<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久保陽子さんのクロイッツエルソナタを聴く。

久保陽子さんのクロイッツエルソナタを聴く。

d0040395_14372316.jpg

                                       文京楽器さん プログラムより


昨夜は 久保陽子さんのクロイッツエルソナタを聴いた!
サロンコンサート形式で、シリーズで開催されていますが、
もう第6回目。
今迄 思いついてチケットをと思うと、満席で伺えなかった。
なにしろ店舗内のスペースで席数が少ないので、プライベートで聴ける会場。

お客様からのメールで、コンサートを一昨日知る・・・一応当日、開き席状況をを確認してみたところ
当日券Okとのことで、2時間前に行動をお越し・・・お伺いした。
そこまでは良かったのですが・・・・・・

初めての場所で、道を間違えてしまう!
文京区役所や、シビックホールは何度も来ているのですが
Googleマップ検索で下調べもし安心していたのですが・・

丸ノ内線のラインと南北線のラインと交差している
いつもは丸ノ内線、今回は南北線で飯田橋から一駅
南北線の後楽園駅その上が位置的に会場であるにも関わらず・・・
10分前に到着したのもかかわらず・・・・
勘違いも甚だしく・・・
変な方向へ10分歩いて探しまわる・・
あるべき場所に無い! 無い! 無い!ではないか・・・

気が付き・・しかたなくタクシーで戻った・・・!
最初に着いた南北線の駅出口上が探す文京楽器さんTOVICだった
不覚でした!
開演時間に5分遅れた・・・・汗だくで
はあはあ・・・・・
どうも待っていてくださったようだ!
恐れていたことが起こってしまった・・
大変申し訳ないことになった。
一緒に遅れた ご婦人がいたので少しだけ気が楽になった。

そうならないようにと早めに出たのではありましたが・・・・
どうも最近方向音痴かもしれない。
方向だけではありませんが…何々・・音痴かもしれない

場所は、後楽園駅近く・・
文京楽器さんの

TOVIC(TOKYO VIOLIN TRADE CENTRE)
店舗内が会場となっていた。


もう既に第6回になっていた


今回のプログラムは

Vn久保陽子さん
Pf真下航さん
Va川口さくらさん
ナビゲート小室敬幸さん
スペシャルゲスト Vn吉田南さん

J.S.バッハ
無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ単調BWV1011より
プレリュード、フーガ
川口さくらさん

スペシャルゲスト 吉田南さんによる演奏
B.バルトーク無伴奏バイオリンソナタより1楽章
J.B.バッハ無伴奏バイオリンソナタ第2番よりアンダンテ、アレグロ

③F.ショパン
スケルッツオ第1番ロ単調OP.20
ピアノ独奏真下航さん
~小室敬幸さんによるナビゲート~
「ベートーベンと協奏曲」

~休憩~



L.V.ベートーベン
バイオリンソナタ 第9番イ長調
「クロイッツェル」Op.47 久保陽子さん




 <ストラディヴァリ・トスカン・メディチ1690ヴィオラ(モデル)と再会した。>

d0040395_1440217.jpg

Cremonakuga /  415mm Viola 2010  


コンサート終了後、飲みものと おつまみが出て奏者達との歓談ができまいした。
久しぶりに久保先生にお会いできた!
先生が・久我さん ヴィオラが・・・ヴィオラが・・・
から会話が始まったが
意味が全く分からなかったのですが??????

私が作ったトスカンメディチのヴィオラが
最近まで、お弟子さんによって このコンサートシリーズで久保先生と共演していていたようだった。
とても音が良いとのお話しだった。
師匠のを
弾いてくださっていた弟子さんも
とても音が良いとの事でした。

それをおっしゃりたかったのだった!
元気に活躍している事が分かり安心しました。
久保先生も、TOVICの人もヴィオラとっても良いと
おっしゃってくださった。
最初から先生は このヴィオラの事をご存知だったからだった!

