<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリンの駒のバランスを確認する (※3/1追加)

久我ヴァイオリン工房


今の駒が、充分音を発揮しているか?確認しましょう!
大まかですが・・・・・・・

ヴァイオリン&ヴィオラなどの駒を作る時、既成の駒を適正な厚さ、形に整形するとき、
ヴァイオリン製作者は、自分のヴァイオリンに合った駒を整えます。

弦楽器の修理・調整職人の方や、製作者でも、修理・調整のベテランの方には、釈迦に説法ですが、
ヴァイオリン愛好家の方にために・・・・・・・・・
私なりに考える方法は・・・・・・・
一度試してみると面白いと思います。

駒のループの大きさ、ウエストの幅、などなどデリケートな部分以前に全体がどうか?ということについて考えてみましょう!

いろいろな事を調べるうちに、以前書きましたが、駒の底部の音程は、裏板のM-2に合わせる。駒のトップを表板のM-2に合わせる・・・という方法ですが、プレートのモードでなく、組んだ時のM-2の場所に合わせるのが適確なようです。(もしくは、それよりほんの少し厚く作る=0.1mm)

方法1.・・・・駒を左手のひらにのせ、駒の両サイドを手でホールドし、浮かせた状態で、右手を返し、人差し指の爪で、カチカチと小さくタップします。
駒の底部を・・・次にヴァイオリンの裏側の、ロアーバウツのセンターラインに沿って、3cm~7cmくらいを同じように爪でタップします。もし駒の方が音程が低ければ、駒の底部~ウエストにかけては、もう少し厚い方が、しっかり鳴り、音が良いかも知れません。駒の音程が高ければ、もう少し薄い方が良い結果が得られる可能性がります。

駒のトップを同じように爪でタップし、今度は表板の同じような場所、つまり、テールピースのトレブルサイドを爪でタップします。軽く・・
駒の方が、音程が高ければ、もう少し、駒のトップは薄く=付近の質量を減らすと良い結果が得られれる可能性が高い。
駒が音程低ければ、駒のトップを厚く作り替える方が良いようです。

※注意することは、駒のトップ&底部は、関係していますから、底部を合わせ、トップを合わせると、底部はずれます。

駒の底部、トップが、うまく合った時、結果は良いようです。


・・・・つまり、ヴァイオリンの裏板が厚くしっかりしている場合は、駒の底部を厚めに、表板が薄めの楽器は、駒もトップ質量も少な目(薄く)なる傾向にあります。



これらは、ハートの上部の質量や、下部の質量も合わせてトップの厚さを考えます。特に駒のトップは、単純に、削ることができません。
駒は、底部を中央を左手2本の指で挟み、右手指、爪で、弦の溝部分をタップします。簡単には、EとG同じになるように、中央のA,Dが、もし音程が高ければ、ハートの上の質量が多いので、少し削ります。音程が高い場所を削り均等にします。そうすると、音は自然に流れやすくなります。

足は、同じように、トップ中央を挟み、両足付近をタップします。同じ形厚さであれば、同じ音程になるはずです。 


しかし、どんな音を望むのかで、駒トップを薄くしたり、全体に厚くしたり、その楽器の音を良い方向へ導くためには、ただ、楽器が良く鳴るだけではないという事になります。良い音の楽器は、もしかしたら、駒でもっと反応良くなるかも知れません。楽器の有った駒が作られ、結果このような状態になっていれば、レスポンスも良い結果になるでしょう!

ご自分の楽器が、

やたら重い!・・・・・駒は薄い、底から音が出ない・・・薄っぺらな音に聞こえる・・・
楽器が、軽い!・・・・駒が厚い・・・音がシャープでない・・・反応が悪い・・・

・・・・・などなど・・ミスマッチ 分かり易い例です!

