<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリン グァルネリ・デル・ジェズ(ガルネリ)

お色なおしもほぼ終わりに近ずきました。
ニスを濃くし、それによって生じた本来の板の
音程の変化を、そのニスで元へ戻す調整も済み、
存在感がある、個性が出てきました。

音をオリジナルに近づける事が、この楽器のテーマでした。
①年輪や虎杢が似た材木を使用。
②大きさ・サイズ、アーチ、横板の高さなど空気容量を考え、同じに。
③厚さを同じにするとともに、年輪の違いなどによる音程の誤差を
  タップにより、耳で聞き、厚さを微調整しました。・・・これは、普通、同じ厚さにしても
同じ音程になりません。    何故か、名器は 必ず厚さは隣近辺と、上下左右、裏表との関係で
デリケートに音響的に 合うようになっています。左右非対称であろうと、 ポイントの厚さが分かった場合、それを満足する条件で、厚さの等高線が繋がるように、探偵のように、、、
探りながら、、、、
④F孔の位置、大きさ、長さなどなど、なるべく近く、、、
組む前のデータ
表板 モード5・・・373Hz  70g(30年寝かした材料にしては少し重い)
    モード2・・・169Hz  いつもの ヴァル・ディ・フィエメは厚さは異なるが55gくらいである
    モード1・・・ 89Hz
裏板 モード5・・・353Hz  110g(最大6mmにしては軽い)
    モード2・・・181Hz
    モード1・・・ 65Hz
しかし、これらの組む前の有る部分を支点として押さえるタップのデータは おおよそのバランスが分かりますが、支点を変えると意味しなくなります。  

組むと横板の接着面と、魂柱が支点となるため、音響はまったく異なる。組む前は表が高いが、組んでコンコンと叩くと、裏が高いことがわかります。
組む前に、同じような支点を作ってあげて、コンコンと叩くと、組んだときと同じ状態の音程がわかります。

私は、組むまえに、組んだときの音程を事前に確認、理解して、製作しています。
名器のデータは、ある支点を作って はかったデータ・モード5やモード2は存在する。製作する場合、組む前にそれらの、名器のデータ(M-5,M-2)内におさまっているかを確認し、あとは
組んだ状況を作って、耳で聴き、板を叩いて厚さを調整します。 そうやって出来た表・裏板は組んだあとの箱になった時と同じなので、予想したとおり、間違いない箱を作ることができます。
その過程で、今までに聞いた数々の名器の特徴を反映します。
せっかく、出来た白木のヴァイオリンが、ニスで、バランスが無意味になったり、より一層良くなったり、ニス塗りの途中で、元に修正しながら塗り、最後また微調整をしています。
そうする事で、ある程度予想した楽器を作ることが可能になります。

今回は、横板が、ニスにより、裏板より硬さが、時間で増し、鳴りが悪くなった反省にたち、
変化しても、範囲内におさまるように、横板厚を微調整し、再度ニスを塗った。これで安心できる。 実際のハイフェッツを叩けると、早いのですが、、、、、みどりさんが持っているらしい、、、と聞いたような気がします。

ほぼ完成した状況です。・・・・・・

しかし、
写真のピントが甘いことお許しください。
d0040395_125652.jpg


d0040395_13414865.jpg

d0040395_1254158.jpg

d0040395_1261215.jpg

d0040395_1271696.jpg

d0040395_127362.jpg

d0040395_1282666.jpg





中央Fの下濃いところは、手の写り込み影の影響です。Fは、オリジナルと同じ様に
切ってあります。滑らかなラインや左右対称にしたいところでしたが、その個性が別な楽器に
なってしまうため、あえて同ように、個性を表現しました。製作者としては勇気のいる仕事です。
しかし、その一見下手な仕事が、ただ下手では出来ない仕事で、アートになってしまっているように、私は感じました。位置、大きさ、ライン、全部違うFは、とても難しかったところでもあります。
d0040395_1405057.jpg

d0040395_16183758.jpg

by cremonakuga | 2007-11-19 13:38 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

バロックヴァイオリン

バロックヴァイオリンと、チェンバロのコンサートへ行ってまいりました。
御世話になっている知人にお誘いいただき、、
ヴァイオリンもチェンバロも素敵な音楽を、、、

チェンバロの大塚さんの軽妙で、ウイットの富んだ解説と
ヴァイオリンの桐山さんの、ほんわかした会話は
お2人の バロック音楽への深い愛情が伝わり、また演奏を聴きたいと
強く思いました。

