カテゴリ:◆旅行とヴァイオリン( 43 )

ヴァイオリン担いで松本・・No5

久我ヴァイオリン工房・・・松本へヴァイオリン担いで・・・・・

車窓より・・・松本市を望む・・・
d0040395_15413459.jpg

流れる木立
d0040395_15414311.jpg

最大限のアップでブレないように
d0040395_1542035.jpg

これ、ちょっと素敵な風景
d0040395_1542516.jpg

スズキシンイチ記念館・・・コンサートを聞きました。
d0040395_15422895.jpg

松本城・・・車窓から、いまだにじかに見学したことがなく、次回はぜひぜひ・・・
d0040395_15423775.jpg

同行させていただいた、T.S.コンサート協会長K氏の後ろ姿・・・朝6時前の散歩、
私ついて行けず息が切れました ・・・水が欲しい~・・元気な彼の後ろ姿をパチリ!
私より大先輩ですが、毎日通勤に駅まで、かなり歩いていらっしゃるそうで、継続は力ですね!
d0040395_1543181.jpg

by cremonakuga | 2013-04-07 15:55 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン担いで松本No4

久我ヴァイオリン工房・・・松本滞在、諏訪湖へ
諏訪湖の岸にある足湯で、のんびりし、間歇泉の時間を待つ・・・・・
左がぬるく、ここは最初少し熱い、、少しで丁度良くなっています。気持ち良い~

失礼しました。見苦しい足で!
d0040395_20145816.jpg

間歇泉は、何回も噴き上げた・・・サービス旺盛です。
年月とともに、どうも間歇泉の吹上が力がなくなってきたようで、噴き上下られるように
助けているようです。
近くで見ると、けっこう豪快で満足です。
まだまだ風が冷たい
d0040395_201513100.jpg

d0040395_20152931.jpg

d0040395_20153753.jpg

諏訪湖の一本松と言うのでしょうか??
d0040395_20163233.jpg

のどか
d0040395_20164561.jpg

by cremonakuga | 2013-04-06 20:23 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの旅松本ヘ No3

ここは、蕎麦屋さんで、旅館の深志荘という宿で、なかなか接客も行き届いています。
特別にらしい?個室ですが、立派な生け花を生けていただいたようです。
この日は、安曇野へ行きました。途中山葵田を見て、安曇野の温泉から安曇野ワイナリー~
そして、ここへ・・・・・


どうぞ 召し上がれ!ブオナペティート!
d0040395_12144410.jpg

d0040395_12383284.jpg


d0040395_12145761.jpg

d0040395_12151665.jpg

d0040395_12152896.jpg

いつもすべての写真を撮る予定ですが、つい撮り忘れます。すべて美味しかったのですが、
写真にはない、お蕎麦は やはり美味しかったです。
無農薬無添加食材を使用しているとのことでした。
昨年、お蕎麦を食べに来たときは、1月末、部屋が暖まるまで寒かった記憶、部屋はどうか?心配したが、
とても暖かでした。個室にもお風呂があり、大浴場もあり、ほんのりする旅館でした、時期でスズキメソッドの世界大会で来た家族がほとんどで外国人家族のいらした。
松本の良い思い出になったのではないだろうか!
松本駅から車で5分~くらいらしいです。

久我ヴァイオリン工房初めての方は、HPはこちらから

Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2013-04-05 12:31 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン担いで松本にて

クレモナクガ・ヴァイオリン担いで、雲の上に浮かぶ情念岳を拝む・・・・、左に尖ったのが、槍のようです。

2857m常念岳
d0040395_2241660.jpg

松本にて

久我ヴァイオリン工房のHP初めての方はこちらから


Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2013-04-01 22:49 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

久我ヴァイオリンin 松本 No1

松本市で、スズキメソッド世界大会が開催されました。
なんでも世界中から集まったそうです。
泊まった旅館も家族で海外から参加のようでした、国際色豊か。
街中、ヴァイオリン持った家族連れでにぎわっていました。
かなりの経済効果もあったのではと思います。
d0040395_2140775.jpg

それに参加する演奏家さんも含めて、
良い機会でしたので、仲良しが松本へ移動しました。
私達は、それとは関係ありませんが、
深志荘という旅館に一泊、友人宅 L・Aさんに一泊させていただき・・・
旅館の料理が美味しかったのですが、必ず食べるのに夢中で、写真を忘れます。
忘れました・・・・・少しだけ・・・・ご紹介。
やはり最後のお蕎麦が美味しかった!

