カテゴリ:◆食物・飲み物( 182 )

Cremonakuga Vino-Susina 特製梅酒

6月初めに漬け込んだ梅酒は、8月終わりころから飲めるようです。
ヴァイオリンの音が聞こえる梅酒かも???

そんなにアルコール強い訳ではありませんから・・・1.8L×2瓶も大量に・・・きっといろいろ振る舞ってなくなるのでしょう・・美味しかったらですけれども!
生梅に、すももと大石プラムというプラムを追加漬けした特製!
残念ながら南高梅を待たずに漬け込んだ梅酒。
大切に大切に育んています。
色も少しピンク色で、美味しそうです。
さぞフルーティーな味わいなのではないだろうか???
期待が膨らみます。
d0040395_15463679.jpg
d0040395_15465250.jpg
時々中蓋を押さえながら逆さにして中を均一にしています。
d0040395_15471474.jpg
なかなか味わい深い色彩です。
d0040395_15462408.jpg
d0040395_15455866.jpg

by cremonakuga | 2017-06-22 16:08 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga特製梅酒製作中(追記)

梅酒の季節です!
Cremonakuga特製梅酒を仕込中です。
以前ブランデーで漬けた事がありますが ヘビーな味でなかなか減らなかった負の記憶が・・・
今回はホワイトリカーで、すももも同量入りましたから梅酒と言えるか?どうか?



アレコレ考えているうちに、グラッパで漬けたらどうだろう??
オレンジの皮も入れたらナルディーニのタリアテッラに似た味になりそうな気がします。



d0040395_16314273.jpg

グラッパアルコール度数はいくらだったか???いやいやAmati作らないと・・




※追記 どうも輸入品のオレンジは どこの国からも農薬が沢山かかっているので皮は使えそうにない(涙!)


by cremonakuga | 2017-06-06 16:53 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン作りはパニーノ好き~  panino♪

♪パニ~ノ♪ パニ~ニ♪ violino~



ヴァイオリン作りをちょっと休憩し
遅めのランチは 無性にパニーノが食べたくなった・・・
というより数日前に食べたくなって用意万端ととのっていた!


d0040395_19465527.jpg



d0040395_18524411.jpg
予定日が今日でした。
最近アルコール量も減って毎日が休肝日。
昼間からビールはここちよい。
パーフリング彫りを一休みし・・・・
Cremonakuga風Panino
パンは石窯バケットだそうです。
パルマ産プロシュートクルード(生ハム)たっぷり
サニーレタス 1枚
チーズは簡単モッツアレラスライス1枚
バター少々
黒胡椒 パラパラ
塩少々 パラパラ
マヨネーズ+マスカルポーネ たっぷり(マヨ多め)
①最初に開いたパンをオーブントースターで1分温め
②バターを片面塗る
③パルマ・生ハム挟む
④⑤サニーレタス+マヨネーズ
⑥胡椒、塩 パラパラ
パンを閉じ再びオーブンへ
1分
完成!
生ハム、レタスは冷たく
パンは暖かく
表面がパリパリ香ばしく・・・
最高の出来でした。
残念ながらビールはモレッティがなくレヴェンブロイになった。
さっぱりしたビールが欲しかったのですが、味わい深いビールになってしまいました。


d0040395_19350190.jpg
d0040395_19453237.jpg





by cremonakuga | 2017-05-31 19:00 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

Cremonakuga特製季節のパスタ!菜の花と浅蜊

恒例Cremonakuga violinoパスタ工房 特製
"菜の花のパスタ! ボンゴレアレンジ"

この季節になりますと菜の花が店頭に出るのを待ち遠しく
待っています。

これを食べないと春が来ない気がします。
fiori di colza(parte di stelo e fiori)
vinobianco
bongole
aglio
zenzero
sale
olio d’oliva
d0040395_19385811.jpg

by cremonakuga | 2017-02-28 19:50 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

Ho cucinato la pasta carbonara romana!

cucinato la pasta carbonara romana!
preparare due formaggi
①parmigiano reggiano
②pecorino romano

rosso d'uovo,pepe nero,sale,
gusto è cosi cosi! abbastanza vuono!
Mi sento che unpo manca di volume =formaggi!
da Cremonakuga violino

d0040395_17562285.jpg

by cremonakuga | 2017-02-13 19:55 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

いただきものご紹介!

くるみ や ピーナッツ アーモンドなど 身体に良いオイルを多く含みます。
おいしいお菓子は、緑茶、コーヒー、紅茶など una pausaと時、
嬉しい!
甘さが 控えめで、チャラメルの懐かしい味にくるみが良く合います。
キャラメル???コーヒーもあるくらいなので相性は良さそうです。
d0040395_16422690.jpg

d0040395_16434146.jpg

鎌倉の紅谷さんの「クルミッ子」
第25回神奈川県名菓展 菓子コンクール最優秀賞受賞
菓子の説明は・・・
ぎっしり詰まった歯ごたえのよいクルミと、甘さとほろ苦さの絡み合った自家製キャラメルを、バター生生地でしっとりとはさんで贅沢に焼き上げました 職人の手仕事が際立つ逸品をお楽しみください。・・・・・・
という説明書きです。
ほかに鎌倉の鐘、はちまんじゅう、など品揃えがあるようです。

ちょうど有ったクルミと一緒に・・・♪

今日のコーヒーは、100%アラビカ種のケニヤマウンテンブレンドを あまり濃くせず、飲みやすく優しく淹れました!
by cremonakuga | 2017-01-16 16:44 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン作りさらなる挑戦!

