<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Guarneri del Gesù1744 modello...Cariplo

Guarneri del Gesù1744 modello.....Cariplo

写真沢山沢山UPします。
だいたい完成!
d0040395_21362630.jpg

仮止めした指板で、魂柱立てて 音を出してみました。
駒はOle Bullのがピタリです。

弦の角度が難しく シュミレーションを何度も確認し、156度から157度???
計算上は、158度になるはずですが・・・・
ジグで試すと ときつい角度で恐ろしい???
見た目は普通に感じますが????

少しキツイようで、予備でサドルを1mm高くしました。
8mm

通常の15.5mmのアーチで、ふつうに作ると角度は狂いませんが、
今回には・・・・
アーチ確か??14mm、おまけにエンドブロック、ネックブロックで横板を低くしますと、
アーチ・・・-1.5mm
ネック・・・・-2mm
エンド・・・-1mm

つまり±0

表板の厚さ4mmが3.6mmなので
ネック仕込10-3.6=6.4mmになり
ネック仕込を6.5mmにする!

結果は・・・ほぼ158度
駒でのプロジェクションは27mm
指板先端で20mm

気のせい!?

正確に予定どうりネックが仕込まれました。
ネックが短い分、ボディーが小さい分 ナット&サドルの間隔の通常と8mm短い事は角度がキツクなる要素!
毎回 極端に違う事をすると神経を使います。

良く鳴りそうなので 角度は158度で十分と思います。
指板仮止めで弦を張るも指板先端が19mmになり、-1mmダウン・・・音を少し出し、即 弦を緩め中止!


音は・・・新しいドミナント弦で、弦自体が落ち着かない状態で、軽く音が出て・・・派手な響きに驚き・・
しっかり安定して音がどうか???
楽しみです。

コンサートヴァイオリンとして どうい力が備わっているか??????

まあまあの出来のようです。
しかし こんなスクロールは Ole Bullにもまして難しかった!
Cariploのスクロールは中心の渦巻はOle Bullに比べ半径が狭く、薄い。
この状態で、スクロールとボディーをタップするとどちらも同じくらいの音の高さで良く響きます。
実際にはスクロールの方が若干高いようなので、ネックを少し細め音の高さを合わせようとしましたが
微妙なので ここで良しとします。なぜなら実際より細くなりそうだからです。
d0040395_2137765.jpg

d0040395_21374915.jpg

d0040395_21381569.jpg
d0040395_21391823.jpg
d0040395_21395463.jpg
d0040395_21402737.jpg
d0040395_21412342.jpg
d0040395_21415814.jpg
d0040395_2143617.jpg
d0040395_214496.jpg
d0040395_21443165.jpg
d0040395_21461714.jpg
d0040395_21464068.jpg

これ横板合わせが、ずれていますが、あえてずらしてみました。音質が変わります。
d0040395_21471125.jpg
d0040395_21475628.jpg
d0040395_21482553.jpg
d0040395_21495765.jpg
d0040395_21502327.jpg
d0040395_21504786.jpg
d0040395_21514575.jpg



スクロール首の部分は、ちょっと変ですが、オリジナルも変なのです!失敗ではありません・・・
d0040395_21521775.jpg
d0040395_21524510.jpg
d0040395_2153944.jpg

d0040395_2204899.jpg
d0040395_221112.jpg

d0040395_22324329.jpg

d0040395_2121481.jpg

d0040395_2122814.jpg
d0040395_2123731.jpg

by cremonakuga | 2016-09-30 21:55 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房の恒例カッフェタイム

久我ヴァイオリン工房の
una pàusa・・・・・・・・

マキネッタのブリッカも落ちつき
一定のクレーマで
美味しくいただけます。
4分間しばし待ちます
幸せです・・・・♪

d0040395_21423422.jpg

ネックが付くまで 気長に待ちます~♪
d0040395_2157459.jpg

by cremonakuga | 2016-09-29 21:48 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù1744

Cremonakuga violino
・・・久我ヴァイオリン工房・・・

Guarneri del Gesù1744 -Testa è,,,,,,,,,,grosso modo
大雑把でアバウトなので、お見せ出来るような完成度ではありませんが、どう感じるかが大事だと思っていますので、製作日記なので どうぞ・・・あしからず~♪

d0040395_17213476.jpg
d0040395_17215046.jpg
d0040395_17223668.jpg
d0040395_1723053.jpg

d0040395_17233820.jpg
d0040395_1724261.jpg

d0040395_1724291.jpg
d0040395_17245259.jpg



Cremonakuga ホームページへ

by cremonakuga | 2016-09-21 17:31 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù1744 - Testa

