<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリン工房のお月さま

久我ヴァイオリン工房

お~三日月です!
数日前の夜・・・
ヴァイオリン工房から見える夜空の お月さま
d0040395_21274289.jpg
d0040395_2128918.jpg

by cremonakuga | 2014-04-28 21:29 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスを考える?????

久我ヴァイオリン工房


もう完全に別なヴァイオリンになってしまいました。
新しいヴァイオリンの眺めです・・・・・・♪

Antonius Stradivarius 1715 (Cremonakuga violino)
d0040395_16224861.jpg

d0040395_1626085.jpg
d0040395_1626133.jpg
d0040395_16262843.jpg



久我ヴァイオリン工房HPへ

by cremonakuga | 2014-04-28 16:31 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの色??La fragola???

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンの色は???
オリジナルのヴァイオリンの色は、真っ赤です!
イチゴの赤も有りかもしれません・・・
ヴァイリンとあまり関係ないのですが・・・・

千葉県産 とちおとめだそうです。   
なにか・・・赤い色が、新鮮でワクワクします。
d0040395_0122687.jpg

d0040395_013899.jpg

d0040395_0134341.jpg

d0040395_0141779.jpg

d0040395_1810445.jpg

ちょっと小ぶりです・・・・まあ美味しければ良し・・
個人的には、大きなイチゴは、あまり好みではありませんので、
このイチゴの赤を写真で忠実に表現するのは、きわめて難しい。
ヴァイオリンの色も難しい・・
赤という色の表現は難しい・・・・
・・・・・と赤い対象物を写真に撮る時感じます。
カメラは、光源、色彩調整、絞りなど、その都度繊細に調整します。
まっかな綺麗な赤と、濃い赤い部分、とくに濃い赤い部分が上手に表現できない・・・
ヴァイオリンではなくイチゴ・・・Fragolaのお話でした。

久我ヴァイオリン工房HPへ
by cremonakuga | 2014-04-22 18:11 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウス・???細い一筆で、音色が変わります。

久我ヴァイオリン工房

nhkのストラディヴァリウスの放映がありました。
Cremonakuga Stradivariは、大きな作り替えが済んで、
音が開花しました。
d0040395_2271114.jpg

綺麗にお色直ししながら・・・・
音色を確認しています。
アンティーク仕様は、ただ見かけ古く見えるように、綺麗に仕上げる???
本物のように見えるように仕上げる???
そうでは、有りません。

どこを、どうししたら、どう変化するかを熟知したうえで、音響を損なわないように、さらに良く鳴るように、考えながら、つまり内部の厚さや、音色も考慮にいれながら耳で行います。そうしないと、せっかくのヴァイオリンが台無しにするかもしれません。

Cremonakugaの場合は、
台無しにしても、また音を作り直せば良いので、時間を無駄にしますが、何も心配はしていません。

敏感な耳では、一筆で音色が変わります。
ムラに仕上げるのも、結構時間がかかります。
こんな作業を一日やっていても、なかなか進みません!


ニスの凹凸が、まだ残っています・・・
d0040395_227293.jpg

d0040395_227495.jpg

デコボコがまだ見えます・・・少しずつ自然な平らにします。完全な曲面にはしません。
いろいろなニュアンスを感じる曲面になります。小さな表情が現れるようにします。本物は何百年もの年月を経過し、表情が出来ていますから・・・それを考えたら、こんな事を1週間やっても、1か月やっても、短い作業としか言えません。
d0040395_22851.jpg

年輪と年輪の間を、全体を見ながら、息を止めて、ニスの選をひきます。離しては、全体を見て、静かな時間が、どんどん流れます・・・・・濃い色、薄い色、濃い密度のニス、薄い密度のニス・・・・場所と、景色を考えながら・・・場所により、異なる音が頭に浮かびます。
d0040395_2253016.jpg
#IMAGE|d0040395_2282135.jpg|201404/21/95/|mid|640|480#]
d0040395_229933.jpg
d0040395_229598.jpg
d0040395_22103693.jpg
d0040395_22104978.jpg
d0040395_2211243.jpg

d0040395_22113554.jpg
d0040395_22114616.jpg
d0040395_22115885.jpg


とにかく時間がかかります。

音は、重音など、一瞬に抜けが良く大きな音が出ます。
高音は、とくに強い芯がありながら繊細な音が、飛び出します。

総てが
抜けが良い音です。
G線は、きわめて強い音が出ますが、決して力は要りません。

今回、大変だったことは、E線が、シルバートーンを、もう少し色を感じるような音に仕上げる事、通常のヴァイオリンでは、決して出せない音に仕上げました。

今回は、オリーヴグリーンに近い色・・白熱光では、
薄く見える部分は、赤系、ベージュ系、黄色系からオリーヴグリーンっぽい色彩・・・アンティークな色彩の再現を試しています。
このニスは、褐色系+オリーヴグリーン系です。
d0040395_22344536.jpg