山葵です・・・ランチしましたが、新鮮な山葵は、あまりツンとこなかった。美味しくも有り、ツンが欲しくも有り、
サーモンの山葵丼と言ったか??どうだったか??山葵の葉っぱが半分入っていた、パリパリ歯ごたえがあり、初めての触感、ご飯には山葵の葉の茎が刻んで混ぜてある。写真は完全に忘れています。
食べるのに夢中!
写真は、良くある撮り方ですが・・・・
d0040395_21332080.jpg

夜は、興味深々で、山葵の焼酎とやらを飲みましたが、あまり山葵を感じませんでした・・・
d0040395_21334358.jpg

ここのところ、小生お疲れで体調も不十分ではありましたが、リフレッシュしました。
by cremonakuga | 2013-03-31 21:44 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

ルーツの旅の写真

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino

私は、東京生まれ東京育ちですが、父は東京生まれ宮城育ち、終戦から東京暮らし、母は、東京生まれ、東京育ち、母の父、母も東京生まれ何代も・・・・宮城へ行ったのは1~3歳の頃1度で記憶無し・・・・
先祖をたどると手仕事の人が多い。

父の育った土地を実際に見る・・ルーツをたどる旅のような気がしました。財布を落としたり・・・いろいろありましたが、
秋の紅葉などの写真をご紹介します。

久しぶりの完全紅葉、真っ赤です 紅く燃えてます。
d0040395_23122095.jpg

くりこま高原駅・ホテルエポカ前、財布~!気が付く。

d0040395_2352415.jpg

d0040395_2362869.jpg


紅葉の落ち葉、池に浮く姿も美しい
d0040395_23115285.jpg

d0040395_2312870.jpg


地震で崩落の跡
d0040395_2313397.jpg

復旧工事中です。
d0040395_2323862.jpg

d0040395_2313141.jpg

くりこま山から望む
d0040395_23133552.jpg

岩魚養魚場
d0040395_23134762.jpg

d0040395_2314096.jpg




久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房




cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-11-06 23:26 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

宮城県栗原市を行く一泊二日間は・・・・財布を落とす旅でした!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

財布が無い~
d0040395_151476.jpg


この29日,30日でプライベートで一泊二日間、宮城県栗原市へ行きました。
前日まで、雨でしたが、幸い良いお天気で、とても景色が綺麗でした。
雲も八千代市のとは違い、平野に浮かぶ大きな雲の存在感、自然もスケールの大きさを感じました。

父方の祖父母の墓が、あり、それを確認しに行くという旅であった。
お骨を移すということは、大変な手続きがいる事なのです。

60数年前に、1~3歳に行った記憶は、ほとんど残っていない。
、祖父は、逓信省につとめたが 宮城の戻ったらしい。
父は東京生まれ宮城育ち、20代後半終戦から以後東京でくらした。

私は、宮城は、カエルがたくさんいて、喜んだ記憶が おぼろげに残る・・・・・・だけ
それ以降今回は初めてだった!

だから、私には、田舎は無かった・・子供の頃は、夏休みになると、と友達は、みな田舎に行き、東京は
もぬけの空になった。カブト虫とも縁がなかった。

本家の方、親戚の方に、お世話になり、墓を案内していただき、また、祖母の実家の方達にも、ご挨拶しながら、みなさんほとんど初対面でした。とても、温かく迎えていただきました。

墓を見て、年月の経過を実感しました。

いろいろな資料を拝見し、
なんでも
武烈天皇(恐ろしそう!)に随行し、ずいぶん大昔のお話になりますが、この地にとどまったらしい!?
武烈天皇本紀・・・というのに遡ります。

そして、いただいた
書き記されている家系図多分どこかから別れた・第一代が、元文5年・・・・
その6代の人からの流れで、現在の本家で11代・・・・
いえいえ一度見ても、まったく理解が出来ません。

