久我ヴァイオリン工房 「ヴァイオリン製作日記」 Caffe o Tè?

ヴァイオリン製作 日記   "Caffe o Tè? "

Benvenuto a  Cremona Kuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 
d0040395_00275257.jpg





ヴァイオリンの最高峰とされる名器は、今なお17世紀、18世紀、北イタリアの名工達によって作られたヴァイオリンです。
しかし、その製作法は、18世紀末に途絶え、名工達の音作りは伝承されず、神秘の謎に包まれています。
私は、クレモナ名器ストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェズがとても好きです。
両者の音色やその姿に魅了されています。

ヴァイオリンを作り始めて、今迄、色々な人との不思議な出会いや、偶然から、
意図せずに、度々ストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズなど手に取って見る機会を得てきました。

クレモナ名器特有の音の響きを敏感に感じながら、気が付くとストラディヴァリ、グァルネリなど33丁余を見てきました。
国内外の演奏家の方々を初め、応援してくださった皆様に、心より大変感謝致しております。
私は名器に触れ、時に音を出し、その厚さを計り、それらの音作りの技術を探り、音響特性を調べながらヴァイオリンを製作しています。
(2017年の久我兄弟展 案内より)

このブログは・・・・好きな事 あれこれ・・
そんな Caffe o Te? スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。

・・・・・・ 誤字、脱字など注意していますが、多々有る様です。何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.     



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018年7月26日(木)・・・武蔵野公開堂ホール・・・

夏休みコンサート みんなで楽しもう!
動物の謝肉祭
障害のある子もない子も大人から赤ちゃんまで
楽しめるコンサート


ソプラノ:谷口艶子、 ヴァイオリン:永井由里、奥村琳、ピアノ:水月恵美子、チェロ:黒滝泰道
◎昼の部14:00開場 14:30開演<全席自由>
乳幼児500円・小・中・高校生 1,000円
大人2,500円

◎夜の部(乳幼児不可・小学生以上)
18:30開場 19:00開演
小中高生 1,000円
大人 3,000円
大人 ペア5,000円
※障碍者1割引き

サンサーンス
うみ
ツッピンとびうお
とんでったバナハメハメハ大王
さんぼ
浜辺の歌
(子供の為の歌は一部昼のみとなります)
フィンランド民謡/カンガサラの夏の日
ピアソラ/鮫
ヴィヴァルディ・夏より(夜全楽章)
バッハ/ドッペルコンチェルト(夜は全楽章)
ヴィニアフスキ/ポロネーズ第1番



# by cremonakuga | 2018-07-13 18:34 | Trackback | Comments(15)

夏休みコンサート

d0040395_18265560.jpg
2018年7月26日(木)・・・武蔵野公開堂ホール・・・

夏休みコンサート みんなで楽しもう!
動物の謝肉祭
障害のある子もない子も大人から赤ちゃんまで
楽しめるコンサート


ソプラノ:谷口艶子さん、 ヴァイオリン:永井由里さん、奥村琳さん、ピアノ:水月恵美子さん、チェロ:黒滝泰道さん
◎昼の部14:00開場 14:30開演<全席自由>
乳幼児500円・小・中・高校生 1,000円
大人2,500円

◎夜の部(乳幼児不可・小学生以上)
18:30開場 19:00開演
小中高生 1,000円
大人 3,000円
大人 ペア5,000円
※障碍者1割引き

サンサーンス
うみ
ツッピンとびうお
とんでったバナハメハメハ大王
さんぼ
浜辺の歌
(子供の為の歌は一部昼のみとなります)
フィンランド民謡/カンガサラの夏の日
ピアソラ/鮫
ヴィヴァルディ・夏より(夜全楽章)
バッハ/ドッペルコンチェルト(夜は全楽章)
ヴィニアフスキ/ポロネーズ第1番


d0040395_18140401.jpg
d0040395_18271098.jpg
永井由里さん使用ヴァイオリン <虹=Arcobaleno ストラディヴァリモデル>
使用弦はペーターインフェルドセットです。


d0040395_18532758.jpg



永井由里さん
d0040395_02520815.jpg


# by cremonakuga | 2018-07-13 18:21 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

裏板から横板を切りぬく・・・汗・・una pausa・・汗・・una pausa・・汗・・una pausa

この作業=この仕事は、とても楽しい・・汗と休憩とを交互に繰り返す作業
・・・気が付くと、いつの間にか切れています!
d0040395_16530065.jpg
気の長い仕事です。
機械で簡単に切れればその方が楽なのですが、
しかし
見かけほど大変ではなく、手押しノコの刃は、バンドソーの刃なので、切れ味はとても良いのです。
味わってノコをひく、いや押す、なるべく手作業のかかわりを大事にしたい。
これは儀式のような仕事に感じます。
300年前の先生達も 
『こんな事してたんだろうなあ~???』
と想像しながら・・・・・
d0040395_16532930.jpg
実際には、エアコンの中で、汗はほとんどかかないのですが、
子供のころは、気温は30°は なかなか越さなかった気がします。
今は異常な気温です。