d0040395_1538502.jpg

d0040395_15391847.jpg

d0040395_15572249.jpg



d0040395_15444127.jpg


d0040395_1545283.jpg

d0040395_15451940.jpg


d0040395_15394197.jpg



d0040395_1540436.jpg

d0040395_15524977.jpg

d0040395_15515573.jpg

d0040395_15413111.jpg




本当は、テールピースの下をタップしたいのですが、どちらかと言えばトレブル側がベターと思います。バスサイドはバスバーの影響を受け、また低音の影響を受けるため!つまり表板のM-2(モードX)相当。
d0040395_15592269.jpg



d0040395_1538874.jpg



駒とボディーの音程が合っている、近い、・・・結果は悪くなく、良いと言えるようです。

d0040395_13472585.jpg

d0040395_13474692.jpg









※これらのやり方が、一番良い調整か?どうか?は別にして、楽器に合った駒を作る中で、全体のバランス像は、つかめると思います。そのうえで、中のループの間の寸法を、16.??mmにするのか?15.??mmにするのか?
あるいは、15mmを切るのか? ハートとの間の寸法をどうするのか?より良い音がでるようにすると良いのではと思います。足のくびれをどうするか?
ループ間の距離は、きわめて反応の良いヴァイオリンでは、広めが良く、16.5mm~17.?mmなど・・・
重いひっかりのボーイングのヴァイオリンは、狭まい・・15.5mm以下が良いようです。
クレモナの名器は、ボーイングのひっかりは、重そうに強いのですが、決してボーイングが鈍くはなく、一瞬の動作で、弾く抜くことが可能です。




※Cremonakuga violino Ponticello

d0040395_030810.jpg


G線サイドバックビュー
d0040395_0295858.jpg

フロントビュー
d0040395_0291375.jpg



E線サイドフロントビュー
d0040395_0293098.jpg

E線サイドバックビュー
d0040395_0293948.jpg


これらは、形状の一例で、どれが一番良いかは、好みになりますが、間違いなく、言える事は、バック面は、完全な平面ではなく、センターラインでは、わずかにラウンドさせ、駒トップで、0.5mm~1mm弱中へ、
全面は、それより少し多くラウンドさせた方が、駒が反らずに、結果良いようです。背面をあまりラウンドさせると音質がクリアーさを無くします。
駒が反らないのであれば、完全な平面で良いのですが!

しかし、駒の両サイドのラインは、駒足から、駒トップまで、直線に整えるほうが、音質がクリアーになるようです。
ヴァイオリンによっては、前面と両サイドに もう少し質量を残した方が、音質が豊かになる場合もありますので、駒の素材の密度によっても、ヴァイオリンによっても異なり、必ずこれが一番という事では、ありませんが、
Cremonakuga violinoの駒の基本的な駒は、現在はこのような形状にしています。
先日、ストラディヴァリの駒を作った時も、このタイプの駒をセットしました。
結果は、音質音量とも良好でした。

ここで、一般的な駒のプロポーションを・・・・・Cremonakugaの駒サイズではありません。ヴァイオリンにより総て異なるためです。

一般的には駒のトップの厚さは、1.38mm(1.2mm~1.4)
その下のハートの上で、2.4mm~2.7mm(2.3~2.5)
ハートとトップの中間は1.85mm(1.7mm~)
ハートの下ウエスト上部で3.6mm(3mm~)
駒の中央下部で4.1mm(4.0mm~4.2mm)
最下部足底部厚さ4.3mm(4.2~4.5mm)
駒の左右のループとハートの間は、5mmと6mmの間
ウエストは、ボーイング、軽く鳴るヴァイオリンでは、広く16.5mm~17.5mm
普通のヴァイオリンでは、15.5mmが基準値、デrケートな楽器では15mmを切るくらいが良い場合もあります。
左右の足の足首は、基準は、幅3.5mmと言われていますが、トレブルサイド4.0mm~4.2mm
バスサイド3.8~4.0mm
組み合わせ例 TR4.2 Bass4.0/TR4.0 Bass3.8
バスサイドを鳴り易くします。
E線を繊細に鳴らしたい場合、
TR3.8 Bass4.0など・・・・
足先の厚さは、1.0mm~1.2mm前後




d0040395_11292633.jpg

d0040395_11294434.jpg




サイズは、アバウト、目安です。


M-2に合わせる方法は、実際に試すと、正しいという実感が得られます。どこをどうタップして音を聞くか?一定の聞き方が出来るまで慣れが必要です。

駒は、そのヴァイオリンによって、異なり、オリジナル性が極めて高い。
駒で、音が全く変わります。
ヴァイオリンの本体の音は、付属品の駒と魂柱とそのセッティングで、左右されます。

d0040395_2245269.jpg

駒は、背面を通る線が、表板の下部の水平ラインに垂直になるようにします。一般的な位置関係角度になります。
余談ですが、
表板の下部の水平ラインは、その延長が、指板先端中央とナットの接点付近に来ます。
そこよりポイントが下なら、ネック角度がきついでしょう、またポイントが上なら角度が緩いはずです。

