<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ストラディヴァリモデル製作中

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

Antonio Stradivari 'Marie Hall-Viotti' 1709
横板を削り始めました。
d0040395_1635775.jpg

d0040395_1642686.jpg

比較した別な横板
d0040395_1644012.jpg

ニールセン35.5cmのカンナ
d0040395_1645231.jpg

d0040395_165318.jpg

d0040395_16516100.jpg

レコードの小型カンナ

d0040395_1654567.jpg

刃は、日本カンナと同じ仕様の鋼が付いた日本製・・・切れ味が持続します。(SAMURAI)
d0040395_165563.jpg

年輪が、少し幅が広いため、厚さをどうしようか思案しながらの作業です。
最終着地をどうするか????
年輪自体は、あまり濃くなく、太くもないが、その間隔が少し広い。ほかのにしても良いのですが、
裏と同じ素材にこだわりたい。
いろいろ試す中で、0.1~0.2mm以内で厚くしたほうが良さそうです。


ほかの種類の板を同じ形にし、指で擦り、その響きで、厚さの修正を調べます。この方法が一番確かです。

その結果
つまり、1.2mmから1.3mmくらいで良さそうです。

一般的な厚さは、1.2mmで
何時もは、普通の素材で1mm強で作るため いつもの感覚からは1.2mmは、少し厚め、一般的な厚さより少し薄めといった感じでしょうか???

このへは、結果音に反映されるので、とても難しいので、いつも悩みぬいて決めます。


横板の音響への役割は・・・・

厚いと、音の通りが鈍くなる。半面、音質に張りが出る。 硬くなる。表板、裏板が薄い楽器の場合、その音質の弱さをカバーすることが出来る。 ライニングは、必要以上に、大きな物で音の通りを邪魔しないよう、比較的華奢な物をつけなければならないと考えます。

薄いと、音の通りが良くなるが、音質が、柔らかくなる=張りが減る。通常サイズのライニングをしっかり付けることが大切になります。

横板が高いと、・・・・・板自体が弱くなり、音の通りが鈍くなり、音質に張りが少なくなり、結果柔らかくなる。また内部空間が増えるので高音も柔らかくなる。うまく使うと音質を弱くではなく、柔らかくできる。

横板が、低いと、・・・音の通りが速くなり、低い分、板が強くなるため、張りが増す。特に高音特性が良くなる。一般的にはシャープな音質になる。低音を鳴りやすく設計することで、レスポンスが良い楽器になるが、普通に作ると、 音質に深味が不足気味になりがち!


行きすぎると、思った音質にならないが、うまくコントロールすると、思ったような音質へ向かうように出来る。
その為には、ラインニングや、表・裏板の淵の形状が大きく関係するので、トータルで行わなければならない。


つまり材質が、その都度異なるので、基本の厚さから、プラスか、マイナスか???が大切となってきます。
そのため、ライニングの材質・種類も大切な要素になります。

どんな楽器を目指すのか?・・・で厚さを決めなければなりません。

どんな材料でも、ストラドモデル、ガルネリモデル、総て同じライニングで、横板厚さ1.2mmでは、思ったような音質へは導けません

言うのは簡単、行うのはいつでも難しいです・・・結果を 少しでも予想に近くするには、表板、裏板の厚さの変化と一緒に横板の厚さは、とても重要です。 そえはいつも勉強です。


久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-08-31 16:11 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(2)

ヴァイオリン工房付近のイタリアン

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房近くのイタリアン・・・・
今夜は久しぶりに伺った・・・カフェ・コンチェルトさん
、ビチを片手に、散歩を兼ねながら歩いた。

