ヴァイオリン材平面を出す

久我ヴァイオリン工房
裏板の平面出し・・・

一部分のみ凹んでいて、そこ以外を削り平面にするのは、大変です。
もう少しです。
丁度ヴァイウオリンのアウトラインを外れていたりすると、そのままに出来ますが、
そうもいきません・・・・・・・

まあ、もう少しです。

とても美しいボスニアンメープルの1枚板です。 表板は、北イタリア・ヴァルディ フィエメのアベーテロッソ1995年の木材を使います。 マスキオ材ではありませんが、マスキオ状態になっているとても細かい年輪です。

メープルは、上部が虎杢が広い変形タイプです。
d0040395_149746.jpg

鉛筆の指すところ・・・・・
d0040395_23351517.jpg

d0040395_23353941.jpg

とてもきれいなボスニア材です。
d0040395_2336247.jpg

ここが、問題個所・・・なんて、まあ、とりたてて問題でもないんですが!
d0040395_23362394.jpg

結構汗ダク~!
エッサ! エッサ! ・・・・・・

どんな音を出してくれるか、楽しみです。
作業は、健康的です・・・・・・・・・・




ホーメページトップへ
cremonakuga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-20 23:42 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/19852293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン駒の焼印 ヴァイオリン製作開始! >>