<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴィオラ!が道に

近所で 久々にヴィオラの花を発見しました。

なんか嬉しい気持ちです。
同じヴィオラでも、もう少し小さい花もあります。
もう少し小さいのは なかなか出会えません。

このヴィオラは、きちんと、有るべき場所に等間隔に植えて有り 咲いている。  きっとここの家で植えたんでしょう。 

弦楽器のヴィオラでなくてすみません・・・・
写真に動きが有って良い感じに、手前の一輪にもピンがくると もっとGOOD~でした。
いえいえ、やはり、後ろの一点にピンが・・・何かを主張している写真になりました。面白い!

d0040395_1511386.jpg

d0040395_151121100.jpg



by cremonakuga | 2008-05-30 23:42 | Trackback | Comments(0)

展示会終了! ありがとうございました

展示会が終了しました。
雨の中、展示会に お越しいただき 誠にありがとうございました。

自由学園明日館の校舎は、帝国ホテルを設計した、アメリカが生んだ巨匠、フランク・ロイド・ライト氏の設計です。木造建築で重要文化財です。 講堂は木造で、そのライトを紹介した遠藤新氏の設計。遠藤新は帝国ホテル設計の助手をつとめたとのことです。
そんな歴史が有る、落ち着いた会場でした。 毎年この時期に展示会を開催しています。

試奏は、なかなか甲乙つけがたく、みなさんの楽器が良く鳴っていました。
チャイコフスキーコンクールに1位入賞の菊田浩さんと2位入賞の高橋明さんの楽器も弾かれました。 会場からは 緊張した雰囲気と、イタリアン トーンに ため息が!


菊田さんの音は、凝縮した音が、明るく品良く滑らかに、会場を包むように広がり、お人柄が音に、菊田さんが音色に出ている…と感じました。
高橋さんの音は、粒の揃った、やはり品の良い明るい音が 春をイメージするような暖かな空気を伝えてくれた気がしました。
お二人とも しっかりしたイタリアン トーンで 会場いっぱいに膨らんだ明るい音色でした。
つたない感想で すみません!

製作では、会員のアマチュアの方々の作り、ニスなど、昔に比べると、綺麗に仕上がっていて、驚きました。ここ数年で 大分進歩したようです。

新しい方々、お顔を存じ上げない方が多く、私は浦島太郎状態。

私のは……・
気温と、湿度で、大きく変化がありました。
前日、夜中から3:00AMまで魂柱を3本も作ることになってしまいました。
睡眠不足 で mamma mia!

試奏は、音色は、良かったようでした。 オールド系の音色でしたが自己採点65点。 音量は、いま少しでした50点。  弓の力が、弦に伝わっていない感じでした。
沢山の楽器をぶっつけ本番は、無理があったかも?難しいですね!

やはり、弓の圧力とスピード、弾く弦のポイントが難しいようでした。
デルジェスは、弾くポイントが普通より、駒に少し近いところに有ると聴いたことがあります。 まさに 少し上なんです。5mmくらい!
ボーイング・スピードも軽い圧力で少し速めがGood!////敏感です。

しかし、お客様には、いちいち弓の力加減を、言わなければならず。
申し訳無いしだいでした。

しかし、何人かの方達は驚くほど音を 出していただきました。
良かった、音出る! 少し、コンディションの加減で低音に不満が膨らまなかった・・・、

お一人は、展示会のために、わざわざオールド楽器などの弾き方を練習されて来たそうです。
初日終了前で、人が少なかったので、とても 美しい音が会場に響きました。
みんな、どの楽器?…と驚いていました。

その前の試奏では、控えめな音量だった楽器が…不思議。

もう お一人の方は、有名なクレモナ・オールド名器を弾かれているとの事でした。  Heifetzの音を、上手に出されていました。
その方が新作なのに新作の音とは違うと おっしゃっていただけました。

面白かったのは、近くで、もう少し力抜いて、もっと、もっと、弓速く…と おせっかいを言うと、ある瞬間音が、大きく飛ぶんです。  出た出た OK と眼で合図を送る… お客様も 変な製作者と 思ったことでしょう。


展示会に出品して良かったと感じた瞬間でした。


試奏の先生に、私の楽器は  こんな状態で、こう作っていますから、こう弾いてください。とは なかなか言えませんから…・

いろいろな楽器を一辺に弾くのは、かなりの大変な仕事、準備が必要かも…・しかしご苦労様でした。
ランチは、5分ほど歩いた、ビルの1階にあるレストランでカレーを食べました。これが 1000円以下で、なんとも美味しかった! そのレストラン、椅子が応接みたいなソファなんです。 喫茶か、夜は飲むのがメインなのでは? と…・不思議がるヴァイオリン製作者!でした

オープニング会食…明日館のダイニングで開催されました。 明日館は結婚式などで大変最近人気のようです。ビール×4杯。赤ワイン×2杯、水×1杯、 寿司6貫、サンドイッチ2、ローストビーフ3切れ、ホワイトソースの??少し、 けっこう食べた!美味しかった…・・。
初日は、オープニングで、会食し、久しぶりの立ち仕事で、疲れました!途中、西船橋で車掌さんに 「お客さん終電ですよ!」って起こされました。 

良かった乗り過ごさなくて…・それにしても さっきまで 近くに居た人達、冷たい!
 誰も起こしてくらない…って言わないで、気をつけないと! 反省 反省

今回は、、CREMONA勢にも会えて良かった!みんな元気でした、
いつCREMONAに戻るんですか?って プレッシャーもかけられました。 が…嬉しかった!

