ヴァイオリンの板のアーチの道具は どこへ???

Dove ?
Dove ce?
久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンの表板のアーチ 最後の確認に使うジグが無い?

そういえば工房の整理整頓配置転換の時、また作ろうと処分した事を思いだした。
そもそも重くて大きかったのだった・・・

とりあえず直ぐに要るので作った!
当分使えそう ヴァイオリン限定ですが!
d0040395_17312648.jpg

d0040395_17315049.jpg

d0040395_173277.jpg

なぜこんな形になったのか??細い鉛筆が有ったはずだった!
無かったので、普通の鉛筆を削った!
金具が、ダサイ・・切ない !今、これしか無かったのだ・・・釘を真鍮、銅を使いそこまでは!
d0040395_17322543.jpg

最初から普通の鉛筆にするとサイズが どうしても大きくなる。
d0040395_17324391.jpg


・・・では芯をセットする方法も考えたが、細い芯は、良く見えない そして木に深い痕が付く・・・
太めの芯を削って、同じ向きで描けば、これでも正確に確認可能です。
とにかく小さく軽い!

大まかどうか?知りたいだけなので、なるべく軽い方が良い!
最後は目なので、そんなに重要ではないのです。

親指が当たる部分の凹みを付けた、反対側には、ポイントで凹面が有る。
対してこだわりも無いが、シンプルで 手に馴染みます!



Cremonakuga violinoへ

by cremonakuga | 2015-04-29 17:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21748163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン工房は カッフェ ... 新作ヴァイオリンの表板粗削り >>