最初から表板のアーチが高いとか低いとか、、駒が高い場合低い場合は、ポイントが上or
下になる場合もあり得ます。

普通のヴァイオリンを組み上げる時、ポイントと水平ラインを合うようにします。




駒は、弦の圧力に耐える形、背面がまっ平であれば、反り易いので反ったら振動の伝達にロスが出ます。音が悪くならない程度かすかにカーブさせます。質量が多く、丈夫過ぎると、内部の伝達は同じくロスが出ます、ループとループの間も楽器に合わず広過ぎるとパフォーマンスが落ちます。楽器に合わず狭すぎるとヘナヘナになります。ハートとループの間が広過ぎると音質が美しくなくなり、狭すぎると、パフォーマンスが落ち音質以上に弱さが出ます。駒の先端の厚さも楽器に合わず薄すぎると、弱い音や、鋭い音、ストレスな音になります。低い駒で薄いとキーキー耳にきます。先端が広過ぎると、キラキラした倍音が消え、低音楽器の域に感じます。楽器に合わせ ほどほどに余裕をもって形、厚さを整える事が大事と常々考えています。チェロが好きな方が作るヴァイオリンの駒は、おうおうにして先端が厚いのを見かる気がします。最後に駒足面と表板がピタリと合っていないと良い音は出ません。<br>






ホームページトップへ


Cremonakuga violino



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-31 16:11 | ♪♪ Vnの音と付属品 | Trackback | Comments(0)

ヴィオラ顎当てを製作中! No.3

久我ヴァイオリン工房

ヴィオラ用の顎当てを作る・・・No.3

顎に、馴染むような気がしますが、フィッティングしてみないと実感は、湧きませんが・・・・
さあ~?????

フォルムは、良いようです。
心配は、顎にビリビリ低音が響き、苦痛にならないかは、少し心配です。

あまり、薄くすると、そういう結果になります。厚めにはしていますが????

もう一度、直ぐに、同じものを作り替える気はしません。

なるべく綺麗に見えるように撮りました。節は仕方ありません。個性ー味ということで・・・
d0040395_14132483.jpg
d0040395_14135016.jpg

d0040395_1414926.jpg
盆栽でも眺めるようです。
d0040395_14142659.jpg
裏側の景色もなかなか滑らかで心地よいと思います。手前の裏の端のアール好きです。
d0040395_1414457.jpg
d0040395_1415944.jpg
d0040395_14153069.jpg
d0040395_14155022.jpg
ハマグリではなく、さざえのように見えませんか?
d0040395_14161128.jpg
d0040395_1416311.jpg

これで、ストラディヴァリの木印を作ろう!フルコピー用に・・・こういうのは、特に楽しいです。
d0040395_14165150.jpg





ホームページへ
Cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-31 14:25 | ♪♪ Vnの音と付属品 | Trackback | Comments(0)

ヴィオラ顎当てを製作する No2

久我ヴァイオリン工房

ヴィオラ用の顎当てを製作しています。

柘植は、きめが細かく、印鑑などにも使われます。
・・・・・・が、しかし、ノミで彫りやすい一面、滑り易く、
ノミが切れないと、危険!
小さなもので、固定できると良いのですが、丸っこく、手も滑り易く、
手で持ったままする作業は、要注意が必要です。
粗削りは、ノミを、小槌で、トントンしながら削ります。
その時は、bancoに、固定し、少しずつ進行します。
木目がが細かいとは言っても、年輪や、向きで、割れます。
不用意な、力任せの作業は、思いもよらない失敗になりそうです。
少しずつ形が浮き上がってくるような・・・・
18歳の時のことを思いだしています。
まだ未加工でハンコ用の小判型の柘植を、彫ってハンコを作りました。
気を良くして、友人やら、いろいろ趣味のように彫った・・・記憶が新鮮!