歩いて、少し熱い・・・・まずは冷たい お水を・・・今日は写真を忘れないようにしよう!
d0040395_21354657.jpg



サービスの 美味しいおつまみ・・・しかし今日は、飲めない!(肩痛~!)
d0040395_2136135.jpg

しかし、腕の良さが、凝縮されています。 とても美味しいです。

サラダ

d0040395_21362754.jpg



サーモンとルッコラのクリームパスタ
d0040395_21364579.jpg

クリームパスタ、疲れた胃に油っぽいかな?選択を間違えたかなあ??と思いまいしたが、・・・さっぱりしていて、とても美味しかった。 食欲も促進されました。


右から、クレーム???、ブラッドオレンジのシャーベット、カラメルのムース??
d0040395_2142349.jpg



いつもの味が楽しめます。 楽しみのドルチェ
d0040395_21365319.jpg



ちょうど良い硬さだった 美味しい さくっ!
d0040395_21371062.jpg



口当たりが、なんともいえない美味しさです。
d0040395_21371785.jpg



エスプレッソ・コーヒー・・・・・家では、飲めない本物のエスプレッソ!ほっとします。
d0040395_21401882.jpg


・・・生き返った気持ちで、満足・満足・・・・・・・

・・・帰り道は、ずいぶん涼しくなってきました。歩いて帰る・・・・・・・



久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房


cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-08-26 22:07 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房の青い空、白い雲

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

ヴァイオリン工房の空の雲は、飽きることがありません。暑い日差しに、下を向いて暑い、暑いと歩きながら
時折、空を見上げると、雲の変化がひときわ面白い。
d0040395_18161815.jpg

d0040395_18161533.jpg

d0040395_18165556.jpg

みんみんセミ! 羽を震わして ミンミ~ン セミの合唱も耳を澄ませるといろいろな種類のセミを聞けます。
d0040395_18164846.jpg

d0040395_18172379.jpg

市役所にて
d0040395_18171914.jpg

d0040395_18175961.jpg

d0040395_1817529.jpg

d0040395_18182712.jpg

昼間の月です
d0040395_18181737.jpg

d0040395_1819525.jpg

d0040395_18185457.jpg

d0040395_18192871.jpg

by cremonakuga | 2012-08-26 12:50 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)

ひまわりの黄色がまぶしい・・・

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

ヴァイオリン工房の近く、街歩き・・・花など注意しながら歩く・・・・
黄色がまぶしい~


ひまわり

人影はワ・タ・シです
d0040395_01889.jpg

d0040395_01345.jpg

何時もの飛行ルート・・・・
d0040395_013322.jpg

by cremonakuga | 2012-08-25 00:03 | Trackback | Comments(0)

cremonakugaヴァイオリン工房の空

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violinio

ヴァイオリン工房の空は、雲は白く、空は青く抜けています。
朝から暑い~
雲は、良く見ると・・いろいろな形に見えてきます。
地図に見えたり、漫画のキャラクターに見えたり・・・
顔、動物に見えたり・・・飽きませんが、この厚さでは空を見るのは辛いです。
d0040395_11102138.jpg

d0040395_11103460.jpg

d0040395_11104690.jpg

d0040395_11105674.jpg

d0040395_1111932.jpg

d0040395_11112170.jpg

d0040395_11113127.jpg


これは今月20日の夕方の空ですが、気味が悪い雲です。地震雲の一つではないのか??と心配になります。東の空です。

d0040395_11115531.jpg
空が燃えているようです。美しさを通り越し 私には怖い空です。
d0040395_11121162.jpg


別な方向の空は暗くなってきました。

d0040395_11122428.jpg


d0040395_11123531.jpg

夜空に浮かぶ航空機、多分成田空港へ着陸するはずです? このコースはひっきりなしに飛んでいます。
d0040395_11125170.jpg



久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-08-24 11:23 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)

街歩き

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

暑いまいにち・・・雲ひとつ無い空
d0040395_16533447.jpg


d0040395_165465.jpg

d0040395_16542673.jpg

d0040395_16544276.jpg

d0040395_16545849.jpg


これはミンミンゼミかはあ~?
d0040395_16551293.jpg
d0040395_16552598.jpg
d0040395_16553987.jpg
d0040395_16555427.jpg
d0040395_1656852.jpg
d0040395_16562197.jpg

アブラ蝉かしら???
d0040395_1656343.jpg
d0040395_16564666.jpg

by cremonakuga | 2012-08-22 16:59 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの音

cremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房

魂柱=ANIMA
d0040395_16504875.jpg

魂柱について考える。
いろいろ魂柱を削るうちに、その楽器にあった材料は????と考えます。
(Bのが良い。)
d0040395_16492225.jpg


ヴァイオリンは、生かすも殺すも、駒の材質と整形、、魂柱の材質と太さ長さ、弦の組み合わせ、それらを楽器に一番合った状態にするセッティングすること、またテールピース、ペッグの材質などで、結果は雲泥の差がでます。

