ヴァイオリン裏板のフィレット=パーフリングが完了する

久我ヴァイオリン工房

新作ヴァイオリンの裏板のパーフリング=フィレットが入った。

なかなか気に入りませんが、そもそもフィレット自体、そこの場所は、
左右対称の型が有ってのことではなく、
ヴァイオリン全体の型に一個一個ブロックを付け、あとは、目で進行するので、コーナーの形や、流れも違って、4つがそろっていない・・・その流れに切りこみを入れ溝を、入れるので、不揃いなのは当然という事になります。

以前は、コーナー一個一個の型を使っていましたが、感覚的に進行すると、最後に何とか揃えようという事になりますが、左右対称の形には 当然なrない・・・

しかし、それで良いと思っています。
型は、あくまで型なので、思ったように進行することが今後に大切と考えます。

・・・・なんだか、不揃いの理由のこじつけのようですが・・・・
満足は、遠く・・難しいと言う事です。
フィレットの長い線の部分黒い部分の端が、にじむのは、隙間ではなく、まだ、プリーレ=掃除=ケアが済んでいないためです。


コーナーは、アンティークフィニッシュなので、角を落ち・・丸くなり、不揃いは目立たなくなり、味わいに変化することを想定はしていますが、かなり期待!

1mmのフィレット
d0040395_1453421.jpg

d0040395_14535621.jpg

d0040395_14533493.jpg

d0040395_14534498.jpg

by cremonakuga | 2014-08-29 14:58 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/21060235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリンの板の重さは・・・... 66anniになった! ヴァイ... >>