Cremonakuga violino
・・・久我ヴァイオリン工房・・・

Guarneri del Gesù1744
Testa

grosso modo------大雑把の目のアバウトな状態!


d0040395_2118431.jpg
d0040395_21182362.jpg
d0040395_21184280.jpg
d0040395_2119465.jpg

d0040395_21205454.jpg
d0040395_21195241.jpg

d0040395_2121657.jpg
d0040395_21212264.jpg



Cremonakuga ホームページへ
by cremonakuga | 2016-09-20 21:25 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

oggi sabato! violino

oggi/17sabato, settembre,2016・・・・・・・・・・・・・・

Guarneri del Gesù1744

d0040395_11144193.jpg

d0040395_11151648.jpg
d0040395_111606.jpg


久我ヴァイオリン工房ホームページへ
by cremonakuga | 2016-09-17 11:18 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù1744のF字孔を確認する

久我ヴァイオリン工房
Guarneri del Gesù1744 Cariplo のF字孔の位置とサイズを再確認してみる・・・・・
箱が完成してからなので あまりできませんが・・・・
パソコン上で、2枚の写真を重ねてみます。
オリジナルではF字孔の位置は違いますが・・・・・

d0040395_0111730.jpg

d0040395_021572.jpg
d0040395_02273.jpg
d0040395_023979.jpg

だいたい良好なので納得しましょう!
d0040395_025141.jpg


表板コーナー部分は、摩耗の部分が、少ないため実際よりワイドになっています。
by cremonakuga | 2016-09-17 00:04 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウス コンサート 2016 (+再追記)

ヴァイオリン製作者にとって大事な事は最高の音を聴く事です。
今夜は、そんな私にとって重要なコンサートを聴きに行きました。
何回目になるのだろうか????
大好きなサントリーホールへ・・・ 鑑賞位置(S席2階席LB16=向って左側中程の端)

本物に近づくには、本物に触れ、調べ、本物の音を聴き 本物を知らなければ無理です。
特に本物の音を頭に固定しておかないとならない、ストラディヴァリウスと自分の作ったヴァイオリンとの音質の距離を正確に捉える事が必須です。生まれた時からストラディヴァリが家に有れば良いのですが、日常いろいろな音に触れる中で記憶のクリアーさが曇っていきます。 定期的に記憶を明確にリセットし修正したほうが良いと感じています。

ストラディヴァリウスを聴かずしてストラディヴァリウスは語れない、ストラディヴァリウスモデルは作れない・・・それも記憶が薄れないうちに何度も何度も・・・・・絶えずです!

本当にエレガントな音でした!




ストラディヴァリウス コンサート 2016
13挺のストラディヴァリウスの饗宴

d0040395_23584642.jpg
d0040395_2359270.jpg

ストラディヴァリ師匠の楽器を13挺まとめて聴く機会
私にとっては まさに勉強会です。



今回はドルフィンが心に染みました。
どれも素敵な音色でした。

今夜も、音楽を聴くというよりは、楽器の固体差を聞き分けるという聴き方をしました。
パガニーニセットの2丁のヴァイオリンは、東京クアルテットで聴いた音とずいぶん違う印象となった。
特に第一ヴァイオリンは、まだ100%弾きこなしているようには感じられなかった。E線が伸びていない気がしました。パガニーニセットのヴィオラは、素晴らしい音に聞こえた。
※席が2階LBだったことも影響したようです。

贅沢な、素晴らしいひと時を過ごせました。
頭の中の 基準の音を しっかり再確認できました。
年代別、固体差の音色の勉強が出来ました。

今回に席は1st ヴァイオリンの位置が完全にはF字孔が見えないのLB16の席(舞台に向って左2階席)なので それもE線の響きに影響していたのだろう???
指向性がある音は、F字孔の向きが見えるか 見えないかで 大きく違って聞こえます。

なかなか100%満足いく席が取れないのですが、次回は・・・もう少し後ろの2階LCか2階正面前方、もしくは1階10列以降15くらいまでにしたい・・・・

何回もこのコンサートは聴かせていただいていますが、同じ楽器でも弾く人の同じでも 別でも、聴く時期によって楽器の印象が異なります。
演奏者も楽器に教わるような感覚がお有りのようで 演奏も日々変化しているのでしょう・・・・

今回の音色が、必ずしも個体のそれぞれの固定されは音ではなく、一つの面でしかないのだと思う。
13挺を聴く事で、全体的な音質は明確になる事は間違いありません。

良く名器の枯れた音・・・と言われる別な意味で古びた音色・・声を聴きますが・・枯れたとは、くすみが無い透明感のある美しい音色です。決して しゃがれた、きしむような癖のある音ではありません!

