CREMONAは再び大雪

d0040395_7301953.jpg
今朝から雪になりました。
今、午後11半です
外は、こんな感じで とても静かで、美しいです。
今、止んでいるようですが、 寒い 寒い


※アパルタメントのバーニョ(シャワー、洗面台、トイレの部屋)の窓からの眺めです。
窓の直ぐ下は同じ建物の並びの屋根で ここは5階の単独最上階です。
サン・ミケーレ教会の ラ・カンパネッラです。
結婚式、お葬式で鐘の響きが違います。

家の前は、車が樹氷のようです。
d0040395_7332499.jpg

ドゥオーモのライオンも
d0040395_7353641.jpg

# by cremonakuga | 2006-01-27 07:36 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

CREMONAへ帰る

久しぶりにCREMONAへ帰る列車からの景色は、
一面 雪景色でした。
まだ、明けきらない朝は青白く、
街灯の灯り、煙突の煙、車のライト
私はイタリア語を総て忘れたかも?
そんなに達者ではないのですが、、、
d0040395_2152262.jpg

# by cremonakuga | 2006-01-24 02:37 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

只今、帰国中です

しばらく日本に帰国します。せっかくご覧頂きましたが 申し訳ありません 
# by cremonakuga | 2005-12-19 23:17 | Trackback | Comments(0)

CREMONAに雪!

CREMONAは とても寒い冬になっています。
一昨日は雪が降り、寒いなかDUOMOまで散歩しました。

昨年は、こんなに寒くなかったような気がします。
イタリア人は、冬でも外で、ジェラートを食べたり、カッフェしたりしていますが、さすがに、いませんでした。
こんなに、寒いと、日本人は、家で、コタツで鍋?
と考えますが、
ここでは、暖炉の薪がたくさん消費されそうです。
暖炉の火は、なかなか趣きがあって私は好きです。
焼き栗とかが美味しい季節というのでしょうか?
d0040395_1235143.jpg

サンミケーレ教会を後ろに、
d0040395_1253027.jpg




※2005年11月のクレモナの写真を見て・・・2016年の今 思い出されるクレモナでの学校生活・・・
記憶を元に・・
クレモナの学校は5年制で1~3年 加えて4年~5年で終了します。入学には、入学試験があります。
私は、3年への編入試験でしたので、1年入学は分かりませんが、どちらも まずイタリア語での意思疎通が欠かせません。 イタリア語が話せればとりあえず 2004年当時は1年生へは入れました。
3年生へは、その時の在校生の飛び級の人数でも(1年生⇒3年生)すんなり入れたり、2年生になったりします。 私の時は、多かったので3年生は無理で2年生になりました。
(イタリア語がイマイチだったのかも知れませんが!?)

試験は、確か・・・・???
試験
・木材に関する事ほかイタリア語で筆記・・・
・イタリア語で面接
・デザイン・・フリーハンドの線でヴァイオリンのアウトラインを描く
・実技・・・①ブナ角材から指板を作る
     ②丸ノミをグラインダーで削る
・ヴァイオリン演奏

合格したら、帰国し、イタリア大使館に滞在許可証を申請しますが、イタリア語代行サービスに申請書を頼み申請・・これが面倒でした!
留学してからは、役所関連・・イタリアらしく・・面倒が沢山・・・今は分かりませんが、アパートを借りるには国のコーディチェフィスカーレ(確か納税者個人番号カード)が必要、そのカードをもらいには、クレモナ市の住民票が要る、住民票取得にはコーディチェフィスカーレが要ると・・・いったいどうしたら良いのか???
という事になった・・・住民票は、住居が決まっていないといけない。アパートを借りるのにコーディチェフィスカーレが要る。 結局不動産屋さんが、インチキして(番号を予想して)契約した。
などなど・・思いだす。
学校は・・国語(イタリア語)、英語、法律、数学、物理、化学、デザイン、音楽理論、体育、ヴァイオリン演奏、製作実技

ほかの国のヴァイオリン製作学校などは分からないが、ドイツなどは、きっちりしていそうだ!
お国柄合理的でマイスター制度があり、きっちり基準があり、一定の基準でマイスター存在する。日本人には語学で大変そうです。友人のマイスターのドイツ人女性の仕事ぶりを見ていてもテキパキしていた。

その点クレモナは、きわめて緩い・・つまり各人の意識の問題となる。クレモナの学校を出て、職業登録し、税金を払い仕事をすればマエストロとなる。しかい 周りがマエストロと呼ぶかどうか、真のマエストロが問われそうです。 ヴァイオリンは、学校でたから良いヴァイオリンが作れるわけではない。どう製作に取り組むか?どうか?だと思う。 イタリアでもドイツでもイギリスでも、アメリカでも同じ。

基本からが、スタート・・・
極めて緩いクレモナの学校を経験したことは、緩さゆえに誇りに思っている。自由にさせてもらって製作以外の大切な勉強を沢山させていただいた。人により違うと思いますが、キチッと マニュアル通り教えないと不満に思いような他力本願的な人には合わないだろう・・・自分から貪欲に習おうとしないと 何も教えてくれない。
イタリアにいて、ヴァイオリンの事しか頭になくただただ作る毎日であれば、イタリアにいる価値が半減する。

学校の期末には、先生が・・教室でワインと生ハムでしばしのお別れ会をした!
そもそもヴァイオリン自体、おまかな形、サイズこそ決まりがありますが、音も自由に考え 良い音を探る事から始まる。 昔は 今有る、その基準すらなかった。
ヴァイオリンの世界は 1+1=2、 1+2=3ではない。1+1=10だったり、100+1=-150だったりもする。ヴァイオリンの究極な音は化学や、数学では作れない・・・最後は感性だと思っています。途中までは作れても・・・

本当にイタリアに行って良かった! そしてクレモナで良かったと思っている。誇りにも思っています。
雪のクレモナも素敵でした。特にナターレは雰囲気があった。
# by cremonakuga | 2005-11-29 01:31 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

Antonio Stradivari モデル Il violino " Venezia"(2005年Cremona製)

ストラディヴァリウスモデル
   La Venezia 
アントニオ・ストラディヴァリ モデルのヴァイオリン Cremonaにて製作。

音色の特徴は、繊細な音色が表現できます。
東京の数件の楽器商いわく・・・新作ではシャーデのような音がするとのことでした。オールドのような音色!


