ストラディヴァリウスのスクロールを作る

久我ヴァイオリン工房

・・・ストラディヴァリウスモデル新作のスクロールネックを作る。
Testaを作る!

ここで私にとって重要なのは、スクロールの大きさをそのまま再現するのではなく、
寸法比を維持しながら、外観では見えない、気になりにくい場所に、余裕を作っておきます。
最後に、ネックを箱に仕込、その後、音響的に調整します。
その分の余裕を残します。
木材を増やす事は出来ませんので、減らす方法をとります。
減らす場所で、音響的には自由自在に可能です。
あくまで微調整です。

スクロールの外側を加工すれば音響的に微調整可能ですが、それでは折角のストラディヴァリウスモデルです。
d0040395_13565559.jpg

d0040395_13573237.jpg
d0040395_13574543.jpg
d0040395_13575656.jpg
d0040395_1358920.jpg
d0040395_13581943.jpg
d0040395_13583137.jpg






久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2015-06-07 13:59 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21858382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ストラディヴァリウスのテスタ=... ストラディヴァリウスのスクロー... >>