d0040395_22345768.jpg

写真用電球では、カメラで、こういう見え方です。
実際の目では もう少し褐色系で赤さを感じます。
d0040395_22415623.jpg

キズは、意識しては付けていません。このヴァイオリンは自然なキズのみにします。


CremonakugaHPへ

by cremonakuga | 2014-04-21 22:50 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン製作の難しさ

久我ヴァイオリン工房
d0040395_23202240.jpg

ヴァイオリン製作が、いかに難しいか?
・・・そういう事を毎日実感しながら作業しています。
どういうことか???
明日19日、nhkEテレ夜11時から、ストラディヴァリについての放映があると聞きますが、
ストラディヴァリが、どんな仕事をしていたか? 
まあ、目新しいもとは無いと思いますが、最近世間で話題になっている事件で・・・
世紀の発見・・・??
何とか細胞を、ちょっとしたコツが有ります・・・
このちょっとしたコツ!で・・・で 私には・・・
ヴァイオリン製作、とくにストラディヴァリウスの再現と同じように、例えたように聞こえました。
何とか細胞は実在してほしい。

さてヴァイオリンですが、とくに名器は、絶妙なバランスの上にその音響が成り立っています。
良く鳴る事も、バランス上に成り立っています。音色も、同じくバランス上に成り立っています。

どんなバランスか?
・・・???計測したことは有りませんが、いや計測できませんが、1Hz、、、0.1Hz???
ニスのほんの少しのレタッチで、鳴ったり鳴らなかったりします。つまり、弦が1本疲れ始めると、トラブルをお越すのは当たり前、駒位置が、ほんの少しずれたら最悪、当然傾きは決定的、
まして魂柱などは、気持ち動くかどうかで、音色ほかまったく別な楽器になってしまう。
それ以前に仕事、ヴァイオリン製作は・・・

同じような木材、同じ厚さ、同じ形・・・のように各々作っても、製作者で全然違う楽器が出来ます。
それは、各々のちょっとしたニュアンスの違い=ちょっとしたコツが有るか、どうかで
鳴る楽器、良い音か?どうか?
大きく異なります。

私の場合は、製作過程で、各所の音を聞き、合わせます。プレート状で音響的な問題個所を発見し、修正します。それは、4弦を調弦する程度の精度です。
その程度って、かなり正確ということになります。
その修正は、以前も今も難しい!しかし、今は、自然にできるようになっています。

そういう事は一般的には、難しい事のうちにはいります。
そういう事をしないと、まったく良くないヴァイオリンになってしまう事もあります。
まったく良くないと思ったヴァイオリンは、ちょっとしたコツで、180度違う良いヴァイオリンにも変化します。

それくらい音響的なバランス上になりたっているヴァイオリンが、ストラディヴァリウスなのです。
しかし、一方では、かなりアバウトな面も混在している・・・・・
コツ・・・というのが、名器復元には必須ということです。
残念ながら、すべてアナログでないと出来ません。

このワインは、イタリアDOCランクのワインです。
たまたま100均に事務用品の用事で行った、入口にあった、山積みのワイン???も目がとまる・・
帰りに、ラベルを見た!
Montepuluciano D'Abruzzo 2011 ltaly
税込432円イタリア現地スーペルメルカート価格です。
騙されたと思って2本購入・・・
思った通りの味です。
なんら問題ありません。
普通に美味しいです。
度数は、少し低い12%vol・・・!
恐るべし!


久我ヴァイオリン工房

by cremonakuga | 2014-04-18 23:28 | Trackback | Comments(2)

ヴァイオリン制作者はビールの季節?

