<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サクランボのRossa? La ciliegia

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

サクランボの季節!  Cherry    Ciliega


山形の佐藤錦・・・・・日本でつくられた品種だそうで、砂糖のように甘く、佐藤さんが作られたので、
佐藤錦という・・・・と昨日TVで言っていましたが!全国の佐藤錦は、現存する原木を接ぎ木して広がったそうです・・・また、実についている枝???というのか?そこが太いのが新鮮だとのこと、だんだん細くなるそうです。収穫から5日くらいまでが一番美味しいんだそうで、収穫時 雨が当たると果実が割れるのだとか、なんともデリケートですね!一塊から、大きく日当たりが良い果実3本くらいにし、あとは間引くそうです。
陽を沢山当たるようにし、雨は、ビニールカバーで防ぎ 手で収穫するそうです。高いのはしかたがない、一粒300円くらいのは、千疋屋さんあたりで買えそうです。

ウ~ム・・・・そうだったのか・・・



美なんとも赤が、みずみずしく美しい! Le ciliegie
d0040395_13575842.jpg





撮影一口メモ・・・・サクランボが赤いので、対比として、シンプルな真っ白なお皿を使用しました。主題が果実なので、お皿の面積は少なく配置し、バックが白いと少し自動で絞りが絞られるので、標準より少し絞りを開けめにします。果実の枝をなるべくバランス良くし、みずみずしさを演出するため、食べる前の水洗いした しずくをそのまま水滴が分かるように、なるべく自然光で、ナチュラルに見えるようにしました。・・・ということで、簡単そうな1枚の写真も、何枚も角度を変えて撮ったうちの1枚で、いろいろ考えています。 まだまだ無駄な部分があり、少しそういうところを残すことで、温かさが残ります。広告などにつかう、シズル感を出すといいます。すぐに食べたくなるような写真を言います。なかなか難しいんですけれど!

久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-25 14:03 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(2)

梅雨の合間にニス作り!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino
梅雨の合間に、九十九里浜へ、ニスを作りに行きました。
田んぼには、白鷺らしき大きな鳥が、沢山います。
きっと、餌がたくさん取れるのでしょう!

順光
d0040395_22584146.jpg

逆光
d0040395_2259273.jpg

順光
d0040395_22591768.jpg

d0040395_231142.jpg

d0040395_231195.jpg

しばらくぶりの実家は、庭が草だらけになっていた。全開来たときは庭師が入って、綺麗だったが、植物の生長は本当に早いです。ここは、九十九里浜、海岸から、数百メートル、防砂林、防風林が、枯れて見通しが良く、地震の時は、逃げるしかない場所です。
松林が、津波の時、かなり速さを抑えたらしいですが、もう枯れて無いので、東海、関東、房総沖の地震では、10mとのニュースが有りましたが、近くで起きたら、逃げられるか?どうかという怖い場所になってしまいました。

別荘地で、のどかなところですが、3.11の後、土地を売って、すぐに逃げた方も多いようです。裏の500坪の別荘も居なくなった!


庭にて!
d0040395_231406.jpg

この季節は、火傷のいやな記憶がよみがえります。長袖、フード、手袋、マスク・・・
1g単位の量りを忘れました・・・・・しかたなく、目と、感覚で作ることにした。そのために・・・
いつもの倍の時間がかかってしまいましたが、良い樹脂が作れました。

やはり、市販のコロフォニウムと自家製樹脂は、だいぶ違います。
市販のは、どうも松の種類が大きく違うようです。自家製のは、イタリアの画材用のヴェネチアンテレピン松脂は、まず、匂いが違う。 自家製のは、本当に良い匂いがします。色も美しい。市販のは、どう美しくなく、嫌いです。
cremonakugaのは綺麗な深紅の松脂です。。

d0040395_0193531.jpg


この写真は、クレモナの最上階の中庭で、樹脂製作中! 当時も怖かったが、今も緊張し、防護措置をしています。怖い!


