<   2015年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ストラディヴァリウスを弾く!

久我ヴァイオリン工房

製作中のストラディヴァリウス(モデル)新作楽器を弾く!
d0040395_1143169.jpg

d0040395_11444336.jpg


ホワイトヴァイオリンの音の記憶と比べると・・・・
想定通りの音質が締まった感があり 良いと思う。

仮り駒の足は、ホワイトの時は合っていたのがニス塗後合わなくなっています。
そのため、足面が合っていない状態では音質は完全の聞けませんが、
それでもすべての音域でシャープな音がします。
G線もシャープです。遠達性に優れていると考えます。
E線は、ハイポジションまで簡単に音が出せ、やはりシャープです。
大きなホールで効果が発揮できそうです。
E~Gまで、弓は軽く弾くだけで簡単に音が出せます。
箱の中から音が響く感覚が感じます。
駒足面が表板にぴたりと合った時、今以上の音質が聞けるはずです。
表面のニスは乾きましたが それでも完全ではないのでもう数日してから新しい駒を作りたいです。
色も赤を少し濃い目にしましたが、綺麗な赤ですが、人口の生の赤ではないので 赤でも気品があります。
とても素敵なヴァイオリンが出来たと思っています。

また、今回はストラディヴァリ先生になったつもりで 師匠A.Stradivariの教えを踏まえ、頭の中で音を厚さに換算し 木と対話しタップしながら・・・そのまま削って作ったヴァイオリンです。
板の厚さを再現し音を創る・・・のではなく、最初に音が有って その音を板の厚さに考え、どこを どうして・・・・表板から裏板、横板の厚さ、高さまで、ネックから渦巻まで音を考え作る。
つまり 思う音が違うと、まったく別な構造に楽器になるという事。

今回
思った通りの音が作れました。
特にE線の音は、どこまでも届くだろうと感じる美しい音です。
倍音も綺麗です。
どのポジションも弓のアタックには、激しく反応するのが気持ちが良いです。

それでも やはりストラディヴァリウス!弓の圧力は要らないので ボーイングには技術が要ります。
現代の新作ヴァイオリンを弾くような弾き方だと100%能力は発揮されません。
ヴァイオリンの気持ちを察しながら弾く事を要求されますからストラディヴァリウスの性格を持っている楽器だと確信します。

実際のストラディヴァリウスの感触は、多くは(そうでないのも有りますセッティングでも違いますが)弦がとても太く感じるような弾き心地がします。G線など1mmに足りない太さの線が・・周りに1cmくらいの見えない絹の綿がぎっしり巻かれていて、弓で弾くと・・・弦=線を弾くのではなく太き塊を転がすように弾く、しかし感触は軽いんですが重く振動するような感触・・・Dもしかり、Aもしかり・・Eだけはっきりとし、実際のE線の太さより太く感じる。そして太い音がする。ヴォーっという感じ!
どういう事かと言いますと それくらい弦が振動しているという事だと思います。
楽器特有の性格と弾き込みから そうなるようです。

離れて聞くと、そうは聞こえないのですが・・・
by cremonakuga | 2015-06-29 12:13 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

今日は上野文化会館へ

久我ヴァイオリン工房
今日は上野・東京文化会館で行われた
ファイン・デュオのコンサートへ行ってきました。
素敵な時間を過ごす事ができました。
夕方にはコンサートも終わり、友人と御徒町あたりで
アルコールを補給した。
その後・・・
私だけ用事で銀座へでました。
まだ明るいのですが、顔は少し赤く・・・
お空も赤く・・・・
夕陽が不思議でした。
雨が降りそうな空気・・・・・
d0040395_23473110.jpg

お空を写すため、絞っているので暗いのですが、街は実際はまだ明るいのです。
by cremonakuga | 2015-06-27 23:49 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリが見えてきた!

魅力的な赤!

ストラディヴァリウスの赤!

年月が少しづつ赤を さらに不思議な赤に変えていく・・・・

最初の赤!

決してケバケバしく無く、しかし鮮やかな赤!

見ていると この赤の世界に引き込まれ魅了される。

やはり合成された赤とは 一味違う!

