<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリン工房の近くを歩く!

d0040395_23453458.jpg

cremonakuga violino   久我ヴァイオリン工房 Caffe o Te                             久しぶりで 新川沿いを歩いた! 和な場所です。畑や、梨、牛も7〜8頭いた。もう少しすると、ここは桜でいっぱいになる。ここまでは 自転車で10分位!

自転車は、結構危険が多い。歩いていても、危ない。車を運転していても、ヒヤッとする事は 度々ある。
考えると、
いつも、前・後・左右、上、そして 下にも気を付け、危険を予測しながら居ないと!事故る。
新川は、何時も釣り人が たくさんいるけれど釣り上げている処は 今だに見たことが無い。
とても不思議! 私の時は、亀に邪魔されて、釣れなかった。 大きな鯉や鮒が釣れると聞くが???

久我ヴァイオリン工房              久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2010-01-31 23:45 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Comments(0)

ヴィオラの型をつくる・・・・・

cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房

Caffe o Te


ヴィオラの型を削る

d0040395_214597.jpg

ヴィオラの型を作るため、クルミ材は狂いをとるため、暫らく自然に変化をさせるため、stagionatoさせていた。
 だいぶ、板は、反っていて、変形した。
それを、平らにする作業をした。
元々の、カットが、木のあやうい場所であったため、
板目で、特に反り易い。

平らにしても、また反るに違いない?????
アアア~! 次に作る時、反っていたら修正すれば良い!反りにくい合板は、どうも味気ないので好みません。   合板= compensato.で良かったかしら?
完成した、型・・・・美しい!ではないでしょうか? NOCE=クルミ材で!
d0040395_19392796.jpg



チェロの音を聞くことを 始めました。
d0040395_2152774.jpg

Gaspar CassadoのCDを届けてもらった。
ゴフリラのチェロ?は、その厚さの変化を感じる音で、
そして、カサドの演奏表現に、合っている。
とても好きです!

製作者は、音楽を聞かずに、つい楽器の音を聞いてしまう、私だけだろうか?

悲しいかな、音楽を聞きながら、高音に行くと、あそこが…・と、低音になると、
あそこが、こうなっている楽器だな????
ニスの色は???

ゴフリラ?の音というより、勿論、カサドの音になっている。
カサドの音楽を聞き、楽器の音も聞く、意識して分けて聞いています。
作る前には、厚さを頭にイメージし、音を聞きます。
そうすると、厚さのイメージが、音で、修整されます。


サンサーンス   白鳥
チャイコフスキー   感傷的なワルツOP.51
ラヴェル   ハバネラ
フォーレ  夢のあとに
グラナドス 間奏曲 ~イェスカスより
リムスキーコルサコフ 熊蜂の飛行
グラナドス  アンダルシア
シューマン  トロイメライ
フォーレ  エレジー
1962年12月24日、飛行館スタジオ録音
ガスパール・カサドさん(チェロ)
原智恵子さん(PIANO)

そうこうしているうちに、待っていたイタリアから
注文のAquilaのガット弦が届いた!

d0040395_22145514.jpg


cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/
cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino


cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino


cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino



久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房

久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房
久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房
久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房  久我ヴィオラ工房

久我チェロ工房???? 
by cremonakuga | 2010-01-30 22:26 | Trackback | Comments(0)

新年 仕事始めは継ぎネック!

cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房

Caffe o Te

2010年 仕事始めは、継ぎネックを

1935年製のボヘミアのヴァイオリン


ネックが長く、指板を下げるのは、スクロール顎とに感覚で、音程が取れないとのことで、やむを得ず、ネック交換を選択しました。そもそも、継ネックの仕事は、お断りしましたが、楽器屋さんから、たってのお願いで、お受けしました。

指板132mmを130mmにするため、ネックを継ぎネックしました。
スクロールの顎の位置のバランスを、変えず、ボタンも削らず、

もともとのネックは虎杢が細かで綺麗でしたが、
新しいネックは横板に合っていて、
仕上がりが、全体として、より品がよくなりました。

非常に面白いヴァイオリンで、魂柱が、考えられない場所に立っていて、
これが良い音で良く鳴るんです。

なぜ?…が分かった時 納得!で…ありました。
オリジナルネック。
d0040395_20493728.jpg

オリジナルネック、黒檀の指板に割れがある。 見えないがTOPは、練習による深い溝が4本ある。また、ナット近くは、カーブがきつい。


d0040395_21401595.jpg



新しく継いだネックです。 割れは、0.3mmの厚さのノコで2回にわけて、割れ部分に溝を切り、同じ厚さの黒檀で埋めて直した。 オリジナルの指板でしたので、交換せずに丁寧に直しました。(写真は途中経過で、刷毛ムラ、濃淡などなど修整する)黒檀など、穴、溝など簡単な修理の充填剤もありますが、ナット付近特に敏感な場所、手間をかけても、同じ材料で埋めるのがベストです。指板も場所で、音程のいろいろな場所に影響します。指板ではありませんが、ネックのボディーに入ったエンド部分、ここにニスなど分厚く塗ると、その上の指板上の音程で問題が起きます、指板も、どこもかしこも音が流れています。

