ヴァイオリンのコーナーブロックは・・・

久我ヴァイオリン工房

製作中のヴァイオリン・・・コーナーブロックは・・・・一か所気に入らず・・・やり直ししました。
やり直さなくても、リカバリー出来ますが、後の事を考えると、思い切って、すっきりやり直す・・・
やり直す方が時間的も速く、気持ちが良いため・・・・
しっかり接着されていて、トンカチで ガン~と叩き、やっと取れましたが、型の本体接着部分の補強修正した部分、柘植材で修正した部分は、ダメージもなく、綺麗だった!
d0040395_2153149.jpg

d0040395_2156483.jpg

本来は、ブロックは、Cの内側の面のみ形成し、Cの横板を接着し、アッパー&ロアーは、その後に整形します。ブロックの先端が、変形するのを防ぐために、しかし、ストラドの場合は、そんなに厚くないので、(1.1mm)負担は少ないし、このブロックの場合、少し変形して、丁度良いくらいなので、想定内ということになっています。
デルジェズの場合、1.5mmとか、1.7mmとか厚い場合、どうしても、ブロック部分は、実際には1.3mmくらいにはなるので、付加は大きいので、片面づつになります。

今回は、全部整形してから、一度、外し、ブロックとの間に、和紙を挟んで接着し直しました。

Caffe timeは、エスプレッソ&バニラアイスにバルサミコで!
d0040395_21533915.jpg

d0040395_21522961.jpg




久我ヴァイオリン工房
ホームページトップへ
Cremonakuga
by cremonakuga | 2014-07-18 21:58 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/20921325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン工房のパスタ・ボロネーゼ ヴァイオリンの型にブロックが付く >>