久我ヴァイオリン工房 「ヴァイオリン製作日記」 Caffe o Tè?

ヴァイオリン製作 日記   "Caffe o Tè? "

Benvenuto a  Cremona Kuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 
d0040395_00275257.jpg





ヴァイオリンの最高峰とされる名器は、今なお17世紀、18世紀、北イタリアの名工達によって作られたヴァイオリンです。
しかし、その製作法は、18世紀末に途絶え、名工達の音作りは伝承されず、神秘の謎に包まれています。
私は、クレモナ名器ストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェズがとても好きです。
両者の音色やその姿に魅了されています。

ヴァイオリンを作り始めて、今迄、色々な人との不思議な出会いや、偶然から、
意図せずに、度々ストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズなど手に取って見る機会を得てきました。

クレモナ名器特有の音の響きを敏感に感じながら、気が付くとストラディヴァリ、グァルネリなど33丁余を見てきました。
国内外の演奏家の方々を初め、応援してくださった皆様に、心より大変感謝致しております。
私は名器に触れ、時に音を出し、その厚さを計り、それらの音作りの技術を探り、音響特性を調べながらヴァイオリンを製作しています。
(2017年展覧会より)

このブログは、ヴァイオリンに関するマニュアルではありません。私の個人的な感性で考えを綴るヴァイオリン製作日記です。
そんな Caffe o Te? スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。

・・・・・・ 誤字、脱字など注意していますが、多々有る様です。何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.     



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by cremonakuga | 2018-05-21 00:17 | Trackback | Comments(15)

2日連続の東京散歩

今日は、日本バイオリン製作研究会の展示会に行ってきました。自由学園明日館へ
耐震が終わって久しぶりの講堂は やはり とても良い感じでした。

こういうヴァイオリンなど音楽に関係した会場は、とても大事な事を実感しました。
こういう空間にいるだけで 心が 優しくなる。

昨日は、橋本シャーンさんという画家の作品の展覧会が銀座で開催されています。
オープニングパーティーにお伺いしました。
色彩、モチーフ、線の流れ、どれも 予想の外に広がる 美しく、楽しく 清潔な空気感
なんと表現したら良いか?うまく言えませんが・・・・
帰り道は、外国人人の波の間を・・・・
ライオンに寄り・・
d0040395_23581472.jpg
d0040395_23590829.jpg
そのお隣の・・・
d0040395_23593044.jpg
d0040395_23571061.jpg



# by cremonakuga | 2018-05-21 00:13 | Trackback | Comments(0)

梅雨・・ヴァイオリン これから気を付ける季節到来です。

ヴァイオリン!
四季がある日本、梅雨は湿気が、冬は、乾燥に さらされます。

ナイロン弦を張ったヴァイオリンは、一年を通し 変わらないテンションで、湿気の梅雨も
がんばります。

ガット弦は、梅雨は湿気で伸び、冬は乾燥で縮まります。

伸びるだけでしたら楽器へのダメージは少ない。

保管環境では、使わない時
どちらの弦でも ほんの少し緩めておくほうが良いと思います。


冬は、乾燥でネックが上がり気味になり、弦のテンションが
よりきつくなります。

春、秋で・・・
指板の位置が±0とした時、
冬は、約+0.5mm上がり
梅雨はー0.5mm下がる
ような気がします。
都合1mmくらいは移動する気がします。

湿度が強い環境では
指板が下がったまま、戻らない

それだけではなく、楽器本体への影響もでてきます。
デリケートな楽器、良い楽器ほど影響を受けやすくなります。




# by cremonakuga | 2018-05-12 23:35 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの音創り独り言・・・

ヴァイオリンの音を創る時・・・・
音色を向上させる時=良い音にする時
高音・・E線などを良い音にしようとすると・・・
①E線の音質が良くなった半面 E線の音量が落ちる
②E線の音質が良くなった半面 低音が悪くなる