偶然にも会場で
そのストラディヴァリ・トスカンヴィオラ1690モデルと久しぶりに
再会できた! もうオールドのようにニスが取れていた。
取れていない場所は黒くなっていた。
オールド楽器のニスのように・・・・貫禄がでていた。

今回の演奏は ランドルフィーだった。
ビオラか~?????
喜ばれているのであれば・・・
またヴィオラも作っても良いかなとの思いが湧いてきました。
本物となるべく同じに作った楽器で、ストラディヴァリ先生の指導で作ったヴィオラ・・自分でもわかる・・人にもわかると思っていました。

最初は弾くのが難しかったとの事で、
師匠が弾くと倍の音が出るとのこと。
しっかり弾かないと音がでないでしょ?とお伺いしたところ
しっかり弾かないと音が出せないとおっしゃっていた。
ストラディヴァリの特徴です。力を入れるという意味ではなく また適当に弾くのでもなく、良い弓で弾くぞって真剣に弾くぞって!向かわないと
楽器が応えてくれない。 ヴァイオリンも同じかも!
昨日は、コンサート聴きに行ってビオラとも再会できて良かった 良かった!
2~3時間前に急に思いたって行ったのは楽器が呼んでいた気がする。
とても不思議です。

次に作るとしたら 1715年以降のストラドヴィオラか、ガスパロを作りたい。
今度は道に迷わないでしょう!
by cremonakuga | 2015-10-11 14:38 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga, le forme per i violini e le viole

Le forme di Cremonakuga violino per i violini e le viole.

Cremonakuga の使う内型は、主にクルミ材を使います。ストラディヴァリが実際に使った型も胡桃材、それをコピーしています。それを元にヴァイオリンの形を作り上げます。

Antonio Stradivari : forma-P violino, (1716Cessole,1715 Emperor)
noce
d0040395_2101270.jpg

originale ;343.5mmm,161mm,102mm,200mm, 13mm




Antonio Stradivari: forma-pg(prma grande) violino(1716Messie)
noce
d0040395_2112410.jpg

originale;344.5m,161mm,102mm,200mm,14mm






Antonio Stradivari :forma-g(grande) violino(1714Soil,1716Colossus,1715Cremonese)
noce
d0040395_2121717.jpg

originale;347mm,161mm,103mm,201mm,14.5mm






Antonio Stradivari :forma-CV viola
d0040395_2133630.jpg






Antonio Stradivari :forma-CV viola 415mm (1690Toscana)
noce
d0040395_2151310.jpg

originale;397mm,177.5mm,118mm,233.5mm,17mm





Guarneri del Gesu : violino, forma per Ysaye1740
noce
d0040395_2165773.jpg


Guarneri del Gesu:forma violino
d0040395_2423938.jpg

by cremonakuga | 2015-10-09 22:10 | ◆le forme | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン グアルネリの音の準備

ヴァイオリンを作る・・・

いろいろな個性のヴァイオリンを作る時、グアルネリやストラディヴァリ・・・
実際に本物も手に取り調べてはいますが、実際の音は、
単に厚さや、形で同じ様な音にはなりません。
雰囲気は出ますが、なかなか100%の満足は得られない。
どんなに良く出来たと思っても 決して満足せずに
不満足は???
では、どうして????
(この楽器は 不満はありませんが・・・いろいろな原因は分かっているため)


d0040395_1657199.jpg



それからが作り手の考えと発想の具現化が大切になります。
音の不満足が どこから起因するか???
おおよその見当を付け、試します。

そして 音を思った音に極力近い音にしていきます。
その過程で、どこを どうやったら どうなる・・・という副産物が蓄積されていきます。
ストラディヴァリだけでは 分からない事の回答がグアルネリから教えられることも有り、
その反対にグアルネリの謎がストラディヴァリから分かる・・・など


d0040395_16573045.jpg



つまり単に厚さを真似る事ばかりしていては、真似た楽器を絶対に超えられません。
超えられるとは思っていませんが、
その楽器に近づくこともままなりません。

どうして そうしたか?が理解できないと意味が無いことになります。
最初は真似・・模倣から始まりますが
新しい独自の新しい知識から
考え・音をコントロールしないと本当の意味で
ヴァイオリン製作者・・製作家とは言えません。
今 67才になって、
やっと独自の発想の入口に来ました。
ストラディヴァリと同じ楽器は作れないとしても、グアルネリ デル ジェズと同じ楽器は作れないとしても
おこがましいですが!

