新作ヴァイオリン ラ・プリマヴェーラは????

久我ヴァイオリン工房
製作中のストラディヴァリウスモデルは・・・・
1709 Marie Hall-Viotti Stradivarius
2014 Cremonakuga  “La primavera” 66anni

d0040395_20422992.jpg

d0040395_20425033.jpg

あと1回ニスを塗って仕上がる予定です。
前回のブログのニスは、一回落としました・・・・・
経年した時、ニスが取れますが、・・・その時に残る部分を残し・・・・
天然の赤を部分的に残し、美しい赤の痕跡を残す・・・・

今回のは・・・あくまで、ステージで、新作に見えない事を狙っています。

美味しそうな、料理は、日本料理、フランス料理、イタリアン・・・・
どれをとっても、見た目から、美味しそうに見え、期待感とその後の本当に美味しい味!
見た目で、予想させ、裏切らない味を・・

つまり味は、美味しそうな盛り付け、色彩光り、湯気、香り・・・も含めて味になる5感です。
しかし、美味しそうで、実際は美味しくなかった・・・なんて事にならないようにしたいものです。

ヴァイオリンの場合は、ステージで見える景色も音に含まれます。
良い音に感じるのではなく、
しかし、厳密には、実際の音に固定概念を抱かせないというのが、私の目標です。

どうしても、新作?オールド?名器???
そんな事を考えさせないようなルックスで有ってほしい・・・

見た目も、聞いても、自然に心に入り・・・何の楽器だろう???
どこかで聞いたことがある音色!???

そんな魅力的なヴァイオリンで有って欲しいです。

あと1回透明を塗り、磨きます。
しかし・・磨いて取れて、レタッチを塗磨く・・・と修正が必要になるでしょう・・・・
d0040395_2043780.jpg

d0040395_20432181.jpg
d0040395_20434546.jpg
d0040395_2044088.jpg
d0040395_20441945.jpg

手間をかけて作ったニス、色素をほとんど落とし、また塗る・・・・
そうする事で、絵を描くように書き足すのではなく、落としてゆき残す・・・
そうしますと、より自然に姿が現れてきます。

当時は金に匹敵したほどの赤なんですが!
本当にもったいないのですが・・・・・・

ホームページへ
Cremonakuga
by cremonakuga | 2014-10-13 20:44 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21205541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 指板・ナットが付きました。 Cremonakuga新作ヴァ... >>