ヴァイオリンを作り始めた頃を思い出すと、それほどでない楽器にオリーヴの弦、オーベルトのデラックスの駒、中でも きわめて良いもの、そして魂柱の山が出来るほど、これでもか~!っと、いろいろ試しました。

特に駒の削り方、魂柱の材質で、大きく音色が変化したので、最初は、楽器が、どうこうより付属品の重要性からスタートした。

今、あらためて魂柱について、楽器の音をより良くフィックスさせるには・・・と思う。

いろいろな魂柱を試すと、6.2mmくらいの中に、太い年輪が端から端までで、5本から7本はいっているのが好きです。

何人かの友人は、異口同音 12本くらいと習ったと聞いた。
細い年輪が12本くらいは、同じような結果では、ありますが、E線の音の太さと、切れ味が違うように感じます。
12本の良い点は、魂柱の面が均一になる。接地面にムラがあったとしてもリスクが少ない。

12本の合計と、6本の合計の違い同じような効果は感じられます。

太いのが6本くらいで、隙間がある場合は、感覚的に高音特性は良いのが分かる。

実際に試すと、後者は、特にE線は、音の太く切れ味が良い。 低音は、どうかと言うと、本数多いほうが良い気もします。

マスキオ材の魂柱も使いますが、やはり年輪は、なるべく太いほうが音が良いことが分かります。
また、これは私感ですが、通常、年輪は、断面で真っ直ぐですが、沢山曲がっている方が、細い年輪でも量が多くなり太さをカバーすると思われる。使い方では、硬い部分を使える。
かつては、断面が真っ直ぐなのが良いと思い、マスキオのは捨てていました。 しかし、良い材料は、曲がっていても、良い結果を得られる。上から下へは、まっすぐでないといけないのは同じですが・・・
右側が一番良いと思われる。
d0040395_16493343.jpg

普通の年輪のと、マスキオのと比べて、どちらが良いか?楽器によって違うと思いますが、
だれが聞いても良いと感じるのは、シンプルなやはり年輪が太く、5~7本くらいが良いように思います、今は、そのほうが好きです。

12年から35年くらいの材料を使っていますが、以前いただいたバスバー材を良く見ると、年輪が均一の間隔ではないのですが、使えなくもないことが分かり、試してみました。

頂いた方に聞いたところ、昭和一桁の時代以前のものと判明しました。つまり、私の年齢に20年以上プラス・・・80年以上。多分ドイツ材???
d0040395_16525050.jpg


実際に使った感想は、音がクリアーで華やかさが出ます。音の太さは、年輪の不均一さと、年輪の太さの差から、少し不満足です。しかし それを差し引いても、プラス要素なことが分かります。
中では右側が一番良い。
d0040395_16525626.jpg


私の楽器には
つまり、年輪がしっかり太く、5~7本入って、古い材料であれば、思ったような結果で、良いことが分かります。

私の楽器には、太く、沢山入ったもの8~9本以上は、音量は出るが、高音の音質には不満が出る。

魂柱材は、大切です。

d0040395_16533344.jpg

左側80年くらいの材料
d0040395_16571853.jpg

d0040395_16535748.jpg

d0040395_1654689.jpg

d0040395_16541727.jpg


まあ・・・好き好きなんでしょうけれども。 新作楽器には、そんなに古い魂柱でなくても10年以上で、年輪が太く均一で、楽器に合わせて密度が選べれば良いと思います。
by cremonakuga | 2012-08-17 16:37 | Trackback | Comments(0)

お盆の房総

cremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房

お米が、ネギが・・・
お寺

暑い房総です。
汗・汗・汗・・・
d0040395_23513991.jpg
d0040395_23515093.jpg
d0040395_23515970.jpg

d0040395_23541142.jpg

by cremonakuga | 2012-08-16 23:52 | Trackback | Comments(0)

毎日暑い~です。

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

駅前の空を仰ぎ・・・・・雲がなんと美しいこと
昨日ですが、アップの写真は、絞り失敗!もっと絞るとよかった・・・
駅前の信号待ちは、空が抜けていた。青空のぽっかり白い雲の塊。
酷暑日に比べると、少し涼しい、でも暑い。
d0040395_18541110.jpg

d0040395_18543321.jpg

熱中症対策・・・水分補給・・・???スウエット!
by cremonakuga | 2012-08-04 19:00 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)