<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

画面一新?

      Caffe o te の画面をNeroから Bianco に いや黒から白へ変えてみました。
      黒は、集中できる雰囲気で、神秘的で、ヴァイオリンの内容には、向いている気          がします。
      私が、音を探っている内容には合っているようです。

      白は
       食べる・・・とか くつろぐ・・・気分が 明るくなるような気がします。
       昨日一瞬、スイーツ にしてみました。

       画面がブルーベリーやフルーツに・・・・・

       ケーキ専門のブログになってしまい、

      ついに気がおかしくなったか!? と
       ブログを間違ったのかと思わせてしまうようでしたので、
      他を探ってみました。
      もし、ケーキの画をご覧頂いた方は、幻の瞬間でした!


      やはり黒が良いような気がしまう。
      もう少ししてから、戻そうか・・・・・思案中!!??
by cremonakuga | 2008-08-31 13:43 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房の生パスタ tagliatelle

           
生パスタ、タリアテッレをつくりました。
maestro Raffaelloに教わったレシピで作る。
記憶が薄れて、伺ったレシピをどこかに紛失したため、ここ数日Raffaelloさんにメールで何度も伺って作りました。
しかし、イタリア人らしく、センスで味は作れ、分量は分からない!アバウトな ご指導に感謝・感謝! 私は完全に日本人になっていました。 

何を、どれだけ入れて、どうやって作るという事 より、最終的にどんな味に作るかが大切!

感性で作る・・・・・!
一本取られました! 恐れ入りました・・・・・・・
SUGO RAGUは、撮るのを忘れて ついうっかり食べてしまいました。残念!でも最高に美味しかった!

しかし、デパート、食材店に、いろいろ問い合わせをしましたが、SUGO RAGUに使う、イタリアのサルシッチャは 売っていない! gineproも!

もう一度探しましょう・・・・・・・gineproネット通販で発見・・・・ジェニパーベリー!西洋杜松の実である。

100g 710円也・・・・・
豚・牛のcarne macinataを使う、aglio、cipolla、vino bianco,pomodoro,オリーブオイル、ジネプロ

スーパーで普通に買える香辛料が日本には無い。???多分!いや発見したものは日本製でした。


ヴァイオリンのニス用のゴンマ・ジネプロは持っていますが・・・・・・・
料理用、買い置きしておけば良かった!Gineproは見た目は黒胡椒のようです。


パスタは好みがあると思いますが、私は、アルデンテでない生パスタも大好きです。
         
生パスタは、ソースに良く絡み、美味しい。

小麦粉(薄力粉)・・・・・100g
卵・・・・・全卵1個
塩・・・・・ほんの少々
olio d'oliva・・・・ほんの少し

これらを、ボールで、混ぜて、捏ねて、冷蔵庫で一晩寝かしても良いが寝かせなくても美味しい。

適当な塊にし、延ばし、粉をたっぷりつけて、折リ重ねて、厚さ1mm幅3mmに切る。
それをほぐし、粉をふる。少量ずつ切った方が、場所をとらず、薄くし易い。

茹で加減は、お湯に浮かんだら、出来あがりは1分かからない。  30秒くらい・・・・・けっこう忙しい。
何年か前に、スーパーで、買い物中の何人かの奥さんに、パスタ用の小麦粉の硬さを、うかがった時Cremonaで)、みなさん まちまちでした。 好みの問題でした。
ということで、タリアテッレのみの画で!幅は3mmです。
           
d0040395_1546610.jpg

      ・・・・・・・タリアテッラはグラッパだった!
by cremonakuga | 2008-08-30 15:55 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

桃風味のvino!です。

PescaとVino

久我ヴァイオリン工房は、季節限定の桃風味のvino・・・を頂く!
福島の美味しい桃をいただき、
少し、桃を入れたvinoをつくりました。

イチゴの季節には イチゴを入れたイチゴ風味ぼvinoを!