彼らと同じ考え方のレベルが出来るように近づく・・・
そして板を削る、形を作る
それは到達目標かも・・・・・


d0040395_16575118.jpg

売れる楽器を作るのではなく、誰が使えるか どのレベルまで使えるか?
と考える。
売り易い楽器と性能の良い楽器は必ずしも一致しない。
良い楽器は売れる=売れる楽器は良い楽器・・ではない。
良い楽器は売れるは正しいと思います。

性能を重視すると、一般的には扱いずらい楽器になってしまう。
売り易い楽器を作ると、難しい演奏の音色、パフォーマンスが出せなくなる。


d0040395_16581079.jpg




ヴァイオリンは400人~1000人くらいの音響の良いホールで、上手な演奏を聴いた時
そのヴァイオリンがどうか?良くわかる。
特に、ヴィヴァルディ、バッハ、ベートーヴェン、ブラームスなど聞き慣れた曲を聞くと、
ヴァイオリンの音を聞くというより、曲を聴く事によって楽器が邪魔せず、協力して曲を作っているか?
協力して音楽を作っている楽器の音は 必ず感動する音色になっている。

そこが判断のポイントとしています。
なかなか・・言うは簡単なのですが・・・・


d0040395_1659633.jpg


d0040395_16593875.jpg


かつて落下した横板のダメージを 内部から直し、厚めに作ってあったため内部を思ったように直せたヴァイオリン、F字孔は別にしてアウトラインはグアルネリだった!機会あればホールでの音響はどうか?確認をしてみたいと思っています。


Myブログなので、言いたい放題言っていますが あしからず!
by cremonakuga | 2015-10-09 17:17 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

季節のケーキとエスプレッソ

ヴァイオリン工房のuna pausaは エスプレッソ con 季節のケーキ
無花果のタルト・・で! fico
エスプレッソ 今日は KINBOで!
d0040395_15263091.jpg

d0040395_15264321.jpg

by cremonakuga | 2015-10-08 15:27 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房のピクルスは・・・音が聞こえます♪

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリン製作者が作るピクルスは 食べると・・・ヴァイオリンの音が聞こえます。
久しぶりに作るピクルス
d0040395_14111338.jpg

やはりきゅうりと人参が好きです。
基本 
人参は皮を そのまま
きゅうりも、そのまま、

時に皮をむく・・・

酢は、りんご酢を水で割って使っています。
ローリエに????グローブ、タイム、胡椒、???ええ~と
・・・オレガノもついでに!そうそう砂糖も。

沸騰したお鍋(お湯に一つまみ塩)に、最初にニンジンを入れ1分経過後にきゅうりを入れ
1分半後に火を止め、
熱いうちに、酢に入れます。

酢も。砂糖もお好みで!

硬さはお好みで茹でる時間を調整します。

2日くらいで美味しくいただけます。

簡単、是非お試しあれ♪
by cremonakuga | 2015-10-07 14:22 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

修正グアルネリ・・ニスレタッチで鳴らなくなった!そして回復させた♪

久我ヴァイオリン工房

先日、2000年のヴァイオリンを内部&外部を直し
グアルネリを思い起こすような音になったヴァイオリン。
ムラになたニスをレタッチし、お色直しをしたら・・・・
ベースのオリジナルニスよりほんの少し硬めのニスだったので、なるべく薄くレタッチした。
アルコールニスをアルコールで薄め小筆でレタッチした。
d0040395_18441977.jpg


塗りたてでは、良い音だった!
まだニスが完全に乾いていないので
問題無く良く響いた。
綺麗になったのですが・・・



それが
完全に乾くと・・・・
音量が少なくなり まったく別なヴァイオリンになった。
最初の感動の記憶は 思い出せないくらいになった。
倍音も感動しない・・・・

本当にデリケートです。ヴァイオリンの音響は・・・・

そこで、表面をマイクロメッシュで磨き、特にニスが濃くなっている場所を平均にし、その後アルコール拭きし、全体に皮膜を 少し取った。
その後、全体を磨き上げた。
また 少しムラなヴァイオリンになってしまったのですが・・・!

音が戻った!

