Cariploの弦の種類と音色

久我ヴァイオリン工房

グアルネリ デル ジェズ 1744
Cariplo
弦を張った状態での映像

グアルネリ カリプロ その音色は・・・・・・・
d0040395_22264120.jpg


弦を 2バージョン試しました

E・・・オリーヴゴールド
A・・・ドミナント
D・・・ドミナント
G・・・オリーブリジット


E・・・ウエストミンスター0.275
A・・・ドミナント
D・・・ドミナント
G・・・ドミナント

①・・・・・全体に繊細かつ気品があって 中、小のホール向き、室内楽など良さそうです。
とにかく美しい種類の音色
E線が美しい、G線は滑らかで 大きく膨らむ

②・・・・・これで悪魔のトリルを聴きたい・・・と思う音質
迫力満点!
E線は、シャープで強い。A~Gは、はっきりした音色でやはり迫力が有ります。
バリバリ弾いていただきたいと思うような音色。

①②1丁のヴァイオリンで 弦でこれだけ違うので、非常に面白いです!
ドミナントADGと E ブラカット0.26で 普通に鳴らせます。





d0040395_22213013.jpg
d0040395_22222114.jpg
d0040395_22223629.jpg
d0040395_22231019.jpg

by cremonakuga | 2016-11-10 22:27 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/23609149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Cariploの音色の変化 ヴァイオリン作り人は太平洋へ No3 >>