☆桃はイタリア語でpesca
イタリアで、大怪我した時、ペットボトルの 甘い桃風味の紅茶 te pesca にビスケットを付け柔らかくして食べたことを思いだします。 紅茶のペスカは、一般的です。

☆苺はfragola
Fragolaと言うvinoは、フラゴラと言う葡萄で作ったもので、甘味と渋みがあり、濃厚な味、
本当に美味しい。 なかなか市場には出回らない。
d0040395_2251131.jpg

高価な桃なので、桃だけで頂いたほうが良いかも! この桃はフェロモンを使用し、殺虫剤を50%削減しているそうです。 ちなみに福島の献上桃の郷 産!
d0040395_22515887.jpg


2005年9月22日ブログには、イタリアでの同様の記事があります。その写真の桃は、皮ごと食べます。 日本でも、うぶ毛の有る桃は、うぶ毛を擦って取ってから、皮ごと食べられるようです!? でも殺虫剤つかっているから、皮むいたほうが良いですね!

cremonakuga violino
by cremonakuga | 2008-08-28 22:53 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

マレンゴーン!ヒーデゴ!

ヒーデゴ!
やっちゃった!

イタリア人の友達から頂いた、彼らが結婚した時の記念品を
壊してしまった!
大切なものです。
つい手があたり、倒れて足の部分が砕けてしまいました。
薄いガラスで出来た小さな容器です。

壊れたガラスを、捨てられず どうしよう!

形は違いますが、昨日木で、足を作りました。
金箔を貼ってリメイクしました。

少し芯が真直ぐにいかなかったけれども、
フランチェスコとロザルバは きっと許してくれることを願います。
アイデア!Buona idea、壊れた破片も一緒に小さな透明ケースに入れてオブジェのようにして飾ろう!

d0040395_1346339.jpg

d0040395_13462868.jpg

d0040395_13473471.jpg


彼らからの小さなメッセージカードにはこう書かれてありました。

Francesco e Rosalba
sposi
25 Agosto 2005

3年前の明日です。
by cremonakuga | 2008-08-24 13:59 | Trackback | Comments(0)

Hanabi!

cremonakuga violino
久我ヴァイオリン工房

八千代ふるさと親子祭り、花火大会と盆踊り

この時期毎年花火と盆踊りで 盛りあがります。

あいにくの雨でしたが、行なわれました。

途中まで、歩きましたが、諦めて、雨の中傘をさしながらパシャッ!
花火なんだか、何なんだか・・・・・イマイチでした。
家の2階からでも撮れそうでした。
昔は、ベランダでビールのみながら見られたのですが、障害物が出来て残念!

ブレブレのピンボケでしたが、雰囲気だけを……
d0040395_1221879.jpg

d0040395_1224871.jpg

d0040395_123152.jpg

d0040395_124231.jpg

下手な写真は火事のようです
d0040395_1241928.jpg

by cremonakuga | 2008-08-24 01:28 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンではなく、ニョッキを作る=食べる

☆cuccina cremonakuga☆

ジャガイモが、有りました、

何んだか、ニョッキがむしょうに食べたくなった!
あの食感が……
ごくごくシンプルなニョッキの味が

卵無し!
フォルケッタで溝も付けず!
勘で混ぜたら
少し小麦粉が多かった……

…・・で調べてみましたら、
※だいたいジャガイモ100gに小麦粉30g弱くらいでした。
40g入れてしまった!

ソースは、乾燥ポルチーニ茸があったので、クリーム仕立てに
スターのポルチーニ味の固形スープの素を使用。
最後にパルメジャーノ レジャーノで完成!

ン~ム…やはり小麦粉 少し多かった!
見栄え良く作ろう!
でも 美味しい…・・
30分で出来た!

次回は、完璧に!
d0040395_14483463.jpg

d0040395_1449758.jpg

d0040395_14493882.jpg

d0040395_1450514.jpg

by cremonakuga | 2008-08-22 14:54 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

太平洋へ

もう昨日になってしまいましたが、
千葉・成東へ行ってきました。
お盆の送り火でした。
行きは、大雨、帰りは大雨に雷直下!
夜の真っ暗な田園の1本道は恐かった……
前は、10mくらいしか視界が無かった!
さすがに、写真は撮れませんでした。
幸い、九十久里浜4時ころは、晴れ・暑さ厳しかったが浜辺を散歩した。
今日は、オリンピックマラソンです。
がんばれ日本!