こんな経験は数多くしてきました。
d0040395_23423333.jpg
d0040395_23303606.jpg
d0040395_23372829.jpg
①E線の音質が良くなったと同時に低音もよくなる
②すべてが良くなる
・・・こんなことも経験してきました。

いろいろなケースを経験しながら音を創る・・・

・・・・特に結果が思った様に進まなかった時、
後戻りし、音質を元に戻す事で、音色の仕組みを理解する。
d0040395_23353153.jpg
つまり どんな結果でも、時間をかけて元に戻す。

今まで、そうした作業をする事で、いろいろな音色が どう作られているか???
どうしたら どういう音色を創る事が出来るか????

名器を通して、沢山勉強させていただいてきました。
しかし、まだまだ 沢山 神秘的な事がある。

E線を見てみると・・・
クリアーにしっかり鳴らせる方法
複雑な音色を創る方法
ハイポジションまで良く鳴るようにする方法
金属的な音の芯を創る方法(遠くに音を飛ばす)
d0040395_23334652.jpg
などなど・・・・
G線では
G線をこれでもか?としっかり鳴らす方法
明るい音色から一気に暗い音色が出せる方法
重い音色を創る方法
軽い音色を創る方法

全体では、ノーブルな音色を創る方法。
良く鳴るヴァイオリンを作る方法


d0040395_23364870.jpg

だが、自然の材質では、何時も予定通りに行くとは限らない!
そこが毎回苦労するところです。

ヴァイオリンを弾く方が、そういう音色の苦労を 少しでも理解し感じ取っていただけると、
創った甲斐があります。
d0040395_23343770.jpg


# by cremonakuga | 2018-05-06 23:31 | Trackback | Comments(0)

Caffe frèddoの季節です Caffe Frèdo shakerato

そろそろ冷たいコーヒーが恋しくなる季節!
今日は、Cafffe Frèddo shakerato
今日のは格別に美味しく出来ました。
d0040395_16024050.jpg

いつものBiaretti Brikkaでエスプレッソを淹れました。4分間待つんです
d0040395_16025599.jpg


d0040395_16062679.jpg

蓋は、開いていて中が見えます。実際にはオープン状態で4分間待ちます。
d0040395_16064203.jpg
最後に、このシェカーでカシャカシャやって出来上がり。
d0040395_16065949.jpg



# by cremonakuga | 2018-05-01 16:10 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ジャズ 古里あゆ さんを聴いた! 新宿Jで・・・

4/28日 昨夜は、新宿Jに 故上野尊子さんの お弟子さん達によるジャズコンサートを聴きに伺いました♪
ジャズ大好き人間 Kさんからのお誘いで・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『J』 websiteより

上野尊子 メモリアルライヴ
中村真理子、橋本珠莉、藤田あや(vocal)片山勝義(bass)黒野治子(piano)鈴木麻緒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
ヴォーカルの巨匠「上野尊子」さんが亡くなって7年が経ちました。師匠を偲んで愛弟子たちが集います。中村真理子、橋本珠莉、藤田あや(vocal)などお馴染み“Sonko”ファミリーの集結です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Kさんの知人の方々と楽しく
Kさんの会社の方Tさん(ヴァイオリン弾かれ、陶芸もなさる芸術家・・・)確かジントニックを!
Kさんの同級生のYさん 英語の達人・・通訳・翻訳 アフリカ研究・・・という不思議な方・・えええ・・・と????
Kさんの同級生 Sさん ベースを弾かれ、歌もお好きという噂さのかた・確かウイスキー水割り・・
そして 私・・・の5人が新宿Jに集結!
私は、バーボンの水割りをチビチビと・・・最近あまり飲まないので 殊の外弱い

Jには、上野尊子さんの豪華な(表裏スパンコール)の衣装が沢山飾られていました。
ジャズ・・・みなさん素晴らしかった!
2ステージを聴き、(確か6人の歌)、アルコールも加わり・・・すっかりジャズに浸りきってしまいました。

古里あゆ さんの歌も堪能し 初めてのメンバー4人も古里あゆさんのファンになった!