そんなこんなで、切ってもきれない歴史を感じました。

初日、予定が終了し 新幹線 くりはら高原駅前、
ホテルエポカでチェックイン・・・・

なんと財布が、無いではないですか!?
どこを探しても無い  無い  無い かなりあせる 汗・汗・不安感
あの使い古したコードバンのワインカラーの中折れ財布!
落とした・・・・・ア~ どうしよう????
現金かなりとクレジットカード、キャッシュカード、健康保険証、計10枚くらい
どうやって、ストップかけようか???頭をよぎる

親戚にきてもらい探すのも・・・・かなり問題です。

よりによって、
よくよく考えると、車から降りた場所は、限定できます。
ラッキーなことに鞄に、関係ないお金が数万円あったのに気が付きました(そんなに忘れてしまってあるなんで
お金持ち!=いいえ無頓着なだけですが)
不幸中の幸い、
タクシーで市内を回り、夜のお墓も懐中電灯で探索・・・意外と不気味ではなかったのが不思議です。
本家には、車内や、お墓の一部を探索してれいただき、
昼間使ったタクシーも調べてもらい・・・

どこにもなく、1時間後、夜、最後に警察へ出向き、なんと届けられていました。

良かった! だが、不注意で、ずいぶん迷惑をかけてしまった。
とても恥ずかしい思いだった。

その拾って届けてくださった方Gさん、本家の兄弟のK歯科へ通った時だったとか、
翌日の今日、お礼にうかがって分かったのは、新幹線着いてタクシーで降りた場所で拾ったそうです。
つまりタクシーの乗り降りで落としたということでした。(タクシーの運転手さんが言うには、乗降時に落としケースが多いそうです)

お墓の件で来た旨を話すと、そのGさん曰く、100年くらい前に 私の家の親せき??の呉服屋さんにお婿さんに入って、その時その呉服屋さんが作って、配った小さな器をいくつもあるのでと、1つくださった。
d0040395_1522580.jpg


私の落とした財布を、私の親せき筋の歯科(私は面識のない方)へ通う、遠く昔 親戚関係につながる車で20分くらい遠い方が拾って届けてくださった。その方は遠い遠い親戚関係にあった。
確率からすると、考えられないくらい不思議なことです。

そしてそのGさんの先祖は、あの雪の八甲田山雪中行軍の方らしい・・・???

どうも祖父母が、私を少し遊んでくれたのではないか・・・・とも感じました。
旅の最後は、ハッピーエンドでした。

本家の11代当主に栗駒山をドライブにつれていっていただき、度重なる地震の爪痕など案内していただいた、地震で、小さな山がいくつも消えるくらい陥没し、地形が変わる、土砂崩れの痕、温泉旅館の生き埋め現場、慰霊碑・・・を解説付きで案内していただき、地震の恐ろしさ、自然の大きさ、今後の考え方、心構えなど、緊迫感など実感できました。大変勉強にもなりました。

温泉生き埋め現場・慰霊碑などあります。いや~本当に怖い・・人間は、自然にはかなわない!
d0040395_153635.jpg



そして昭和46年、日本で初めて岩魚の養殖に成功した数又養魚場でイワナ料理、お刺身などをいただきました。(宮城県栗原市栗駒沼倉耕英南127番地  数又養魚場さん  0228-46-2136)
d0040395_154273.jpg


また、何度か宮城に伺わないといけなません・・・
2日が、1週間くらいに感じました。

さあヴァイオリン再開です。
by cremonakuga | 2012-10-31 01:19 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(2)

奈良橿原神宮へ

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

奈良樫原神宮にて、
d0040395_12225192.jpg

橿原ロイヤルホテル8階客室窓から・・・・・
d0040395_12233284.jpg

d0040395_12241989.jpg

せんとクンさようなら!
d0040395_12341255.jpg

旅に出る前、左腕・肩が、不調でしたが、荷物を持って歩いていたら、すっかり治ってしまいました。
長かったようで短かった旅、時々遠くへ出たほうが良いと、つくづく思いました。



ホームページTOPヘはこちらから
cremonakuga violino

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-02-08 12:28 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

cremonakuga violino行脚・・・京都から、奈良へ!

