<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

久我ヴァイオリン工房 

ヴァイオリン製作 日記   Caffè o Tè?
Benvenuto a  Cremonakuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 
d0040395_01435195.jpg
久我ヴァイオリン工房のヴァイオリン製作は300年前のストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズ両先生が残したヴァイオリン名器を通して その神秘的な音創りを教わる・・・

その繊細な技に感動しながらヴァイオリン名器の秘密を紐解く・・・尊敬する師匠達が何を考え、そうしたか???繰り返し 繰り返し 試しながら 想像力を働かせ謎を明らかにし、点を線につなげ 音色という形に再現し現代に蘇らせる。
ヴァイオリン製作 に究極のロマンを重ね・・・ そして自分の技に昇華させ それを音楽という世界に甦らせる・・・・ 製作した楽器の300年後の姿と音を見据えて・・・・・・・・・音の宝石箱であってほしい。 

音を紡ぐ終わり無き旅へ・・・音の紡ぎ人・・・・・・・

のんびり作る様に見える・・・1挺のヴァイオリンの誕生の陰に 表に現れない数多くのヴァイオリンを作るに値する 検証と試みのエッセンスが封じ込められいる事は誰も想像ができない事でしょう・・・・・

またいろいろなヴァイオリンに関する事を書いていますが、基本的な数値や構造的な事は別にして

音創りに関しては私の感性=考えです。人により違いますので、あくまで ご参考までに!・・・・・・
 

音色創りと スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。
普通のヴァイオリンは創りません!





cremonakuga violino Yachiyo in  Giappone
・・・・・・ 最近とみに、誤字、脱字など多々あります、注意していますが、何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログの内容は、日々、年々進化しています・・・・・・・・・久我ヴァイオリン工房についての詳細は、右記の項目からご覧ください。 



≪お願い≫
メールで いろいろ楽器のトラブルなど相談、アドバイスを求められますが、いただいたメールには私なりに 親身になり考えを お返事してきましたが、 その後 どうだったのか まったく返信が無い場合が多く、その都度その後を心配しています。 修理をする工房でもなく 単に相談コーナーでもありませんので、そういうトラブルなどは直接楽器店さんで楽器を見て頂き相談していただく事をお勧めいたします。


 今後の主な予定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年7月4日~9日
art viva/アートビバ/あとびば
アトビバ銀座展示会
・・・銀座清月堂画廊2階・・・
オープニングコンサート
7月4日16:30~18:30
Yuri Nagai *violin
Sawamura Yuji* Koto




by cremonakuga | 2017-06-26 20:39 | Trackback | Comments(13)

ヴァイオリンの振動が音になるための重要なEffeとウイングそしてその付近の厚さは・・・

ヴァイオリンの表板が振動しやすい環境は、F字孔が一段厚くなっている事が大事です。例えば一枚の板が有ったとします、その中央を振動し易くする場合、全面同じ厚さより渕が厚い方が より振動し易くなります。同じようなF字孔は役目も果たします。F字孔のウイングが厚いと そこへつながる部分が強くなります。音色は別にしても音質に張りが増します。

d0040395_18265648.jpg

F字孔の上部が厚い名器が良くあります。これは、渕Cからバスバーまでの板が途中で厚さを増し=梁の部分を作る事で指板下、二つのFの中央上部分の強度を増す役目を果たします。板を薄くしようとしますと途中で厚さを一点でも増す事で可能になります。音的にも強さが出ます。特にトレブルサイドのF上は 薄めの板のヴァイオリンを作る時極めて重要です。左右の厚さの強弱で どちらが主導権を持つか?音質ほかにも大きく違ってきます。
弦の圧力には、魂柱の支え、バスバーの梁、渕周りの厚さと立ち上がりのアーチのアール、F字孔上脇Cの厚さ増し、合わせてF字孔周りの厚さを薄くしない事などが
d0040395_18283761.jpg
d0040395_18274342.jpg
 最後に付いてくる音質、音量の基本とし大きく関係します。


by cremonakuga | 2017-06-26 20:32 | Trackback | Comments(0)

AmatiのEffeの厚さを決める作業

Amati1666の資料にはEffeのすべての厚さが書かれてはいない。実際は分かりませんが、決めなければなりません。
d0040395_12570018.jpg
Amatiなどクレモナ名器は総てではないようですが、板自体アッパーとロアーが共振するように振動を合わせるような厚さになっています。
ストラディヴァリも1600年代は顕著に分かります。1700年代も分かり易いヴァイオリンがあります。
そんな基本的な振動数を合わせる方法を使ってみました。

