<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリン展示会 ご来場ありがとうございました。

沢山の皆様、雨の中 ご来場 本当にありがとうございました。

二日間のフェアも無事に終了しました。

ホームページ』見ています・・・というお客様が沢山いらして、感激しました。

ほんとうに有難うございました。

演奏が上手な方に、ああ弾け、こう弾けと、無礼な、アドヴァイス・・・・


悪く思わないでください。

楽器にも個性と性格があって(同じことかも?)、作った者が一番わかるので・・・・・失礼いたしました!

☆、デルジェスモデル・・・・弦に圧力少な目で、弦をしっかり引っかけながら、十分振動させる。

            (特にD・G線は ) 
           
            普通より少し駒よりにポイントがある。

☆ストラドモデル・・・・・弓、もっと軽くのっけ、しかし、弦をしっかり引っかけて、弦を振動させる。

どちらも、一般の新作楽器にくらべたら、弦への圧力は、かなり少ないです。

その方が音量も出ますし、音色の良いです。

d0040395_22235433.jpg

d0040395_22302988.jpg

by cremonakuga | 2009-05-31 22:30 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房で、またもピザに挑戦する・・・・第2回ピザ作戦!

久我ヴァイオリン工房=久我ピザ工房!?

ヴァイオリン製作者のピザは・・・・・

はたして、どんな味がするのか???

・・・・・それは関係ないのでしょうけれど、

生ハムと、ルッコラの新芽、
d0040395_15363735.jpg


味へのこだわりと、求める味に近づけるアプローチは、

ヴァイオリン製作と良く似ているかもしれません。

今回は、前回の反省にたって、


チーズが溶けて、頃合いをみて、オーブンレンジから、出して、

熱したフライパンへ、滑りこませました。

発想は良かったみたいですが???????

表面が焦げる感じが物足りなかったよう(/・ヘ・\)''
d0040395_15375594.jpg



円形にこだわると、生地が良い感じで焦げる手前の時、モッツアレラが疲れる・・・、

モッツアレラをいれるタイミングを少しずらすことも良いかも・・・・

だんだん、段取りが面倒になってきました。

ルッコラが、新芽では、ルッコラ感が弱い!生ハムは、日本製なので、塩分控えめで、

ちょっと違う感じ!


しかし、冷凍ピザよりは、各段に美味しかったことは、次ぎにも作りたいという気持ちが持続する!

粉を捏ねる力は、下手なせいか、ヴァイオリン作りで使わない手首を使い 筋を傷めそうになりました、次回は、腕全体で、身体全体で、力を入れるようにしてみよう!


どうぞ まだ ご自分で作られたことが無い方は、是非トライしてみてください。



cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2009-05-15 15:39 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(4)

ニス作りで! 九十九里まで



久我ヴァイオリン工房の工房長の今日の仕事は・・・・・・
とはいっても私独りでした!

                  《 浜昼顔》
d0040395_0594416.jpg


ニスを作りに、九十九里浜まで行きました。
久しぶりに、浜まで散策しました。
うかいし、歩いて、5分!
直線だと、多分1分・・・・・
途中に深い松林防砂林あり進めません、

やたらと、鶯が鳴いていました。
母に聞くと、スズメより、鶯のが庭に来るよ・・・・・・
と言っていました。

浜には、浜昼顔??だと思う可愛いらしく、美しい花が、群生していました。
昼顔・・・・・で思いだされるのは、
カトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」
綺麗だった!

浜昼顔は、夜はやはり咲かないのだろうか???


時間は、もう夕方です。携帯での写真です。青みが強くでています。
d0040395_105744.jpg

d0040395_122498.jpg



cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2009-05-12 01:02 | Trackback | Comments(0)

久我ヴァイオリン工房のピッツァ!

久我ヴァイオリン工房のPizzaは……

自分で作るピザは、なんと、初めてです。
オーブンの中をグルグル回っています!もうちょっとかな?まだかな???てな感じです。
d0040395_1917694.jpg


最初は、モッツァレラも用意し、トマトソースもブイヨン使って、
バジルで…マルゲリータに挑戦!

