製作中のヴァイオリンの裏板は・・・今・・・?

久我ヴァイオリン工房

ストラディヴァリウスモデルのヴァイオリンの表板&裏板は?
内側をどちらも大雑把にえぐり、裏板を集中しています。
d0040395_13514640.jpg




裏板は・・・今108gです!

M-5・・・E♭
M-2・・・E♭
M-1・・・A

表板は、M-5・・・EかFくらいの予定をしています。

板は、思いのまま好きなように削りました!

上下、左右、X方向対比
どこもかしこも非対称の厚さです。

複合的な造作は、あるいみ危険をはらみます。
どういう事か?
ある効果に良い作業をAとしますと、
別な効果をBと・・・
あまり考えないでAをしてBを施すと、鳴りが悪くなることがあります。
Aをどこでするか?でBが出来ない事もあり、Aをバージョンが違う場所で施すことでBも出来る事になります。
Aを変えないでBを変えるという選択肢もあり、最後にすべての作業が出来るように、いろいろな段階で作業を決めないといけません。

決められたグラデュエーションを そのまま使うのではなく、頭で考えながらします。
板に鉛筆でラフスケッチはします。
ただ削ると消えるので、どう削ったか覚えていないと困ることも有ります。
1日置くと、どう削ったっけ??という事にもなり
それはそれで いろいろ難しいこともあります。


板自体 良く響きます。

・・とても楽しみです!
by cremonakuga | 2015-05-22 14:01 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21808235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 弦楽器展示会に行きました。 ヴァイオリンの板厚を考えながら... >>