ヴァイオリン製作開始!

久我ヴァイオリン工房

ヴァイオリン製作開始!
モデルは、アントニオ・ストラディヴァリ1709年
Viotti-No2
このヴァイオリン、販売用ではありません!

このヴァイオリンは、完全アンティーク仕様を考えています。
完全・・と言いたい・・・視覚的にステージで、まったく新作に見えないように、
音を聞いても、新作に聞こえない・・・
至近距離でも、間違える・・・をトライします。
コンサートで、演奏家が音楽作りに専念できるを、目指します。
見た目だけ、ストラfディヴァリではなく、・・・を
今までの、積み重ね、集積の最新技術で、新たに挑戦します。

・・・・・ちょ・・・ちょ・・・っと格好つけすぎかもしれませんが、
即戦力と行きたいですね!

フォルマーG・・・・表・裏の向きがあります。
d0040395_1973297.jpg

実際は1709ではありますが、1715の要素を加味したいと思っています。
具体的には、未定ですが、1709途中の段階で、手加減し音響的に調節します。

まずは、横板を作らないといけませんが、既製の板は使えませんので、裏板からとります。
そのため、裏板を、どうフォルマを置くか?決めないと、進みません。
・・・・そのためには、まず、平面を出さないことには始まらない・・・ということです。
つまり、肉体作業ということになります。
大きなカンナで、エッコラ、エッコラ・・・・
平面が出たら、裏板を斜めにカットし、そこから横板用の板を調達します。

・・・・この辺で、夕食に・・・景気つけに・・イタリアンへ行こう!
d0040395_1975568.jpg

d0040395_1981725.jpg

d0040395_1983589.jpg

cane,一つでカーネ  cani 複数でカーニ・・・犬の意味ですが、大工道具で固定金具をさします。
d0040395_1985578.jpg

cani・・・banco(バンコ=作業台の四角い穴にセットされていて、必要に応じ移動できます。
見えませんが、腕も背もない椅子、ヴァイオリン作りが座る椅子、丸椅子などをsgabello=ズガベッロと言います。
banco&sgabello は対になっています。(椅子の総称は、sedile/背が有って、腕がないsedia,安楽椅子poltrona,ソッファdivano,余談でした!)
d0040395_1991493.jpg

d0040395_1993544.jpg

d0040395_199547.jpg

d0040395_19101330.jpg


ヴィオラも一段落し、ヴァイオリンを!



ホームページトップヘ
cremonakuga




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by cremonakuga | 2013-10-20 19:43 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/19851203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン材平面を出す ヴィオラその音は! >>