2008年 07月 18日 ( 1 )

ヴァイオリン製作者の手料理!イタリア風



よく拘るという言葉を使いますが、

鯵にこだわる?…・味にこだわる?…・・
d0040395_22545681.jpg


拘りとは???…………・

拘ってヴァイオリンを創る…・・
拘りの趣味…・
ありったけの拘り…・・
材料に拘る…
形式に拘る…・

「拘る」を辞書でひくと…・

意味は
①さわる、さしさわる、さまたげとなる、
②些細なことにとらわれる、拘泥する、
③些細な点にまで気を配る、思い入れする、
④故障を言い立てる、なんくせをつける、などなど

……とありました。


ブログCaffe o Te に載せる内容を 吟味しているだろうか?
ブログの内容 拘っているのだろうか?
いい機会なので、私なりに考えてみました。

ヴァイオリン製作者なので、ヴァイオリンのことだけ、載せれば良いのかもしれませんが、
そもそも Cremona 時代からの、生活の総てを日記にしていました。
あまり 拘らないで、気楽に ブログにしてきました。

ヴァイオリンを創るにあたって、さて拘っているのか…・
①は、思いつかない。   ②は、あまりとらわれていないが、周りからは、そう見られるかもしれません。    ③は、確かに、音には妥協しない。その時点で可能な限りを尽くす。 楽器にたいする美意識も同じです。

③については、結構、同感される方が多いかもしれませんが、

しかし 大切と思うことには気を配るが、そうでないところは、ぜんぜん気を配らない、
なんていう事は良く聞きます。

それはその人が、必要ないと感じたからだと思います。 そういうケースも多いのでは…・・

何事も趣味の場合には 以外と多いかもしれません。 
面白くないことに労力は費やしたくない…と普通思います。  

料理と それを食べること、は好きで、後片付けは面倒!  は良くあるケース。
  
料理のこだわりの 〆は 後片付け!  かも! 

創るために、つまり生活のために、とくに食べること、運動、などなど 適当にし、犠牲にする  ことがあります。

食べること、運動することを ないがしろにすると、本来の創ることが出来なくなってしまう時期が早まります。

つまり、みんな繋がっていて、食べる…運動する…散歩…・コンサートへ行く…・・TVを見る…・ヴァイオリンを創る…・

余談が多くなりましたが、

さて、魚を料理するにあたって、何かに拘っているのでしょうか!?

 ☆いくつ?

素材の魚は、近所の スーパー「カスミ」の195円の鯵、あまり拘っていない。☆

虹鱒だったら、どうだろう!?☆☆

スパイスは、イタリアの頂き物…こだわりがあるかも☆☆

塩は…・国産の普通の塩 !  ゲランドではありません。

オリーヴオイルは、イタリアLucca産で、どこでも売っているもの…Luccaは美味しい! 滞在したことがあります。☆

バジル…庭のものを☆

結局、拘ったのは、創る気持ち☆☆☆、食べたいと思う気持ち☆☆☆を 拘ったようです。

鯵の、はらわた を取り、洗い、水気を拭いて・・・・
d0040395_22574570.jpg


スパイスをたっぷり、塩も 中、外に
d0040395_22373685.jpg

オリーヴオイルを、中、外へ
d0040395_2238357.jpg


待つ事30分・・・・・・オーブンで・・・・
d0040395_22385432.jpg



さあ 出来あがりました。 見かけが悪い!

d0040395_22394078.jpg



 ホイルのまま 頂きます! 鯵=味は 最高です!

Bonissimo!
d0040395_2240333.jpg


☆ブログは、自然に書くを基本に、あまり格好つけず、ヴァイオリン製作者の実態に迫る!
で行きます。 変に拘らずに・・・・・・・・!? Cremonakuga violino

・久我ヴァイオリン工房・
by cremonakuga | 2008-07-18 22:43 | ◆食物・飲み物 | Trackback | Comments(0)