フィレットを入れる

Guarneriのフィレットを入れる・・・
フィレット(パーフリング)は、1.1mmを想定、溝は1.1mm強
カッターの刃を砥いで 2枚の間隔を調整し piano piano・・・・・・・
コーナー部分が特徴で、フィレットの合わさる部分が あまり先端に行かないように
コーナーの幅を確認しながら幅を確定しカッターでケガキを・・・・・
フィレットは端から4.2mmくらい内側になるようにしました。



d0040395_1785162.jpg

d0040395_179838.jpg

準備完了!
d0040395_1795129.jpg
d0040395_17104689.jpg

2枚の刃の間隔は1.1mmです。間隔の調整で30分かかってしまいました。ここは慎重に大事なところです・・・
d0040395_17254989.jpg

d0040395_17261346.jpg

少し掘ってみて、試しに1.1mm以下に加工したフィレットを入れてみる。
d0040395_17262892.jpg

d0040395_1721395.jpg

by cremonakuga | 2016-09-04 17:40 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/23466197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< フィレット溝を彫る・・・・Gu... Guarneri del Ge... >>