最近お気に入りのヴァイオリン弦はエヴァゴールド!

最近の弦の組み合わせで
ヴァイオリンで
お気に入りの組み合わせがあります。

その前に、どういう会場か??
何が弾かれるか?
などなどで
少し違ってきます。
小品や、ソナタはE線を0.26を基準にしたいと思っています。

コンチェルトや大きな会場では
テンションの強い組み合わせにします。
Eは0.275mmや0.27mmを使います。
A,D,Gは・・・
ペーターインフェルドかエヴァピラッチ、エヴァピラッチゴールドなど・・・
ソナタなどは、E線は、0.26mmで、ADドミナントでG線をガットにしたりします。
ガット弦は、オリーヴのリジットが多いです。
D、Gともリジットか
Dノーマル、Gリジット
その場合、E線はピラストロゴールドかオリーヴゴールド
Aもオリーヴが最適ですが、直ぐに切れるので
Aはシノクサを使います。
ここのところは・・・
オール、エヴァピラッチゴールドが気に入っています。
もうひとつは、
Eウエストミンスター0.275 A、D、Gドミナントがお気に入りです。
ADGペーターインフェルドは、何か柔軟性が無い音のような感じがします。
一本調子のような・・・???
デリケートな表現が難しそうな・・・・??個人的に・・・
楽器にも依るのでしょう きっと!




by cremonakuga | 2017-05-23 20:36 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/24225476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Nicolò Amati 1666 ヴァイオリンのアーチについて!... >>