カテゴリ:◆Allievaコーナー( 2 )

Allievoのdel Gesuは今・・・・

Cremonakuga violino
イザイは

Allievoさんは子育てしながら・・・・やっとブロックがセットされた!
Cの部分のアールを削っています。
のんびり 急がず丁寧に音作りに励む
d0040395_21463071.jpg

d0040395_21464267.jpg

d0040395_21465740.jpg

by cremonakuga | 2015-11-08 21:50 | ◆Allievaコーナー | Trackback | Comments(0)

グアルネリ2丁が製作中!

Il Cannone1743 & Ysay1740
の2丁のグアルネリ デル ジェズ
その1丁は・・・
d0040395_1534972.jpg

現在私が製作中のヴァイオリンは、グアルネリ・デル・ジェズは
当初の予定の・・・コチャンスキーからCannoneに気が変わり変更した。
・・・というより順序を先送りに!
コチャンスキーの次はCannoneの予定でしたが・・・・順序を変えました。
誰もが作りたいモデルです。
d0040395_14563967.jpg


しかし 実際には なかなか難しい部分があり、
何年も前から、頭の中では どう製作しようか思いが駆け巡っていました。

普通の楽器を作る訳にはいきません。
プロがソロで 使えるような性能の音は!
実物のように作らないと音は出せません。

奥のポスターはCannone 手前は1734Cremonaの・・・
d0040395_14572089.jpg

なぜなら、裏板が厚いので
ヴァイオリンを鳴らすのが難しいという事があります。
デルジェズでは Davidが6mm Ole Bullは(6.5mm)をさらに増して6.7mmしています。
しかし、ちゃんと良く鳴っています。
厚さを鳴りやすく薄くしたのでは、その楽器の個性が失われます。
厚さを薄くして、鳴りやすくしたのでは、形だけ見た目だけグアルネリという事になってしまいます。
il Cannoneは6.2mmくらいで、私にとって厚さは気になりませんが、
その厚さを含めその面積が広く・・・普通のヴァイオリンの作り方では
鳴りにくい楽器になってしまいます。
また 横板の厚さも厚く 加工しずらい点と、音響的には鳴りにくくなります。
横板の厚さを効果的に利用しなくてはならない。
普通は1.2~1.3mmの厚さで作ります。
実際のストラディヴァリは、1mmを切る~1.1mmくらいで 平均1mmです。
多分、Stradivari先生が作られたときは1.1mmくらいと察します。
Il Cannoneは・・・
車に例えますと普通車と装甲車のような違いです。
鳴ると・・・
ブカッティヴァイロンスーパースポーツのような感じかなあ??と思います。
鳴らないと、動かない戦車になってしまうかも????
今回の
il Cannoneは 横板も1.4mm~1.6mmあり、この厚さも曲げることも難しいですが、そこが楽しみです。

以前製作したものは・・・
Davidでは裏板6mm 横板は、1.5mm
Ole Bullでは裏板6.7mm 横板最大1.8mm
どちらも良く鳴り、グアルネリの音色がします。
細部にいたる箇所まで、普通のヴァイオリンのマニュアルとは違う方法をとります。
グアルネリ・デル・ジェズ先生の作り方をしないと その良さは出せません。

板の選択は、表板は、年輪の幅が広めですが中心は少し狭めの年輪の木材を選びました。
なかなか有りそうで無い材料でした。 1枚だけピッタリがありました。
マスキオ材を使います。
2000年伐採の15年経過した板が年輪がCannoneに良く似ているので使います。
裏板は、年輪が似ている約25年の木材を選びました。
2枚とも このために 私から声を掛けられるのを待っていてくれたかのように感じます。
ネックはまだ これから選ぶことに致します。

もう1丁のYsay1740年は・・・allievo=ultima figliaが
d0040395_14584810.jpg

これは、今習っている下の娘の作るグアルネリ・デル・ジェズ イザイ用の型です。
子育ての合間を使い 週一で ゆっくりゆっくり 製作しています。
一般的な製作ではなく、300年前の思考回路で音を どう作るか???一緒に考え形にしていきます。

piano piano~♪
5才からヴァイオリンを習っていたので 少し有利!
最初あるヴァイオリン6丁くらいの試し弾きが入ったCDで、どれが一番良い音か?
気軽に感想を聞いた時、
何度も、何度も聞き直し 1番2番3番を聞いてみました。
私が期待した回答とまったく同じであったので
大変驚きましたので 筋は良いと感じています。

ヴァイオリン作りは、製作技術が基礎で、最終的には自分が作ったヴァイオリンの音が、良いか?普通か?
悪いか? どうしようも無いか?正しく判断できる耳、感性が重要になります。

少しづつシークレット オブ デルジェズを これから学んでほしい。
d0040395_159138.jpg

90度を出しているところです・・・・・
型は やっと もうじき完成します。 次はブロックを・・・
Cremonakuga監修ヴァイオリンです。
今 夏休み中!
by cremonakuga | 2015-08-05 15:04 | ◆Allievaコーナー | Trackback | Comments(0)