<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

土曜日は久しぶりに横須賀芸術劇場へ・・ジャパン・ストリング・クヮルテット聞く

ジャパン・ストリング・クヮルテットを聞く
3~4年前が最後で久しぶり横須賀へ・・・・
コンサートの他に横須賀港の潜水艦や
軍艦も見たかった・・・そして横須賀 軍艦カレー
ヨコスカ・ベイ・ポケット
ジャパン・ストリング・クヮルテット vol.8
1st Vn 久保陽子さん
2ed Vn 久合田緑さん
Va  菅沼準二さん
Vc  岩崎洸さん

ベートーヴェン
 弦楽四重奏曲 第2番 ト長調作品18-2
 弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調作品18-6
 休憩
ドヴォルザーク
 弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調作品96「アメリカ」

とても素晴らしく 心地よく音楽を楽しめました。
なんとも言い難し・・・良かった
アンサンブルっていいですね!
若い頃は
1 ヴァイオリンソロ
2 ヴァイオリンコンチェルト
3 シンフォニー
4 室内楽
の順序で好きでしたが
今は音楽を楽しむ意味で順序が無くなりました。
ほぼ同列になってきました。
演奏会終了後、演奏者の方方とお話しをし会場を後にしました。


コンサート前に昼食を・・前回は、横須賀港の公演にあるレストランで海軍カレーが美味しかった。
で・・同じお店に!
有った 有った 
席に着いた。
ウエイトレスさん・・可愛らしく
「カレーはライスが切れてありません!」
ガ~ン 案内前に早く言ってくださいよって気分で
パスタを頼む・・・美味しかった!

コンサート終了後、海軍カレーを食べずして帰宅困難者になる・・・
しかし・・しかし 汐入には無い 無い どこにもない
アメリカ人が多い!横文字看板も多い!

事前リサーチをしておくのでしたと後悔・・・
しょうがない ファミレスで 普通のカレーで我慢しようと決意
・・・・カツカレーしかない!・・・
まだパスタをひきずっていてカツは重い!シンプルなカレー国民食がメニューに無い。
意地になって・・店を出て隣の横須賀中央駅まで移動する。
カレーの街という横須賀、なかなか見つからない・・・・
諦めて遠くを見るとオレンジに輝くネオンが目に入る
やっとあった!
お勧のカレーを頼んだ
サラダ、コーヒーなど飲み物付いてくるのだ!
それに ミルクもグラスで付いてくる。
・・・カレーを食べながらミルクを飲むと後味が不思議に美味しい
??そういう食べ方で良かったかは不明ですが???

横須賀をいらした時は どこかで海軍カレーを試してきたはいかがでしょうか?

横須賀どぶ板通りは・・・
d0040395_00204119.jpg


d0040395_00212748.jpg

d0040395_00211146.jpg







そうりゅう型か?

d0040395_00225301.jpg


海自ヘリ護衛艦 いずも
長さ248m

d0040395_00233866.jpg



海自試験艦 151m

d0040395_00232439.jpg



そうりゅう型か?

d0040395_00240738.jpg


d0040395_00235367.jpg
おやしお型か?

d0040395_00242411.jpg



いずも


d0040395_00243624.jpg


試験艦
d0040395_00245049.jpg
ここで横須賀カレーからパスタに軌道修正を・・・
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00250531.jpg
窓の先に潜水艦
d0040395_00252298.jpg
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00274894.jpg
すずめがファイダーに収まらず・・素早い!

d0040395_00273013.jpg
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00271543.jpg
d0040395_00274894.jpg


いずも
d0040395_00280379.jpg


これは???
d0040395_00283495.jpg
いずも
d0040395_00281836.jpg

国旗
d0040395_00290028.jpg








d0040395_00284812.jpg



汐入駅前の案内
d0040395_00304167.jpg



のどかな公園
d0040395_00302639.jpg
d0040395_00415266.jpg


d0040395_00420460.jpg
横須賀海軍カレー本舗

d0040395_00311043.jpg





by cremonakuga | 2017-03-27 20:47 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

名器2丁でコンサート!? ヴァイオリン・ダブルケース

名器2丁で 演奏曲にあった使い分けが出来たらなんと素晴らしいでしょう!?

