ストラディヴァリウスの色がつき始める

2015年6月21日更新

久我ヴァイオリン工房

ストラディヴァリウスは ここから赤色を足しながら また薄く赤を取りながら
本物へと変身していきます。

クレモナクガのストラディヴァリ

カメラの露光、色調を変えながら何枚か撮ってみました。


Tavola
d0040395_1451295.jpg

d0040395_1452412.jpg

d0040395_14522288.jpg

d0040395_14523923.jpg


Fondo,Fascie
d0040395_14534350.jpg

d0040395_14545022.jpg



Fondo
d0040395_14551377.jpg

d0040395_14553015.jpg

d0040395_14561561.jpg



Testa
d0040395_14555554.jpg



赤は塗っていくと だんだん色の濃さ、鮮やかさが麻痺していきます。

今はこの写真より濃い状態になっています。
by cremonakuga | 2015-06-21 15:00 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21893037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ストラディヴァリウスの赤が重ね... ヴァイオリンの弦の組み合わせに... >>