戻るの来年になりそうです。
by cremonakuga | 2008-05-29 23:05 | Trackback | Comments(0)

エイリアンが・・・・!?

最近、いろいろな雑草?が侵入してきた。
じわり じわり と…・・
エイリアンのように!
綺麗とばかりは 言っていられない
外来種かもしれない。

ポピーの事でもある。
d0040395_147424.jpg

d0040395_1481434.jpg

イタリアで見たときは、日本で見たことが
なかったので、外国…・の一部であったが
工房近くの空き地に沢山生えていたのを見た時は
懐かしく、感激した。
人間は勝手である。


庭先まで生えてくると、
その生命力に驚く! 心配にもなってくる

玄関前の植え木鉢数個から 知らない同じ植物は生え、
小さな花が咲きだし、もしかしたら
昨年撒いたカモミールかもと期待したが
やはりエイリアンであった!

全部雑草であったことが判明する…・
あの せいたかあわだち草は、やはり黄色がいっぱいあると、
私は、少年の頃見た西部劇や、 おれたちに明日は無い…のイメージ、遊んだ近所の原っぱを思い出し 昭和の郷愁を感じます。
しかしアレルギーの元になっている。
ポピー
実は、気が付いたら車のタイヤの脇に
種が飛来していた。
ぜんぜん気がつかなかった。
d0040395_1491333.jpg

d0040395_1514484.jpg

どくだみに占領されている庭に、 となりのミントはいつも大発生します。
カタバミは、どんどん花が咲き、綺麗と抜かないと 直ぐに庭の道が無くなる。
d0040395_149519.jpg


ただ 優しく見守っていると
どんなことになってしまうのか……・
バジルの芽が出てきました。
ヤッタ~!
d0040395_1532545.jpg

d0040395_154796.jpg

この鉢はバジルより雑草?の方が多いよう・・・
by cremonakuga | 2008-05-16 01:56 | Trackback | Comments(0)

結婚式

昨日上の娘が結婚しました。
郊外の静かなイタリア、スペインを思わせる素敵な場所で
行なわれました。
d0040395_17381974.jpg

          (ブーケを、ドイツローゼンタールスタジオ社の彫刻が有る極薄のワイングラス“ロマンス”で)
とても感動の式で、
ほんわかとした
優しい空気に包まれた式でした。

屋外の場面では、ちゃんと小雨も止み、
ほんとうに不思議!

チャペルでのウエディングステップゆっくり歩くのは 
いつもは はや足の私には本当に難しかった!


花束贈呈では、
予定通り、やはり涙流してしまいました。
ほんとうに素晴らしい結婚式でした。
感動!

そもそも、私がヴァイオリン製作者になったのは、
子供の頃自身が 習ったこともありますが、
二人の娘が習い出した時、6才 1/4サイズ、4歳 1/8サイズ
自分の使った1/2サイズを直したことから始まりました。

作ってみよう~3/4、4/4
作れる!
簡単じゃないか!(知らぬがなんとやら)
良い音がする。(今、思うと恐ろし過ぎる)

d0040395_17401839.jpg

子供達には、弾かなくても毎日ヴァイオリンを手にする事を目標に
音楽を楽しむことを学んでもらいました。

小さい時は、二人で、二重奏を
アドリブでパートを交換しながら弾いてくれました。
どちらかは背中で、弾く曲芸のようなことをして
喜ばせてくれました。

今思うと、反省ですが、
酔って、二人に一曲10円で、リクエストして、
生演奏を聞きながらワインで心地よくスヤスヤ至福のひとときを!
自分のために・・・・

☆まずは 一安心です!

いよいよ私一人になってしまいました。
d0040395_17393566.jpg

                     (贈呈された花束/1ヶ月早い父の日へ)
d0040395_1213925.jpg

d0040395_1224785.jpg

d0040395_12397.jpg

d0040395_1233474.jpg

d0040395_124389.jpg

d0040395_1243722.jpg

d0040395_1245474.jpg

こんなに沢山の お花が家にあるのは 後にも先にも無いかも!

ヴァイオリン作りは、自分が思った100点には、なかなか、いろいろ到達出来ません。
どんどん 難しさが、分かれば分かるほど、ハードルが高くなります。

始めた頃は、よく失敗もありました。

失敗は成功の母!・・・・の日・・・・・は今日でしたね!
これを書きたかったのでした!
by cremonakuga | 2008-05-11 17:40 | Trackback | Comments(0)

すずらん が咲きました!

庭のスズランが咲きました! もう1年経ってしまったんですね。
ほのかに香る、スズランの香りが 優しく心をいやしてくれているようです。
合間に見えるのが木賊です。 肩身が狭そうですが、なんとか元気そうです。

ここいら辺に、昨年ローズマリーだのラヴェンダーだの種を無造作に撒きました。 いつ芽が出るのでしょうか・・・・・ とっても楽しみです、期待を裏切らないでほしいものです。

d0040395_0101061.jpg
<br clear=all>
d0040395_01251.jpg

by cremonakuga | 2008-05-07 00:16 | Trackback | Comments(0)