この赤を作るのに ずいぶん手間がかかっている。

そんな 見えない思いが・・・有るからかも知れない。

しかし 赤がハレーションを起こしています!実際はもっと美しいのですが残念ですね!
d0040395_13385372.jpg

d0040395_13393359.jpg

d0040395_1340664.jpg
d0040395_13402756.jpg

ふっくらと超熟感!
d0040395_13483087.jpg



少しだけ明るく撮ると・・・
d0040395_13405068.jpg

d0040395_13412550.jpg

d0040395_13414116.jpg


d0040395_1342196.jpg

d0040395_13424432.jpg
d0040395_134381.jpg

by cremonakuga | 2015-06-25 13:45 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスの赤が重ねられています。

2015年6月24日更新

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンのニス・・・ストラディヴァリウスの!?
・・・・について折に触れ書きますが!
なんて素晴らしいのだろうと何時も思う。

d0040395_1848497.jpg

以前は、色素を入れず樹脂の処理で赤を発色させていました。
一般的なオールドヴァイオリンの赤は、ほとんどが樹脂の赤が際立っています。

現在は、世界中でニスは、似た種類の樹脂コロフォン(コロフォニウム)とリンシードとを同量程度で煮た
ニスが一般的になってきました。クレモナでもそういう若い製作者が増えてきているようです。
私がクレモナに居て、そんな樹脂を作って居た頃は、ほとんどいなかった!・・・し聞かなかった。


300年前は、綺麗な赤は当時貴重で、一般的にはあまり使われていなっかたようです。
樹脂の赤そのままか、あるいは
そのニスに茜やケルメスレーキ(その後コチニールが伝わる)などを混ぜ塗っていたと思う。
いろいろな赤の発色はあると思いますが、ニスの場合は、樹脂の赤を補完するくらいにしないと
真っ赤っかになってしまいます。

赤を混ぜない方が、見かけはあんばい良く仕上がり効果的なのですが、赤を混ぜると その赤の量と樹脂の変色による黄変色が重なって 丁度良く仕上がるのは年月という時間の助けもいり、経験値が必要です。

今回は、赤い部分はしっかり赤く、褐色の部分は少し赤く、それでいてあまり真っ赤っかにならないように・・・

薄めの色のヴァイオリンを 最初想定していましたが、赤の魅力に負け、惜しみなく赤を効果的に使う事にしました。幸い下地を濃い目にしていたため、赤が深い赤になり 良いのではないか!?
と思っています。赤いニスがしっかり残るストラディヴァリという事になります。
塗り方は完全にアンティーク仕様になっています。

ニスを塗る前のホワイトヴァイオリンの音とニス塗布後の音と どう変化するかが とても楽しみです。
by cremonakuga | 2015-06-24 18:49 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスの色がつき始める

2015年6月21日更新

久我ヴァイオリン工房

ストラディヴァリウスは ここから赤色を足しながら また薄く赤を取りながら
本物へと変身していきます。

クレモナクガのストラディヴァリ

カメラの露光、色調を変えながら何枚か撮ってみました。


Tavola
d0040395_1451295.jpg

d0040395_1452412.jpg

d0040395_14522288.jpg

d0040395_14523923.jpg


Fondo,Fascie
d0040395_14534350.jpg

d0040395_14545022.jpg



Fondo
d0040395_14551377.jpg

d0040395_14553015.jpg

d0040395_14561561.jpg



Testa
d0040395_14555554.jpg



赤は塗っていくと だんだん色の濃さ、鮮やかさが麻痺していきます。

今はこの写真より濃い状態になっています。
by cremonakuga | 2015-06-21 15:00 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの弦の組み合わせについて!

2015年 6月 19日更新
2016年2月29日追記

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンの音を調節する時、弦をアレコレ交換する方法と
弦は変えずに、魂柱を調整する方法
どちらも変えずに駒自体の形や高さを変えたり
・・・・いろいろありますが、
そうそう禁じ手の駒を動かす人もいました!

私は、ヴァイオリン作りなので、良かれと思う駒を作り、
魂柱をセットします。

そうしますと 調整で魂柱を動かす事は、あまり好きではありません。
新作が出来た時は、魂柱の長さの交換はしますが、位置は固定します。

そいう中で弦は、いろいろな選択肢があります。
今回は、
一般的に良く使われているエヴァピラッチについて・・・
インフェルドREDと同じようにGが若干強めになっています。

私がエヴァを使う時は、エヴァのE線は、0.27かウエストミンスター0.275を好みます。

そこで、Eは、普通のエヴァかほかの弦を使い、
A線をエヴァではなくオブリガードを使う方法。

写真のヴァイオリンはE線はピラストロゴールドで、あまり強くはない弦です。
しかしバランス良く鳴ります。
d0040395_20193012.jpg

Gばかり主張することもなく、
ヴァイオリンによって違いますが、エヴァの弦でAのみオブリガードに試すとどうか?
余った弦がありましたら是非試してみてください。
張ってから1週間くらいは我慢して馴染むとどうか???