 安らぎを感じるひとときでした。
2007・11・15 (木)
東京・初台のオペラシティーに有る、近江奏楽堂

「知られざるバッハ・知られすぎたバッハ」
曲目
 組曲A-dur BWV1025
 シャコンヌ BWV1004/1005
 フーガ g―MollBWV1026
 ソナタ G―Dur(F-Dur)BWV1022
    - - - - - - -
 イタリア協奏曲 F-Dur BWV971
 ソナタ g―MollBWV1030a
 アンコール アリア

100人も入ればいっぱいのチャペルのような感じの小さな小さなホールでした。
天井がドームのようで、
大きいホールは良く来ますが、ここは初めてのホールでした。
考えてみますと、数千人の聴衆の1人として聴く事はよく有りますが、100人足らずの私達のために、2時間2人が演奏する。
何と贅沢な、、、、
また、この音程の低さ、、私が求めている楽器が奏でられた頃の
音楽、、、はまりそう!です
先日、バロックの お客様が工房にいらした時、2台のヴァイオリンを415Hz(現代440から442)にして、弓の少し上を持ち、優しい弓使いで演奏していただけました。
弦は、ガットでなく ドミナントでしたから、違う音と思いますが、
出て来た音に、私は鳥肌が立つような聴いた事が無い音で、とても感動しました。
こんなに綺麗な音があったなんて、、、、

現代のピッチのヴァイオリンを作っていますが、以前から原点のバロックを作る事も
オールドスタイルの製作者としては、大切と思っていましたが、再確認したコンサートでした。
d0040395_219020.jpg

d0040395_217574.jpg

d0040395_217345.jpg

by cremonakuga | 2007-11-16 02:17 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン製作者のノスタルジー

バロック音楽をバロックヴァイオリンを、こよなく愛していらっしゃる お客様から
好物の デンキブランを頂戴しました。

話しの展開で、浅草の話題から、神谷バーの
話題へと、、、、
いやいや、申しわけ無い事をいたしました。
大変感謝し、チビチビと頂く今日この頃です。

さて、宣伝になりますが、デンキブランというカクテルが登場し、
120年もたつそうです。
電気が珍しい明治の頃、目新しいものというと、電気○○○”などと
呼ばれ、舶来のハイカラ品が人々の関心を集めていたそうです。
当時は45°の強いお酒で、それが、電気とイメージが重なって
この名前がついたそうです。

神谷バーで、伺った 通の飲み方は
冷えたデンキブランを、一口のんで、次ぎに、ビールを飲むんだそうです。
実践してみると、ビールが水のように感じます。
が、直ぐに酔いがまわります。
アルコール度数は2種類ありますが、
これは30°!
子供の頃、父の隙をうかがい、味見をした事を思いだします。
また、オレンジを食べながら飲むと、タリアテッラに少し雰囲気が似ている様な気が!?
d0040395_3412149.jpg

by cremonakuga | 2007-11-14 01:18 | Trackback | Comments(0)

Volare Quartetto

昨日、 IL VIOLINO MAGICO Present's ≪Volare Quartetto ・第1回≫を聞きに かめありリリオホールへ行きました。
第1回という事で、初々しさと、緊張感が、、、

とてもリラックスして聞けました。
本当に音楽を楽しむ事の大切さ、また、音楽を通してメンバー一人一人と、
聴く人達との心の通い合い、音楽が日本でも日常に ほしいと思いました。
・・・楽しみながらアンサンブルする!

Volareはイタリア語で、「飛行・飛ぶ」の意味です。まさに飛び立ったところです。
演奏者達の ほのぼのとした人柄が、音楽になていて 心地良い、温かい、コンサートでした。
第2回が、楽しみです。
演奏者
Vn1(総監督)板垣登喜雄、Vn2高橋治、Va館石奈未子、Vc上石真紀子、、各氏
曲目
WOLFGANG AMADEUS MOZART
セレナード第13番ト長調K.525
(アイネ・クライネ・ナハトムジーク)
弦楽四重奏曲第15番ニ短調K/421(417b)

