新作ヴァイオリンちょっと遊び心を!

久我ヴァイオリン工房

ストラディヴァリウスモデルの新作ヴァイオリンは、ネックを仕上げてから本体に仕込む作業にかかっています。

本体のサドルは 昨日既に組み込みました。
ネックは、ちょっと考え、クラウンを入れることにしました。

継ぎネックはしませんが、アクセントに入れようと思います。音響的には何の意味もありませんが、
なんとなく入れたい~♪
久しぶりの仕事になります。
d0040395_13192126.jpg

d0040395_13194851.jpg
d0040395_1320079.jpg

BNCOのキズが目立ちます!型は、当たりをとる目安に使います。
すり合わせながらジャストフィットさせますが、黒檀は修正すると広がり・・
本体のボタンは小さくなっていき、本体は取り返しがつかなくなります。黒檀は また作り替えれば済みますが
慎重に進みます!
d0040395_13203396.jpg
d0040395_13204492.jpg



サドルを昨日セットしました。
サドルの両側は、少し隙間を作りますが、ニス塗る前に見栄え良くしなければ・・・・長い年月には表板が収縮するのに対し、黒檀の収縮は少ないので、表板が耐えられずに裂けるということが発生します。
実際は、どこも密着していた方が音響上は振動の伝達が良いのですが!
エンドピン穴の上下のラインは接ぎ目ではありません、便宜上のエンピツの線です。1枚の長いサイドです。
d0040395_14591547.jpg

今回の表板のサドル箇所の厚さは3.5mmなのでサドルの高さは6mm強にしました。
普通サドルの高さは、表板のアーチが15.5mmの時、また表板の淵の厚さが4mmの時に7.5mmくらいです。6.5~7mmでも良かったのですが・・・
d0040395_14592697.jpg

d0040395_14593570.jpg

by cremonakuga | 2015-06-11 13:27 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21868494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン製作日記・・・ ヴァイオリンの指板を作る・・・ >>