この方法は、誰かに習った訳ではありません、Cremonakugaの推理と検証から導きだした日常のルーティーンからの手法です。
これが正しいかどうかわ分かりませんが、大きなウイングは厚く小さなウイングは薄くは上下の振動数が近くなる原則です。

作業は耳で聞きながらアナログで行います。
爪でタップ、擦って摩擦音を聞き、関節でタップしながら・・・・・・


私の原則です。
※必ずしもこの限りではありませんが、分からない時の一つの解決方です。

Effeの下のウイングと上部のウイングの振動数を合わせます。
ウイングの厚さが薄くなると振動数は上がります。元を薄くすると振動数は減少します。

まず分かっている部分とEffeの周りの厚さをほぼ確定します。上部のeffe付近は厚めに残します。

上のウイング この裏を削ります。
d0040395_12551060.jpg


厚めの上のウイングは当然高い音がします。元を含むウイングの裏を少しずつ削っていきます。
下のウイングよりは 大方薄くなりますので それを目安にこの順序で進めます。
最後は、スクレーパー一擦りで変わります。

1ナイフ

2鉋

3スクレーパー

4ペーパー

行き過ぎたら
先端の尖がった先を落とすと上がります。どうしてもあげられない場合は
下の大きなウイングを少しだけ下げます。
そうならないように慎重に行います。

下のウイング この裏側を削ります。
d0040395_12535205.jpg
しかし小さなウイングどこを叩くか?で微妙に違いますから完璧はまず難しい事です。
アバウトで同じ様に聞こえればOkとします。
最終的に落ち着いた厚さです。

d0040395_12533193.jpg

結果的に4箇所の振動数が近くなったようです。左右でも大きさ形寸法が個々に大きく違うのに不思議ですね! 気のせいか 全体に良い響きに聞こえてきます。


データをチェックしてみました。
現在60g
M-5 E-40cent
M-2 C-40cent
M-1 E-120cent

M-5はDもFも反応します????

2.5mmのスペースが多く3mmも多いので これ以上軽くは出来ません。
無難な感触です。このGiulietta2017には この表板材は最高と思います。



by cremonakuga | 2017-06-25 13:23 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga Vino-Susina 特製梅酒

6月初めに漬け込んだ梅酒は、8月終わりころから飲めるようです。
ヴァイオリンの音が聞こえる梅酒かも???

そんなにアルコール強い訳ではありませんから・・・1.8L×2瓶も大量に・・・きっといろいろ振る舞ってなくなるのでしょう・・美味しかったらですけれども!
生梅に、すももと大石プラムというプラムを追加漬けした特製!
残念ながら南高梅を待たずに漬け込んだ梅酒。
大切に大切に育んています。
色も少しピンク色で、美味しそうです。
さぞフルーティーな味わいなのではないだろうか???
期待が膨らみます。
d0040395_15463679.jpg
d0040395_15465250.jpg
時々中蓋を押さえながら逆さにして中を均一にしています。
d0040395_15471474.jpg
なかなか味わい深い色彩です。
d0040395_15462408.jpg
d0040395_15455866.jpg

by cremonakuga | 2017-06-22 16:08 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

Nicolò Amati 1666= Cremonakuga2017 Giulietta

厚さを決めながら製作決行・・・しかし雨が降らない・・・ことは日常生活には具合が良いのですが、雨不足が尋常ではないようです。水不足が深刻な状態になってくる!梅酒を漬けましたが 南高梅が今になって売られています。南高梅が時期は???
?しかしあの南高梅は実に美しい色相でした。
Strad誌より(from(Strad)
d0040395_14555928.jpg
(fromStrad)
d0040395_14482367.jpg
ポスターでもAmatiの色は明るい光源によって写っています。Strad誌の方が実際に近く再現されています。
8f路mStrad)
d0040395_14534279.jpg
d0040395_14540430.jpg
もう少し明るめで見えると思っています。
(from Strad)
d0040395_14492097.jpg
d0040395_14473969.jpg
後なのだろうか???調べれば分かることですが、よけいな事が頭に・・・厚さに集中せねば!


by cremonakuga | 2017-06-19 15:05 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン2017Giulietta(Amati1666)の表板は

アウトラインは最後に全体を見ながら修正していきます。この辺の年輪の細かさはいい感じです。

Giuliettaのフィレット右上オリジナルと比較



d0040395_20433049.jpg
フィレット右下比較



d0040395_03140859.jpg

フィレット左上比較

d0040395_20424877.jpg

フィレット左下比較
ちょっとだけ合わせの角度がきつい気がします、

d0040395_03144921.jpg


by cremonakuga | 2017-06-12 20:50 | Trackback | Comments(0)

駒を調整する 自作ヴァイオリンで!

