<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Nicolò Amati

piano piano 少しずつ作ります。


d0040395_17144408.jpg

by cremonakuga | 2017-04-28 17:17 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

300年前のクレモナ名器の音は どうしたら再現できるか?

独り言・・・・


ヴァイオリン作り永遠の課題と目標 名器の音を再現する・・・とは・・・

個人的な思いですが、世間ではいろいろ実験したり製品化されたりしています。

①木材を人工的に経年させて名器の音に・・・・
②名器に使われていただろう、もろもろの物質を塗布し名器の音色に・・・
③名器の厚さを完全コピーし名器の再現をする・・・

①には②と③を一緒に考えれば より名器の音色に・・近いだろう・・・
木材を300年人工的に経年しただけでは名器の音にはならない。音響的に厚さを名器とおなじにしないと違う。

経年は良い音にはなるが、名器の音とは別なレベル・・それは名器の音がどんな音か?分からないと区別がつけられない。

②も同様だろうと思う。
③は、木材の特性が名器に近い木材を使わないと ただ単にコピーしても誤差が発生するだろう。近い音になる事は正しいと思います。
①を使って③は良く製品化されている。

しかし
③の完全コピーは、同じような特製を持つ材木を使っても、300年で収縮している。ここが一番難しく問題であると思っています。
まぜなら、同じ3mmでも、収縮した3mmと収縮前の3mmでは音響的に違う。
では音響的に同じにして 収縮した3mmと同じ音響強さの3.2mmがあったとする。タップしても同じに響くとしましょう・・・
これも実際に薄い3mmのほうが性能が良い。

特にヴァイオリンの淵のパーフリング付近やエッジの厚さなど音響的に大事な場所を現代基準でエッジ4mm、パーフリング3.2mmなどとしては
折角の内部の厚さを再現しても まったく別な音になってしまう。

科学的にダメージを与えないと言われる方法であっても、300年経って実際にダメージが無い事が証明されなければ信用できない。

結論としては、名器が創られた300年前の状態が創れれば 良しだろう! 300年前に、いろいろ秘密の作業がされたのであれば
その秘密は加えたい。なぜなら現在ダメージではないのだから・・・・と思う。

名器に近い木材性能の木材で、良い材料を使い、対象の名器と近い年輪の木材を選び、厚さより少し厚く加工し、人口的に300経年させ、 そこから名器と同じ厚さに加工し
ニスなど300年前とおなじに塗布する。
駒、魂柱も名器とおなじにセッティングする・・・・・

しかし300年経年させたら もう寿命が来ていることになってしまうかもしれませんね!
せめて100年くらいが適当かも?????


・・・・独り言でした♪




by cremonakuga | 2017-04-27 17:17 | Trackback | Comments(0)

Nicolò Amati

まだ結構寒い! 寒暖の差も大きい・・・そのせいで春のインフルエンザが猛威をふるっているそうです。
Amatiは表板、裏板の輪郭から膨らみの作業に入っています。
材料が綺麗。 大事に仕上げたい。

時間がかかっても 魅力的なヴァイオリンに仕上げたい。

型にセットされた横板に表板 裏板を留め、ほぼアウトラインを決め・・・。


d0040395_00245507.jpg
d0040395_00181535.jpg




d0040395_00281091.jpg




d0040395_23400558.jpg









d0040395_23381991.jpg
d0040395_23380260.jpg

by cremonakuga | 2017-04-27 00:11 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

八千代も桜満開!Yachiyo-Poo川

ひさびさです。
ホームページのプロバイダーが先方の都合でS?f〇B△kになった。
その都合で無線のルーターというのでしょうかS?F△B〇△kに交換をさせられたところ・・・・
電波の不具合が発生し、ほとんどPCが動かない状態に陥っています。
Caffe o Te? などPCを開く事すら・・・ままならず・・時間の浪費が・・・
しかし、やっと桜の写真を載せられます。

何時もアングルです。2017版
八千代新川 勝手に 別名八千代Poo川
d0040395_19445598.jpg
タンポポも咲く
d0040395_19015760.jpg
d0040395_19451726.jpg
d0040395_18590919.jpg
いつもの桜の木
d0040395_19011561.jpg
菜の花も香る散歩道
d0040395_18565474.jpg
d0040395_18574683.jpg
d0040395_18543043.jpg

d0040395_18535734.jpg



by cremonakuga | 2017-04-10 20:11 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)