久我ヴァイオリン工房の

・・・・・・・・・Bicerin・・・・・・・・

ビチェリン再挑戦・・・
d0040395_17223216.jpg

今回は、イタリアのesserreのチョコレートドリンクを使いました

ミルク100cc
ciocao(イタリア)・・・25g
エスプレッソ 30cc
生クリーム 適量

チョカオに砂糖が含まれるため、
エスプレッソには砂糖は入れませんでしたが
入れたほうが美味しそうでした。
お好みで!

ただ チョカオを溶かす時
本当はスチーマで温めるのですが
それが無いので
湯煎しましたが、
・・・ここが過ぎると固まり出し硬くなります。
トロッが ドロッ・・・・ねっとり・・・

トロッで器に移すのが難しい。今回はドロッとしたので
イマイチ!
d0040395_17224854.jpg

by cremonakuga | 2016-10-26 17:24 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房の挑戦 ビチェリン 第3弾

久我ヴァイオリン工房作 第3弾!
ビチェリン 
il Bicerin stile Cremonakuga
今日は、生クリームを泡立てた・・
しかし 泡だて器が見つからず・・・手動で!
疲れました・・と弱音!
d0040395_161471.jpg


d0040395_1612775.jpg


第3号 ビチェリン
il terzo Bicerin・・・・ 22,Ottobre,2016

生クリームが上手く出来 見た目が良いのですが、食感は 今一つで第2号のほうが美味しかった
2号で生クリームに砂糖を入れたのに対し、3号は入れなかったのでクリームとチョコとエスプレッソが上手く馴染まなかった、味ガ繋がらなかったからではないだろうか????泡立たせ方に問題があったのかも???手動で結構疲れたので このくらいでいいのかな???と 今日はクリームに重さを感じた! 軽いクリームにしたいのです。 ヴァイオリ作りより難しいかも???

音色を感じる事と 味覚を感じる事の感性は共通している。いかに敏感にデリケートに 客観的に かつ的確に感じるか!

ビチェリン極めるには
もう一度トリノへ行かないといけないかも・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2016-10-22 16:01 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン工房のビチェリン! il Bicerin

久我ヴァイオリン工房 試作 ビチェリン il Bicerin トリノ風
ビチェリン風かも!?

d0040395_1623139.jpg

21,ottobre,2016
ヴァイオリン作りは 探究心の塊です。
どんな事にでも 疑問を持ち 納得するまで 追究しないと収まらない・・・・
・・・・という生まれながらの性分。
Bicerinを飲まずしてTorinoを語るべからず。。なんて言葉は無かったのですが!

でも見た目で濃さが大分違いますね・・・・・
スチーマとか使うようですが・・・無い!
生クリームでなくムリーム上のミルクだったか???
記憶は薄いが
なんとなく味は 記憶に少し有る・・・

急にトリノのビチェリンが無性に飲みたくなった!
トリノはチョコレートの町。

そこで 記憶の味覚を呼び戻し・・・
come si cucinare il bicerin ?と つたない検索をした・・・

とりえず、同じ様な味になるか実験する
板ブラックチョコ1/3
エスプレッソ ドッピョ
生クリーム少し
板チョコを少量のミルクで湯煎し溶かす

しかし カロリー多そうです。

次回は生クリームをホイップしよう・・・でも とても美味しかった!
チョコレートとエスプレッソ好きな人にはたまらない・・・
なんとも幸せ感を感じるお味です。
暖かく美味しい事この上ないです。

しかし・・・・しかし・・・・
反省・・・生クリームは滑らかな食感と見栄えにも重要!
チョコレートの色の濃さから違うので更なる工夫が必要です。


やはりエスプレッソが本物でないとダメ、チョコレートも上質な物が必要です。

チョコレート
エスプレッソとチョコレートをミルクで濃い目に溶かしたもの、そして生クリームを

d0040395_14561220.jpg


il secondo Bicerin
第2号ビチェリン・・・ 21,ottobre,2016
d0040395_19112660.jpg

d0040395_16511228.jpg


ビチェリン一杯分の内訳試算
カロリー・・・・・248kcal
糖質・・・・・・13.2g
脂質18.1g
炭水化物3.2g
タンパク質2.2g
ナトリウム29mg
カルシウム50mg
食物繊維0.9g