世の中にストラディヴァリウスのコンサートは数あれど、実際に演奏に使われ現役で世界で通用する名器はなかなか無い、確実なストラディヴァリウスな事は間違いない。
 とてもありがたいコンサートです。

そして 今更に感じた事は ボーイングが素晴らしかった! ああ弾かないとストラディヴァリウスの音色は得られない。滑らかで繊細なボーイング、強い音は、弓が速くなる、遠目で見ていても決して圧力を感じない・・・
難しいのでしょう・・・・・




ゲオルク・フィリップ・テレマン
 4つのヴァイオリンのための協奏曲ト長調TWV40-201

  1st・・・  レイ・チェンさん ・・・1715 ヨアヒム
2ed・・・ アラベラ・美歩・シュタインバッハーさん・・・ 1716 ブース
3rd・・・セルゲイ・ハチャトリアンさん・・・ 1709  エングルマン
4th・・・スヴェトリン・ルセフさん ・・・1710 カンポセリーチェ




ダーヴィト・ボッパー
 3つのチェロとピアノのためのレクイエム作品66
1st cello・・・石坂団十郎さん ・・・1730 フォイアマン
2ed celo・・・パブロ・フェランデスさん ・・・1696  ロードアイレスフォード
3rd cello・・・クレメンス・ハーゲンさん ・・・1736  パガニーニ
Piano・・・江口玲さん





アントン・ドヴォルザーク
 2つのヴァイオリンとヴィオラのための三重奏曲「テルツェット」ハ長調作品74

1st Vn・・・ヴェロニカ・エーベルレさん ・・・1700 ドラゴネッティ
2ed Vn・・・ライナー・シュミットさん ・・・1680  パガニーニ
Viola・・・ヴェロニカ・ハーゲンさん ・・・1731  パガニーニ





ドミトリイ・ショスタコビーヴィチ
 2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品

1st・・・ルーカス・ハーゲンさん ・・・ 1727 パガニーニ
2ed・・・有希・マヌエラ・ヤンケさん・・・ 1736 ムンツ
Piano・・・江口玲さん




アストル・ピアソラ
 6つのヴァイオリンとピアノのためのリベルタンゴ
1st・・・アラベラ・美歩・シュタインバッハーさん ・・・1716 ブース
2ed・・・諏訪内晶子さん ・・・1714 ドルフィン
3rd・・・ヴェロニカ・エーベルさん ・・・1700 ドラゴネッティ
4th・・・セルゲイ・ハチャトゥリアンさん・・・1709 エングルマン
5th・・・レイ・チェンさん ・・・1715 ヨアヒム
6th・・・スヴェトリン・ルセフさん ・・・1710 カンポセリーチェ
Piano・・・江口玲さん

  

                     -♪休憩♪ー


  
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
 2つのヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト短調 作品2-6HWV391
 1st Vn・・・セルゲイ・ハチャトゥリアンさん・・・1709 エングルマン
  2ed Vn・・・アラベラ・美歩・シュタインバッハーさん・・・1716 ブース
  Piano・・・江口玲さん




ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調作品130より「カヴァティーナ」

 ≪ハーゲン・クァルテット≫
  1st・・・ルーカス・ハーゲンさん・・・ 1727  パガニーニ
 2ed・・・ライナー・シュミットさん・・・1680  パガニーニ
  Viola・・・ヴェロニカ・ハーゲンさん・・・1731 パガニーニ
  Cello・・・クレメンス・ハーゲンさん・・・1736 パガニーニ




フェリックス・メンデルスゾーン
 弦楽八重奏曲変ホ長調作品20

1st Vn・・・諏訪内晶子さん・・・1714 ドルフィン
2ed Vn・・・スヴェトリン・ルセフさん・・・1710 カンポセリーチェ
3rd Vn・・・有希・マヌエラ・ヤンケさん・・・1736 ムンツ
4th Vn・・・レイ・チェンさん・・・ 1715 ヨアヒム
1st Va・・・ヴェロニカ・ハーゲンさん ・・・1731 パガニーニ
2nd Viola(with cello)・・・石坂団十郎さん
1st cello・・・パブロ・フェランデスさん ・・・1696 ロードアイレスフォード
2nd cello・・・クレンメンス・ハーゲンさん・・・ 1736 パガニーニ

