ヴァイオリン・テスタ・・起伏が浮かぶ・・・

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

テスタの渦巻の起伏が顔を出しました。!

Antonio Stradivari Marie Hall -Viotti 1709
木クズだらけの中からこんにちは!

・・・・・・・まだ不完全ですが 彫り込みは95%完成・・・・

雰囲気出てきた気が、しませんか?
中をくりぬいてから、仕上げます。

どこが、不完全か?
1.エッジの処理を、幅、表面、エッジの内側の角度を鋭角に、落とした角の平面の流れを
2.彫り込みの曲面を滑らかに繋がるようにする
3.渦巻の中心付近の掘り込みを深く、切れ込み良く綺麗に入れる。
4.アウトラインの微調整
5.中心線を囲む盛り上がりを均一に滑らかに、こんもりと!
・・・・・などなど沢山! そして、最後に、せっかう作ったカドを、少し落とします。
d0040395_21412168.jpg
d0040395_21412663.jpg
d0040395_21414431.jpg


久我ヴァイオリン工房ブログ初めての方は、HP Topはこちらから

Cremonakuga  violino
by cremonakuga | 2012-11-19 21:51 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/17194280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリンの調整 Tastièra(指板)を作る... >>