<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バスバーを接着する。(2017追記)Catèna

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

ヴァイオリンを作る!

catèna=bass bar バスバーを接着しました。

長さは、268mmにしました。
いつもより2mm短くしました。
ボディーの長さが、352mmで、小さい分 比率で!短くしました。

仮止め・・・
d0040395_21541058.jpg

d0040395_21543975.jpg

d0040395_21551527.jpg


ニカワで接着!
d0040395_2155426.jpg

正確な位置に、ぴたりと、接着するため、ガイドをつけます。
面倒なようですが、そうすることで、ミスなく、その方が効率良く、時間も短縮できます。
横に見えるのは、ànimaの部分に、カエデを貼った箇所です。結果、0.2mmの厚さのカエデを貼ったことになります。


追記) 新作でもオールドヴァイオリン仕様の場合は、バスバーにはテンションをかけない方が自然な音になります。
    新作でも テンション必ず付ける必要は無いと思います。その場合は、華奢にならなおように気をつけています。
高さ12mmだったら11.5mmにならないようにしています。また 駒でも弦の角度がきつくならないよう気を付けます。
バスバー交換の時もテンションはかけません。音が変わってしまいます。なんでもかんでもテンションではないようです!

by cremonakuga | 2011-03-31 21:56 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(1)

del Gesù 音色をどうするか?

名器のコピーについては、
私は、これほど労力を使う楽しい仕事はないと思います。




今回使った木材は、そのままの厚さで作ると、実際と、離れてしまいます。
実物のOLeBullの年輪がある部分で、細かで、使う木材が、広いと、そこを+0.05mmから0.5mm厚くします。
デル・ジェスの本より
d0040395_22502086.jpg



Kuga Ole Bull 年輪との差を、、実際より薄くしたり、厚くしたりし、オリジナルに近づけます
d0040395_2250482.jpg




こtれは、OleBullの表板は、左右で年輪の幅が異なるからです。

また、駒G線側 脇OleBullは、実際が細かく、使う木材は、広い
そこは、厚くします。

そうやって、全体を細かく修整します。
そうする事で、全体のバランスが近くなっていくと考えます。


そうすることで、コピーの意味が有ると私は、考えます。
by cremonakuga | 2011-03-27 22:58 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

板の裏側を削り厚さをだす。

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

ヴァイオリンを作る!

表板・裏板の厚さ出しをしています。

この作業で、音を決める。決まるので、とても大切です。

高音をどうするか?、低音をどうするか?
また、その音の強さや,音質をどう プロデュースするか
この段階で決まってしまう。

仕上げ前の、ヴァイオリン渓谷!

d0040395_10294430.jpg

アーチ面は…
d0040395_1174711.jpg

d0040395_1163994.jpg


まだザクザク 削っています。
d0040395_10302940.jpg



d0040395_11103630.jpg




Effe は
d0040395_11114998.jpg

by cremonakuga | 2011-03-27 10:38 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(1)

表・裏板を、離れて見る。

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

表板・裏板を、客観的に比較してみる。

離れた距離から見て、バランスを比較してみる。
d0040395_10561382.jpg

サイズは殆ど同じであるが、少し長さに比べると、ワイドですが、
長さに比べると幅の方が、少しだけ短い。
少し大きく見えますが、白木で膨張色なので、そう見えます。
d0040395_12582164.jpg

0.5mmくらい幅が広い。
長さは。、大方、352mm。

F孔を切る時気が付いたが、特に上の小さな目の脇が、極めて狭く見える。
実物を見た時、そこまで見なかったが、本の写真を良く見ると、
F孔は、中の暗い部分に、F孔に黒く墨が入っていて、その墨が、特に狭く見せている。
表面と、中の部分の幅は、部分的に違い、表面より、幅が広いことが分かる。

今回は、f孔は、表面の見える部分より中を広くした。
表面のまま、真直ぐに切ると、とても貧弱に見える、また弱くなる。
ヴァイオリン製作者は、多分、皆断面をスパっと、切りたくなるが、そこは、こらえて、、
実際の幅と見える幅を違えて、実物に近くした。

コーナー先端は、実物は、細くなっているが、まだ、幅は広くしてある。
ここは、箱になってから、バランスを見ながら細くしようと思います。

実際のOle Bull は、F孔は、下の目の脇のウイングの片方の先端が、下がっています。
左右まったく違います。
F孔のアウトラインの高低の流れとの関係からは、おかしくない…が、
やはり、左右大きく違う。
そそこは、少しだけ同じようにしてみた。

もしどなたか、、このヴァイオリンを見ることが合った場合、
F孔が、おかしい、下手だ!…とは言わないで欲しい。
コピーなので、実物に、近くしてあるのですから!



右のF孔の下 外側のラインが狭く、修整をする。
左のF孔の、同じく下、ウイングの幅見かけ上の寸法が、広いので、修整する。
両方のF孔 上の目の回りを修整する。

一応、ある程度修整したのが、これです。

d0040395_12585814.jpg

今朝も大きな地震があった!
by cremonakuga | 2011-03-23 10:56 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(2)

さて、これは何でしょう???

