<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

忘年会は銀座!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuhga violino

毎年忘年会が、あります。
35年前???確か・・・・

一緒にスペイン旅行した4人が、集まります。
銀座界隈のスペイン料理店・・・・
今回はビードロ

銀座コアビル地下

なかなか美味しかった・・・

残念ながらデジカメ、中身のデータを抜いたまま忘れました・・・・・ので携帯で!

しかし食べ物も撮るのを忘れた!話が弾み・・・・

で、日本橋の高島屋のウインドーを!

クリスマスです。
d0040395_18243976.jpg

d0040395_18245687.jpg

by cremonakuga | 2011-12-22 18:25 | Trackback | Comments(0)

日本茶を・・・

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

屋久島でとれた日本茶を味わった
d0040395_23571379.jpg

 ヴァイオリンとは何も関係ないようですが、関係があったのです???

娘から屋久島お土産をもらったが、大事にしまっておいた??ような気がしましたが、

いやですね。。。。???どこへしまったか???

せっかくのお土産が見つからず、間違って何かと一緒に処分したかもと・・・??思ってあきらめていたとき、

ヴァイオリンケースを開けたら発見!

なんでこんなところへ???

ちょっと傾いています!
d0040395_23573932.jpg

何でも屋久島のゆたかな自然の中で、有機栽培による一品・・・・

屋久島の自然を思い浮かべながらいただくと、いっそう美味しい。
d0040395_23575679.jpg

d0040395_23581544.jpg



by cremonakuga | 2011-12-21 23:59 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

九十九里浜 No2

ヴァイオリン作り人

九十九里浜へ
d0040395_133442.jpg

d0040395_135311.jpg

国民宿舎
d0040395_141130.jpg

d0040395_143255.jpg

d0040395_145182.jpg

d0040395_154013.jpg

d0040395_16758.jpg

d0040395_162760.jpg

d0040395_164599.jpg

すすき
d0040395_17469.jpg

d0040395_172374.jpg

by cremonakuga | 2011-12-20 01:08 | Trackback | Comments(0)

九十久里浜へ

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino
九十九里へ・・・・1
東金から九十九里へ抜ける有料道路 200円
良い天気で、とても気持ちが良い・・・・・
d0040395_057320.jpg

タイヤを おnewに交換し、ハンドルが軽い・・軽すぎます。
d0040395_0573491.jpg

d0040395_0582744.jpg

d0040395_0584575.jpg

by cremonakuga | 2011-12-20 00:57 | Trackback | Comments(0)

久我ヴァイオリン工房の夜空は


久我ヴァイオリン工房の夜空の皆既月食は????
リアルタイムで!
11時前から・・・・・


久我ヴァイオリン工房夜空・10時40分
d0040395_23215453.jpg

11時13分
d0040395_23223486.jpg

d0040395_2323067.jpg

d0040395_2323201.jpg

d0040395_23234166.jpg




11時14分
d0040395_23235949.jpg

d0040395_23242360.jpg




久我ヴァイオリン工房夜空・11時26分
d0040395_232745100.jpg

d0040395_23275754.jpg

by cremonakuga | 2011-12-10 23:24 | Trackback | Comments(2)

 ヴァイオリン製作用に木賊を加工する



ヴァイオリン製作に使う木賊を加工する・・・・

1週間以上前に雑誌の間にはさみ、円筒状の木賊をつぶし平になるように

重しを載せてあったが、沢山一度にしたため、水分が良く飛ばなかったようです。

中途半端につぶれた感じ・・・

もう一度新しい雑誌で、数日間加工したほうがよさそうです。
d0040395_1354181.jpg

木賊平らな面(久我ヴァイオリン工房産)
d0040395_13593363.jpg


私の場合は、最後に両端をカットし、角を取り、使います・・・角がキズの要因にもなります。
薄い面から見ると(久我ヴァイオリン工房産)
d0040395_1402739.jpg

d0040395_1404552.jpg


木賊でも木材の表面は細かいキズはできますが、表面の気孔をつぶさずに、また、砂が無いために、表面がつぶれずに、綺麗に仕上がります。一回目にニスが適度に染み込み易くなると考えます。
気が遠くなるくらいに、のんびりやらないと進みませんが!

by cremonakuga | 2011-12-09 14:08 | Trackback | Comments(0)

この実なんだろう???