糖質内訳は板ブラックチョコレート・・・・・  1/3 8.2g
(板チョコは味が今いちである!)
砂糖スプーン1杯・・・・・・・   5g
チョコレートの糖質とエスプレッソの砂糖でエスプレッソのスプーン一杯が大きい
by cremonakuga | 2016-10-21 14:26 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)

 渡辺玲子さんのコンサートを聴いた!久しぶりに・・・

久我ヴァイオリン工房
昨日は 渡辺玲子さんのコンサートを聴きに白寿ホールへ!
最後にお聴きしたのはもう15年以上前だったと記憶????
その時は ストラディヴァリだったように記憶しています????
記憶だと初台のオペラシティーだったと・・・やはり記憶しています????
曲も 確か カルメン ファンタジー????だったように やはり記憶しています。

調べるに どうも そのストラディヴァリウスは日本音楽財団の 1709 エングルマンだったようです。
先日 サントリーホールで聞いたエングルマンです。

昨日はレクチャーコンサートという事で 昨年につづき第2回目との事でした。
今回もチケットとるのが早い時期で 苦労しました。

一曲一曲ごとに、事前に 作曲家の意図や、演奏するにあたって感じ取ってほしい色々な聴きどころ それがなぜか??

音大にでも行っていないと分からない専門的な言葉や、名演奏家ならではの
演奏上の表現の裏話 などなど ピアニストの立場からなどなど
音楽家ならではの 楽しい会話が良かった!
最初に耳に残ったフレーズはappoggiatura(これで良いのか??)だった!

レクチャーの後は一回楽屋に引っ込み、
演奏は場面を切り替えて始まるのでコンサートもコンサートとして楽しめた!
しかし、演奏家の立場では 集中するのに難しいとの事でした・・・それはそうでしょう・・・と同情しました。
良い演奏が聞けました。

お二人とも話出すと 流れるように言葉が噴出し 全体の時間が押して
時間コントロールにご苦労されていました。
最後に 質問コーナーがあって、それも良かった!
音楽についての質問がほとんどでしたが、
渡辺玲子さんの音楽に感動して 追っかけをされているご婦人が 質問されていましたが、
追っかけする感覚は良く理解できる。
出来れば 私も追っかけたい演奏です。

肝心のグァルネリ デル ジェズでしたが、公にグァルネリで演奏と書かれていなかったような気がしましたのですが、低音はグァルネリっぽかったので そうだろうと思いますが、1740年代の音色とは違った。
美しく優しい音でした。 レクチャーの時に 雑に音を出し説明するときに音が シンプルに生の音楽になる基本の音で それも聞けて良かった。
その音ですら 私が出す音と違うからです。

日本音楽財団のパンフレットの写真と演奏会の写真の楽器のキズ色の変化を比較すると 少し違うのでムンツなのか???新しキズ? ニスレタッチ? 一致しなかったので 疑問が・・
・・・・しかし 確認しましたが
間違いなく 日本音楽財団のムンツだそうでした。

渡辺玲子さんと言えば、ヴァイオリンについて 演奏家が新作を使うことが将来にとって使命・・・的な会話をされたと聞きます。
カントロフも同じことを言っていたような気がしますが、今もそうなのか聴いて見たかった・・・と帰りの電車の中で思った!

それから、レクチャーの端々に 音程を声に出して唄った音質の美しさには驚きました。


グァルネリデルジェズ1736ムンツとストラディヴァヴァリウス1736ムンツは、非常に興味があります。
1736年当時

Bartolomeo Giuseppe Antonio Guarneri(del Gezsu)は1698-1744846歳)
Antonio Stradivari 1644-1737 (93才)

1736年当時
ストラディヴァリ(1644~1737)92才
グアルネリ (1698~1744)38才

歳の差54才
ストラディヴァリの息子フランチェスコ(1671~1743)は65才
オモボノ(1679~1742)は57才

オモボノと年齢が近く それでも19才の差

もやは、ストラディヴァリの孫世代
アントニオの息子のフランチェスコの子供 つまり孫は
Fracesca 1700~1720
G.B.Giuseppe 1701~1702
G.B.Martino 1703~1727
Giuseppe 1704~1781
Paolo 1708~1776

つまり Francescaと遊んでいた年齢で、生まれてすぐに亡くなったG.B.Giuseppeと面影が重なる年齢
これは 想像ですが、孫のように接していたと思います。

一方Guarneri familyは////

お父さんの Giuseppe Giovanni Batista Guarneri(1666~1739?1740)当時73才
お兄さんのPietro Guarneri(1695~1762)は当時41才


二つの楽器の音色は その当時の流行り、や 趣向の傾向かも知れない・・・
個人的な感想では
共通するのは 低音が特に鳴る。 ストラドの高音よりデルジェズの高音の方が主張しているように感じます。
デルジェズの低音は 1740年代より控えめに思う、全体にまとまった 極めて上品な美しい音色のヴァイオリンでした。デリケートな表現が音色になって心に届いた。師匠の作った楽器の一面にふれる事ができました。
by cremonakuga | 2016-10-21 14:14 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)