木の塊から、形が浮き上がってくるような・・・・・・・・
彫刻しているような感覚になっています。
d0040395_1526369.jpg
d0040395_15265773.jpg
d0040395_15272070.jpg

節は、愛きょうです。個性の逸品です。
d0040395_15274114.jpg
裏側も粗削りをします。
d0040395_1528730.jpg
d0040395_15282734.jpg
d0040395_15284932.jpg






ホームページヘ
Cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-30 15:36 | Trackback | Comments(0)

ヴィオラの顎当てを製作する! No.1

久我ヴァイオリン工房

ヴィオラ用の顎当てを製作する・・・・・・415mmのヴィオラ用です。テールピースをまたがないタイプです。
d0040395_1814555.jpg

御蔵島の柘植を使い、一つしかないヴィオラ用に、一つしかない顎当てを作る。
なんと贅沢な!
・・・・とも自分でも思ってしまいます。

しかし、顎が当たるアールの感触を探りながら、視覚的なイメージを、ただただ形にします。自分の顎を当てながら、ナチュラルな感触を探りながら・・・・美しい顎当てをめざし!今まで、自分が具合良い顎当ては、みなさん具合良いようなので、自分基準でOKではと思う。
少々、節があったりして、芸術的の仕上がると良いのですが・・・・・そして、使う人の顎に合うかわ未知ですが、


ホーメページヘ

Cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-29 18:15 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン楓材を切る!ノコで!

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリン材の中で裏になる楓材から、横板材を切り取る。
相変わらずの、ここは苦労の力仕事です。

このノコと、和ノコを使ってカットします。通常、ヴァイオリンは、裏板と同じ、横板を使いますが、
音響を考えると、横板を裏が、柔らかい場合、横板は、それより強い横板を使う場合があります。
見た目と違って、必ずしも音に同じ方が良いということではありません。
今回は、それで、相当悩みましたが、同じ素材を使うことにしました。
しかし、いつもこの段階は、参ります。なんども休み休み進行します。
木くずの帆ホコリも多いため、あまり吸い込まないように、空中に舞う状態をみて、途中で中止しながら、落ち着いたら再開します。マスクをするとメガネが曇り、メガネを外すと見えません・・・ウーム?????まぎれみない、正真正銘65才・・・・体力増強=スイミング再開しよう!   まあ piano・・・  piano・・・・・・ piano・・・・・
d0040395_17451342.jpg

d0040395_17422876.jpg

d0040395_1743627.jpg


なお、このヴァイオリンは、販売用ではありません。





ホームページはこちらから
Cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-29 18:05 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

オペラ・ガラコンサートへ

久我ヴァイオリン工房
今日は、オペラ・ガラ コンサートへ行ってきました。
G.ヴェルディ生誕200年記念

ただただ、心地よく、人間の美しい歌声の響きを堪能してきました。
友人が、出演しました。

沢山の歌手の歌声に、幸せな気持ちになって、良いとこ取りのコンサート。
ガラコンも良いものですね!
解説つきで、勉強になりました。



椿姫の事は、以前にも聞いたことがありましたが、

  ヴェルディーのオペラ「椿姫」は、そう呼ぶのは日本だけだそうです。「トラヴィアータ」と言いますが。
原作のアレクサンドル・デュマ・フィスの「椿を抱く女」(La Dame aux camellias1848年」。この原作の印象が強いためか、文豪、森鴎外がドイツ留学中、『今宵オペラ[椿姫」を観た』と文章に遺したいまだに全世界で日本だけが、「椿姫」と呼んでいるそうです。主人公はヴィオレッタですから、「すみれ姫」ならまだ、良いもですがと、解説にはあります。

・・・・・・そういえばそうだった!


d0040395_23582441.jpg


やはり、私は、テノールとソプラノが好きなようです。





ホームページトップへ
Cremonakuga
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-28 00:00 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン駒の焼印

久我ヴァイオリン工房

新しい焼印

今までの焼印は、[KAZUO KUGA]は、クレモナのお店で作っていただいたものです。
新しいのは、[Cremonakuga]という焼印にしました。 これは日本製です。
控えめに、小さめな文字にしました。
d0040395_13241317.jpg
ちょっと温度高めでしたね!
d0040395_14493693.jpg

d0040395_13243422.jpg

d0040395_13245413.jpg

d0040395_13251582.jpg

有り駒のダメ駒で、試してみました!
d0040395_13253673.jpg

d0040395_13255622.jpg

d0040395_13261971.jpg

柄の金具が大きいので、指に触れないように気を付けないといけません。
d0040395_13263687.jpg

真鍮の台が肉厚なので、熱するのに少し時間がかかるようですが、保温は長いかも?シャフトもずいぶんしっかりしています。 台は、角を少し落としましたが、少しこのままで使ってみよう!
d0040395_13265444.jpg






ホームページトップヘ

cremonakuga



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-25 13:37 | ♪♪ Vnの音と付属品 | Trackback | Comments(2)