d0040395_2059767.jpg

d0040395_20553762.jpg


d0040395_20561425.jpg

ネックとスクロールの虎杢は、差異を感じますが・・・ボディーとは・・
d0040395_20565394.jpg


ネックとボディーは合うようです。
d0040395_210097.jpg


このヴァイオリンは、一度指板下がりで修理されていて、ネック元にクサビが入っていた。
指板は、下がらないように、接着時に、ボディー方向にクランプは使わず、10kgの加重をかけ10時間長い時間でしっかり接着した。 ネック下がりは無いはずですが、もし万が一1mm下がっても、問題無いように、セッティングした。

表板中央が3.8mmと厚いため、弦を1度角度を増やし、音量面でも、元もとの性能を引き出した。


お客様感想は、ネックが太く感じる(実際は、元より細い)とのことで、少し修正が必要でしたが、音は、良く鳴るようになったとのことでした。楽器の丈夫さ、板の厚さに比べ、弦の角度が基準より緩く、弦の能力が十分に発揮されていなかったようです。

結果が、満足されていて、良かったと思います。
しかし、継ネックを含め修理はしたくないです!


cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2010-01-26 21:10 | Trackback | Comments(0)

新年の抱負は・・・・・

cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房

Caffe o Te

2010年 新年の抱負は !?


今年は、まずヴィオラから作ります。
サイズは、41.5cmくらいの、ストラディヴァリウス1690
昨年より乾燥させていたクルミ材で、型からはじめます。

次ぎに、ヴァイオリン ストラディヴァリウス1709 Viotti を作ろうと考えています。
少し、サイズが小さくなりますが、今までの知りうるノウハウを駆使して、音色を再現してみようと考えています。
もしかすると、 近々実物を手にとって拝見できるかもしれません


Matteo Gofriller1693 il violoncello
d0040395_20292580.jpg


2011年はチェロを考えています。その資料を集める作業を今年1年をかけて行なおうと考えています。
候補は、ゴフリラ、or ストラディヴァリ、
これらも実際の名器の音を聞き、それらを、手にとって、タップしたり、分からない部分の厚さを計ったりし、
ゴフリラが何をしようと考えていたかを理解してからと考えています。
まずは、カサドの演奏CDを、聞くことから準備スタートします。

チェロをストラディヴァリで作ると、カルテットにできるので、それも良いとも考えています。
2011年は、300年前の どちらかの製作者になりきって、その気持ちで製作します。
今年は、ストラディヴァリ年 になりそうです。
忠実に、音を再現するように努力したい。

cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2010-01-26 20:19 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房付近の散歩

d0040395_16233736.jpg

Crmonakuga violino久我ヴァイオリン工房・・・・・今のお天気は、 空は!?
by cremonakuga | 2010-01-22 16:23 | Comments(0)

ヴァイオリン工房付近の散歩

d0040395_14535749.jpg

Cremonakuga violino    久我ヴァイオリン工房 近くには、まだ畑がある。道の駅には、千葉の名産の他、各地の野菜などかなり お安く販売されている。 16号脇とあって、レストランまであった。トラックドライバーの休憩所らしく トラックが沢山停まっている。
写真とは 関係ありませんが、・・・!
今日は、また、すこし寒くなった
by cremonakuga | 2010-01-22 14:53 | Comments(0)

ヴァイオリン工房の春のパスタ

cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房

Caffe o Te

ヴァイオリン工房の春のパスタは????

菜の花のパスタを作りました。
ブロッコリーにも見えますが 菜の花です。

d0040395_16524023.jpg


毎回、作って、食べて、!?

あ!忘れた! またアサリも入れれば良かったと…・

…・・と思いつつ食べる菜の花のパスタ!

ペペロンチーノも入って、美味しい。


まだ とても寒いのですが、もう春を感じます。

季節の食べ物は、なにか元気になります。

食材に季節感がなくなってしまった昨今

自分で季節感を創造して楽しむのも必要ではないでしょうか!?


cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/
cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2010-01-15 16:55 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ニューイヤーコンサートへ

cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房

Caffe o Te


ニュー・イヤー・コンサート2010
水戸芸術館
水戸室内の演奏!
『音の詩人 ショパンとシューマンを訪ねて』
d0040395_0312641.jpg

d0040395_0323652.jpg

水戸は、久しぶりの訪問になりました。
常磐自動車道で、うっかり水戸を通過してしまった!
早く家を出過ぎたため、休み休み行ったのが、失敗の元だった。
休憩所ごとに、見物した…・それが失敗であった。時間の感覚がなくなってしまったようだ。
水戸を過ぎて、おまけに、ETC専用の道へ入ってしまった!
そこで、教えていただき、出ずにまた、本線へ戻り、次ぎの那珂出口へ下り、

訳を話すし、戻り方を案内してくれた。
高速を降りずに戻ることが出来た…・勿論、逆走ではない。
が…・後で知人に聞くと、夜は、本当の逆走が、多いそうだ!
実際に、前から車が来たことを経験しているとのこと…恐い!恐い!