久我ヴァイオリン工房
ビールが美味しい季節になってきました。
もともと赤ワインが1番と言いたいのですが・・・
その前に、そんなにアルコールは強くないのにと言われそう♪
d0040395_0291181.jpg

いつもの黒ビン ギネスビールは時々飲みたいのですが、
イタリアのモレッティもイタリアンになれます。
ベルギービールは、懐かしい。
シメイビール・・・何種類かあって、度数が高い!
小さなビン1本で、顔が真っ赤になってしまった記憶があります。
美味しい!
修道院で作るビール???
修道院で作るワイン???
今日飲んだのは、近所のスーパーで!
飲んだ後にラベルを読んで・・・・
コリアンダーシードとオレンジが入っている事が分かった。
不思議なサッパリ感あり・・・
by cremonakuga | 2014-04-17 00:34 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

松本へコンサートを聞きに・・・

久我ヴァイオリン工房

12日のヴァイオリン&ピアノ 
ファイン・デュオ コンサートを聞きに11日~13日(日)松本へ行ってきました。
友人のリューテリアアライさん主催のコンサートを聞きに・・
松も芸術館の夜景・・美しい!(写真が上手い!自画自賛)
d0040395_2314791.jpg

20年来の友人でもある
ヴァイオリン沼田園子さん
ピアノ蓼沼明美さん
・・・達のコンサート ”ファイン・デュオ”で

松本へ行ってしまった荒井さんが企画し、松本芸術館の小ホールで開催されました。松本でコンサートしたいね!・・・・とみんなで言っていたことが実現されました。
ベートーヴェソナタ全曲収録記念の一環として・・・

コンサートを主催するというのは、慣れない私たちには、とても大変な事なので、さぞ大変だったのだろうと思う。荒井さんご夫妻の ご尽力で会場も、沢山のお客さんで埋まり無事に、・・・・
クロイッツエルソナタなど・・・素晴らしかった・・・それは・・・私の前の席の小学生兄弟は、総ての曲を飽きずに、居眠りもせず集中して聞いていた! 私の心配の予想を見事に裏切り・・・素晴らしいチビッコ達!

リューテリア・アライ=荒井さんのマツモト・ベッツを使った演奏もあり、柔らかく、暖かい音色は、大変好評でした。出来立てのヴァイオリンの音は、どんどん変化します。特にストラドモデルで、オイルニスは、時間、年月とともに、よりシャープに、繊細に、またより綺麗な倍音が出るものです。とても楽しみです。

旅は・・
東京サロンコンサート協会の会長さんと一緒に・・・特急あずさ♪で

丁度桜の季節桜満開の古墳の丘の心臓〇〇の急坂道を上り・・・頂上から美しい常念、槍、を望む松本の平野を桜色を透かして・・・
美味しいお蕎麦をごちそうしていただき、崖の湯の露天風呂では、貸切状態で贅沢な景色が望めました・・・そうそう晴天・・松本城は桜が、満開で、どこか静かでのどかな空気、時間が流れていました。千鳥ヶ淵のにぎやかな景色とは違う、お城が良く見える場所に桜が咲き、絵葉書を実際に見ているように錯覚します。
アフターコンサートを楽しんだ(アフタラースキーをもじったのですがちょっと変かも???)のでした。

次の、ファインデュオコンサートは、6月にみなとみらいホールです。
新宿にて列車待ち・・・
d0040395_23104510.jpg

朝のプラットホーム
d0040395_231123.jpg

良い景色には、良い電線が必ず入ります・・・涙!
d0040395_23111772.jpg

d0040395_23115348.jpg
d0040395_2312736.jpg
d0040395_23122554.jpg

d0040395_2313289.jpg

d0040395_23131964.jpg


なかなか木の椅子が暖かいおもてなし感を
d0040395_23133311.jpg
d0040395_23134834.jpg
d0040395_23142312.jpg

d0040395_23143640.jpg

東京サロン協会の川端さんはじめ、みなさんと桜満開に咲く、小山=古墳を登る・・・傾斜が苦しい・・・
d0040395_174624100.jpg
d0040395_23153666.jpg

左端に槍ヶ岳が見えます。
d0040395_23155048.jpg

これは、会長の大盛り
d0040395_2316484.jpg

これは、私の普通盛り+えび天
d0040395_23161987.jpg

とても、お蕎麦美味しいです。
by cremonakuga | 2014-04-14 23:27 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房のおやつ???

久我ヴァイオリン工房
d0040395_021208.jpg

・・・・ちょっと味見のための2つだけ頂きました。
保冷剤をどうするか聞かれて????
先日、差し入れで、これを持参しましたが、
保冷剤の事は聞かれず・・・
そのまま持参しましたが、
どうも保冷剤が必要なようでした????
きっと、食べられるような状況でなかったかも知れません。

冷えた状態でいただくらしいのですが、
試しましたが、甘さが、やはり冷えていないと辛いかも???

今日はキリマンジャロコーヒーと一緒に!
ピスタチオ&フランボワール??だったでしょうか???


久我ヴァイオリン工房HPへ

by cremonakuga | 2014-04-11 00:22 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ストラディヴァリウスのF字孔からの眺め!?

