ストラディヴァリ新型製作・・・

久我ヴァイオリン工房

製作中のフォルマは、2枚ですが、最初に、ストラディヴァリ用を取りかかりました。
d0040395_0263443.jpg

フォルマ(forma)は、Pです。
Forma-P
完成サイズは、多分355mmくらいでしょう!?
今まで作った、Pg・・・Gは大きいサイズです。

フォルマPの型の厚さは、13mmです。
実際のヴァイオリンのネックあたりの横板の高さが、28.5mm~29mm、エンドピンで、30mm~31mm
が可能です。内側に付くフィレット(ライニング)は7.5mm~8mmくらいにします。
そうすると、13mmにしないと身動きが取れなくなる訳です。
今、18mm有りますから、5mm薄くしないとなりません。
大きなカンナで、えっさ・・・えっさ削ります。
昨日は2mmくらい削りましたが、
疲れました・・・と泣き言を!

くるみ材です。正目に近いので、見た目は、単純で、あまり美しくありません。
断面は一見ラワンのようで、柔らかい。

スタジオナートしましたが、ほとんど反りませんでした・・・が、反らない半面、長い年月で縮むかも???
板目の方が、そういう点では、サイズ変化しないでしょう!

もう一度作ることになるかも???
by cremonakuga | 2014-12-18 00:32 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21399504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 熱海・起雲閣でのコンサートへ ... ヴァイオリン作りの東京散歩 >>