d0040395_0203070.jpg

風が吹く日で、晴れの日の屋外でしかできません。そして、隣接した家屋もむり、風は、煙を拡散させ、引火と、火を噴く危険を 少しは避けます。風が、無いと、引火する確率が高くなり危険です。本当は、電磁ヒーターも使えるので そちらの方が、まだましなのですが、慣れでこれを使用。電磁ヒーターでも、限界の熱さを超えると火柱のような引火をします。

無事終了・・・・・


こちらの写真は、懐かしい、イタリアクレモナのアパートの部屋の中庭で!最上階なので、煙も見られず、しかし、ドアは締め切っても、建てつけが悪いせいか、部屋中が、煙の臭いで大変なことになりました。200Vのカバー付きヒター(2005年10月),ニクロム線は、表側のみカバーされていて、裏からは、むき出し・・・怖かった。
d0040395_1353660.jpg


絶対住宅街ではできない!臭いので、苦情になるし、吸引すると良くない、また火傷、火災、など危険極まりない。
今も毎回 どうしようか考えます。





久我ヴァイオリン工房ホームページTOPへは、こちらから

cremonakuga violino



久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-24 23:00 | Trackback | Comments(4)

Affogato!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房製アッフォガートです。

      Affogato(形・過文)溺れた。水死した、息詰まる。(名・男-affogato女・-affogata) 溺死者、水死人・・・


Affogare(他)・・・私がは、io affògo / が溺死させる。(酒などで)うさをはらす。(真実を)やみに葬る。窒息させる。破滅させる。料理で、(特に卵を)湯におとす。(音や色をより強い音や色で)かき消す。溺れ死ぬ。水死する。息詰まる。胸苦しくなる。入水自殺する。(仕事などに)没頭する。
息が詰まる。など・・・

恐ろしい意味合いの言葉ですが・・・・


d0040395_13543092.jpg



気が向いて、ちょこっと作ってみました。
豆を弾いて、アイスクリームに、エスプレッソコーヒーを!
アッフォガートってこれで良かったんだろうか?

エスプレソコーヒーにアイスクリームが溺れる状態!?

エスプレッスコーヒーにアイスを落とすのか?アイスにエスプレッスコーヒーをかけるのか?

コーヒー屋さんのエスプレッソ豆は、ローストが強く、好みではないので、
いろいろ工夫してみています。ドリップ用の豆とブレンドしたり、
まあ、こんなもんでしょうか?
美味しいアイスクリームが無かったため、コーヒーにアイスクリームが負けています。
不思議に、アイスクリームの質が際立ちます。


しかし・・・・・・・・
このアイスクリームの場合、単独で食べたほうが美味しいようです。
どちらも美味しくないと、2倍以上の美味しさにはならないようです・・・不思議!





久我ヴァイオリン工房ホームページTOPへはこちらから

cremonakuga violino





久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房

cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-21 14:16 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

クレモナニス色素ヴァージョン(ストラディヴァリニス)

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

色素のクレモナニス・・・ Vernice Cremonese con colorante.
ストラディヴァリニス

クレモナニスのいろいろな色調を再現するには、終わりがないようです。
その時代時代で、使われ方が、変化しているような気がします。
昔も、注文のお客の好みなどでも違うかもしれない。

PCモニター下側から見るとオレンジっぽく見えます。PCの光源は、青を引き立てるようで、
正面から見ると、実際より赤紫系にみえます。目ではオレンジに見えます。
d0040395_21543037.jpg






現在、オリジナルを見ると、ニスが剥離した、下地を見ると、総て同じ下地を施したのだろうか?と考えさせられる。

日進月歩、日日変化努力の結果の変化だろうか?