今年70才になりますが、気持ちは若いのですが、身体は人並みに気温の変化に、即座に対応できなくなってきたようです。
水分補給、室温調節、いろいろ難しい時代になってきました。

このヨーロッパ楓は、2006年カット材。12年経過しています。
ストラディヴァリウスモデルでサイズは、355mmくらいになります。
型は,Forma-Pを使います。刃がうねってしまっていて、コントロールが難しくなってきました。新し刃を作らないと・・・

この材から横板を作るか?別な横板を作るか?はまだ決めていません。




# by cremonakuga | 2018-07-13 17:47 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Cremonakugaは・・・富山~石川(金沢)~福井へ ふら~と一泊の旅を

金曜早朝 東京駅9:20発 かがやき507号北陸新幹線で富山へ
友人のK氏のお誘いで、K氏のお友達Y氏とご一緒に3人で、
目的は・・・
古里あゆ さんのジャズライブ鑑賞と
友人でもある(K氏Y氏のご学友の)
北陸の画伯・・今村博先生とお会いする・・
今回の大失敗はカメラを忘れて携帯せず!


d0040395_15361580.jpg
d0040395_17152808.jpg
ライブは夜7時くらい???
午前11時に着き、町を散策・・ あいにくの雨の中・・!
・・つきなみに、近くの富山城止公園へ・・雨が強くなる・・
駅の反対側から、北口駅から洒落たポートラム(路面電車)で終点の岩瀬浜へ・・・雨の中・・・北前船回船問屋森家の通りを・・
富山港展望台へ登ってみるも、思った以上に高く(階段で20m)を景色は素晴らしかったが、あいにくの雨で山は見えなかった。

コットンクラブ・ライブは夜7時くらいの予定が、リサーチ不足で、実は9時から・・・9時3?分発で、宿泊地・山代温泉に出る予定で・・・時間が無い~困った!・・・
古里あゆさんは、優しく、時間前に、急遽ピアノとのデュオで、私たちのために歌ってくれました。なごりおしくも、素晴らしい歌を聴きながら・・・コットンクラブで合流した今村先生とタクシーで・・・・富山駅へ

山代温泉は、今村先生のお知り合いのフラダンスの先生Akiさんが、食事をご案内してくださいました。とてもチャーミングな方でした。
宿泊場所は、山代温泉のど真ん中、翌日・朝歩いて30m 足湯から、総湯へ そして古総湯を浴び、半分のぼせながら・・・
今村画伯の運転で、画伯のアトリエ見学・・・そして曹洞宗大本山永平寺へと・・・(写真が無い!)昼食は、美味しいお蕎麦を堪能し、
東尋坊へ・・・今村先生運転お疲れ様でした、有難うございました。AKIさん有難うございました。古里あゆさん有難うございました!・・・帰路に着く・・・東京駅でお疲れ様会を・・・
d0040395_15364040.jpg
(高所恐怖を感じるため、意味のない写真になった!・・・ここは東尋坊近くから・・)

今村先生のリアルな仕事に触れ、陶芸、油絵、シルクプリントなどなど・・・既成概念のとらわれず、創造性は・・いかに精力的か?を感じ その精力的な源はいったい何からくるのか??? どこから来るのか? いったい何なんだろうか!????
そんな先生の作品(以前データでいただいたもの)の一部をご紹介します。
d0040395_17010482.jpg
d0040395_17121881.jpg
d0040395_17020982.jpg
d0040395_17114571.jpg
d0040395_17024524.jpg
d0040395_17103556.jpg
d0040395_17043229.jpg



# by cremonakuga | 2018-07-02 15:44 | Trackback | Comments(0)

クレモナニスを作る。

ユーザーの方の依頼で楽器のメンテをします。
楽器は2012年製MariaHall-Viotti1709
そのニスを調合し作りました。
d0040395_14003676.jpg

ヴァイオリンの音はとても良く変化しているようです。
時々ユーチューブの動画で聴かせていただいています。
d0040395_13592624.jpg
ニスは必要な量だけ作ります。
d0040395_13594412.jpg
d0040395_14001281.jpg
d0040395_14021168.jpg