ヴァイオリン材平面を出す

久我ヴァイオリン工房
裏板の平面出し・・・

一部分のみ凹んでいて、そこ以外を削り平面にするのは、大変です。
もう少しです。
丁度ヴァイウオリンのアウトラインを外れていたりすると、そのままに出来ますが、
そうもいきません・・・・・・・

まあ、もう少しです。

とても美しいボスニアンメープルの1枚板です。 表板は、北イタリア・ヴァルディ フィエメのアベーテロッソ1995年の木材を使います。 マスキオ材ではありませんが、マスキオ状態になっているとても細かい年輪です。

メープルは、上部が虎杢が広い変形タイプです。
d0040395_149746.jpg

鉛筆の指すところ・・・・・
d0040395_23351517.jpg

d0040395_23353941.jpg

とてもきれいなボスニア材です。
d0040395_2336247.jpg

ここが、問題個所・・・なんて、まあ、とりたてて問題でもないんですが!
d0040395_23362394.jpg

結構汗ダク~!
エッサ! エッサ! ・・・・・・

どんな音を出してくれるか、楽しみです。
作業は、健康的です・・・・・・・・・・




ホーメページトップへ
cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-20 23:42 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン製作開始!

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリン製作開始!
モデルは、アントニオ・ストラディヴァリ1709年
Viotti-No2
このヴァイオリン、販売用ではありません!

このヴァイオリンは、完全アンティーク仕様を考えています。
完全・・と言いたい・・・視覚的にステージで、まったく新作に見えないように、
音を聞いても、新作に聞こえない・・・
至近距離でも、間違える・・・をトライします。
コンサートで、演奏家が音楽作りに専念できるを、目指します。
見た目だけ、ストラfディヴァリではなく、・・・を
今までの、積み重ね、集積の最新技術で、新たに挑戦します。

・・・・・ちょ・・・ちょ・・・っと格好つけすぎかもしれませんが、
即戦力と行きたいですね!

フォルマーG・・・・表・裏の向きがあります。
d0040395_1973297.jpg

実際は1709ではありますが、1715の要素を加味したいと思っています。
具体的には、未定ですが、1709途中の段階で、手加減し音響的に調節します。

まずは、横板を作らないといけませんが、既製の板は使えませんので、裏板からとります。
そのため、裏板を、どうフォルマを置くか?決めないと、進みません。
・・・・そのためには、まず、平面を出さないことには始まらない・・・ということです。
つまり、肉体作業ということになります。
大きなカンナで、エッコラ、エッコラ・・・・
平面が出たら、裏板を斜めにカットし、そこから横板用の板を調達します。

・・・・この辺で、夕食に・・・景気つけに・・イタリアンへ行こう!
d0040395_1975568.jpg

d0040395_1981725.jpg

d0040395_1983589.jpg

cane,一つでカーネ  cani 複数でカーニ・・・犬の意味ですが、大工道具で固定金具をさします。
d0040395_1985578.jpg

cani・・・banco(バンコ=作業台の四角い穴にセットされていて、必要に応じ移動できます。
見えませんが、腕も背もない椅子、ヴァイオリン作りが座る椅子、丸椅子などをsgabello=ズガベッロと言います。
banco&sgabello は対になっています。(椅子の総称は、sedile/背が有って、腕がないsedia,安楽椅子poltrona,ソッファdivano,余談でした!)
d0040395_1991493.jpg

d0040395_1993544.jpg

d0040395_199547.jpg

d0040395_19101330.jpg


ヴィオラも一段落し、ヴァイオリンを!



ホームページトップヘ
cremonakuga




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-20 19:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴィオラその音は!

久我ヴァイオリン工房

ヴィオラ・・・その音は????
d0040395_2313566.jpg

箱は、魂柱も立ててあります。
駒を、3個ためします。

ひとつは、普通とでも言ったら良いのでしょうか・・・それはキープ!