久我ヴァイオリン工房

究極のヴァイオリンの音を目指すヴァイオリンは、???
見た目も、なかなか難しい・・・・・
d0040395_22254723.jpg

ストラディヴァリウスのレプリカを作るための、たたき台のヴァイオリンです。
F字孔を除くと、真新しい羊皮紙のストラディヴァリウスのラベル=エチケッタが発見出来ます。
昔ながらの素材に手つくりインクで一枚一枚刷る、羽ペンで、中世のインクで書く!
・・・一緒にCremonakugaのラベルもその上に!
d0040395_2227268.jpg

d0040395_2226629.jpg

音は、まだまだ安定を待たねばなりません。
高音は、もう少しすると芯がしっかり出ると思います。
開放弦のE線は、すごく伸びたり、ちょっとの差ですぐに消えたり、
安定していません。今日は弦を外したので、音は不安定な元に戻りました。
ゆっくり待ちましょう。
G線の最下低い音程は、既にいい感じの音のようで、いろいろな複雑な演奏が可能なのではと思います。
強く弾くと、ガーンと響きます。
音一つひとつに、オールド感は出ていますが、
ストラディヴァリは、一言で綺麗な音質なので、
そこが、どうか????
ラベルに負けない音が出てほしい・・・・

しっかり弦の圧力に慣れて、機能しないと、とてつもない、変な音がするものです。
・・・・が、安定すると、信じられない音が聞こえたりします。
初めてのトライなので、次のヴァイオリンに活かせるようにしたいです。

Cremonakuga HPトップへ

by cremonakuga | 2014-04-09 22:28 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの駒の比率あれこれ???

久我ヴァイオリン工房

現在進行中のレプリカ用トライで
駒の音質が、楽器の合わなくなったため、
駒の足の厚さ、トップの厚さ、足首のクビレを調節しました。

ふと感じたこと・・・
今使用中の駒の場合・・・ストラディヴァリウスモデルは、先端厚さ1.35mm、足先厚さ4.2mm、二つの足のクビレの幅、トレブルサイド4.2mm、バスサイド4.2mm(その部位の厚さは、4.1mmくらい?)
その駒を、ヴァイオリンの表板、裏板、を直し、改めてその駒を直した。
その結果、先端1.2mm、足厚さ4.1mm足首幅、トレブルサイド3.6mm、バスサイド3.4mm
・・・・これらを検証すると、裏板自体は薄くなっていないため、足は、ほんの少しだけ薄くしました。
これは、もともと少し余裕を持っていたため、ジャストに直しました。
尖端は、表板は、シェプアップしたため、1.2mmにすると同時にハートの上、先端の下全体に、駒もシェイプアップし、表板のタップ音と同じにしました。
その結果、音の流れが とても悪くなった。
・・・・どういう事か?先端から入る音の振動が、足先からの流れが悪い感覚がします。
そこで、足のクビレをトレブルサイドで、3.6mm、バスサイドで3.4mmにしたら、落ちつきました。


その数字を見ると、駒の先端の面積を計算しましと、
1.35mm×51mm=68.85

1.2mm×51mm=61.2
比率68.85:61.2=1:0.888

足首のクビレの面積
4.1×4.2mm=17.22

3.5mm×4mm=14
3.4mm×4mm=13.6
平均値13.8
比率17.22:13.8=1:0.801

偶然かどうか?
3.5mmが一般的な基準値なので、ただ普通のヴァイオリンの基準になってしまったのか?
分かりませんが・・・・


つまり、総てが、この比率が成り立つかは、誰かが実験していただきたいのですが、
駒の先端の面積が、足首のクビレの面積に近い、下部は上部よりの振動の消耗=吸収が関係があるようです。
駒下部の厚さは、裏板に関係し、上部は、表板に関係し、その先端は、駒の足首のクビレに連動する・・・かも?
・・・とイメージしました。
今後、気をつけて、いきたいと思います。
何かのヒント、参考になると良いのですが・・・。
駒を調整する人の耳で、厚さ形が決まります。
何が正しいか?どうか?人によって大きく違う。

真逆の駒が存在することも事実。
鋭い音が好き、大きな、太い音が好き、倍音が多い音が好き
倍音がなく、優しい音が好き、まるい音が好き、あまり大きな音は嫌い・・
難しいのが好み駒が違うことと思います。

すべての奏者で、全然違うので、自分の基準としか言えませんが・・・・!。
by cremonakuga | 2014-04-09 19:06 | Trackback | Comments(0)