オブリガードAは弦が太く、少し強めの弦になります。
GとAが少し強めになりバランスが取れそうです。 Eも強くすると全体ではどうか?
今度試してみますね!
良さそうな気がしますが・・・・・・

以前何度も書きました・・・・
E・・・ピラストロゴールド
A&D・・・インフェルドRED
G・・・ドミナント(ノーマル)
も同じような考えです。


2016年追記・・・最近友人の演奏家の先生に 弦の提案をしました。 先生は若い時からオイストラフの演奏が好きだったそうで・・・その件について調べた事を提案しました。
それは
オイストラフさんは、E線とA線にPrimを使いDとGにオイドクサを使っていたそうで、A線はスチールという事になります。普通考えるとプレーンガットでは?と思いますが、さっそく取り寄せを試みますがA線が品薄、楽器店でも今はマイナーでほとんど扱い無し、取り寄せし、A線専用アジャスターも送った。
実はオイストラフはA線もアジャスターを使用していた。今はあまり使われていないヒルタイプのボールエンド対応のA線版だった。
なかなか売っておらず、自分の古い箱から1個発見した。新しく売れれている物も購入した。オイストラフの写真からは箱から出てきた物に似ている、下部は四角く見える!新しいものはそうではない。
当時は、沢山種類が有ったのだろう・・・

箱から発見したドイツ製の物の方が品質が良く格好良い! 右は新品。 オイストラフのはこの四角い台座らしくが見える。息子も使っている、弟子のクレーメルも使っているようです、今はどうか???
d0040395_12342360.jpg

ちなみにこのアジャスターですと、ボールエンドのスチール弦のボール位置は3mm~上がるようで、ヴァオリンに優しくなる=圧も変わり、音質も変わる。

その事を読み解くと・・・・
スチールのA線のテールピースでの位置が上がり、駒での弦の角度が緩くなる。つまり駒への圧が軽減される。古いストラドでは、きっとありがたいだろう??
また、オールドヴァイオリンであるストラドの方が、はっきりした音の弦のケバケバが取れ、品が出せるのだろう???なぜなら、Primの弦は、クラッシックよりほかの分野で使われるようだ!
一般的な新作では、クラッシックには向かない音質になるのだろう・・・

低音はガット弦で、柔らかく、高音はシャープに ストラドだから生きるのだろう!?
きっと・・・・

※この弦の組み合わせを、2015年製ストラディヴァリモデル(1715年)で試した。関西弦楽器製作者協会展示会での試奏では、本物のストラディヴァリと同じ配分の厚さのヴァイオリンでは、私は素晴らしい音に聞こえました。試奏後には 何人かのお客さんが「良かった!」と声をかけて頂きました。
ただ、やはり弾く人を選ぶ楽器でもあり弾き方でぜんぜん出る音が違うので、本物のストラディヴァリを弾くような弾き方でないとせっかくの音が出せない・・・

その弾き方は、大きなストロークで、軽ろやかに、押し付けず、しかししっかり弦をとらえ、弦を鳴らすように弾く事。ビブラートは大き目でオイストラフのように弾くと驚くように美しい音が聴ける。

普通の厚さのヴァイオリンでは、どうなのか?分かりません・・・
by cremonakuga | 2015-06-19 20:24 | ♪♪ Vnの音と付属品 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスに色が着く・・・・

久我ヴァイオリン工房

アントニオ・ストラディヴァリモデル ヴァイオリンに赤色が入りました。
オリーヴグリーンがかった黄褐色のベースに赤が重なると、オレンジ系の綺麗な色が誕生します。

窓辺の柔らかい光で どう見えるか?
雨模様なので、実際より赤みが少なくなります=青味が多くなります。

なかなか気に入っています!
d0040395_17243416.jpg

d0040395_1725350.jpg

d0040395_17252569.jpg

d0040395_17263061.jpg

d0040395_172545100.jpg

d0040395_1726211.jpg

d0040395_17285693.jpg

d0040395_17303215.jpg

d0040395_17305665.jpg

d0040395_17311248.jpg

d0040395_17313015.jpg

d0040395_17265371.jpg

d0040395_1727696.jpg


ニスは あまりコテコテ塗らないようにします。
あと数回、ごくごく薄い皮膜のニスを塗って終わりにしたいです!
数か月のエージング・・・色が本物に近く変化するのを待ちます。
ユーザーに弾かれながら自然に ごく自然に・・・・

本物志向のニス クレモナニス!
d0040395_17273134.jpg

by cremonakuga | 2015-06-19 17:37 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンニス1回目で見え方

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンがニスで覆われた後に下地のニス、下地のヴァイオリン着色が どういう見え方に効果をもたらすか?
ヴァイオリン上ニスの赤が重なった後 どう色を変えて見せるか?
それを、合成されたピグメントなどを使わず自然な素料・・・普通に存在する材料で・・!