コンサートは
いつもお世話になっていて、今回も、楽しくも、貴重な勉強ができました。

名器の音を、沢山聞けて、私にとっては、至福の時間でした。

芸術館に行くと、何時も行く、美味しい、おそばやさん、とんかつやさん、一杯お世話になるお店があります。
野菜てんぷらそばは、美味しかった!
水戸は、2年前が最後でした。
ステージマネージャーのマーちゃんにもお会いでき良かった!
いつも、年賀状で、『水戸で会いましょう』が合言葉でなっていた!
もう83歳で、お元気そうで安心した。
私も同じように83まで元気で、ばしばし作れるだろうか????

今回は、あるストラディヴァリの機嫌が悪く、おまじないをしてあげた!
その後、機嫌を直してくれて、良く鳴っていてたので、良かった!
d0040395_0331984.jpg

(プログラムより)
オープニング
ショパンピアノ協奏曲第1番ホ短調11-1

指揮:堀伝さん
Pf 児玉桃さん
Vn1 田中直子さん、中村静香さん、加藤知子さん、久保田巧さん
Vn2  松原勝也さん、久保陽子さん小林美恵さん、沼田園子さん、
Va 店村眞積さん、川本よし子さん、
Vc 堀了介さん、松波恵子さん


ショパンピアノ三重奏ト短調作品8カラ、第2
Vn,小林美恵さん、 Vc堀了介さん、 Pf 野平一郎さん

ショパン(ミルシュタイン編曲)ノクターン第20番
(レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ)
Vn久保田巧さん、Pf 野平一郎さん

ショパン:ロッシーニの歌劇(シンデレラ)の主題による変奏曲
Fl 工藤重典さん、 Pf 野平一郎さん

シューマン:3つのロマンス作品94から第2曲
Fl 工藤重典さん、 Pf 野平一郎さん

d0040395_0371214.jpg


(児玉桃のピアニズム)


ショパン:ノクターン第8番変ニ長調作品27-2
Pf 児玉桃さん

ショパン:スケルツォ第2番変ロ短調作品31
Pf 児玉桃さん

シューマン:幻想小曲集
Vn加藤知子さん、Pf 児玉桃さん

[シューマン子どもの世界]

シューマン:<子供の情景>から
トロイメライ

シューマン:
小さい子供と大きい子供のための12のピアノ
小品 作品85から、第12曲 <夕べの歌>

Vn1
松原勝也さん、久保陽子さん、小林美恵さん、沼田園子さん
Vn2
田中直子さん、中村静香さん、加藤知子さん、久保田巧さん
Va
川本よし子さん、店村眞積さん
Vc
掘了介さん、松波恵子さん
Cb
黒木岩寿さん

シューマン:
ヴァイオリンソナタ 第1番イ短調作品105から第2楽章
Vn沼田園子さん、Pf 野平一郎さん

シューマン:
おとぎの絵本 作品113 第2曲 第4曲
Va 川本よし子さん、Pf 野平一郎さん

パガニーニ:
24の カプリース 作品1から、第9番、第24番
Vn 久保陽子さん 

ショパン:
チェロ・ソナタ ト短調作品65から 第2楽章
Vc 松波恵子さん、Pf 野平一郎さん

シューマン:
ピアノ4重奏変ホ長調作品47から第4楽章
Vn中村静香さん、Va 店村眞積さん
Vc堀了介さん、Pf 野平一郎さん



[天羽明恵が贈る、シューマンの歌曲]

シューマン:
<ミルテの花> 作品25から
第1曲  “献呈第3曲 “くるみの木”
第24曲“きみは花のよう”

シューマン:
<リーダークライス>作品39から
第2曲  “ 間奏曲”、第5曲  “ 月夜”

d0040395_0362414.jpg


シューマン: 
<6つの歌>作品89から
第6曲“ばらよ、かわいいばらよ!”

シューマン: 
<子供のための歌のアルバム>
作品79から 第23曲 “もう春だ”

【グランド・フィナーレ】
ショパン:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11から第3楽章
指揮:堀伝さん
Pf 児玉桃さん
Vn1 田中直子さん、中村静香さん、加藤知子さん、久保田巧さん
Vn2  松原勝也さん、久保陽子さん小林美恵さん、沼田園子さん、
Va 店村眞積さん、川本よし子さん、
Vc 堀了介さん、松波恵子さん

いつもながら、コンチェルトの オケは、少ない人数ですが、フルオーケストラのような迫力の演奏です。


(なお、川本さんのお名前が、PCの具合が悪く変換できず、かなで失礼します)
d0040395_0345891.jpg

d0040395_0352598.jpg

d0040395_0354953.jpg


d0040395_0374158.jpg


cremonakuga violino 久我ヴァイオリン工房 ホームページTOPはここからどうぞ!
http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

cremonakuga violino cremonakug violino cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2010-01-11 00:39 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)