下地水性色素・・・・サフラン 紅茶ほか
下地ニス・・・・(一般的なクレモナの) オリジナル・オイルニス
Màsticeをesssènza trementinaに溶かしたニス
   25g を100cc

色、カバーニス・・・・アルコールニス(クレモナ・ラファエロ・レシピ)
ドラゴンブラッド、サンダロロッソ
d0040395_8283181.jpg

アントニオ・ストラディヴァリ モデルのヴァイオリン 
d0040395_8292269.jpg

ストラディヴァリ モデルのヴァイオリン
d0040395_830438.jpg



d0040395_1811082.jpg

d0040395_849455.jpg

製作途中のテスタ!
d0040395_13435917.jpg

# by cremonakuga | 2005-10-14 08:49 | ◎ヴァイオリン作品の一例 | Trackback | Comments(0)

Cremona Mondomusica

クレモナ・モンドムジカ
10月7(金)・8(土)・9(日)の三日間、CREMONAで国際楽器展示会が、
例年のごとく開催されました。
弦楽器愛好家、演奏家、楽器屋さん、製作者がヨーロッパを中心に世界中から
集まりました!
弦楽器、弦楽器用木材、ニス関連、付属品、書籍、CD、チェンバロ、など、
愛好家や製作者には、一年に一度の待ちに待った催しです。
三日間も歩いていると、疲れて、さまよい歩くような状態になってきます!
とにかく会場広いです!
d0040395_1393486.jpg
d0040395_142251.jpg

ここは、友人の ラッファエロ ディ ビアジョのブースです、イタリア・アメリカ・カナダ・日本の
国旗が!
d0040395_1423514.jpg

# by cremonakuga | 2005-10-10 01:47 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

天使と貝の装飾

私の楽器には、よくこの彫刻が施されています。
天使は、彫金用のワックスで彫刻を施し、それを型にとり、
金などを流し込んで作ります。
原型は、私の彫刻です。
これは純金です!
E線の調整のアジャスターの天辺に、
薄い青貝?(昔買ったため、記憶不確実、確かメキシコ湾あたりの?)
下地を黒にし、接着すると、美しく輝きます。
演奏中に気が散るかも?
d0040395_4455914.jpg
d0040395_4465833.jpg

# by cremonakuga | 2005-10-08 04:51 | Trackback | Comments(0)

オイルニス②

最初このテスタ(頭=スクロール)が付くことに、なっていました。
不幸な出来事があり?
作り直す事にあいなりました!
ある、偉大なマエストロに見せたところ、
彼は、現代のクレモでは、こうするんです!
と言って、ヤスリで、ゴシゴシ削りました。
これは、昔の楽器に模して製作していたので、
その後、修整したのですが、
別なものになってしまったのです!
彼大変親切で、不用意にアドヴァイスを頼んだ私が、
100%いけなかったのでした!
d0040395_1734244.jpg
d0040395_4342143.jpg

# by cremonakuga | 2005-10-08 04:36 | Trackback | Comments(0)

新作「Venezia」

新作「venezia」を紹介いたします。

テスタ(スクロール=アタマ)の模様が、ヴェネシァングラスに似ていた事から
この名前をつけました。
後で紹介します、オイルニスの実験のテスタが
最初付くことになっていました。
d0040395_22525864.jpg
d0040395_22534161.jpg

# by cremonakuga | 2005-10-04 22:55 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

テーブルワインを飲もう!

美味しいVINOを探して?
とは言っても 決して通ではありません。
ただ、お安く美味しいく頂こうということです。
先日、1ユーロ前後の紙パック物を2銘柄試しました。
美味しい方が高い方と思っていましたら、
まったく逆でした。

今回は、1,5リットルサイズで、3,39ユーロ!(約400円)
普通サイズは、1,4ユーロくらい(約200円)

大瓶買って まずかったら、と思いながら、
400円のこの銘柄を
Montepulciano d'abbuzzo
Lacantina dei feudi
2003
・・・・・まずまずの美味しさでした。 良かった!

イタリアは、色々な季節の果物が豊富で、桃も、
手軽に買えます。
親しい人から、桃を入れると、VINOも美味しく飲める?
と聞き、0.7ユーロの紙パックVINOに0.4ユーロの桃を入れて次の日は?
紅茶でペスカ(桃味)が有りますが、ペスカのvinoの出来上がり。
桃の味は強く無く、甘みが少し加わった、最近頂いたフラゴラと言うvinoに
似た? 美味しいフルーティな味わいでした。 (ラファエロの友人が作っている、希少なワインで、フォラゴラという葡萄のワインで 最高に美味しかった)
d0040395_4522542.jpg
d0040395_4531227.jpg

# by cremonakuga | 2005-09-22 04:57 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)