電子レンジのオーブンを使ってみました。 下からの熱で、焼くことが出来ないので、
どんなものか試してみましたが、時間を掛け過ぎて、モッツァレラが、硬くなってしまい、
美味しいのですが、思った味には まだまだでした。
d0040395_19173464.jpg

売り物にはならない!!!いや冗談です!
常温で、ドライイースト使用し、1時間くらい置いたものを使用しました。


※そこで、円形の大きなものは、無理としても、カットされている四角い形でしたら、
普通のオーブントースターで、熱く、余熱を作っておいて、ホイルで、試作してみました。
簡単に、30g分くらいの、生地で、ケチャップにとろけるチーズ、ハム、オリーブオイル…だけでも、出来たては美味しかった!
前日に仕込んで、冷蔵庫で一晩、低温発酵させた。
ピザパンのようですが、れっきとしたピザ?であります。

d0040395_1918281.jpg


残り70g生地で、小さな円形、ケチャップ、チーズ、オイルのみで、試作…・上手くいきました。
具が、粗末なので,見栄えしませんが,味は、なんと美味しいのでしょう!!!!

d0040395_19185926.jpg

チーズが焦げて香ばしいくらいが、美味しい!お店で売っている切りピザのようだった!

円形は,電子レンジのオーブンで、表面を加熱してから、フライパンで、下面から、さっと加熱したら、
きっと、上手くいくのではないか????と想像しました。
次回は、ソースちゃんと用意して、再チャレンジをしよう!

生ハム ルッコラは、焼けたらのせれば良いのだろ…・きっと!
tonno e cipolle(ツナとタマネギ) も食べたい!
そうだ,乾燥porcini(ポルチーニ茸)も有ったっけ!

・・・・・・・・・オリーブオイルが、グジュグジュとチーズと あいまって良い香りです。
もっと早く作れば良かった!

 自画自賛のよですが、本当に美味しかった! 気がします!!お腹も空いていたからかも!

やはり、ソースも決めてですね! 

cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2009-05-09 19:11 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

久我ヴァイオリン工房の小さなヴィオラ

久我ヴァイオリン工房の窓の下は、お花のコンサート会場になる予定!
小さなヴィオラさん・・・・残念でした! お花でした!!!
d0040395_19192591.jpg


ヴィオラの向こうが生き続けるミント君



バーベナさん
d0040395_19184983.jpg


ロベリア・ホットウォーターブルーさん
d0040395_19205943.jpg



例年のスズランさん達が群生!
d0040395_1923279.jpg




新しいバジル君の新芽?
d0040395_1923589.jpg


元気なレモンバーム君
d0040395_19242355.jpg



緋コスモスさんの芽?
d0040395_19251280.jpg


ペチュニアさん・クールミックス(青系)の芽?多分!

d0040395_1925424.jpg


ブルーサルビアさんの芽


☆追って写真を・・・・ただ新芽なので、なんだか分りません!


その右横に、真赤なコスモスさんが…・・咲く予定!です・・・あくまで・・・・予定!


d0040395_19301031.jpg


構想は、手前にブルー系のペチュニアさんの花のミックスで、その後ろの背が高い、ブルーのサルビアさんが咲きます!
いいえ、咲く予定です。
ブルーサルビアさんは、ラベンダーさんに似ているそうです。

少し計算違いは、コスモスさんの背が1mくらいで、その下が、間がもたなくなりそうです。
文字どうり間抜けになりそうですが…・今回は、どうなりますか、お楽しみということで!


お花のメンバーが、開花するのが楽しみです!

お花達に敬意を表し、さんをつけて、毎朝、水まきをしています!


cremonakug violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2009-05-02 19:30 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン・ヴィオラ型用クルミ材入手!

久我ヴァイオリン工房では、・・・・・
ヴァイオリン用にカットしたクルミ材
d0040395_138711.jpg

日本では、型用の合板は、軟らかな材料がほとんどで、イタリアで買ったブナ材(確か)は見当たらない。
今回は、信州の銘木材を扱うところから、クルミの一枚板を入手しました。

テーブルの天板用なので、節が、芸術的にあるものが多く、形も自然を生かしています。

ヴァイオリン用の型に良いのが、なかな見当たらなかったのですが・・・・・・・・!!

私も待っていたような、材料の出会いましたので、お願いし、一枚から、二枚にスライスしていただきました。既に乾燥されていますが、もう少し歪みを取って、ヴァイオリンと、ヴィオラの型を作ります。


☆ヴァイオリン・ヴィオラ用にスライスして頂いたクルミ材
d0040395_1391522.jpg



☆こちらはヴィオラ用です。

d0040395_136725.jpg


cremonakuga violino /cremonakuga violino / cremonakuga violino
by cremonakuga | 2009-05-01 13:18 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)