この実何の木だろう????(久我ヴァイオリン工房産)南天の実のようです!
d0040395_1625248.jpg

d0040395_16245395.jpg

やっと庭の樹木など・・・・残りを剪定できた???
いつもこの木は、成長が早く、困りますが、綺麗な真っ赤な実がたくさん
これには、とげがないので、一安心
40L袋4つでも足りない・・・・結構疲れて、また明日と思いきや、雨が降ってきました。
指は、凍りそうに冷たいです。


by cremonakuga | 2011-12-06 16:26 | Trackback | Comments(0)

日射しのスポット!

久我ヴァイオリン工房


日射しのスポットが樹木の紅葉の葉を・・・
きらきらと青い空に浮かぶ
月と一緒に・・・・
d0040395_18125270.jpg

d0040395_18132917.jpg

d0040395_18135224.jpg


by cremonakuga | 2011-12-05 18:14 | Trackback | Comments(0)

ワイナリーからブドウの枝が・・ヴァイオリン・ニスの役割についても疑問は



ストラディヴァリニスの再現に使う秘策

微妙な色再現に使ってみます。

ブドウの枝が工房に届きました。

山形酒井ワイナリーさんに、お願いし、剪定の忙しい中、ブドウの枝を分けていただきました。
d0040395_21413580.jpg

d0040395_21415598.jpg


いろいろ試しましたが、成分の珪酸カリウムをずいぶん含んでいるようで、燃えにくい!
色の為には、黒い灰を、黒いニスとして使えなくはない、良い方法ではないかと思う!
しかし、生木は、なかなか燃えないので、しばらく放置することにします。

黒は赤と混ぜると紫色になる。ストラドの赤の紫系は、違う。単独で使える。

しかし、現在は、あまり必要ではないことが分かった。

板の強化としては、使いたくない。珪酸カリウムは、水ガラスだから、だいぶ昔し 使い、あまり良い結果はなかった記憶があるからです、現在は、ヴァイオリンの強化は、形状、と厚さ、ニスの塗り方で強化をしています。。。。。

ブドウの灰は、黒く、黒いニスを作る時に使えます。大昔のレシピにも存在します。 ストラディヴァリが使ったかは不明ですが!? たぶん使っていないと思うんですが、
赤が乾いた上から黒を塗ると、赤が濁らず濃くなる。これを私はサングラス効果と呼んでいます。薄いニスで濃く見せる便利な使い方です。絵画的のは、下の色が透けるように上に色を上せるのをグラッシュと言った記憶が!???

追記)2013年現在、未使用です。実際に、水ガラスとして使われたと思っていないことと、ニスに炭素、墨の粉など使われた形跡がないため、あくまで、本物志向です。何かに使うことがきっとあるでしょう!



追記)2014・・ヴァイオリンのニスについて思う事・・・ヴァイオリンは、ニスで音が良くなるとか・・・ニスは関係ないとか・・・名器はニスは良いからとか・・・丁寧に20回塗っていますとか・・3回で終わりにしますとか・・・ストラディヴァリは、当時普通のニスで、音に関係なかったとか・・・ヴァイオリンのニスについては、誰もが、何が本当なのか?・・また製作している人も、特に若い製作者などは、混乱する事でしょう・・・

そこで、ニスが音にどう関係するかを、分かる限りで書いてみます。
ニスの役割・・・
1・・・楽器の保護、(打突、摩耗、湿気、温度)
2・・・楽器をより美しくする。
3・・・白木の木部を、すこしですが、ニスが補強する。
4・・・ヴァイオリンニスには、大きくは、アルコールニスとオイルニスがあり、含まれる樹脂や溶剤で音質がすこし~大きく変化する。
主にこれらが知られています。
しかし、楽器のニスに関して、種類が違っても、共通することは、その硬さは、硬すぎない事、完全に乾く事、、内容物の音響的な振動を、妨げないか?振動の伝達が良いか?その楽器に対して、厚過ぎないか?です。

ニスで音が良くなる場合・・・・ニスが硬くない、楽器に対し、厚くない。中に含まれる樹脂が、音の振動に良い。たまたま木が、薄過ぎた部分にニスを厚く塗った時、つまり楽器の本来に、音響的振動を妨げず、良い方に働く場合。

名器はニスが良いとか・・・・クレモナ名器は、表板は、アベ^-テロッソですが、松脂=樹脂が一番少ない時期に伐採し使います。松脂が少なく、しかし年輪部分に、少量の脂が残り、それが強さ、音響に良く、脂が無いビアンコより、向いています。
すこしは有ったほうが良く、カラマツ・・アベーテロッソ・・赤樅と言われる木に含まれる樹脂=松脂か、同じ種類の樹脂を使い、つまり相性の良い樹脂を使い、混ぜるオイルで柔らかくし、使っています。板が薄い名器では、柔らかく、相性が良いニスを少し染み込ませ、見えない内部にニスを塗ったのと同じにしています。外側のニスが取れても、実際は、ニスがまだ効果を発揮し、音があまり劣化しないという事です。そういうニスは1700年代、最後のクレモナ名器と言われるストリオーニが、そういわれ、失われたニスで、名器が現れないと言われています。まあ、そういう事ですが、ニスは、関係ありますが、根本的な作りに意味が大きいと思います。