そして
古里あゆ さんは、富山から駆け付けた!

何が素晴らしかったって!???
ハートに ギュッと来ました!

多分
5人は、みんな同じように感じ
幸せな気持ちで店を出た!のでしょう???

近くで二次会をし、帰途に・・

残念ながらカメラを持参しませんでした。


# by cremonakuga | 2018-04-29 01:37 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

今夜は(昨夜)ルース・スレンチェンスカさんの特別なピアノコンサートを聴きました。

ルース・スレンチェンスカ サントリーホール リサイタル

Ruth Slenczynska Piano Recital at Suntory Hall
楽しみにしていました。
感想を述べるまでもなく、素晴らしかった!
御年93才 もうコンサート活動はされていないようですが、
今回は、特別なコンサートでした。

私は
アンコール曲の最初の2音が聞こえた瞬間から
訳も分からず・・涙があふれ出しました。
d0040395_00083847.jpg
d0040395_00090076.jpg

# by cremonakuga | 2018-04-22 00:21 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

ラグー・ボロネーゼ ソースを手作りする!(反省点ほか修正!)

急に、本場ボローニャのパスタが恋しくなりました!
そこで、冷凍保存してあった生パスタで・・・・

今回用意したものは・・・

d0040395_17573374.jpg
(ローリエ、グローブ、ジネプロ)ローズマリーがあっても良かった!
バジル、イタリアンパセリもトッピングで使いたかったのですが・・・


・挽肉(牛肉+豚肉=7:3)・・150g
(本当は豚肉はパンチェッタが良いのですが、しかたない!サルシッチャ有ったらなお結構!)
・トマトホールド・・295g(少し多かった!150gで良かった!)
・玉葱(微塵切!?)・・・1/2(90g)大分多かった!25gくらいでOK
・人参(微塵切!?)・・・1/2(90g)大分多かった25gくらい
・セロリ(微塵切!?)・・・1/2(50g)多かった25gくらいでOK
・赤ワイン(残っていたキャンティワイン)・・・グラス1/2
・牛乳・・・グラス1/2(これも1/3くらいで良さそう)
・オリーヴオイル&塩
・ジネプロ・・・3個
・グローブ・・・1個
・ローリエ・・・・1枚
・黒胡椒・・・適量
・蜂蜜スプーン・・・2くらい
・にんにく(一個を潰し)・・・1
・ペペロンチーノ・・・ 1/2

手順
鍋にオイルを
にんにく、ぺぺを入れ、弱火で炒め、
玉葱、人参、セロリ、を炒め・・・ローリエ、ジネプロ、ブローブを加え、
d0040395_17085526.jpg
d0040395_17091289.jpg
火が通ったら・・にんにく、ペペを取り出します。
挽肉を入れ、良く炒めながら混ぜます。
d0040395_17095050.jpg
トマトも加えます
d0040395_17115418.jpg

そこへ、塩、胡椒も加え・・・
赤ワインを入れ、
牛乳を加え、
超弱火で煮ます。

≪この時点で、味は薄味≫
10分くらいしたら
底から混ぜ合わせ水分を飛ばしながら煮詰めます。
また5分~10分くらいしたら様子を見ながら
同じように底から混ぜ合わせます・・・
焦げないように時間調整しながら

濃度が濃く水分が飛ぶと、味も濃厚になってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反省点・・大雑把には、肉が少なかった=人参、セロリ、玉葱、トマトが多過ぎた!

この肉150g・・・
玉葱25g(1/4)
人参、セロリ各25g
トマト150g
ワイン 1/2グラス
牛乳1/4グラスくらい
で良さそうです!

・トマトやはり多過ぎたようです。(残ってもしかたないので全部投入!)
・赤ワイン 少なかった(そもそも残量が少なかった!)
・パンチェッタで無い分(豚肉)の影響(忘れていました!) 