# by cremonakuga | 2018-07-02 14:10 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房 カフェ フレッド シェケラートの季節♪

今日は強風・・・
とても暑い一日です。
そんなヴァイオリン工房は
カフェ フレッド!
今日は気分で
アマレットを


d0040395_17443913.jpg
エスプレッソコーヒー・・・ドッピョ(ダブル)分量
砂糖・・適量
アマレット・・・ティースプーン(1杯)
氷いっぱい投入(淹れたて熱いエスプレッソ)
シェーカーで





d0040395_17422930.jpg

d0040395_17430510.jpg
d0040395_17405078.jpg







# by cremonakuga | 2018-06-27 17:38 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリの下地処理も最終的なステージに・・・

表面の気孔がまだ埋まりませんが、それは透明ニスの濃さが薄いためで、実際は 何段階かの濃度の濃さを使います。


d0040395_18041491.jpg
d0040395_18044899.jpg
気孔が埋まらないうちに濃い赤で効果を試したため、この板は赤い点点が・・
赤い濃いニスは、完全につるつるにしてからでないと、見栄えが悪くダメですね。色の効果を早く見たかったので
本番は気をつけないといけません。
d0040395_18040164.jpg





# by cremonakuga | 2018-06-20 18:41 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)

イタリア Venezia発祥のカクテル Belliniを作ってみました。

Bellini(ベリーニ)は、白桃とプロセッコのカクテルです。
d0040395_18034511.jpg
Belliniは、イタリア・サンマルコのハリーズ バー(1931年5月31日開店)発祥だそうです。
1948年ジョバンニ・ベリーニの回顧展があり、その絵のイメージに
ジョバンニ・チプリアーニ(Cipriani)が

鮮やかなピンクにヒント?感動?
で作られたらしい。
ハリーズバーは、ヘミングウエイを初め、オーソンウエルズ、そしてエリザベス女王も訪れたそうです。
一般的なレシピは
白桃
プロセッコ(辛口発泡酒)
グレナンシロップ
だそうですが、

本家のは どうも
白桃
プロセッコ(辛口発泡酒)
砂糖少々
らしい。

しかし、季節物なので、本家バーのは、どうなんだろう??

ボトリングされた物は、どこでも買えるBelliniは
どうか分かりませんが(最近飲んでいないため)
※添加物のため瓶のは飲みたくない!

今回は、
まだ白桃が出回っていないため、
白桃のピューレ(缶詰代用)
プロセッコもどき
で試してみました。

結論、やはり生の新鮮な白桃
でないと再現は出来ません!
でも 雰囲気は堪能できました。
ハリーズバー発祥は、かの料理のカルパッチョもそうだそうです。
ヴィットーレ・カルパッチョの回顧展から・・・
ヴェネチア行ったら、ミハーで、是非味わいたいものです。

◎カッフェラテは、この近くのカンマルコ広場のフローリアン!
1720開店 世界で一番古いカッフェだそうです。
ストラディヴァリの時代です。



観光ガイドになってしまいました。



# by cremonakuga | 2018-06-20 18:26 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

バール <Cremonakuga>の  ウメシュ1年経過も本日再挑戦!

昨年2017年6月2日???に漬けた梅酒も1年が経ちました。
厳密には、青梅にプラムなど何種類も加えた結果
梅よりほかのプラムが多くなり、プラム類が主張し
すごく フルーティな味わいに仕上がりました!

・・・・・が・・
イマイチ焦点が定まらない甘ったるい果実酒。
そのままでは、甘すぎ!
炭酸で割って やっと美味しい・・

キリっとはしていません。
d0040395_17303683.jpg
今年は、南高梅を使い、シンプルに
梅のみで、少量挑戦 リベンジします。
洗い、乾燥、
蔕を取り
瓶を消毒、
・・・・
本日6月19日ビンに漬け込み完了!
南高梅750g
氷砂糖400gくらい
ホワイトリカー1.3リットル
さてさて 分量は大丈夫でしょうか???
かなり適当ですが・・・

# by cremonakuga | 2018-06-19 17:39 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ネグローニ(カクテル・フィレンツェ発祥)

何事も、探究しましょう・・・

味を追求することも、ヴァイオリンの音を追及する事も、そのデリケートな感性を発揮する事で
同じと思います。(・・都合良く考えます。前向きに・・・)
d0040395_22154722.jpg
炭酸バージョン
ジン:スイートベルモット:カンパリ=1:1:1
オレンジ片
炭酸適量

# by cremonakuga | 2018-06-17 22:21 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)