ヴァイオリンの表板の作り始める・・

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリンA君の表板を、作り始める・・・・・・
(左右の年輪を合わせるため、捻じった状態で接着してありますが、結果必要最小限の厚さになり、片方は、外面の経年で色が変わった部分が、少し残るのが、心配ですが、まだ削るので大丈夫でしょう!
それより、年輪が捻じれたままだと、光が違って美術的にイケマセン状態になってしまいますので・・・)
d0040395_10181596.jpg

A君とは、ストラディヴァリウスモデル1709年のViottiモデルなのですが、・・・・
1715年のエッセンスを入れたい

1709年と、1715年どちらが良いか???
どちらも共通した音色と個性が有り、どちらも共通した厚さの考え方
しかし、共通しない実際の作り方などなど・・・・

考えるときりがなくなります。
実験器=ヴァイオリンで、1736年のモデルに 一部1709年の加工を施し・・結果はとても満足する結果だった!力強く鳴るようになり、音質自体もより魅力的になった・・・と私は思っています。
それに1715年の加工を、更に施したのが、現在のArcobaleno2008年製だ!
昨年の日本指導者協会のサマーセミナーでも、先生たちに評判ば良かった! 結果を受け、内部を更にを直した。
それが、1715年のエッセンスを加えた。
その結果、発音時、より力強い反応と、E年の音質が、よりオールド感が出たように思っています。
つまり、何年モデルか???
自分でも分からなくなっていますが、よりオールド的な音質になったと思っています。
そういうことで、これから、
1709にするか?1715にするか?決まります。
心は、1709年に、少しだけ1715年のエッセンスを足そうと思ってはいます。
1709年を維持しつつ、その性能を向上させるのが良さそうだ・・・

名前A君は、試案中です・・・
d0040395_10184664.jpg

ガシガシ削る、なまなましい風景・・・・イッシンフランに
d0040395_10191345.jpg

粗削りし、次に輪郭の厚さを厚めに出し、次に輪郭を出します。

※このヴァイオリン・・間に合えば、今冬に、東北で、メンコンが演奏されかも分からない・・・
形は出来るでしょうが、その後の音作りが、時間がかかります・・・・どうだか?????




Cremonakuga violinoホームページTopへ
by cremonakuga | 2014-07-31 10:29 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/20962493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 新作ヴァイオリンの表板は???? ヴァイオリンの表板 >>