東金有料道路  制限速度80Km 
d0040395_0443780.jpg

東金から、有料道路200円 
d0040395_046148.jpg

窓の外は、田園! 午後の陽射し ミドリが綺麗
d0040395_047885.jpg

海へ
d0040395_0483911.jpg


d0040395_0493795.jpg

くも が もくもく=雲がもくもく 少し先に海水浴場があります。
d0040395_050312.jpg

d0040395_0502512.jpg

波が高い、ここいらは流れが危ないところです!
d0040395_055913.jpg

夕暮れの海辺の別荘地 静かです。
d0040395_0553520.jpg

by cremonakuga | 2008-08-17 01:04 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンとエスプレッソ・コーヒー!

エスプレッソコーヒーを飲もう!


何時もの道具?で、ヴァイオリンではなく、エスプレッソをいれる。
これより、複雑なものが有って噴出し口にカバーが有って、泡が立つものがあります。・・・・あんり探さなかったのですが、

そっちの方が美味しい! 確かCremonaの K氏邸に有った! 今度行ったら 是非とも探そう!

コーヒーの味は・・・・
各バールの味は、マッキナと豆で、全然味が違う、また、いれる人で違ってくるので、ある美味しいバールでは、美味しくいれる オヤジさんがいるのを確認してから、店に入る。
なんとも言えない味です。

これでは その味は出せません。
これで味あえるのは、周りにいろいろなマエストロのサインが刻んであるので、思い出を一緒に味あえます。

モラッシー親子、ザンベリさん、マルコ・ノッリ夫婦・・・・・
Cremona味です!

このコーヒーは、備蓄Caffe freddo にします。

エスプレッソコーヒーは エスプレッソコーヒーはカフェインが少ないらしい。

その理由は

①豆を深煎りする過程で、カフェインが減り

②エスプレッソの言葉の通り、急速に抽出するのでカフェインが少ない。

ご存知でしたでしょうか?


水を入れる、安全バルブの下まで・・・・・fino a che non abbia raggiunto un livello di poco inferiore a quello della valvola.

d0040395_19113821.jpg

コーヒーを入れます・・・・・いっぱいまで入れて、決して押さえないのがコツのよう。
d0040395_19124618.jpg

d0040395_19132129.jpg

ふたをします。
d0040395_19143749.jpg

火は、弱火くらいで(erogazione minima).、その理由は,お湯の温度が均等に上がるように、エスプレッソは急がない! 3人用で5分くらいで作れます・・・・・
d0040395_15514233.jpg

コーヒー入れは、いっさい洗剤は使わず水洗いだけないので、だんだんこんなんってしまいました。 香りと味のため!? みんなそうしているイタリアの常識だから!ATTENZIONE: non lavare mai con sapone.

d0040395_155281.jpg

また ピンボケ・・・・・速く撮らないと レンズが くもるのでと言い訳をして!
d0040395_15522494.jpg

コーヒーが出きると、ボコボコと蒸気と泡の音がします。底にもう水が上に上がって無くなった状態です。10秒くらいしたら,火を止めます。 それ以上置くと、熱で、焦げ臭くなって、パッキンのゴムが傷みます。 注ぐ前に、小さなスプーンで回して、混ぜます。これも皆している・・・
d0040395_19441751.jpg

by cremonakuga | 2008-08-14 19:16 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン製作者の3時は、Caffe time

久々に、ビジネスで旅行社に用事があり、友人と待ち合わせをし、日本橋へ行った
待ち合わせの場所に、あるべき旅行社が、無い・無い・無いではないか! アレー!!!
電話で確認したところ、八重洲口に移ったとのこと、

桜通りの1階がillyのビルの上とのこと
桜通りは、東京駅八重洲口から、タカシマヤ脇への真直ぐな通り、
春には 桜並木が開花する! 懐かしい

開店までの時間、コヒーでもと入った、向かいはスタバ!
日本橋店の向かいもスタバ!

