマスイヴは、九十九里浜で

寒い! che freddo!
d0040395_00514368.jpg
d0040395_00511924.jpg
d0040395_00484347.jpg
昔懐かしいケーキ・・・・
d0040395_00475727.jpg
d0040395_00562312.jpg
d0040395_00560726.jpg
d0040395_00554794.jpg
d0040395_00553652.jpg
d0040395_00552394.jpg
d0040395_00551270.jpg
d0040395_00545828.jpg
d0040395_00543545.jpg
d0040395_00524371.jpg
d0040395_00521299.jpg
d0040395_00562312.jpg

# by cremonakuga | 2018-12-24 10:00 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン作りのちょっとした手仕事・・・

以前作った柘植のテールピース・・・弦の穴など大分手直ししましたが、白の部品を先日牛骨に変えましたが、今度は在庫の象牙端材(正規品)を半分のカットし、加工し交換しました。
音は・・・極端に変化無し!



d0040395_02173870.jpg
この刷毛は、頂き物ですが、そこいらのホームセンターで売っているような簡素な木材の柄でしたので、手に馴染む様、ちょっと高級感も出すため彩色してみました。
老舗刷毛専門店の刷毛です。
元の柄は、安っぽく手の感触も雑な感じがしましたので、今度は刷毛を持った感触も良い感じです。
ニスを塗る時の手の感触は大事です。毛は、腰があり、柔らかく、良さそうです。
しかし いったい何の毛なのでしょう???
テンの毛より少し濃い色ですが、感触は良く似ています。
良く有る彩色です。
3.5cm、4cm、4,5cm
d0040395_02181152.jpg




# by cremonakuga | 2018-12-24 00:01 | Trackback | Comments(0)

2018年製 Stradivari model (D'anni 70)

Modello:Antonio Stradivari
Forma-P
Lunghezza ・・・356mm(355mm)
superiore・・・166mm
centrale ・・・107mm
inferiore・・・205mm
altezza di fascie(superiore) ・・・30mm
altezza di (inferiore)・・・31.5mm
effe e effe(distanzza) ・・・ 39mm
Lunghezza della corda・・・328.5mm

vernice (fatto in atelier Cremonakuga) ・・・trementina veneta e olio di lino e noce , rosso cocciniglia
come Stradivarius
Tavola・・・abete maschio 2005
fondo・・・ acero 2006

d0040395_18213740.jpg
d0040395_18233138.jpg
d0040395_18312241.jpg
d0040395_18240488.jpg
d0040395_18244882.jpg
d0040395_19032226.jpg
完成時の音色の感想は・・・とにかく柔らかい音色です。圧力を少なく弾くと、滑らかです。
強くアタックするとG線は、まだ反応は もう少し待たないとという感じえす。
E線は甘い音色で一本芯があります。
3種類の弦で試してみました。

E線・・ピラストロゴールド
A・・ドミナント
D&G・・オリーヴリジット
この組み合わせは、良い感じです。


エヴァピラッチ・ゴールド
倍音が美しく、これも有りと感じます。


E・・・ピラストゴールド
A,D,G・・・ドミナント
張りたてで、馴染むまでまだ分かりませんが・・・
Eは、安定していて芯があります。
全体に自然な感じです。


特に プロ演奏家の方を初め高度な演奏にお使いいただけると考えています。
現代の新楽器の厚さのグラデュエーソンから来る特有の音質とは異なり、オールドクレモナ ストラディヴァリの厚さの
グラデュエーションで作られて、内部の複雑な特徴も再現しているため、独特の音質を持っています。木材が12年くらいなので、その分元気さがありますが、
弾き込むことで、クラッシクでは特に音楽的に深い演奏が可能ではないかと考えます。




# by cremonakuga | 2018-12-16 18:57 | ◎ヴァイオリン作品の一例 | Trackback | Comments(0)