Caffe o Te?をご覧の方に 駒関連が多いようなので・・・
書いてる本人が苦労している様子を 少しだけ・・・

d0040395_19361702.jpg

御承知の様に、ヴァイオリンは、箱が完成したときに、ほぼ製作は完了します。
私は そう思っています。
その後の駒、魂柱、付属などなど二次的な事柄は、誰かにお任せせざろう得ません。
実際は、箱固有の音、性能は 駒、魂柱、弦などなど 付属でまったく別なヴァイオリンになってしまいます。
自作を調整できる間は、完璧をもとめたいです。

自作ヴァイオリンの駒魂柱は、箱から どんな音色が得られるか分かる事から、その理想に沿った駒、魂柱をセットします。
そうなりますと、駒の材質から魂柱の材質から そしてその形状、太さなど加工する過程で、やり過ぎるまでやってみます。
耳で聞き、よかったと思っても、数日してまた聞く・・・
それは変化するからです。
ダメなのは直ぐに分かりますが
良さそうな場合は
耳が慣れて しまう事もあります。

自作のヴァイオリンの調整などの里帰りでは、今後、簡単に調整が出来ない場合もあり、せいいっぱい完璧をきします。
そのため、駒の作り替えでも1個で済まない場合が多くあります。
駒が決まっても魂柱で1週間もかかり場合もあります。材質から、長さ、角度、位置などなど・・・
楽しい時間というよりは 研ぎ澄まされた神経を集中する長い時間時間時間
つまりコーヒー コーヒータイムが間に入ります。
そうし長い日数をかけて調整しても、遠隔地では、何かの折に調整され 思った音でなくなってしまう事も多々あります。
自分が、製作を始めた頃、魂柱、駒で山が出来ましたが、その当時は、自分が心地よく良い音に感じるようにと作業していましたが、
今は、遠くで聞こえる人にどう聞こえるか?どう聞こえてほしいか?・・を考えている点が大きく違います。
必ずしも自分に良い音が、離れて良いとは限らないからです。
つまり今現在、自分が良い音に聞こえる音は、遠くで良い音に聞こえる音が心地よく聞こえます。
ポイントがは、E線の輝かしさを失わないように、芯が出るようには、絶対条件です。なぜなら全体的に微妙なニュアンスが表現しやすく弾き易くても
訴える力が無くなってしまうからです。そういう状態は弾いている人には慣れてしまい意外と心地良く分からない事なのです。ソロやクアルテットなどや、コンサートなど、またコンクールなどでは、どんなに演奏が上手でも、聞く人には伝わりにくくなります。


調整する人は、耳がオールマイティーであれば越した事はありませんが、チェロを弾く人や、ヴィオラを弾く人では、どうしても厚めの駒にしがちな傾向がある気がしてしまいます。

駒・・・
足の厚さ4.2~4.4mmくらい、中央下、4mm~4.2mm、ハート下3.6mm前後、ハート上2.4mm~2.6mm トップ厚さ1.35mm前後。
オールド仕様では全体的に板厚はシェイプされているため、あまり肉厚な駒は必要ありません。
駒の上部幅は既製サイズから1mm~1.5mm狭くします(音質がクリアーになります=駒が弱くなるため薄くならないように気を付けます)
足首のクビレの幅は・・普通左右同じにしますが、トレブル 4.~4.2mm、バス 4mm以下・・・差を付けますが楽器により違います。
ウエスト16mmを切らないように・・・15mmくらいの方が柔らかな音質になりますが、その場合厚さが薄くならないようにします。この辺も弾き方や、好みではないか?と思います。特に低音が鳴る楽器ではウエストは狭くないほうが良いと感じています。
薄くする場合は幅が必要で 幅を狭くするときは厚さを増します。縦、横に触れる振動は違い、一概には当たりませんが、ある程度断面積を考えながら増減します。

魂柱・・・楽器の厚さ・・上からに力にどれくらい強いかで、長さが決まります。ストラドタイプに薄い楽器は、箱が変形し下がる率が大きいため、何度も魂柱を交換せねばなりません。F字孔ウイングが下がらないように!駒からの距離は楽器により異なりますが、私の楽器では 上部で、以前2.5mmでしたが今はだいたい2mmです。
駒端ラインから内側へ1mm~1.5mmが最適です。
下部は裏板の厚い部分が中央であれば垂直~少し外へ。下部がトレブルサイドに有る場合は、1/3~1/2くらい外へ傾けます。真っ直ぐに立てると、素直な純な音がしE線が際立ちます。少し傾けると、楽器にもよりますが、楽器が謳うように箱が動くようになります。E線の音の太さが薄れますが味が出ます。G線も鳴りやすくなります。傾け過ぎると、E線は乾いた薄い音になります。