(手前Guarneri1744,向こうStradivari1709 =made by Cremonakuga)


(非常に重いダブルケース)
d0040395_17530387.jpg
しかし・・・
そんな簡単ではないかも知れません。
かつて、あるコンサートで
そんなうたい文句のコンサートを聞きました。
イタリア貴族らしく きらびやかです!
ストラディヴァリ&グァルネリ!
オペラグラスで、今のはどっちだろうか?
耳は音に集中し 目は 楽器の特徴に目をこらし・・・しかし
音楽はそっちのけになった!
楽器作りならではの事でしょう。

実際には、楽器は、個性があるので
使い分けは どちらも身体の一部になるくらい
弾き慣れていないとなかなか簡単ではないのでしょう!
どんな楽器でも、直ぐに慣れて演奏できる人もいれば、
同じ楽器でないと演奏できない人、同じ楽器でも
色い神経質になってしまったり・・・

古いですがハイフェッツのDVDを(ビデオ)を見ると
主にデルジェズを使っている。
練習には どうもトノーニ !?らしい

本番1か月前くらいに
ダブルケースを・・Stradivari&Guarneriが開けられる・・・
そしてGuaruneriを取り出す・・・もう一方にはストラディヴァリが鎮座!
というなかなか 格好良い!というストーリー演出のDVDです。

ライナー・クスマウルさんのストラディヴァリを拝見した折り、
その時
もう1丁の新作ベリーニを見せていただいた。
あまり良く見なかった!
アンティーク仕様
確かグアルネリだったのだろう!?
今思えばストラディヴァリモデルだった可能性もあった。
予備として2丁持ってのコンサート旅行だったのだろう??
その時はストラドしか興味を感じなかった!

今は軽いダブルケースが有りますが従来のダブルケースは重く
私自身2丁の移動は 年々 とても重く感じ!長旅は重労働。
特に古いドイツ製は頑丈で重い。

このダブルケース比較的軽かった!
私が持つこのケースには本物のストラド&グアルネリが収まっています。
総額?0億だそうです。

d0040395_19345715.jpg
しかし 私の創ったコピーでも そんな2丁 使い分けられたら夢が有ります。
なぜならコピーではありますが、
名器と内部構造が同じような 個性の2丁
ただ単にヴァイオリン2丁ではないので
そんなヴァイオリン生活していただきたいです!





by cremonakuga | 2017-03-23 17:48 | Trackback | Comments(0)

コンサート鑑賞

2017年3月20日、昨日はカルテット・プラチナムを鑑賞しました。
第5回定期演奏会
1st Vn 沼田園子さん
2edVn野口千代光さん
Va大野かおるさん
Vc菊地知也さん
各氏による演奏会も気が付くと 早やもう第5回を数える。
昨夜も素晴らしい演奏会でした。

演目は・・・
ベートーヴェン弦楽四重奏第3番ニ長調作品18-3
ウエーベルン弦楽四重奏のための「緩徐楽章」
シューベルト 「死と乙女」

回を重ねるたびに 素晴らしさが増してきました。
感動し心地よく虎の門界隈でアルコールを充填し
帰途につけました!
5時開演は、7時にはエネルギーが充填可能なので心に余裕が出来ます。
ちなみに IWハーパーの炭酸割りでした!


(写真はパンフレットより)
d0040395_00280778.jpg

by cremonakuga | 2017-03-21 15:53 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

九十九里浜の空は・・雲が・・・!

ヴァイオリンと直接関係ありませんが・・・ニスを作りにここ 近くへ出向きます。


九十九里浜の自然 雲 が 面白いです。3月8日まだ とっても寒い~♪
反対側は太平洋を望む


d0040395_13580881.jpg




d0040395_14381253.jpg

d0040395_14375594.jpg






ハマグリの貝殻・・・ここはハマグリ禁漁区です!


d0040395_14065737.jpg
看板が絵になっていますが、この看板漁協のハマグリ採っちゃダメの看板です。
d0040395_14005951.jpg
d0040395_14234541.jpg
d0040395_14320373.jpg

by cremonakuga | 2017-03-09 14:20 | Trackback | Comments(0)

2006年製ヴァイオリン “Angelo” メンテのため再会

とても美しくエイジングしていることに驚きます。完全にオールドヴァイオリンの色相です。
d0040395_22191091.jpg
このヴァイオリンをお使いのU氏も
とても気にいられています。工房で 試し弾きし、音を確認しましたが何も問題もなく 部分的にニスをレタッチし、お色直しをします。
中央の濃い赤い部分もとても美しく感じます。
d0040395_22172927.jpg



d0040395_22195086.jpg




ストラディヴァリウスモデル
L'Angelo 2006
しかし画像が縦に編集できません!


d0040395_22184967.jpg
そして なかなか同じように再現できない事がデリケートで難しい! ニスとは・・・

by cremonakuga | 2017-03-05 22:43 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(0)