だれもが一度はやってみる・・・
ストラディヴァリウスの本に重ねて見ます。
本は印刷。 光源など目で見る実際とは大きく違いますが、
少しは参考になると思います。
遊びのような比較です。線でひいた部分がニスが取れて下地が見えそうになっている部分で
そういう見え方が、今下地にした部分がこれから生きてくる色になります。
d0040395_12182550.jpg

d0040395_12184280.jpg

d0040395_12185326.jpg

d0040395_12191026.jpg




ニス塗り第2回目後・・・雨がふりそうな屋外で・・・・色が淡いと外の光の中ではもの足りなく薄く見えてしまいます。
薄く見えないくらい濃いと・・上ニスが楽になります。
大丈夫なようです。2回目ですが、適度にニスを事前の着色で目止めすることができていて、光ってしまって
実際の方が透明感があります。写真にすると実際に近くは難しいです。

コントラストがつき、白い部分も白く光沢があり 虎杢の止まらず動きますからOk!
やはりニスが光沢を見せると、数段明るく見えます。
濃いくらいに思ったくらいまで進行させたのが大体丁度良かったようです。


d0040395_12202280.jpg
d0040395_12204528.jpg
d0040395_1221827.jpg
d0040395_12212558.jpg
d0040395_12214145.jpg
d0040395_12215928.jpg
d0040395_12221519.jpg
d0040395_12222944.jpg
d0040395_12224898.jpg
d0040395_1223319.jpg
d0040395_12231543.jpg




久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga


Cremonakuga violino Cremonakuga violino Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2015-06-18 12:34 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

新作ヴァイオリン一回目のニス塗開始!

久我ヴァイオリン工房

下地の色着け調整が終わり、第一回目のニスを塗りました。
一回目のニスは、通常のニスを薄め染み込ませました。
写真は、ニス塗り前の写真です。
木肌に、個性があり、左右に上から下まで線が浮き出ています。
また染み込みやすい箇所とそうでない箇所で少しマッキャートしています。
表面の個性が表れています。
味わいになります。

写真は・・・
自然光の見え方と、白熱電球の見え方を撮ってみました。
ニス塗前
d0040395_16325422.jpg

d0040395_18421371.jpg

d0040395_1842268.jpg


d0040395_18423950.jpg

d0040395_18432040.jpg







 下地ニス1回塗布乾燥中・・小雨の玄関先でパチリ!

写真がUP出来きました!

今回の意図は、虎杢をはっきり浮かせながら着色をする事、光る部分はなるべく白っぽく、
濃い部分は、角度で動くように・・・をしっかり表現する事です。

綺麗なルビー色のクレモナニス
d0040395_18433963.jpg

d0040395_18435461.jpg

虎杢のコントラストは上手くいっています。
d0040395_184482.jpg

d0040395_1844251.jpg

真白く光るコントラストは意図どうりです。
d0040395_18443612.jpg

d0040395_18444863.jpg

d0040395_1845361.jpg


下地の着色は、色素が入ると、虎杢は固定されます。ゼラチンなど使うと綺麗に出来ますが、同時にニスもシールドしますので、ニスを染み込ませる事とは逆行する方法になります。
別な方法のすべて植物由来の3種類を使いました。
これは、なかなか難しく、見た目で丁度良い具合で、ニスを塗ると・・・着色処理が薄かったりします。
なぜなら、水性色素で下地を処理し、乾くと、表面が木目の見えない毛羽で反射を少なくし濃く見えます。
ニスでしっとりすると実際の濃さが現れます。

つまり見た目で、行き過ぎたくらいの濃さで、丁度良くなります。
ここが、なかなか勇気が要るところになります。

ここから透明な(樹脂の赤い色のみ)ニスと赤いニスが重なり最後の完成形を想像しながら下地の色素を決めました。

最後の結果を見るのが楽しみです!





Cremonakuga


Cremonakuga violino Cremonakuga violino Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2015-06-17 16:33 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

 ストラディヴァリda Cremonakuga下地色調整済む!

ヴァイオリンの下地の色は、うまく写真では表現できませんが、
黄色味を感じる暖色系の中にオリーヴグリーン色も存在し、グレイッシュな無彩色も見える色彩です・・・って
分かりませんね!



d0040395_123188.jpg

膨らみが上手く写っていますね!
d0040395_1231257.jpg
d0040395_1232452.jpg
d0040395_1234660.jpg
d0040395_1235635.jpg

d0040395_1353037.jpg
d0040395_13641.jpg

by cremonakuga | 2015-06-17 01:25 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)