ストラディヴァリのヴィオラに使われている駒は、足のクビレはそんなに太くないようです。

私のヴァイオリンの場合、高音は、相対的に少し太目、低音は少し細めが良いようです。
あくまで、私が作るヴァイオリンで、それもストラディヴァリモデルに限ります。

そこで、考えます。科学的な、何かが有るわけではありませんが、
高音特性は、板の硬さ、厚さが必要です。
低音は、薄さで、柔らかさが出ます。
ヴァイオリンは、E~G、ヴィオラは、A~C、音域がズレます。

箱の作りから、板の厚さから、総合的に考えますと、駒も・・・・
高音は、E線が無い分、ヴァイオリン比率よりクビレは狭いほうが良いと考えます。
低音は、ヴァイオリンのGより、Cの部分は、より狭い方が良いと考えます。

弦からの強さは別に音域から考えると、高音は、ヴァイオリンE線域はいらない。しかし、C線域が必要です。
その振動を妨げず、効果的にするには、・・・

いくつも、いくつも駒を試せば良いのでしょうけれども・・・・
考えと同じか?試す!
ヴァイオリンで4.2~4.0で0.2mmの差をつけています。
(それが適当かは分かりませんが)

ヴァイオリンとヴィオラの駒の幅を比較します。
41.5mm:46mm=1mm:1.11mmとなります。

駒の幅からの厚さ予想
1:1.11=4.2mm:46.66mm

ちょっと薄い!?裏板が5.7mmと厚い分!


例えば、A~Cのヴァイオリンが有ったとしましょう???ヴァイオリンサイズのヴィオラが???なんだかわけが分からなくなりますが・・・で、A~Cとしましょう???
そこで・・・高音の駒足クビレは4.2mmではなく、4.1mmとしましょう!

低音側を4.0mmから3.8mmとしましょう。
(ヴィオラは低音楽器のため)

・・・・・そこから、
ヴィオラ高音サイド駒足クビレ、は・・・
4.1mm×1.111=4.5551mm

低音サイド
3.8mm×1.111=4.2218mm

駒、高音サイド足クビレ・・・・4.5mm
駒上部1.3mm・・・特にA線部分は1.25mmにし、

駒底部厚さ4.9mm、駒足クビレ4.2mmにしました。


音色など、結果は、良いようです。
音がバリバリ鳴る感じは、勿論ありませんが、滑らかで、しかし倍音はある。
A線のハイポジションでの音色は良さそうです。
ヴィオラソロ演奏で、ヴァイオリン・ストラディヴァリのよにE線の美しさが、ヴィオラA線で表現されると素晴らしい!・・・・・と思います。


これらは、あくまで、私のヴィオラの為のトライです。

これらのことから、

裏板のモードは?特にM-2の組んだ状態ので、位置=うらいた中心下部の音程は?
ここが駒の下部のタップトーンに近くします。

表板は、同じく、組んだ時の位置=M-2、テーピース脇と駒トップのタップトーン。
表板が、薄ければ駒トップは薄くなり、裏板が厚ければ駒下部は厚くなる。
・・・・・・・と思います。

合っていると、近いと良いような気がします。


とてもデリケートな表板は、駒も、おおざっぱでは、音色が出ないようです。
パリっとした音から、駒で、滑らかな繊細な美しさが音に出てきたようです。


ヴィオラはヴァイオリンと音域がズレルため、良い音のヴィオラを作るには、ヴァイオリンより、相対的に薄さが必要です。特に表板にくらべ、裏板は!
そして渕周りの厚さなど・・・・
強いアーチ、バスバー、F字孔などなど・・・・
薄いという事は、ある意味、弱いという事になりますから、弦の力を分散する重要な部分は反対に厚さが必要になるようです。

もう一つヴィオラは、単純にヴァイオリンにC線を足し、E線を取って、大きくしただけではなく、別な種類の音であると思います。

ヴァイオリンばかり作る私の感覚とプロのヴィオラ奏者の感覚は、大きく違います。
特に最近思う事は、
何人かのプロヴィオラ奏者の好みで、
A線は、ラーセンが良い!・・・と何人かに言われました。
全部エヴァピラッチで、音のつながりも自然で、私は良いと思いましたが、
ラーセンの替え・・・やはり私には、今ひとつに思う!・・・・・が

このヴィオラは、先生の好みで、弦のリクエストは、
Aはラーセン、Cは、スピロコアmediumをセットしました。

良いようです。

ただ、あまりヴィオラばかり作ると、ヴァイオリンの音感がズレるような気がします。
ソプラノ楽器の感覚は、高音をいかに出すか
ヴィオラは、Aの他、ヴァイオリンに比べると、低音が鳴るように・・
チェロになると、もっと低音にシフトします。

製作は、頭、感覚を完全に切り替えないと、それぞれ良いものは作れないような気がします。




ホームページトップへ
Cremonakuga




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-12 23:02 | ♪♪音の謎♪♪♯♭ | Comments(0)