午後9:30を過ぎて終了しました。
ヴァイオリンの音は 気品にあふる 言い換えればエレガントさが使命としか言えない事を言われているようなコンサート、俄然製作意欲が増すコンサートでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・過去のを調べてみました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過去のパンフレットが有ったので誰が弾いたか?どの楽器を聴いたか?整理してみました。同じ楽器でも どれだけの長い年月弾いていたか?どうか?違うのが良く分かりました。

日本音楽財団所有ストラディヴァリウス
楽器別に聴いた年別 ・・・2008・・・・2012・・・・2016

1700ドラゴネッティ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2016ヴェロニカ・エーベルレさん  

1702ロード・ニューランズ・・・・・・・・・・・・・・・・・2012レイ・チェンさん・・・・・・・・・2016レイ・チェンさん

1708ハギンス・・・2008セルゲイ・ハチャトリアさんン

1709エングルマン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2016セルゲイ・ハチャトリアンさん

1710カンポセリーチェ・・2008竹澤恭子さん・・・2012スヴェトリン・ルセフさん・・・2016スヴェトリン・ルセフさん

1714ドルフィン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2016諏訪内晶子さん

1715ヨアヒム・・・2008庄司紗矢香さん

1716ブース・・・・2008アラベラ・美歩・スタインバッハーさん・・・・・・・・・・・・・・・2016アラベラ・美歩・スタインバッハーさん

1717サセルノ・・・2008ヴィヴィアン・ハグナーさん・・・2012ヴィヴィアン・ハーグナーさん

1722ジュピター・・・2008エリック・シューマンさん・・・2012セルゲイ・ハチャトリアンさん

1725ウイルヘルミ・・・2008バイデ・スクリデさん

1736ムンツ・・・2008有希マヌエラ・ヤンケさん・・・・・2012有希マヌエラ・ヤンケさん・・・2016有希マヌエラ・ヤンケさん


パガニーニセット
1st Vn1680・・・2008マーティン・ビーヴァーさん・・・2012マーティン・ビーヴァーさん・・・2016ルーカス・ハーゲンさん

2ed Vn 1727・・・・・2008池田菊衛さん・・・・・・・・2012池田菊衛さん・・・・・・・・2016ライナー・シュミットさん

   Va 1731・・・・・2008磯村和英さん・・・・・・・2012磯村和英さん・・・・・・・・2016ヴェロニカ・ハーゲンさん

   Vc  1736・・・・・2008クライヴ・グリーンスムスさん・・・2012クライヴ・グリーンスムスさん・・・2016クレメンス・ハーゲンさん

Cello

1696ロード・アイレスフォード・・・2008石坂団十郎さん・・・2012石坂団十郎さん・・・2016パブロ・フェランデスさん

1730フォイアマン・・・2008スティーヴン・イッサーリスさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2016石坂団十郎さん














久我ヴァイオリン工房


2012年ストラディヴァリウスコンサートを聴いて



2008年ストラディヴァリウス コンサートを聴いて

by cremonakuga | 2016-09-14 12:36 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù 1744

Guarneri del Gesù 1744

davanti -piano
d0040395_0105272.jpg

èffe
d0040395_011798.jpg

fondo
d0040395_0112242.jpg

èffe impressione
d0040395_0113478.jpg

èffe
d0040395_0114655.jpg

le èffe e la bombatura
d0040395_012042.jpg

by cremonakuga | 2016-09-13 00:21 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del gesù 1744

Guarneri del gesù 1744 da Cremonakuga
d0040395_1940612.jpg

d0040395_1905143.jpg

d0040395_19405250.jpg

d0040395_194278.jpg

d0040395_19425195.jpg

d0040395_19451483.jpg

by cremonakuga | 2016-09-10 19:04 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù1744 こんな感じです!

Giuseppe Guarneri del Gesù 1744 da Cremonakuga

d0040395_21362633.jpg







Piano
d0040395_3363357.jpg


Fondo
d0040395_3364839.jpg

by cremonakuga | 2016-09-07 21:10 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)