明日はどうか???
完全にニスが乾いたらどうだろうか??
多分良さそうです。

レタッチしたニスは元々塗られていたニスに比べれば ほんの少し堅いだけなのだが・・・
音の振動は きわめて敏感です。
by cremonakuga | 2015-10-06 18:44 | Trackback | Comments(0)

第二回 カルテット・プラチナムへ

今夜は

第2回 カルテット・プラチナムを聴いた!

プログラムは  

ハイドン  弦楽四重奏曲 第39番 ハ長調 作品33-3「鳥」

ハーバー  弦楽四重奏曲 ロ短調 作品11

ベートーヴェン  弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調作品59-3 「ラズモフスキー第3番」

音大の教授達の室内楽・・・どういう解釈で音は どんな響きか?楽しみにしながら・・・
第一回も伺った。

ヴァイオリン
沼田園子さん
野口千代光さん
ヴィオラ
大野かおるさん
チェロ
菊池知也さん


コンサートの事は置いておき・・・同じ建物に有る キリンシティーで ハーフ&ハーフを一杯やって音楽談義・・というよりヴァイオリン談義をして帰途についた。
そして・・・
初めて 南北線に乗った! 記憶では 確か・・・初めてだと思う。
by cremonakuga | 2015-10-04 23:59 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

グァルネリ音の実験は・・・コーナー処理で音質を変わる。

ヴァイオリンはコーナーの形、大きさで 音質が大きく変化します。
また表板のコーナーと裏板のコーナーの間の横板の合わせ
(中央のC型の上下の合わせ 各4箇所あります)
の先端の厚さでも 音質が大きく変わります。

グアルネリ デル ジェズの特徴は、コーナーが小さく、横板の合わせは上下の板がCの板を超えて1枚が先端になっているようです。

このことは、実際に試すと、音質が繊細になります。
横板の合わせを厚くすると 特のE線の音がしっかり太く鳴ります。
それは それで 効果的ではありますが、
既に製作時に理解していますが、コーナーの

デルジェズは箱でしっかり鳴らし 大雑把になりがちな音質を 一つの方法はコーナーで繊細にしています。
横板が1.5mmなど厚い場合は、コーナーブロックに接着する部分をすこい薄くしています。
この事は 曲がらないからと言う人もいますが、それも一理ありますが、音質的に
やはり繊細な音になります。
しかし すこし間違えると弱さにつながります。

鳴らないヴァイオリンは、ますます弱弱しいヴァイオリンになってしまいます。
失敗しながら経験測で 頃合いを見計ります。




コーナーを修正した このヴァイオリンは よりグアルネリに近づいた気がします。

だが、グアルネリを追及すれば より良いヴァイオリンは作れるだろうが、真似では超えられない。
音の製作法を 共有でき、そこより発展し 新しいアイデアの組み合わせで 間違いなく、完全に音をコントロールしないといけないと思う。
自分では コントロールできていると思う事がありますが その先の広大な広がりが見えないとそう思うのだろう! まだまだ未知なる世界が隠れている???ストラディヴァリ先生もグアルネリ先生も知らなかったことが・・・・・



d0040395_0212211.jpg


d0040395_040425.jpg




d0040395_0221085.jpg


d0040395_152166.jpg



バス上

d0040395_0225997.jpg







d0040395_0403432.jpg



d0040395_15112573.jpg




d0040395_042435.jpg



d0040395_1120443.jpg


d0040395_0495184.jpg



※なお コーナーが無いヴァイオリンも有り、それは作った事が無いのでどういう音質になるのか
いつも疑問に感じています。コーナーで音が大きく違う事は、無い場合は・・・・いつか作ってみたい(そんな時間は実際には無いのですが・・・)

コーナーは、厚いと、音質に 明らかに音を支えているスプリングの差さえの端しのような強さを感じます。
しかし、内部特に表板の中央がしっかり厚い楽器では、渕に向い少しずつ薄くなり、渕がかなり薄かったりコーナーも薄めの厚さのは、音質に変なハズミがなく、滑らかな音質になる事は、検証済みです。
ストラディヴァリもグァルネリもコーナーが音の障害にならないように、いろいろな策を施しています。
グァルネリは表、裏、横の各板、ブロック自体全体的に、ストラドは特に裏板に・・・・・・・
by cremonakuga | 2015-10-03 01:05 | ♪♪音の謎♪♪♯♭ | Trackback | Comments(1)