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

京都から、奈良へ
京都祇園ホテルをチェックアウトすると・・・外は雪がチラチラと舞ってきました。
風は、冷たいが 身体がまだ温まっているので、顔がひんやり、祇園の街並みは心地よい!
d0040395_13362740.jpg

                           鴨川方面へ歩く・・・前に、八坂神社をパチリ!
d0040395_1337332.jpg

                           鴨川も雪が・・・
d0040395_13373046.jpg

d0040395_12503434.jpg



d0040395_13381238.jpg

                           ここから乗車! ・・・・・で近いんだか、どうだか良く理解していません!
d0040395_1339716.jpg

d0040395_13394666.jpg

                           ここで近鉄に乗り換えます。
d0040395_1340627.jpg

                           奈良ならではの風景です!
d0040395_13402720.jpg

d0040395_13404863.jpg

d0040395_1341831.jpg

                           橿原神宮に到着です。広大・・・・・・・・あっちは、近く見えますが、歩くと時間がかかります・・遠い。玉砂利は、足を鍛える運動に大変よろしいです。 精神的に空気が清く綺麗な感じがします。
d0040395_13415776.jpg



・・・・・乗った電車は、そのまま乗っていると奈良へ行ってしまい、あぶないところでしたが、アナウンスに救われて無事 橿原神宮につけた。さて社務所は???どこでしょう?????



久我ヴァイオリン工房ホームページTOPへはこちらから

http://homepage2.nifty.com/cremonakuga/

久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房  
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-02-05 13:58 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)

そして、京都へ

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

行脚の旅は・・・・名古屋は、思えば写真を撮らなかった!
おまけに、到着早々HOTELの場所を一駅勘違いで、あるべき場所に、無く
・・・・・友人のヴァイオリン工房「パヴァーヌ」さんを初めて訪問した!
なんだか、美味しいお蕎麦をいただきに、うかがったようになってしまいました。
名古屋のお蕎麦、山椒をかけていただく・・・美味しい!
旅は、してみるものですね!

ホテルは、ネットで、お安く泊まれ、朝は焼き立てのパン、フレッシュジュ-ス、美味しいコーヒーが有れば充分です!

お安かったためか、若い人ばかりで、朝食は、場違いのような気がしましたが、おなじくらいの年齢の方もいらして、ホツ!~ 
ただ、禁煙ルームが無かったので、少し我慢をした。
翌日は、京都へ!
そして、京都から、20分くらいの城陽という地にお住まいの、お客様宅へ、おうかがいましたストラディヴァリモデルを、お試しいただき、好評につき、お作りさせていただくことになりました。 
真摯に音に向われていて、生のコンサートを聞き、ボーイング、音、楽器の違いと音・・・
そして練習されている・・・ただ、習って練習するのではなく、生を耳で聞く!とても大切なことと思いました。

                      京都駅へ新幹線で到着
d0040395_17172197.jpg

d0040395_17182882.jpg

d0040395_17184868.jpg

d0040395_1719992.jpg

                     なかなか良い写真!かも???
d0040395_17193478.jpg

d0040395_17195712.jpg

d0040395_17201912.jpg

d0040395_17203992.jpg

d0040395_17205453.jpg

d0040395_1721207.jpg

d0040395_17214567.jpg

d0040395_1722496.jpg

d0040395_1724487.jpg

d0040395_17251045.jpg

d0040395_17253175.jpg

d0040395_1726015.jpg

d0040395_17261595.jpg

d0040395_17263587.jpg

d0040395_17265137.jpg



早めに、京都駅に戻れたため、日曜日ではありましたが、「あまのとしかずヴァイオリン工房」にお邪魔しました。 お久しぶりでした、弦楽器フェアでは お客様で、あまり、お話ができず・・・
焼酎の美味しいお店で・・・楽しくお話が盛り上がりました・・・・結局、祇園方面の地下鉄は、最終になってしまいました。 ちなみに黒糖焼酎のお湯割りをいろいろな銘柄を・・・制覇!??
日曜日のせいか、結構早い終電でした。

祇園ホテルは、八坂神社の近くで なじみの記憶があり、懐かしかった。
次は、30日へ・・・・・

久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房  久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-02-04 17:31 | ◆旅行とヴァイオリン | Trackback | Comments(0)