長さ、基本的には、かすかな強さで立っている事。ただし、表板が下がらない事が前提。つまりストラディヴァリモデルでは出来立てでは、魂柱はそんな状態では立てられず無理という事になります。しっかり立てて箱が変化するのを待つしかない。薄い楽器程、箱の変化と魂柱の長さは影響します。

一丁のヴァイオリンで、この魂柱の数を試し、駒はこのほかにも2枚あります。出来る限りのベストを試します。自分が納得するための勉強代という事になります。良い音で弾いていただきたいと思います。(微妙に違うStradivariモデルの駒と魂柱は太さ6.2mm前後で 年輪違いと長さ0.1mm~0.5mm違い、経年の違い)
d0040395_20002824.jpg



駒について過去の・・・
http://cremonak.exblog.jp/18529000/


by cremonakuga | 2017-06-12 19:57 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンAmatiのフィレットが入りました。

ちょっと太めのフィレット なんとか入りました。
しかし、AmatiなんだかStradなんだか、表面のアーチは難しい
慣れていないせいか・・・・・
Fの高さ位置を決め、横からの形を確認しました。Fを切れるだけの厚さに 中を少し彫り込み・・・しかしまだ厚いのでFを抜くのが大変です!まだ7mm以上あります。
7枚のアーチ
縦の長いアーチが個性が出ます。
よこの短いアーチもストラドと違いますがAmatiの中でも 短いアーチ、とくにCの部分はStradに似ていた。しかしゲージで作ってもF字孔を横から眺めた斜めのF字孔開口部の斜め度が実際よりきつくなります。これは、ゲージとゲージの間の部分が、Stradを作る時と同じようにアレンジしないといけないという事、そうアレンジしていくとStrad作っている時に感じる あの空気をAmatiでも感じる・・・・・師弟関係だからですね!

F字孔まわりの風景をもう一度確認しながら滑らかにしていきます。特にF字孔外側は、もう少し彫り込み富士山の裾野風に・・・ここはStradと違います。
d0040395_17274935.jpg
左のF字孔の見え方・・・デコボコが見えますね!


d0040395_17281426.jpg
右のF字孔の風景は・・・表面がゆらいでますね!

d0040395_17283160.jpg
右のF字孔下の目は横に9.5mmです。
フィレット先端このくらいがオリジナルに似てます!

d0040395_17284780.jpg




ちゅっと先が長い~



d0040395_17310936.jpg
先このくらいが良い感じ!
d0040395_20503844.jpg

d0040395_17313065.jpg
変わったアングル ナカナカ素敵
d0040395_17314567.jpg


ステルス戦闘機みたいF35
d0040395_17321141.jpg

右Effeウイング先端の幅は上が3.75mm 下が5.0mm
(ちなみに左Effeの上は3.75mm下5.25mm)
Effe幅はまだ未完成で狭いキザミはガイドで切ってあります。
d0040395_17322622.jpg

ニス塗られると、表情が良く見えるのでしょう????
d0040395_17335745.jpg

by cremonakuga | 2017-06-11 17:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Nicolò Amati1666を命名

Romeo e Giulietta のGiulietta
2015年作Stradivariはきりっとした姿でRomeo、今回のAmatiは滑らかなライン、木の模様など優雅な姿から
Giuliettaとしました。車ではありません!
d0040395_19045651.jpg

ヴァイオリン作りの親しみを込めた ささやかなお遊びです!

ちなみにCariploは、Raffaelloにしました。





d0040395_19071986.jpg







友人のRaffaelloからとって・・あの巨匠画家もイメージして

Raffaelloにメールするつもりです。
 Raffaelloの名前にしたよ!
・・って

何時かは君に息子の名前も使わせて!
ミケランンジェロを・・・
Raffaelloの息子ミケ・・・・・ロ
凄い名前です。

by cremonakuga | 2017-06-06 18:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga特製梅酒製作中(追記)

梅酒の季節です!
Cremonakuga特製梅酒を仕込中です。
以前ブランデーで漬けた事がありますが ヘビーな味でなかなか減らなかった負の記憶が・・・
今回はホワイトリカーで、すももも同量入りましたから梅酒と言えるか?どうか?



アレコレ考えているうちに、グラッパで漬けたらどうだろう??
オレンジの皮も入れたらナルディーニのタリアテッラに似た味になりそうな気がします。



d0040395_16314273.jpg

グラッパアルコール度数はいくらだったか???いやいやAmati作らないと・・




※追記 どうも輸入品のオレンジは どこの国からも農薬が沢山かかっているので皮は使えそうにない(涙!)


by cremonakuga | 2017-06-06 16:53 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)