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

さて、これは何でしょう???
ペットボトルです。
中は、水が入っています。
勿論、飲むことも出来ます。
横にするより立てるほうが、効果が良いようです。


d0040395_22332293.jpg

d0040395_2234897.jpg

d0040395_22343931.jpg

d0040395_2235124.jpg




正解は・・・・
久我ヴァイオリン工房の地震計。
未だに、地震の余震があり、
身体が、いつも揺れているようか感じです。

そこで、本当に揺れているのか、そうでないのか、
これを見ると、良く分かります。
TVの地震速報と連動します。
地震速報が無い場合でも、揺れが、分かります。
各部屋に設置してあります。
by cremonakuga | 2011-03-21 22:38 | Trackback | Comments(0)

del Gesu 1744 Ole Bull

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

横板、表面に、ライニングを仮に入れました。
ライニングが、何時もより幅が厚いので、曲げるのが大変です。

ピンボケした。
d0040395_229263.jpg


裏板の内側を削りはじめる・・・・
by cremonakuga | 2011-03-21 22:11 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

del Gesu1744

Cremonakuga violino
 Caffe o Te


 Piano Piano
スクロール=テスタは、ほぼ雰囲気は出来あがった。
少しだけ、雰囲気を入れて、こ綺麗に仕上げようと思うと、
どこまで、やるか難しい。
ある程度同じ雰囲気を心がけた。

d0040395_23402349.jpg

d0040395_23412629.jpg

あとは、ペッグボックスの中を掘るのは、後にしよう!


次ぎは、表板面のライニングを、曲げる。
表板面の横板のライニングも、同じ表板から切ったアベーテロッソを使いますが、年輪の幅は、総て同じ幅ではありません。
d0040395_2342489.jpg

d0040395_23423328.jpg

d0040395_23435831.jpg

d0040395_23464024.jpg

by cremonakuga | 2011-03-20 23:47 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(2)

Piano piano いこう!

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

昨夜も大きな地震があったが、だんだん近くでおきています!
工房ではなく、家で一番安全そうな場所で作業しています。
テスタの雰囲気を大切にしながら、まとめていきます。
ここまでのテスタは、好き嫌いがあるかも知れませんが、
フォルミを良く観察すると、私には、とても美しく感じられます。
完全なコピーではありませんが、雰囲気は、再現できていると思います。
鋭き角は、ペーパーで、柔らかくします。

d0040395_0533426.jpg

d0040395_0552052.jpg

d0040395_0555425.jpg

d0040395_0562494.jpg


d0040395_0571648.jpg

d0040395_0574036.jpg

d0040395_058639.jpg


d0040395_1111418.jpg

d0040395_1114941.jpg

by cremonakuga | 2011-03-20 01:19 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

日々、少しずつ

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

少しずつの仕事…
今日は、テスタにペッグの穴を開け、
渦巻きに入った。
d0040395_20115381.jpg

ペッグボックスの横の面から、渦巻きに進みます。
del Gesu 1744 Ole Bullは…・・
実際は、このようなカーヴになっています。
雰囲気は、一応再現しようと思います。
平面ではありません。
d0040395_20123191.jpg

d0040395_2012591.jpg

by cremonakuga | 2011-03-18 20:13 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

del Gesu モデル

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te


ヴァイオリン作りも、ラジオ聞きながらです。
d0040395_073558.jpg

6年くらい前に買った、安物の小型ラジオ
FM,AM,TVを聞く事が出来る。
緊急地震通報に常に注意が必要です。
6年くらい前に、朝晩、電車の中で、NHKラジオイタリア語 を聞いてイタリア語を
毎日勉強するために買った。
こんな時に役に立つとは思わなかった。
今、近所のガソリンスタンドは、品切れだ!

乾電池は、どこへ行っても売りきれ!
何年も前のストックが2本あった! 良かった使える。
電池無くなったら、ラジオも懐中電灯も まったく意味をなさない。
コンビニにも おにぎり、お弁当、パンが売っていない。
スパーでは、お米が売り切れていた。

私は、現在、日常は、健康食の玄米+麦なので、売れ残っていた。Grazie!
コンビニで、ちょっと聞いてみたら、品物は1日3回入るが、直に売れてしまうらしい。

被災地で食べ物など、不自由しないようになって欲しい。
食べないと、厳しい寒さには耐えられない。
燃料の1滴が人の命で深刻だ。

今日は、揺れの後、テスタ=スクロールを切りぬいた。
今日は、計画停電がお昼過ぎからあった……
天井の電灯は、ダウンライト6個、シャンデリアタイプ6個で もし全部使うと合計12個を、アンペア少ない省エネタイプ消費電力15W(60W相当)1個だけにした。
エアコンは、ほとんどつけず、石油ヒーターはしまった。
現在13度C 足が寒い!
ちょっと暖房をつけようか…・???
天井の電気1個で15W
あと、小型14インチTV
つまり…・・
冷蔵庫、TV、電灯1個、電話のみ
厚着し、毛布を膝にかけ、電力節約がんばろう!
今 どきっとする地震が2回あった!

del Gesu 1744のテスタ…今日の作業!
d0040395_081542.jpg

地震に気をとられ、ペッグ穴先に開けなかった!
by cremonakuga | 2011-03-18 00:08 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)