スタバより安いかしら!?
メニューに Caffe freddoを発見!
本場のアイスコーヒーが飲めるかも…・と伺ったら
日本のアイスコーヒーであった! 残念
お客は、ビジネスマン風の外人が多かった・・何人か!

illyは、イタリアのエスプレッソコーヒーの会社、確か実験的に1号店がタカシマヤの近くに…・
Espressamente illy…・もう いろいろ(成田・赤坂・六本木・新浦安・新丸ビル・京都ほか)できたようです。
illyの豆は、イタリアでは、どこでも売っています。
良くお土産に買って帰ったことを 思いだし懐かしい…

スーパーでは、もっぱらillyより安いものを買っていた!
イタリアのカッフェ・フレッド メニューにいれて欲しい!

d0040395_2034743.jpg

家に帰り、自分でcaffe freddo を作ることにした。
エスプレッソ用の豆が無い事に気づく!
何か良い方法は…と考え、
コーヒーミルが有ったので、
モカのコヒー豆の粉を、入れ再度細かく挽いた、
挽き過ぎ、苦い過ぎる…・ 失敗を恐れずに
いろいろ混ぜて、試しましたが 結果オーライでした。
ローストは、強くないのですが、弾き方で、マイルドなエスプレッソが飲むことが出来るようになりました。
とりあえず これで 代用!

作って、シェーカーごと冷蔵庫に……
久我ヴァイオリン工房の una pausa!
by cremonakuga | 2008-08-11 19:07 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンのクラウン

ヴァイオリン工房の仕事は・・・・・・

接ぎネック?とクラウン……

ネックが折れたり、短かったり、細過ぎたり、角度、、、指板からみ…などなど
指板が狭くナット部分の幅が23mm無いなども調整できます。
ナットでは、普通24.5mmが基準ですが、日本人には23.8位が使い易いです。


また、バロックネックからモダンにする時、
頭のスクロールを残し、ネック部分を交換します。


デルジェス・ハイフェッツは接いであり、ボタンの大きさを補うために黒檀のクラウンがされています。

私のハイフェッツにも 同じ様にクラウンが施されました。
やっと雰囲気が出ました。
d0040395_17383867.jpg

d0040395_17395684.jpg


ネックは、私の塗り方は、決まっていませんが、今回はあまり濃いネックにしたくないのですが、最初はサフランで先ずイエローを、濃い目に、この段階では違和感があります。次ぎに布にオリーブオイルと油絵の具のバーントシェンナを付けて、濃いめに擦りつけて塗る、60%くらい乾いてから、布で、拭き取りながら磨く、薄ければもう1度行なう、丁度良いので、次ぎはオリーヴオイルにアルコールニスオレンジ色を付けて、擦り磨く、この段階で、ピカピカになる。
乾いたら、硬い木で強く擦り、(鹿の角が良い!)もっと木の気孔を潰す。また、オリーヴオイルとオレンジニスを擦り塗る、余分が付かないように、

乾いたら、また布で擦る、これを繰り返す。決して皮膜が出来るくらいに厚く塗らないように心掛けます。

そして色は、念を入れ昼光で確認します。 自然な色で、違和感も無く馴染んでいます。

この作業は、ノーマル仕様ですが、汗かきの方にはつるつるしていない方が使い易い。
しかし、痛み易い・・・・・

使う人により、ネックの状態は 大切です。思った時に思ったように腕が動かなくなってしまう。
そうすると音程が合わなくなってしまいます。

無理なくスムーズに動くことが大切です。

汗をかくこの時期は
使う前に必ず手を洗い、
使った後は、ネックは必ず空拭きし、 汗が付いたままにしないようにしたいものです。
時々は メンテしたほうが良いですよ!
d0040395_17444787.jpg

d0040395_17451286.jpg

手間のかかることを してしまった。さあ ストラドの続きを創らないと!

継ぎネック関連1

by cremonakuga | 2008-08-09 18:00 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)