肉の種類の違い、赤ワイン少な目、トマト多めで味わいがサッパリ感が強く、
味の深さが足りなかった

・・・しかし、化学添加物zero
まあ これはこれで 美味しかった事は美味しかった!
調理時間はかかりました!
思わず完食し、写真を取り忘れる!(これはイメージという事で、以前の写真流用・・ほとんど同じです)
d0040395_17131604.jpg


2~3人分の量でした!

結論は、野菜多めで健康的なRaguになってしまいましたが美味しかったです。





# by cremonakuga | 2018-04-19 17:59 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン製作者・・にわか時計職人に!???

時計職人に変身~!

使い慣れた腕時計の電池交換・・いつもは購入した日本橋髙島屋時計売り場にお願いしていました。最近時計を腕にすることがない・・・というより懐中時計を使っていましたが、携帯で時計を必要がないのが実態・・
キズだらけの腕時計・・・
d0040395_22550602.jpg
まず、蓋を開けてバッテリーが何か?を確かめる必要が・・・ベルトを片方外さないと蓋を開けれれないようです!
d0040395_22520008.jpg
しかし、キズを付けてはいけない・・・ルーペでどこから開けるか場所を確認し、薄い金具を差し込み・・パキっと開く!
あとは丁寧にオープン!アルコールをつけた綿棒で一周くるりと汚れを除去した。
d0040395_22514688.jpg
電気店で購入した替えのバッテリーを・・時計専用のボタン電池というのがある。デジタルとアナログと違う様です。400円也!
この時計用のSR41SWを探すも無く、SR41Wが有る・・お店の方曰く・・アナログであれば使えます!と・・
このバッテリーで1年くらいしか持たないだろう!
d0040395_22522011.jpg
小さなドライバーで留め金(ゴールドプレートの)を緩める・・肝心の時計用のドライバー紛失!そこで自作!
d0040395_22534441.jpg
新しいボタン電池を入れ替え完了!
d0040395_22541248.jpg
ブロアーでシュッ シュッっとホコリを飛ばし、蓋を閉める。
d0040395_22544069.jpg
最初ビビッて動かなかったが、気が付くと・・秒針がちゃんと動いた!
d0040395_22553578.jpg


d0040395_22555225.jpg
45年?くらい前の時計


電池交換は、意外となかなかやってくれるところは少ない。
デパートまで電車にのって、1時間くらいまって一日かかりになり やってもらうのも大変ですが、自分で簡単に出来て良かった!ただ密閉のためのパッキンは交換する時は どうしよう! パッキンも市販されているようです! 完全に時計職人モドキにはなれそうです。



こんな時計ですが、思い出が詰まっているような いないような???
しかし、半日で停止!
・・・?????
推定しますに・・長年動かなかったので、動きにくくなっているのでしょう!
人間と一緒で運動不足に・・
・・・・で、リューズを回し、24時間ぶん・・・ゆっくりと回し、滑らかになるように・・と・・

もう一度、様子を見ます。
明日も正確に時を刻んで動いているか?






# by cremonakuga | 2018-04-07 23:26 | Trackback | Comments(0)

桜咲く

先週になりますが、東京へ出かけました。
3月28日11:49 日本橋から
上野へ
Tokyo Geidai Junior Academy Spring Concertの ご案内をいただき、演奏を聴きに
伺いました。「一期生の成果披露演奏会」トランペット1人、ヴァイオリン3人、チェロ1人、ピアノ5人の方達の成果を
・・・・・みなさん素晴らしく感動しました!全国の中学1年生2年生の方々10人、 これからも頑張っていただきたいと思いました。
d0040395_13072179.jpg
上野東京芸術大学・音楽学部・・13:18
d0040395_13074162.jpg
通り沿い
d0040395_18503586.jpg
d0040395_13075990.jpg
奏楽堂へ13:18
演奏は13:30~約15:30まで

とても暑い一日でした。公園は桜満開・人もいっぱいで、歩けない程でした。


# by cremonakuga | 2018-04-01 13:31 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)