ヴァイオリンのE線の音質を・・・・テールピース・アジャスターを直してみると・・・

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンのテールピースの材質で、音質や、音量が変わるので楽器に合ったものをセットしたい。

市販のヴァイオリンのテールピース・・・高価ではありませんが、すっきりした音質でクセが無く形も良い!
この形が良いというのは大事なようです。
たまたま通りかかった東京の大手楽器屋さんで、形が良かったので数千円のもので買った、
もう少し高価なのは無いか訪ねたが これしか無かった!衝動買いです。
中央が厚さが厚いので薄くした・・・これは結果が良くなったのですが・・・・
d0040395_15505576.jpg

d0040395_15514353.jpg

そして厚さが やはり大事で音質が変わります。
特にヴァイオリンE線のアジャスターが収まる部分の厚さが薄いと あまり良くない事は以前書いたような気がします。(この素材自体が あまりよろしくないようです)



ある有名な楽器を調整した時、ヴァイオリン・テールピースの裏面のアジャスターとの間にコルクが貼ってあっった。
多分、テールピースと金属のアジャスターが密着するようにと、表面のE線が黒檀のフレットのような山にしっかり乗るように位置を下げたのでしょう。
d0040395_1553927.jpg

E線が黒檀の山に接触ししっかり乗る事は、駒からE線までの長さを一定にするので、私も可能ならそうしています。
・・しかし、必ずしもそれにこだわる必要も無いとも思っています。
なぜなら、離れていても 良い音がする時はしますし、接触していても良くない事もあるからです。
数有るストラドでも 調整する人で 必ずしもそうしている訳でもありません。

しかし、ヴァイオリン・テールピースを自分で作る時、いろいろ試すと、E線の部分の厚さが薄いと、ストレスな音で、耳が嬉しくないのです。

材質によって違いはあるようですが 材質に適したある範囲の厚さは必要で、薄すぎるよりは厚めの方が良いようです。
写真のヴァイオリン・テールピースは、市販のものが、アジャスターにピタリと合わないので、少し削ったら音が悪くなり、少し足し、合うようにしてみました・・・その結果こんなことになっています。
音質は良くなりました。
見た目を重視すると、このテールピースは 如何なものか???になりますが・・・・実験用なので!
d0040395_1552236.jpg
結局 凸を削る&中間の厚厚さを少し薄くする・・その結果の音を探る・・・
d0040395_17205650.jpg

既にこのテールピースは ある楽器には中央が厚過ぎたので裏を削ってあり音質は良く改善しました。
その前は、今より更に荒っぽい音質でした。

今度はテールピースを削らないでヴァイオリン・アジャスターの位置を下げるため 間に薄い1mmのコルクを当ててみました。
これは、この楽器に関しては音は・・耳に嬉しくありません。 ストレスを沢山感じます。聞かなくて良い音が聞こえるような気がします。ストラド特有な いろいろな雑音のような音が聞こえる・・・とは異なる 別な不快な音が聞こえます・・楽器で違うのかも知れません!

後日再度試すも(2/1)・・・コルクのお話ですが・・今度は 何か奥歯に挟まったようなスッキリしないE線の音で やはり気持ちが悪い!E線は山の帯に完全に密着し乗っていますが・・・

好みの違いという事にしましょう!


d0040395_1554763.jpg

d0040395_15545556.jpg

d0040395_15551096.jpg

d0040395_15552051.jpg



それでは、弦を昔のバロック ヴァイオリンのガット弦の様にそのままセットしてみました。
※注意!切れそうで怖いので、絶対に真似はしないでください。
音色は、悪くは無いのですが、驚くほどでもなく、金属のアジャスターを付けた音とそんなにも違わない。
それもフレットに当たらない浮いた状態のアジャスターでですが・・・
別なテールピースで試してみました。
d0040395_15562356.jpg

