<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パールマンさんを聞きました。

cremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房
Caffe o Te

久我ヴァイオリン工房の定例勉強会!?


(プログラムより)


…・・つまり、コンサートを楽しむこと&楽器についても音についてしっかり聞きます…会です。
友人の製作者A氏と、ご一緒した。
場所は、赤坂サントリーホール、やはりチケットは高い というより高価という気持ち。
パールンさんは、前回は、ご病気で来日できず、チケットはキャンセルになってしまった。
もう10ぶり位かもしれません。
今回は、久々にサントリーホール会員の優先予約でチケットが取れた。
今まで殆どとれたことが無かった。
S席15,000円のところを特典は、5%off,の14,250円

席は、1階5列13…舞台に向って左側ブロックで前から5列、通路から3っつ目、
丁度F孔がぎりぎり こちらを向く位置で、そのためダイレクトな音は薄れます。
中央の前の席は、あっという間に埋ってしまった。

d0040395_15374868.jpg

d0040395_15382371.jpg

(プログラムより)


今回の目的は、ストラディヴァリの 『 Soil 』 の生の音質を聞くことです。
Soilは、1714年製で、FormaGという木の型を使って作られています。
ほかに、1715年Cremonese、1715 Cessoleもそうです。


ステージには、ピアノそして、ピアニスト用の椅子、楽譜をめくるお嬢さんの椅子がありました。
そして譜面台?????
パールマンさんの椅子が無い?
心配していると、格好良い電動車椅子(車輪は小さく、ハンドルがついている)で、ス~とかなりのスピードでおちゃめに登場!
シートは回転し、そのまま演奏が始まった。
終わると、また、笑顔で挨拶しながら、ス~とスピードを上げ、楽屋の扉前で、スピードダウンし引っ込む!
ピアニスト、&譜面のお嬢さん達は、送れて戻ろうとするが、もう既に楽屋に戻ってそまっていて、なんとも面白い!


Soilは、
最初音量は小さく聞こえましたが、楽器が鳴り出したことと、聞く私達の方も集中してきて、
生の音が良く聞けました。
いつもは、2階の後ろの席で聞くので、耳をすまして、一点を集中し耳をパラボラアンテナのようにします、
音は小さいですが、それでも満足して聞いていました。

今回もパールマンさんの演奏は、やはり とても良かった。
演奏・音質 素晴らしかった。やはり、あの温かな人柄、そして今回も、ヴァイオリンが身体の一部ではないかと思ってしまう。
音量が小さいと言っている方がいらっしゃるようですが、確かにそういう面もありますが、それよりも音質が素晴らしいと思いました。
多分弾いている方は、かなりのジー、ジヤー、とうるさいくらいに心地よく良い音がしているのではないかと想像します。

メニューインさんが気に入って弾いていたことも納得できるような気がします。
高音も素晴らしかった!
本当に満足できました。
製作意欲が高まります。

私同様、髪が、だいぶ白くなった!お互いに 年月が沢山過ぎていた・・・・・・

Piano…・Rohan de Silva

ProgramA
モーツアルト・ソナタ第32番へ長調 K.376
ベートーヴェン・ソナタ第9番イ長調 作品47『クロイツェル』
ブラームス・『F.A.E.ソナタ』のためのスケルツォ ハ短調 Wo02
シューマン・ヴァイオリンとピアノのための幻想小曲集作品73
ヴァイオリン名曲集…クライスラー、パッチーニ、ブラームスほか

今回、近くで生の音色を聞くことで、Soilの厚さが、どうなっているかの想像した。、
高音・低音のバランス、高音部の音質、低音部のボリューム感、また弓の速さ、強さを見ながら
そこから発生する音の出方などが参考になります。



cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2010-10-22 15:44 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

湯河原 ・真鶴へコンサートを聞きに!

cremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房
Caffe o Te

ヴァイオリン工房長(私)は、コンサート聞きに真鶴へ行ってきました。
家から、2時間ちょっと、新宿へ行く時間と同じくらいですが、移動する遠くなせいか、
けっこう疲れました。

湯河原 ・檜チャリティ コンサートホール
真鶴

アルバート・ロトさん(ピアノ)&沼田園子さん(ヴァイオリン)のデュオです。
d0040395_2235895.jpg

とても緻密で深い表現く、そしてのびのびした、清々しい美しく心に響く音楽でした。
このくらいしか、言い表せませんが!
d0040395_2244211.jpg

d0040395_2253649.jpg

d0040395_2255737.jpg


曲目
J ・S Bach…… Sonata for Violin snd Cembalo No.2BWV in A
E・ Grieg …… Sonata for Violin snd Piano No.2 Op.13 in G

F ・Chopin……・・ Ballade No.1 Gminor OP.23
C・ Franck……・ Sonata for Violin and Piano in A

主に国内産の檜と漆喰で作られたホールで、アレルギーの人でも心地よく音楽がきけ、檜の香りがして、
美味しい空気で身体に心地よい空間です。
ロビーの窓からは、広大な海が見え、驚きの絶景です。
d0040395_229098.jpg


では、時間の流れで・・・・

d0040395_22134738.jpg

d0040395_22142417.jpg

もう日本の景色電線なんとかして~!
d0040395_22152574.jpg

d0040395_22155645.jpg

シャッターチャンスを逃す!カメラの反応が遅い…海を撮ったはずなんですが!

d0040395_2217265.jpg

d0040395_22191821.jpg

失敗・・・でも綺麗
d0040395_22194514.jpg

d0040395_22204081.jpg

小田原から真鶴へ
d0040395_22211045.jpg

コンサートホール入り口
d0040395_22215766.jpg

d0040395_22231987.jpg

d0040395_22241027.jpg

d0040395_22244111.jpg

d0040395_22251430.jpg

ロビー窓から
d0040395_22254743.jpg

d0040395_22263442.jpg

立派な太い柱です
d0040395_22271450.jpg

d0040395_22281268.jpg

d0040395_2228376.jpg

d0040395_222923.jpg

d0040395_22301742.jpg


小田原駅新幹線ホームにて
d0040395_22315353.jpg

d0040395_22323336.jpg

d0040395_2233189.jpg


なんだかな~あ・・・・疲れて視界が色気があせてきました・・・・

cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
cremonakuga violino   cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino


久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房
久我Viola工房 久我ヴィオラ工房 久我Viola工房 久我ヴァイオリン工房 久我Viola工房
久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房 久我ヴァイオリン工房

☆オールド・クレモナの音の再現の取り組む工房
また、ストラディヴァリのニスを再現し クレモナニスを既に使っています。
by cremonakuga | 2010-10-03 22:40 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)