JOSEPH HAYDN
弦楽四重奏曲第39番ハ長調作品33-3Hob.「鳥」
ビートルズ
ヘイジュード、イエスタディ、
サウンド・オブ・ミュージック
アンコールは千の風になって、、、ほか

千葉県八千代からは、アクセスが、すこし、ややっこしく、、、、
行きは、東葉高速鉄道で、八千代中央から西船橋乗り換え、新小岩まで、駅前で京成バスに乗りJR亀有駅へ、
しかし、亀有は同じ葛飾区なのに、終点で40分もかかり、アイネクライネを聴きそこないました。

それで、帰りは、大雨に、、、、JR亀有から松戸へ、新京成電鉄に乗り換え、北習志野で、今度は、やっと、東葉高速鉄道にそのまま乗り換え、八千代中央駅に到着!地下鉄に乗りかえる感覚でしたが、こちらのが、近いようでした。  酔っている場合は、多分寝過ごし、とんでもないところへ行ってしまいそうですが、、、、、、
d0040395_16432713.jpg

by cremonakuga | 2007-11-12 01:27 | Trackback | Comments(0)

Guarneri del Gesù 2

橋口瑞恵先生が 試奏してくださいました。
スケールの大きな世界を持った演奏は、直ぐに大きな人だかりに
なってしまいました。
del Gesùモデルの試奏ありがとうございました。

 演奏会のご案内  2007年12月2日(日)
       17:30から

    ルーテル市ヶ谷センター
      (03-3260-8621)
      東京都新宿区市谷砂土町1-1
      http://www.l-i-c.com

  ≪曲目≫
  ●J.B.バッハ
     ヴァイオリンとクラヴィアのためのソナタ第6番[BWV1019]

  ●モーツアルト
     ヴァイオリン協奏曲第5番[K.219]

  ●チャイコフスキー
     ヴァイオリン協奏曲[Opus35]

BSテレビ朝日で放送・・・11月11日(日)20:00~22:00バッハシャコンヌを、、、
d0040395_2337377.jpg


Hashiguchi Mizue
ワルター・シュタウファー財団、イタリア クレモナのソリストのための専修コース オーディション(アッカルド)壮絶なオーディションにパス。今後、新しい師匠サルヴァトーレ・アッカルドに師事することになったそうです。 おめでとうございます!

d0040395_16483715.jpg

by cremonakuga | 2007-11-09 15:44 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

del Gesù Heifetz

2007弦楽器フェア 沢山のみなさま
試奏と、貴重な ご意見ありがとうございました。
また、遠くから いらして頂いた御客様も多く
もっと良い楽器を次回は、、、、と あらたに決意した
大きな感謝の3日間でした。

3日間、変化する私のdel GesùモデルHeifetzを、その優れた音楽性と、
オールドを知り尽くした 大胆で繊細な見事なボーイングテクニックで
音を出していただきました演奏家の先生方
ほんとうに ありがとうございました。
Heifetzの音が聞えました。
感激でした!
  (リュ-テリア・アライ 荒井節男氏撮影)
     
d0040395_14423126.jpg

by cremonakuga | 2007-11-09 14:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン:del Gesù

弦楽器フェア ご来場ありがとうございました。
Cremona勢が 沢山来ていて、なつかしかった、、、
Raffaelloは風邪をひき かわいそうでした!

今回は魂柱が少し強かったため、みなさん鳴らすのに
苦労されていました。
申し訳ありませんでした。
del Gesu: Heifezt
ハイフェッツの音がしました。
聞いたことが無い種類の美しい音色でした。
いつもの私の音とは まったく異なりました。
とても 感激でした。

プロの先生が、弓を半乗せ状態でボーイングすると、
音が出るとのアドバイスも頂きました。

会場で、丁度良くなる予定でしたが、ジャストにしておけば
良かったと反省しています。
帰宅し、もっと鳴るはず、、、すぐに魂柱を取り替えて確認したところ
6mmの板が簡単に良くなりました!
良かった、、、一安心です。

今回は、私のニスを友人の荒井氏(リューテリア・アライ)に提供、そのニスで仕上げられた
氏のガルネリは、やはり他に無い美しい響きでした。

会期終了後、
音調整の楽器とあわせて、再度ニス塗りを、、、、
(作業中の現場写真のため、美しくない背景を ご容赦ください)

d0040395_13591172.jpg

by cremonakuga | 2007-11-06 02:05 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)