丁寧に20回塗っています・・・剥がれやすい、単一樹脂に近いクレモナニスに対し、丈夫なアルコールニスが生まれ、樹脂は、コーパル、ベンゾエ、サンダラック、ゴンマラッカ、ジネプロ、エレミ、マスティックなどを硬くならにようにブレンドし、アルコールに溶解し、色素を溶かしたアルコールと混ぜ、薄い色から濃い入りへ順に極薄く塗り重ね、その過程で、磨き、表面を滑らかにしながら塗る。そのため、20回くらい塗って、やっと、ニスの厚さが整い、完成します。アルコールニスでは、数回では終われません。20回塗っても硬くないため、音の振動を阻害しません。しかしながら、いろいろな樹脂の関係で、松脂の樹脂とは、少し音の香りが違います。
ブドウの枝には、楽器の補強にための、自然の珪酸カリウムがあるようですが、薬品の水ガラスを何回も塗ると、音は悪くなります。

3回で終わります・・・オイルニスは、主に樹脂にリンシードオイルを混ぜます。リンシードオイルは完全に固まると、硬く、回数が多いと、振動を妨げます。そのため、振動を考えると」数回が限度です。あまり多く重ね塗ると、音質が鈍くなります。数回で済ませるため、オイルニスでは、色を付ける時、刷毛を使わず、指や、手の平で、薄く塗り込め、見た目も完成度を高めつつ、ニスを少なく仕上げます。回数を少なく塗りながら色をむらなく塗るには、擦り込むなどしないと出来ません。それでも、少し厚いと、音質は鈍くなりがちです。


ストラディヴァリは当時普通のニスで、音に関係無かった・・・は、ニス自体、樹脂自体、ごくありふれていますが、アベーテロッソと相性が良く、音の振動の伝達に良い樹脂を、柔らかく塗ってあったので、本来に白木をヴァイオリンを内部から補強し、振動を、最大限邪魔せず、振動を素直に伝達させた・・・つまり関係無いのですが、大いに関係したと言えます。樹脂、オイルで感じる音質は違います。

まとめますと、振動に良い樹脂を、何で溶かすかで、塗る回数を制限され、薄い板の楽器は、それだけニスが厚ければ影響が多く、厚い楽器であればニスの影響は少ない。樹脂の音の振動の伝達が良いか、悪いか、・・・をどう楽器に合わせて作り塗るか?という事です。

ちなみに、リンシードオイルは、固まるよ、ゴム質のような、あまり音の伝達には良くありません。リンシ-ドオイルから作るリノキシンは、アルコールニスが割れにくく、エラスティック性を高めるのに使う場合があります。ごく少量を使うべきで、多用は、家具のように丈夫で保存性には良いのですが、音質には 少なからず良くないと思います。

なんとなく、整理がつけられたのでは???ヴァイオリンのニス・・とは・・思います。



by cremonakuga | 2011-12-01 21:42 | ◆クレモナニスの美 | Trackback | Comments(4)

自家栽培の木賊を収穫


久我ヴァイオリン工房のサンドペーパー
木賊も、時期で感触が大きく違うような気がします。
必要な時期に、必要な量だけ取って、乾燥し、使っていますが、
d0040395_1424639.jpg

(既成のサンドペーパーも工程上、使いますが、スクレーパーで処理し木賊は、最終処理に使います。なるべく表面に砂などが入らないように、また、表面をつぶさないように!

理想的なのは、スクレーパー  ⇒  トクサで処理と思います。

今の時期は、肉が厚く、しっかりしていて、節で、なかなか切れない。
抜くと、根っこから抜けてしまう。




いつもは、簡単に節で折れ、また中には水を沢山蓄えていたりします。

d0040395_144314.jpg



雑誌の間にはさみ、板で重りを載せて平になるように、つぶします。 1~2週間くらいかけて、!乾燥します。
d0040395_1442242.jpg


今の時期は、中には水ははいっておらず、もしかすると、使い良いかもしれない。
一旦煮出してからなど、する方法もあるようですが、
簡単な方法で処理しています。


by cremonakuga | 2011-12-01 14:17 | Trackback | Comments(0)