※直接弦をセットしたもの・・・弦で弦を切断しそう・・微調整が出来ないので危険!
ヴァイオリンE線は、必ずアジャスターで調弦します。それは微調整のため以前に、きつい張力のあるいみ危険な金属弦はペッグでは強すぎ切れ易くて危険でもあるからです。


d0040395_21362646.jpg



アジャスターで従来通りに・・・
d0040395_1612164.jpg


市販のヒル型のヴァイオリン テールピースは、柘植ですが少し堅めで・・・
自作の柘植の方が少しやわらかく緻密で、、音質も良いようです。
アジャスターは、チタンのと、普通のドイツ製のものを使いました。

結論は・・・形が綺麗で、良質(緻密であまり硬くない)で、適正な位置に弦の穴がありフレットの様な山が黒檀で高さは、1.3mmは有り弦の入る穴、特にE線部分周辺が デリケートで、緻密な素材と、そうでない素材では
音質に大きな差が出るように感じます。
コルクは 使わないで良ければ使わない方が良いような気がします。楽器によって違うので 「こうだ!」とは言えませんが・・・
フレットに当たるか、当たらないかは、あまり神経質にならなくても良いのではと思います。
私の楽器では どうしようもない音にはならない・・・・・

ヴァイオリン テールピースは、あまりいじらない方が得策です。
安いテールピースは、それなりに良く鳴り問題ありませんが音質に品が欠けます。
品って???何を基準にか分かりませんが、上品な音です。

やはり一定の実績がある ある程度価格が高くても品質が良いものを最初に使ったほうが良さそうです。
付け加えますと、市販のもので、見た目美しくピカピカしているものは もしかしたらニスが塗られていて音質がどうか?分かりません。



※もう一つ重要な事を書き忘れました。
楽器が有る程度ベストな状況での 付属品の一つテールピースについて あれこれ書きましたが、楽器が・・・E線が良い状況で有る事が一番肝心ですね♪

①私の楽器でしたら、まず、駒のE線側の足面がピタリと合っている事。
②駒の弦の受けの革が食い込んでいない
③ナットの溝が遊んでいない
④魂柱の面が合っている、魂柱の年輪が良いもの
⑤魂柱が、短く表板が下がっていない もしくは 表板が上がり過ぎていない

・・・特にこの⑤の魂柱が、絶妙に立ててあるとE線の音質が良く、弓にの反応が良くなります。
新作では、絶妙に立てると 直ぐに下がりますから 何度か直すか  可能な範囲で強く立て時間を待つかが必要です。
その上で弾き込まれている事をあえて付け加えたいです。
テールピースの良し悪しは すべての景色が見通せたうえで判断したいものです。


黒檀や象牙、骨などの山のようなフレットのようなそういえば 何て言ったっけ???
フレットじゃあないですね??!


※2015年製 Cremonakuga violino :Stradivariusモデル
Romeo
追記 A線スチール弦ボールエンド用アジャスター(E線にも使えますが)
オイストラフが使ったスチール弦E6Aとガット弦D&Gを併用するときに使うとA線の駒での角度が緩くなるので ガットと馴染みやすくなります。ただし、実際に試すとA線も駒皮を貼ったほうが更に良いようです。しかし、しかし・・・A線はスチールで細いため、4弦の高さ、弓の毛が当たる部分の高さがA線が低くなります。
言わないと、弾き手は分からないので問題無いかも知れませんが、
Cremonakugaの場合は、A線スチール弦専用の駒を用意しました。
ナイロン弦用駒、スチール用駒2種類。
d0040395_1353478.jpg
※ テールガット、エンドピン上からサドルへ2本の間隔を指で閉じ、
余裕のゆがみを締める! 音質が全く変わります。裏返すと・・開いたままでは音質が正常ではなく損をします。
必ずチェックする事!


by cremonakuga | 2015-01-31 15:59 | ♪♪音の謎♪♪♯♭ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21520142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニューシネマ パラダイスで・・... 何が いったい良い楽器なのだろうか? >>