今、色素は、300年前の色素を抽出し、黒っぽい赤(紫系)、赤紫、など再現した。
一昨日作った色素は、オレンジっぽい赤、オレンジを作ったはずですが、実際に、練って塗らないと、実際の色は、分からない。

写真は、電球の光を透過させてみた色再現と、白いお皿をバックに色を見た写真です。
実際は、下地に木の色が存在し、光源の反射光なので、同じ色にはならない。

鮮やかなオレンジではなく、黒っぽいオレンジで、その上に茶色っぽい赤のニスでカバーする。

木片で、テストしないと分からないが、ストラドのオレンジ系か、デルジェズに使いそうです。

想定では、まったく本物と同じ色調に再現される予定です。300年の変色黄ばみは、無い状態でですが・・・

しかし、ここで終わりということが無いようです。
何歳になっても 日々精進あるのみ・・・・・・







久我ヴァイオリン工房ホームページTOPへは、こちらから

cremonakuga violino





久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房


cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-20 22:01 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(2)

リモンチェッロ

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino


写真講座・・・ディフュージョンフィルター・・・紗を使う。
被写体が適当かは別にして!
八千代中央のcaffe concertoさんで、リモンチェッロをいただいた。
美味しそうです・・・三角錐のような形が美しい。

写真の効果はどうかと思いますが、
リモンチェッロを美人に そして内面を表現してみました
紗をかけてみました。

明るいイメージは、白い紗や、ハリウッドのフォッグフィルターを

暗い、うつろなイメージは、内面表現には、この黒いシルクオーガンジー紗を使います。
d0040395_2173520.jpg

d0040395_2181677.jpg

d0040395_2185448.jpg

d0040395_2193530.jpg




白い紗では・・・ふわっとした柔らかなイメージが表現できます。
d0040395_21345663.jpg




パープルの紗では・・・
d0040395_21362100.jpg




映画で使う、ハリウッド製フォッグフィルターでは・・・自然に霧がかかったように写ります。
d0040395_21512612.jpg

d0040395_21381651.jpg



ノーフィルターでは・・・
d0040395_21554430.jpg

d0040395_21573970.jpg

物は、特別な意図が無い場合は、自然が一番美味しそうですね!


人物は、より効果的に表現できるフィルターです。手製フィルターの紗は、洋服用のシルクオーガンジーを使います。 デジカメでは、色調を自動調整されて、差がはっきり出ないようです!

モチーフが、リモンチェッロなので ピントこないですね!



ホームページTOPへは、こちらから
cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-13 22:05 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

スカイツリー!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

スカイツリーを浅草から見物する。
今日は東京へ出かける用事があり、浅草まで足を延ばし、観光客となった。
d0040395_203187.jpg

d0040395_2035697.jpg

人通りがずいぶんにぎやかです。なかなか自然な絵で好きです。
d0040395_12184884.jpg

こちらも、人の動きがあって、こういう演出がなく、自然な写真が好きです。

d0040395_12203989.jpg



d0040395_12273839.jpg


d0040395_12275334.jpg


d0040395_209344.jpg

d0040395_20101810.jpg

先端のアンテナというのでしょうか???
d0040395_20214191.jpg

引いた位置から交差点を超えて!バスの横面に軍配が!絵としては面白い・・・
d0040395_20164335.jpg

横断歩道を渡りながら・・・・
d0040395_20172981.jpg

隅田川の屋形船・・・何度か経験しましたが、記憶は、てんぷらをいただいたのですが、確かハゼのてんぷらが、美味しかったような???かすかな記憶が???確かハゼ??ハゼのてんぷらは絶品です。
d0040395_20181360.jpg

これもスカイツリー? 浅草の交差点の神谷バーのデンキブランです。デンキブランは冷やしてチビチビ、ビールを水代わりに飲む!
d0040395_20293572.jpg

いいえ!自分へのお土産でした。
d0040395_20301558.jpg

d0040395_2030291.jpg




ホームページTOPへはこちらからcremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-06-08 20:26 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)